なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

A.U

男性 - 東京都
平均点 80.968点
最終レビュー日 2019年8月3日
1,396 541 15 1,647
レビュー 店舗 スキ いいね

「ボンバーつけ麺(1,000円)+味玉(100円)」@元祖一条流がんこ 総本家分店の写真2年3ヵ月ぶり。
14:15入店で先客2人、後客4人。厨房には店主さんと女性の助手さん。
今回は裏メニューを食べようと思い一番下の段の「マニア③」のボタンをプッシュ。
さほど待たずに出来上がった。

まずはつけだれを飲んでみると意外にも結構な甘さ。もっと強烈にしょっぱい味を予想していたので意表を突かれた。ただ混ぜながら食べているうちにスパイシーな刺激を感じるように。見ると粗挽きの赤い唐辛子が入っておりこれがなかなかの辛さだった。
麺は中細でつけ麺だと中心部に少し心が残っているような硬さ。量は220~250g程度かな。
具はチャーシュー、穂先メンマ、ネギ、揚げ玉、オプションの味玉。
チャーシューは短冊状に切られており脂身少なめでしっとりとした食感。
大量の揚げ玉は最初からスープを吸ってしんなりしている。「揚げ玉ボンバー」だから「ボンバーつけ麺」ということか…。
味玉は前回同様齧った瞬間に黄身が流れ出すトロトロの半熟。これは一口で食べるべきだな。
最後はスープ割りで締め。

移転後初めての限定メニューだったが以前同様個性的な味わいでこれは他のも是非食べてみたい。
接客もとてもよかったです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「納豆ざる(900円)」@らあめん大安の写真1年ぶり。
17:30入店すると先客6人、後客3人。厨房には男性2人。
ここではどうしても納豆入りメニューを選んでしまうが今回も「納豆ざる」をチョイス。
いつもながら手早い調理で今日もすぐに出来上がり。
昨年までとは違って穴開きレンゲがつくようになったようでこれは嬉しい。

つけだれはらあめんのスープに酸味が加えられているが、なんといっても生卵と和えられてふわふわの納豆が唯一無二の味わいで実に美味い。納豆ざるは3回目だが通常の「ざるらあめん」はまだ食べてないな。
麺はらあめんの時も美味いのだがざるだと水で締められシコシコしていてまた違う食感。また納豆でコーティングされているので実にツルッと喉に入っていく。量は300gだがすぐに無くなってしまうので次回は大盛りにしてみようか。
具はつけだれの中にチャーシュー、メンマ、ネギ、柚子。つけだれの上に刻み海苔。
チャーシューは今回も実に柔らかく赤身と脂身のバランスも申し分なし。
そういえばらあめんの時にある青菜はざるなど何故か入らないんだな。
最後に豆を穴開きレンゲで掬って食べてからスープ割りで締め。

たまにはデフォのらあめんを食べようかとも思うのだが、店に入るとやはり納豆入りにしてしまう。
チャーシューめん+納豆が出来れば嬉しいが券売機を見る限り無理なのかな?

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 7件

「広島つけ麺:大(957円)」@廣島つけ麺本舗 ばくだん屋 広島駅ビルアッセ店の写真中国遠征最終日。最後は広島つけ麺で締めることに。
「出来れば本店で」と思っていたがあまり時間が無かったこともあり駅近くのこちらへ。
ばくだん屋という名前は聞いたことがあったがよく考えれば渋谷にも出店してたな。
13:00入店すると先客4人、後客2人。厨房には男性1人、女性2人。
メニューを見るまでもなく当然広島つけ麺を注文。つけだれが「和風醤油だれ」と「ごまだれ」から選べるとのことなので醤油の方を選択。さらに辛さをどうするか聞かれたので「「まずはここで食べてみて」と書かれていた「2」でお願いする。なんでも0~100の間で選べるらしい…。
つけ麺でも5分ほどで出来上がった。

まずはつけだれを一口。当然辛いが思ったほどではないかな。辛さの元は唐辛子とラー油だと思うが酢の酸味も効いていて冷やし中華っぽい要素も。また大量のゴマが浮かんでいるが麺に絡んでくるのですぐに無くなってしまう。といっても卓上に用意されていて入れ放題。
また卓上には辛さをアップさせる「辛味」も用意されているので一さじ入れてみる。すると量が多すぎたのか一気に舌が痺れる辛さに。後半は水を3杯お代わりしてしまった。
麺は中細ストレートでツルツルシコシコな食感。よく冷やされていて喉越しもいい。量は大盛りにしても300gはない感じだった。勢いよく啜ると撥ねるので紙エプロンは必須だ。
具はチャーシュー、キャベツ、ネギ、キュウリ。
チャーシューも勿論冷たいのでやや歯応えのあるハムみたいな食感。
また野菜がたっぷり食べられるのもいいところだな。

