なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

A.U

男性 - 東京都
平均点 80.973点
最終レビュー日 2019年6月14日
1,388 539 15 1,616
レビュー 店舗 スキ いいね

「中華そば(600円)」@陽気 大手町店の写真広島2杯目は「広島ラーメン」の有名店へ。
「尾道ラーメン」は有名だが「広島ラーメン」というジャンルがあるとは失礼ながら知らなかった。
店に入ると中途半端な時間だったこともあり先客1人、後客なし。厨房には男性1人、女性2人。
まずは券売機で「中華そば」の食券を購入。他には「おむすび」もあったが今回は「間食」なので自重。
さほど待たずに出来上がった。

スープは豚骨の香りと風味がしっかりと効いているが、口当たりはサラッとしていて味もマイルド。
なんとなく和歌山ラーメンをライトにした感じで飲みやすい。
麺は中細ストレートでやや柔らかめの食感。
具はチャーシュー、モヤシ、ネギ。
チャーシューは小ぶりで薄切りなものが4枚。脂身少なめだがパサついている感じはなかった。
またモヤシは二郎などより細めのもので麺と一緒に食べるといい感じ。
最後にスープを半分ほど飲んでご馳走様。

広島ラーメンとはどんなものか興味深々だったが、意外にも食べやすい豚骨ラーメンで飲んだ後に食べるのに向いてるかも。
後は広島つけ麺も食べておきたい。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば(600円)+焼き餃子4個(230円)」@朱華園の写真今日は岡山から広島へ移動だが途中尾道で下車。
観光もするつもりだが一番の目的は今月19日より休業に入ってしまうという尾道ラーメンの名店「朱華園」。
開店時間の11時とほぼ同時に到着するが予想通り店の前には行列。「そりゃそうだ」と思って並ぼうとするが最後尾が見えない?どうやら列は交差点の角を曲がり更に伸びているようだ。恐る恐る数えながら最後尾に到着するとなんと152人待ち…。
一瞬心が折れそうになったがもう二度とチャンスはないかもしれないので覚悟を決めて接続。
並んでいる人達は老若男女入り混じっているがやはり地元の人が多いかな。
今日はなかなか日差しが強く厳しいコンディションの中2時間並んでようやく店内へ入ることが出来た。
メニューを見ると中華そばと餃子とビールのみ。叉焼麺が食べたかったのだが混雑緩和の為メニューを絞っているのかな?そこで中華そばと餃子4個をオーダーし現金前払い。
着席後程なくちょっと小ぶりな丼が運ばれてきた。

スープは透明感があり見た目通りかなりあっさりとした醤油味。
尾道ラーメンの特徴である背脂ミンチが大量に浮かんでいるが、スープに溶け込むタイプではないのでコッテリ感はほとんどない。ただスープに甘みを持たせるという効果はあるかな。
都内で尾道ラーメンというと町田の「尾道ラーメン 正ちゃん」で食べたことがあるが確かにスープは似ているかな。
麺はやや平打ちがかった中細でちょうどいい食感。量は120g程度でもう少し食べたいところだが大盛りは出来ないようだった。休業までなるべく多くの人に提供するためには仕方ないのかも。
具はチャーシュー、メンマ、ネギ。
チャーシューは薄切りのモモ肉。味付けは薄めで見た目は硬そうだったがそんなことはなく食べやすい。
また細めのメンマはコリコリした食感でなかなか存在感がある。
ラーメンを半分ほど食べたところで餃子も到着(料理写真にUp)。小ぶりで餡がかなり細かく刻まれているタイプだった。
スープまで完飲。

昨日の笠岡ラーメンに続くご当地ラーメン巡りだが、自分が考えている尾道ラーメンのイメージにピッタリな一杯で美味しかった。接客もとてもよかったです。
滅多に行けない地方の名店で食べるとやはり満足感や達成感が十分に得られる。

