なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

A.U

男性 - 東京都
平均点 80.968点
最終レビュー日 2019年8月3日
1,396 541 15 1,646
レビュー 店舗 スキ いいね

「ラーメン:塩(650円)+うずら味たま ニンニクヤサイアブラ」@ラーメンエースの写真1年3ヵ月ぶり。常に何かしら限定をやっているエースだが未食だった「塩」が今日から提供されると聞いてやってきた。
早速券売機で「ラーメン」と「うずら味たま」の食券を購入し提出時に「塩で」とオーダー。
厨房には店主さんと若い助手さん。待っている間にどんどん客が来て店の外にまで列が伸びていたがやはり学生が多い。
しばらくして声がかかったので「ニンニクヤサイアブラ」とコール。

まずは注目のスープから。やや透明感があり二郎系にしてはスッキリしたスープで適度な塩加減と隠し味のゴマ油効果もあってなんだかタンメンっぽい。どこかの二郎で食べたようなと思ったが旧荻窪で提供されていた塩ラーメンがこんな感じだった記憶。アブラを混ぜてもそれほど濃厚にはならず実に飲みやすいスープだった。
途中で卓上の青海苔やブラックペッパーを入れてみるがどちらも塩スープとなかなか好相性。
自家製麺は二郎系の中でやや細めだがちょうどいい茹で加減。縮れが入っているのでゴワゴワ感も持ち合わせていていい感じ。量は二郎標準の300gでここはいつ来ても量のブレは無い気がする。
ブタは2個入りで異なる部位が入っているようだ。手前のは脂身少なめでややミッシリした食感。右側のは脂身多めでトロトロの柔らかさだった。
野菜は見た目はそれほど高くないが丼の中にもたっぷり入っているので結構多い。茹で加減はシャキシャキで塩スープだとやはりタンメンを食べているような気分に。
5個のうずらは味付けされておりいい箸休め的存在。
最後にスープをほとんど飲んでご馳走様。

濃厚な味噌も美味かったが今回のスッキリした塩も非常に満足度が高かった。汁なしやつけ麺にも出来るらしいのでまた機会があれば狙ってみたい。
ここは「らーめん いごっそう」と同じように二郎系でありながら塩や味噌に上手く対応していて美味しく仕上げている。
各店がどんどん値上げしている中デフォのラーメンが650円というのも実に嬉しい。
接客もとてもよかったです。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 8件

「塩らーめん(850円)ニンニク野菜」@麺屋 歩夢の写真1周年を記念して限定メニューをやると聞いて半年ぶりに訪問。今日は塩、明日は味噌が提供される。
17:15到着すると8人待ち。予想よりは少ないかな。
まずは券売機で「限定A」の食券を購入し最後尾へ接続。その後はどんどん列が伸びていった。
30分並んだところで店内へ案内され着席。厨房には店主さんと男性2人、女性1人の助手さんの計4人。そしてもう1人男性が行列整理をしていた。男性助手さんの1人は「ピコピコポン」の店主さん?
店内は実に賑やかで常連さんたちからお祝いの言葉が飛んでおりビールの差し入れをしている人も。
着席後まずはブタが別椀で登場。それからしばらくして声がかかったので「ニンニクヤサイ」とコール。

まずはせっかくなのでスープを一口飲んでみると尖ったしょっぱさはなく実に絶妙な塩加減。デフォのラーメンは結構濃い目の味だったが塩スープだとまた違った顔になっていた。刻み玉ネギの清涼感もいい感じに効いている。
途中から卓上のブラックペッパーを多めに投入すると「豚星。」の「しお」と同様に「なみのり」っぽい味わいに。
麺は前回同様二郎系の中ではやや硬めでワシワシと食らう感じが楽しい。ここの麺は個人的にかなり気に入っている。量は今回も300g程度だったが野菜も多かったのですっかり満腹になった。
ブタはラーメンが出てくるまでタイムラグがあったので硬くなってないか心配だったがしっかりと柔らかくて一安心。味もよく染みていて実に美味い。別椀なのはスープが塩味なのにブタは醤油味だからか?
野菜はこの店で初めて増してみたがなかなかいい感じの盛り。茹で加減はシャキシャキでモヤシもキャベツも食感がよかった。アブラも追加するべきだったかな。
最後にスープをほとんど飲んでご馳走様。