広島つけ麺初体験だったが広島ラーメンと違ってこちらは大体予想通りの味といった感じ。
大盛りにしてもちょっと物足りなかったので(舌は痺れたが)もう一つの名物の唐揚げも頼めばよかった。

5日間岡山・広島の色んな味に出会えていい旅行になった。次回は足を延ばして九州あたり行ってみたい。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺(850円)+うずら 野菜ニンニク辛揚げガリマヨ」@鷹の目 獨協大学前本店の写真気になっていた鷹の目のつけ麺が始まったようなので4ヵ月ぶりに草加へ。蒲田店でもそのうち始めるのだろうが待ち切れないので本店まで来てしまった。
14:30到着するとつけ麺効果か8人待ち。まずは店に入り券売機で「限定」となんとなく「うずら」の食券を購入し外に戻る。すると一緒に店員さんも出てきて食券回収。この時早くもトッピングを聞かれたので「野菜ニンニク辛揚げガリマヨ」とコール。
15分ほど待ってカウンターに案内され着席。やはりつけ麺を食べている人が多いな。
厨房には男性4人。既にメニューもトッピングも伝えてあるのでさほど待たずに運ばれてきた。
用心棒・千里眼系でつけ麺を食べるのは閉店した「用心棒Ⅱ階」以来だ。

まずはつけだれを一口。見た目通りなかなか濃厚で蒲田で食べたラーメンのスープよりかなりしょっぱい。大き目の背脂がプカプカ浮いているがオイリーさは予想していた程ではないかな。
味自体はかなり旨味が出ていて麺に味をつけるには実にちょうどいい塩梅。大量の野菜を入れてもあまり薄味にならなかったのもポイント高い。野菜の上にかけられている魚粉が溶けていくと徐々に甘みが出てきた。
麺はラーメン同様の平打ち縮れ。水でしっかり冷やされていることもあってラーメンの時よりさらに硬いのかと思っていたがそうでもなかった。つけ麺だと茹で時間を長くしてあるのかな。
つけ麺として食べても当然美味いがガリマヨと辛揚げを混ぜてそのまま食べてみても「冷やし中華」っぽくてなかなかいい感じ。量は300gだが無料で大盛(400g)に出来るらしい。
ブタはつけだれの中に@状が1切れ。といってもビックリするぐらいの厚さで箸で持ち上げるとその重さが伝わってくる。今日はちょっと脂身がゴムっぽかったのが残念だったかな。
野菜はコールしたのでいい感じの山でシャキシャキの茹で加減。つけだれに漬けてもガリマヨを和えても美味しく食べられる。
うずらは5個入りで特に味付けはされてない水煮だった。
さいごに辛揚げを掬いながらつけだれを半分ほど飲んでご馳走様。スープ割りは出来たのかな?

用心棒や千里眼では食べられないだけにかなり楽しみにしていたが、期待以上に完成度の高いつけ麺だった。
先月「麺屋 桐龍」でもつけ麺を食べたがどちらも甲乙つけがたい美味さだ。
蒲田店もいつから始めるかな。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 3件

「つけ麺300g(850円)+とろ~り半熟卵 ニンニク魚粉」@麺屋 桐龍の写真今日も真夏のような暑さなのでつけ麺を求めて1年ぶりに東川口へ。
14:00到着するとわずか4人待ち。やはり平日のこの時間だとそれほど混むわけでもないようだ。ただその後も客足が途切れることはなく常に満席状態をキープしていた。
早速券売機で当然「つけ麺」の食券を購入。厨房には男性3人、女性1人。
着席後しばらくしてまずはラーメンとまぜそばの人たちから提供されていく。3分ほどタイムラグがあってからつけ麺の自分たちにもコール要請。意外につけ麺を食べている人は少なかったな。

まず熱々のつけだれを一口飲むと3年前に食べた時同様かなり甘味が強い。ただその時に比べるとかなりオイリーでコッテリとしたタイプになっていた。その分麺との絡みは抜群で豚骨魚介つけ麺の様に漬ければ漬けるほどどんどん減っていく。
麺はやはりつけ麺でも実にいい茹で加減で、二郎系の中でも平打ち加減が強いこともあって食感が実にいい。
昨年の「辛いつけ麺」でも感じたがつけ麺だと表記の300gよりはどうも多い気がするな…。
ブタは小さく刻まれたものがゴロゴロと。柔らかいが濃いつけだれの中にあるのでちょっとしょっぱくも感じた。
味玉は黄身が6割ほど固まっており全く「とろ~り」ではない。
魚粉は元々つけだれが甘いのでそれほど効果はなかった。3年前の様に七味にした方がよかったかな。
最後にドロドロのつけだれを半分ほど飲んでご馳走様。ここってスープ割り出来たっけ?