しかし2時間並んだのは久々だったな。
食後は千光寺などを見て回るがかなり長く並んでしまったのでしまなみ海道の方は断念…。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
80

「中華そば:並(600円)」@坂本の写真岡山2日目は笠岡へ。どの店かは迷ったが以前ラー博にも出店していたという有名なこちらへ決定。
11:30入店で先客5人、後客4人。厨房には男性1人。
メニューは中華そばの並か大のみなので並を注文し着席。店内は思ったよりこじんまりとしていて昭和の食堂の様なレトロな空間。
5分ほどで運ばれてきた。

スープは鶏の風味が効いたあっさりとした醤油味でいかにも「中華そば」といった趣。でも味自体は意外に濃い気もしたかな。胡椒との相性が実によかった。
麺は丸い中細ストレートで出来上がりの早さからも解るようにやや硬めで中心部に芯が残っているような食感。でも食べているうちに徐々にしんなりしていった。
具は鶏チャーシュー、ネギ、メンマのみ。
メインの鶏チャーシューは小さい物がたっぷりと。結構硬めの食感で噛みしめると鶏の旨味がギュッと感じられる。
スープまで完飲し最後はセルフでお会計。

以前から笠岡ラーメンには興味があったのだがようやく初体験。
シンプルながら味わい深い中華そばで非常に美味しかった。
笠岡には他にも食べてみたい店があったがそれはまた次回に取っておこう。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン(850円)+味付卵(100円)+しょうがダレ」@ラーメンきずなの写真1か月遅れのGW休みは中国地方へ遠征。
まずは岡山で降りて「ラーメン富士丸 明治通り都電梶原店」で店長を務めていた方がオープンさせたというこちらへ向かう。
13:30到着すると日曜なこともあり約10人待ち。その後も学生や家族連れが次々とやってきて店の前は大行列に。
食券を買ってから並ぶルールのようなのでまずは券売機で「ラーメン」「味付卵」そして「しょうがダレ」の3枚を購入し列に戻る。デフォのラーメンが850円ってのは意外に高いな。
しばらく並んでいると店員さんが出てきて食券を回収し「麺の量はどうしますか?」と聞かれたので「普通で」と返答。すると「普通のラーメンの3倍はありますが大丈夫ですか?」と警告された。
何席か空いてからの入れ替え制の様であまり回転はよくないか。厨房には男性3人で麺上げをしていたのが店長さんかな?
並んでから30分ほどで着席しそれから程なく声がかかったので「ヤサイニンニクアブラ」とコール。

まずは野菜を少し片付けてから麺を引っ張り出す。やはり富士丸を思わせる形状で強い縮れが入っている。ただ食感は意外にややモチモチ感があり、ゴワゴワしている富士丸というより明大前の「ラーメン もみじ屋」に似ていると感じた。
半分ほどは富士丸同様お椀のアブラと混ぜて油そば風に食べる。
量は350gと食べ応え十分で麺少なめ(280g)で頼むと生卵がサービスされるらしい。
スープはちょっと薄味にも感じたが確かに富士丸テイスト。アブラやニンニクを混ぜていくと一気にワイルドに変化していくのも同様だ。後半はしょうがダレをいれて少しサッパリと味変。
ブタは野菜の下に大きめの物が2個。富士丸ではデフォだと1個なのでなかなかサービスがいい。これがやや歯応えがあるもののかなりのボリュームで味もサイズもなんとなく野猿を思い出させるブタだった。
野菜はコールしたので見事な山になっておりキャベツもタップリ。富士丸の様なクッタクタではなくてラーメン荘の様にややシャキシャキ感がある茹で加減。
味玉は齧るとすぐに黄身が流れ出すほどのトロトロ加減で味付けはややしょっぱめ。
固形物を食べ終えるとすっかり満腹になったのでスープは1/3ほど飲んでご馳走様。