汁なし、ラーメンと食べてしっかりと美味かったが限定メニューでもそのレベルの高さは健在だった。
オープンからわずか1年で早くも相模原市全域で3位につけているし今後が本当に楽しみな店だ。
店員と客の会話が多いのは「豚星」と同じだがこちらの方がアットホーム感があって雰囲気がずっといい。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 3件

「貝出汁塩ラーメン(880円)+味付け半熟玉子(100円)」@楽観 立川の写真1年ぶりに楽観へ。その間に近くの「白菜タンメン楽観」は閉店し全く無関係の店に代わってしまった。
17:00入店で先客4人、後客1人。
券売機を見ると限定をやってるようなのでそれにしてみよう。早速千円札を入れる…のだが入らない。
どうやら券売機がトラぶっているようで奥から店員さんが出てきた。「現金で対応します」とのことなので1,000円を払いお釣りを受け取る。
やや時間が掛かって出来上がった。

スープは確かに貝の風味が効いているが予想していたよりかなりしょっぱめ。同じ塩味の「パール」や「鶏塩」を食べた時より明らかに塩っ気が強く完飲は出来なかった。
麺は中細ストレートでやや硬めの食感。
具はチャーシュー2枚、極太メンマ、刻み玉ネギ、柚子、オプションの味玉。
チャーシューは薄切りで脂身少なめのタイプ。
味玉は黄身が5割ほど固まった半熟で甘めの味付け。

かなりしょっぱかったのが意外だったが楽観らしくあっさりしていながら味わい深い一杯だった。
から揚げと餃子のセットがかなり美味そうだったので次回食べてみよう。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 8件

「イベリコ豚とキノコの塩バターらーめん(850円)」@ら〜麺 楓の写真1年3ヵ月ぶり。
雨の中店に入ると先客5人、後客なし。厨房には男性2人。
券売機を見るとまた新しい限定をやってるようなのでそれにしてみる。
しばらくして出来上がった。

スープは塩味だがバターやキノコの風味がかなり出ていてなんとなく洋風テイスト。麺の食感が独特なこともあってスープパスタを食べているようだ。
麺は四角い形状のストレートでツルツルと啜れてプツッと切れる。ここは本当にメニューによって色んな種類の麺を出してくる。
具は炙りチャーシュー、キノコ、クルトン、バター、オプションの味玉。
チャーシューは当然イベリコ豚だが炙ってあり実にジューシー。ちょっと薄切りなのが残念だがとろけるように柔らかく絶品。
クルトンはスープを吸って既に柔らかくなっていたがガーリックトーストの様な風味。
味玉は黄身が7割ほど固まった半熟で程よい味付け。

ついでに頼んだネギ塩豚めしはご飯にチャーシューと味つけされたネギが乗せられたもの。こちらのチャーシューは結構歯応えがあったかな。

今まで楓で食べてきたメニューの中でもかなり面白い一杯だった。
接客もよかったです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 7件

「香そば しお(730円)+煮玉子(100円)」@麺屋 如水 本店の写真名古屋滞在最終日。最後にもう一店と思い色々調べてみるがかなり迷ってこちらへ。
11:30の開店時間に合わせて到着すると外に行列なし。「すぐ食べられそうだな」と思い中へ入ると既に満席で10人以上が待機していた…。その後も常に客が入ってきてやはり相当な人気の様だ。
店員さんは男女合わせて5人ほどいたが非常に元気でハキハキした素晴らしい接客。
デフォの「しお」にするつもりだったのが待ち席でメニューを見ているうちにどうしても「香そば」が気になったので思い切って注文。
カップルや家族連れが多いが回転はまずまずで30分ほど待って着席。並んでいる間に注文確認済みなのですぐに運ばれてきた。

スープはスッキリとした塩味で尖った感じもなくまろやか。ここに揚げニンニクの香ばしさとニンニク香油の風味がプラスされているが、ニンニクが強く効きすぎることがなく元のスープの美味さが伝わってくる。また香油のおかげか最後まで熱々状態をキープ。
麺は博多ラーメンの様な極細でやや硬めの茹で加減。余談だが湯切りが非常にダイナミックで見入ってしまった。
具はチャーシュー、メンマ、ネギ、オプションの味玉。デフォの「しお」ではネギは入らないらしい。
チャーシューはバラ肉で味つけ薄めで柔らかい。赤身と脂身のバランスも実にいい。
味玉は黄身がトロットロだが流れ出す手前の絶妙の硬さ。黄身の味も実に濃厚でもう1個食べたいと思ったほど。
スープまで完飲。