つけ麺日和な天気だったこともあって多めの量もスルスル食べられた。ここは何食っても確実に「美味い」と思わせてくれる。
また涼しくなったらラーメンかまぜそばを食べに行こうかな。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 6件
このレビューは移転前のものです。

「つけメン:大(1,050円)+味付け玉子(100円)」@横浜家系  おか家の写真この日はどこで食べようかと新奥多摩街道を走っていたが羽村で目に付いたこちらへ。
入店すると先客2人、後客なし。厨房には男性1人。
初訪問だがここは家系でありながらつけ麺が美味いと聞いていたので「つけメン」の大盛りを注文。
かなり暑かったこともあるけど。
ありがたいことにライス1杯が無料とのことなのでお願いする。調理中にお好みを聞かれたが「全て普通」で。
やや時間が掛かって出来上がった。

つけだれはなかなか濃い目で醤油が効いている。ラーメンを食べたことが無いので基本の味がわからないが家系らしさをしっかりと残したつけだれだと思った。
麺はいかにも家系といった感じの中太平打ち。やはり酒井製麺なのかな?水で締められているのでデフォだとほんの少し硬めに感じた。空腹だったのでなんとなく大盛りにしてみたがこれが結構多く300g以上はあった気がする。
具はチャーシュー、ほうれん草、温玉、海苔、ネギ、オプションの味玉。
チャーシューはロースでしっとりと柔らかい。また刻まれたものもありこちらは揚げニンニクが和えられており実に香ばしい味付け。
温玉がついてくるのが個人的に結構嬉しい。当然麺に絡めたりライスに乗せたりして食べる。
味玉は黄身が5割ほど固まった半熟で程よい味付け。
大盛りにしてライスまで食べ終わるとすっかり満腹になったがせっかくなのでスープ割りをお願い。
結構なみなみとを注いでくれたこともあってちょっと薄味だった。

かなり具沢山でライスも追加したことで色んな味を楽しむことが出来た。
次回はラーメンの方を食べに行こう。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「甘い辛い酸っぱいつけ麺:大(980円)+特製トッピング」@煮干鰮らーめん 圓の写真今日も八王子に来たので1年3ヵ月ぶりに圓へ。
西八の「煮干鰮豚骨らーめん 嘉饌」は残念ながら1回行っただけで閉店してしまった。
入店するとなんと先客なし。今日は4年ぶりにつけ麺を食べよう。と言っても以前はなかった「甘い辛い酸っぱいつけ麺」の方をチョイス。
厨房には店主さんと若い助手さん。貸し切りかと思ったら次々と後客が入ってきてカウンターはほぼ埋まってしまった。
しばらくして出来上がり。「スープ割りも出来ます」とのこと。

まずつけだれを飲んでみるとメニュー名通り甘味、酸味、辛味が合わさっているのだが、この中で辛味が頭一つ飛びぬけて効いている。思わぬ刺激にちょっとゲホゲホしてしまった。まさか圓でこんな強烈な味に出会うとは。
4年前食べたつけ麺は煮干が効いたビターなつけだれだったが全く違うタイプで個人的にはこちらの方が面白くて好みかな。
麺はラーメン用の細ストレートとは違う中太平打ちで表面に粒が見える。表面が実に滑らかで飲むようにスルッと食べられるが麺自体の味がしっかりとしているのでよく咀嚼して味わう。
量は大盛りにして350g。そう聞くとかなり多く感じるがあっさりと食べ終えてしまった。
具はチャーシュー、メンマ、ネギ、味玉。
チャーシューは麺の上に2枚とつけだれの中にも小さい物が5枚ほど。つけ麺で食べてもやはりここのチャーシューは絶品。
極太メンマとネットリとした半熟味玉も存在感はチャーシューに負けないレベルで相変わらず実に美味い。
最後にスープ割りをお願い。結構多めのスープで割ってくれたがこれが煮干の風味が辛味を和らげてくれて実に味わい深い美味さだった。

どのメニューも美味い圓だが今回のつけ麺が間違いなく一番個性的で強烈な一杯だった。
接客もいつも通り素晴らしかったです。
今年は名古屋によく行くので大須の支店にも行ってみようかな。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 8件

「小つけ麺(800円)ニンニク」@ラーメン二郎 桜台駅前店の写真平成最後の二郎は神保町に決めていたが今朝になって桜台から「つけ麺やります」メールが!
これはもう行くしかないということで予定変更。
12:50到着すると今まで桜台で見た中では一番の行列。おそらく40~50人ほど並んでいたのではないだろうか。
雨が降ったりやんだりする中1時間半ほど並んでようやく店頭へ来たので券売機で「小つけ麺」の食券を購入。
厨房には店主さんとメガネの助手さん。常連さんが多く来ていたようで和やかな雰囲気だった。
着席後まずはつけだれが。そして助手さんから声がかかったのでコール。なんか多そうだな…。