食べる前は「富士丸そのままなのかな?」と思っていたが意外に違う部分も。開店して2年半らしいがその間に色々変化もあったのだろう。
中国地方1杯目だったがかなり本格的な二郎系を食べられて非常に満足出来た。
まぜそばやつけ麺も気になるな…。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「普通盛(750円)+煮卵(100円)野菜ニンニク」@ラーメン大 名古屋店の写真また名古屋に来たので以前から気になっていたこちらへ。
名前は「ラーメン大」だが堀切系ではなく「ラーメン 神田店」や「ラーメン 虎ノ門店」「ラーメン 新橋店」といったフーズ系と関係があると聞いたような。
12:00到着すると土曜の昼時なこともあってか10人待ちと盛況。その後も常に行列が出来ていた。
20分ほど並んで入口前まで来たところで店員さんから「普通盛か大盛か」の確認があったので「普通盛で」と返答し券売機へ。
券売機を見ると「普通盛」や「煮卵」などちょっと前までの品川みたいなメニュー表記。そういえば品川も元々はフーズ系だったし…色々想像させられる。
厨房には男性2人で着席後程なくコール。卵のせいか見た目まで品川っぽい。

麺は四角い形状で二郎系にしてはかなり細め。直系ではなくやはり「ラーメン神田店」等の麺に似ているが麺箱には「名古屋・製麺」と書いてあった。茹で加減はデフォでもやや硬めでなかなかいい食感。量は250g程度かな。
スープは表面に細かい背脂が浮かんでいるがその下は非乳化タイプ。これもやはりフーズ系っぽさを感じるが濃すぎも薄すぎもなくちょうどいい塩梅だった。途中で卓上の唐辛子も入れてみる。
ブタは薄切りで小ぶりな物が3つ。脂身少なめだが硬いということもなく味付けもいい感じ。
野菜は増したのでなかなかいい感じの盛りでカラメにしなくてもちょっとタレがかけられていた。茹で加減はシャキシャキでキャベツもそこそこ入っている。気のせいかほとんどの人が野菜コールしていたな。
煮卵は固茹でハードボイルドで品川にそっくり。
最後にスープを半分ほど飲んでご馳走様。

聞いた通りフーズ系にかなり近い特徴を持った一杯だったが味も回転も接客も期待以上でしっかり満足。
富士丸の流れを汲むラーメン荘の「ラーメン荘 歴史を刻め 新栄店」よりちょっと物足りなさはあるがこちらの方が「直系っぽさ」を感じさせる味だと思った。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「小ラーメン(730円)ヤサイニンニクアブラ」@ラーメン二郎 京急川崎店の写真1年4ヵ月ぶり。
13:15到着するとちょうど満席で待ち客は無し。
いつも通りこの時間だとブタ増しは売り切れ。そこで今回も「小ラーメン」の食券を購入する。
すぐに三塁側の席が空いたので着席できたがその後は背後霊も発生していた。
厨房にはいつもの2人で店主さんは今日も二郎一の笑顔。
どうやら自分が来る前に見込みで茹でていたようで着席後すぐにコール。

麺は今回もかなり柔らかめでソフトな食感。本当にスルスルと食べられる麺で消化もよさそう。量は300gよりはちょっと少ない程度だが今日はちょっと体調が悪かったのでちょうどよかった。
スープは川崎らしくあっさりとしたもの。非乳化でも細かい背脂がたっぷり浮いているのが先週の上野毛とは違う。また味自体も上野毛と比べると薄味かな。ここは卓上に醤油ダレがあるので後から調節できるのが嬉しい。
いつも通り一味も入れて楽しむが今日は粗挽きの方しか手が届く場所に無かった。
ブタはやはり小ぶりでちょっと物足りない。川崎のブタはいつもフワトロの柔らかさで味付けもいいので量だけがちょっと残念だ。
野菜はシャキシャキの茹で加減。見た目は寂しいがコールすればしっかりと増えている。
最後にスープを半分ほど飲んでご馳走様。あっさりしているので完飲も出来そうだが健康診断も近いし自重。

来る度に思うが本当に食べやすくて胃に優しい二郎。客層も本当に幅広くて老若男女に愛されてるのがよくわかる。
次回こそ早い時間に来て小ブタにしよう。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 8件

「小ラーメン(700円)ヤサイニンニクアブラ」@ラーメン二郎 上野毛店の写真1年ぶりに上野毛へ。
20:30入店すると空席2つ。その後は学生グループが来て待ちも発生していた。
券売機を見ると味玉に続いて1年の間にふりふりカレーも止めてしまったみたいでオプション類は生卵と烏龍茶だけに。やはりつけ麺も復活していない。上野毛ならではのメニューがすっかり消えてしまったのはちと寂しいな。
仕方ないので今回も「小ラーメン」の食券のみ購入し「硬め」でオーダー。
厨房には店主さんと助手さん。相変わらず「硬め」「カタカタ」で頼む人ばかりでデフォで食べている人達は全くと言っていいいほどいない。
しばらくして声がかかったのでコール。

麺は上野毛らしく二郎の中では細め。前回「カタカタ」で頼んだ時は予想以上の歯応えだったがやはり個人的にここでは「硬め」が一番いい食感になる。デフォの食感がどんな感じだったかはもう忘れてしまった。
スープもいつもの上野毛同様醤油が効いた非乳化あっさりタイプ。あっさりでも醤油がしっかりと効いているのでカラメにする必要はない。また今回はアブラもコールしたのでいつも以上にオイリーでコクのあるスープになっていた。仙川や小岩、越谷でもそうだが非乳化+アブラというのは個人的に結構好きな組み合わせ。
ブタは中ぶりで右側のはやや歯応えがあったがもう一つはホロホロと崩れる柔らかさ。この時間だと既に豚増しメニューは売り切れになっていた。
野菜はシャキシャキの茹で加減でモヤシの食感が実によかった。上野毛らしく平面的な盛りに見えるが実はちゃんと多くなっている。中央に高く盛るひばりヶ丘とはある意味対極的な盛り付けだ。
最後にスープを半分ほど飲んでご馳走様。

前回はやや物足りなさがあったがこの日はコールを変えたこともあってかなり満足度の高い一杯だった。
ただ個人的にはあの柚子が効いたさっぱりつけ麺がもう一度食べたい。
夏季限定でもいいので復活してほしい…。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 12件

「ネギおやじ(1,050円)+味付玉子(100円)」@ラーメンおやじ 町田店の写真2年ぶり。
16:30入店すると中途半端な時間でも空席はわずかに2つ。その後は外待ちも発生していた。
今回もおやじ麺を食べるつもりだったがなんとなく「ネギおやじ」の方にしてみる。
厨房には男性3人、女性1人。改装前に比べてカウンターがかなり高くなったので調理の様子は全く見えない。
しばらくして出来上がった。

スープはおやじならではの白味噌ベースで今回も実に甘い。色んな店で札幌ラーメンを食べたがやはりこの甘さは際立っている。クリーミーな口当たりも健在で麺との絡みも抜群。
麺はお馴染みの小林製麺の黄色い縮れ麺。いつも通りプリプリした食感でまさに味噌ラーメンの為の麺だが多摩地区でこの手の麺を使っている店はあまりない気がする。他には「味源」か「めんや 蔵」位しか思いつかないな。
具はチャーシュー、メンマ、炒め野菜、辛ネギ、海苔、オプションの味玉。
チャーシューは例によって薄切りで今回はホロホロと崩れる柔らかさ。
また辛ネギはシャッキリした食感で見た目ほど辛くなくスープに混ぜてもそれほど刺激的な変化はなかった。それほど多いわけでもないので+250円ってのはちょっと高い気がする。
味玉は黄身が7割ほど固まった半熟で薄めの味付け。
スープまで完飲。