まずはつけだれをよくかき混ぜて一口。基本的にラーメンのスープを濃くしたものだと思うが元々桜台のスープは濃厚なので思ったより大きな違いはなくつけだれとなっても変わらず美味い。
メルマガにあった通り甘さが加えられていたがそれほど強くはなかったな。そこで券売機の上の魚粉を投入してみる。
今日は雨で気温が低いこともあってすぐに冷めてしまったのがちょっと残念だった。
麺は助手さんがしっかりと水で締めてから店主さんが丼に盛り付け。
先月の油そばだとややヌチッとしていたがつけ麺だとかなりプリプリした食感でスルッと喉を通っていく。
桜台の麺がこれほどつけ麺に向いているとは思わなかったな。
驚いたのが量がラーメンの時より明らかに多いことで小でも400gはあった気がした。
ブタは2・5個といった量。スープに浸かっていなくても十分に柔らかく味付けもいい感じ。
野菜はデフォでも多めでシャキシャキの茹で加減。つけ麺で野菜を増すとつけだれがかなり薄まってしまうことが多いのでこれでよかっただろう。
途中で魚粉の他に酢もちょっと投入したりしているといつの間にか完食。
スープ不可とのことなのでそのまま飲み干してご馳走様。

もう4年以上提供されていなくて半ば諦めていたがこうして平成最後の日に食べることが出来て感謝。
味もよくラーメン以上にボリュームもあり満足の高いつけ麺だった。
あとは神保町のつけ麺もいつか食べたいな~。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 14件

「味玉つけめん(830円)+大盛(50円)」@中華そば・つけめん 甲斐の写真この日当初は浜田山の某店で食べるつもりだったのだが到着すると無念の売り切れ終了。
閉店時間までまだ2時間もあるのだが…次回は必ず昼に行こう。
再び電車に乗りどうしようかと迷っているとふとこの店を思い出し久我山で下車。こちらは無事営業中だった。
入店すると先客3人、後客2人。厨房には男性1人なので店主さんだろう。
ここはつけ麺がウリなことは知っていたので「味玉つけめん」を大盛りでチョイス。
つけ麺だがさほど待たずに出来上がった。つけめんだとレンゲは無いのかな?

つけだれはあっさりとした醤油味で酸味と唐辛子の辛味がプラス。「大勝軒」や「丸長」の様な実にオールドタイプのつけだれで飲んでいるとホッとさせられる。
麺が出てくるまでちょっとタイムラグがあったせいか最初からぬるめだった。
自家製だという麺はかなり硬めの茹で加減。コシや弾力というより歯応えが強くつけ麺の麺としては独特な食感だった。量は大盛りにして300~350g位かな。思っていたよりは多かった。
具はつけだれの中にチャーシュー、メンマ、ネギ、味玉。
チャーシューは細かく刻まれていてちょっと食べ辛いが味は香ばしくて美味しい。「味玉チャーシューつけめん」にするべきだったな。
味玉は黄身が8割方固まった半熟で薄めの味付け。
最後はスープ割りで締め。

思いがけず入ることになったが昔懐かしい味わいの美味しいつけ麺を食べることが出来た。
夜限定という「味噌らーめん」も気になるな…。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺 大盛(850円)+味付け卵(100円)」@横浜家系 せいせき家の写真3ヵ月ぶり。
入店すると先客1人、後客なし。厨房には店主さん1人。
前回初訪問でラーメンを食べてかなり好印象だったが、最近家系でつけ麺を食べてない事を思い出したのでそれにしてみる。
つけ麺の場合は特に好みは聞かれないのかな?
さほど待たずに出来上がった。

つけだれは基本的にラーメンのスープを濃くしたものだと思うがとろみがあり麺とよく絡む。ラーメンだとちょっとしょっぱく感じたけどつけだれだとこのしょっぱさがちょうどいい感じになる。
麺はラーメンと同じもので大盛りだと2玉なので約300gかな。冷やされてなんとなくプリプリした食感でゴマ油がかけれていたのかその香りがしていた。麺のくっつき防止の意味もあるのかも。
具はチャーシュー、ほうれん草、刻み海苔、ネギ、オプションの味玉。
チャーシューは肩ロースでつけだれに入れておくと柔らかくなった。
ほうれん草がかなりたっぷり入っているのでライスも頼めばよかったな。
味玉は黄身がネットリとした半熟で濃い目の味付け、
最後にスープ割りをお願いするがこれが実に美味かった、柚子っぽい後味がしたような…。気のせいかな?

久々に家系でつけ麺を食べたがラーメン同様丁寧に作られていて美味しかった。
次回は油そばかな。辛ラーメンも気になるな。
接客もとてもよかったです。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件