ネギの効果はそれほどなかったがおやじ麺の魅力はしっかりと味わえて満足。
次回は夏につけ麺を食べに行こうかな。味噌ベースの冷たいつけ麺ってのがかなり気になる…。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 8件

「ラーメン:塩(650円)+うずら味たま ニンニクヤサイアブラ」@ラーメンエースの写真1年3ヵ月ぶり。常に何かしら限定をやっているエースだが未食だった「塩」が今日から提供されると聞いてやってきた。
早速券売機で「ラーメン」と「うずら味たま」の食券を購入し提出時に「塩で」とオーダー。
厨房には店主さんと若い助手さん。待っている間にどんどん客が来て店の外にまで列が伸びていたがやはり学生が多い。
しばらくして声がかかったので「ニンニクヤサイアブラ」とコール。

まずは注目のスープから。やや透明感があり二郎系にしてはスッキリしたスープで適度な塩加減と隠し味のゴマ油効果もあってなんだかタンメンっぽい。どこかの二郎で食べたようなと思ったが旧荻窪で提供されていた塩ラーメンがこんな感じだった記憶。アブラを混ぜてもそれほど濃厚にはならず実に飲みやすいスープだった。
途中で卓上の青海苔やブラックペッパーを入れてみるがどちらも塩スープとなかなか好相性。
自家製麺は二郎系の中でやや細めだがちょうどいい茹で加減。縮れが入っているのでゴワゴワ感も持ち合わせていていい感じ。量は二郎標準の300gでここはいつ来ても量のブレは無い気がする。
ブタは2個入りで異なる部位が入っているようだ。手前のは脂身少なめでややミッシリした食感。右側のは脂身多めでトロトロの柔らかさだった。
野菜は見た目はそれほど高くないが丼の中にもたっぷり入っているので結構多い。茹で加減はシャキシャキで塩スープだとやはりタンメンを食べているような気分に。
5個のうずらは味付けされておりいい箸休め的存在。
最後にスープをほとんど飲んでご馳走様。

濃厚な味噌も美味かったが今回のスッキリした塩も非常に満足度が高かった。汁なしやつけ麺にも出来るらしいのでまた機会があれば狙ってみたい。
ここは「らーめん いごっそう」と同じように二郎系でありながら塩や味噌に上手く対応していて美味しく仕上げている。
各店がどんどん値上げしている中デフォのラーメンが650円というのも実に嬉しい。
接客もとてもよかったです。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 8件

「チャーシューワンタンメン(800円)+半熟卵(50円)」@中華そば みたかの写真2年半ぶり。
17:20入店すると先客5人、後客4人。やはり常連が多いようでビールとつまみでのんびりしている人も。
厨房には前回同様若い男性2人、女性1人でこの日も実に丁寧な接客。客が気持ちよく入れる空気が見事に作られていた。
前回はラーメン+半熟卵で食べたが今回はちょっと奮発。
さほど待たずに出来上がった。

スープは以前と同じくあっさりとした醤油味だがなんとなく濃くなった気も。これは醤油というより化調が効いているような印象。
麺は灰色っぽい四角いストレートで前回同様少しだけ硬めに感じた。コシがありブツッと切れる食感で他の店では味わえない独特な自家製麺。
具はチャーシュー、ワンタン、メンマ、ネギ、ナルト、オプションの半熟卵。
チャーシューは小さい物が10枚ほど。小さくても肉の味がしっかりとしていて美味しい。
ワンタンは餡はかなり少なめだが皮のツルンとした食感が実に楽しく飲むように食べられる。
前回も食べた半熟卵は黄身がトロリと流れ出す絶妙の半熟具合。麺を茹でている鍋で卵まで茹でると湯が汚れてしまう気がするがそんなことはないのかな。
スープまで完飲。

色々具を増やしてみたがチャーシューもワンタンもノスタルジックな味わいでかなり気に入った。
次回は裏メニュー?の油そばを食べてみたいところだ。
接客は今回も素晴らしかったです。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件