人気店だけに期待どおりのクオリティの高い一杯だった。量的には少なめなのでご飯ものも食べればよかったな。
味だけでなく接客も本当に素晴らしかったです。「ラーメン荘 歴史を刻め 新栄店」もここも客が気持ち良く食べられる雰囲気が見事に作られていた。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「特製塩ラーメン(910円)」@麺屋もろの写真初訪問。
17:45入店で先客4人、後客2人。厨房には男性1人なので店主さんだろうが情報では「中華そば とんび」出身らしい。
ここも塩がオススメと聞いていたので「特製塩ラーメン」の食券を購入。
店内は綺麗で清潔感があり小料理屋の様な雰囲気。「とんび」は正直かなり狭いのでちょっと対照的だな。
しばらくして出来上がったがかなり美しいビジュアルの一杯。

透明感のあるスープはやや強めな塩っ気だがまろやか味わい。なんでも鶏・魚介に加えてきのこ類をプラスしたトリプルスープとのことでちょっと独特な旨味がある。
麺は中細ストレート。やや柔らかめで喉越しのいい麺。
具はチャーシュー、穂先メンマ、ネギ、カイワレ、味玉。
チャーシューは低温調理されたものでローストビーフのような食感。
味玉は黄身がゼリー状の半熟で上品な味付け。
スープまで完飲。

とんび出身とは思えないほど違ったラーメンだったが、こちらもかなり個性的な一杯だった。
次回は限定を食べに来よう。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「塩チャーシューめん(1,000円)」@熟成らーめん まるしんの写真西国立に4月にオープンしたこちらへ初訪問。
店に入ると先客なし。厨房には男性1人なので店主さんだろう。
早速券売機でオススメマークがついていた「塩チャーシューめん」のボタンをプッシュ。
食券を渡し席に着き店内を眺めるが綺麗で清潔感があっていい雰囲気。ただその後も他の客が来ることはなかったな。
しばらくして出来上がった。

スープは白濁したタイプでなんでも豆乳が入っているんだとか。その効果か塩っ気は控えめでかなりマイルドで飲みやすい。途中で卓上の天然節を入れて味変してみる。
麺は黄色い縮れで一見札幌ラーメンっぽい。見た目通りプリプリした食感で塩ラーメンにはかなり珍しいタイプだろう。
具はチャーシュー4枚、ほうれん草、ネギ、味玉半個。
チャーシューは大判で箸で持ち上げただけでホロホロと崩れる。味付けは薄めで肉本来の味がしたがスープとよく合っていると思った。
味玉は黄身がネットリとした半熟で程よい味付け。これならもう1個追加してもよかったか。
スープまで完飲。

一般的な塩ラーメンとはかなり違ったタイプで個人的にはなかなか気に入った。
次回は醤油か味噌か悩みそうだ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「G盛り油そば:2玉(680円)」@中華そば 松葉の写真約2年ぶり。
店に入ると他に客はおらず今回も貸し切り状態に。
過去2回つけ麺、油そばと食べてきたので中華そばにするつもりだったが、J系っぽいメニューを発見したのでそれを注文。
今回もかなり早く出来上がった。

まずはよくかき混ぜる。麺はこの店ならではのフェットチーネの様な幅広平打ち。出来上がりの早さからも解るようにやや硬めの食感。量は2玉で300g程度か。
タレは塩味だが名前通りややオイリーで口当たりはコッテリしている。上からマー油がかけられているのでニンニクの風味もあるが出来れば刻み生ニンニクがほしかったかな。
具はチャーシュー3枚、野菜、ネギ、卵黄。
チャーシューは赤身と脂身のバランスがちょうどよくとても柔らかい。やはり「喜奴屋」の流れを感じさせる。
付け合わせのスープも魚介の出汁が効いていて実に美味しかった。

見た目はちょっと二郎系を思わせるが食べてみると塩油そばの発展系といった一杯で違和感なくまとまっていた。
ここは本当にメニューが多いな。次回は「カレーつけ麺」にしてみようか。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「冷やしつけ麺並:塩(950円)+味玉9割半熟(150円)」@立川中華そば とと ホンテンの写真9ヵ月ぶり。
この日も酷暑の為つけ麺しか頭になかったのだが、券売機を見るとさらにピッタリの「冷やしつけ麺」を発見したので迷わずそれをチョイス。
店員さんに食券を渡すと「醤油と塩を選べます」とのこと。ちょっと迷ったが塩でお願いし着席する。
さほど待たずに出来上がり。スープ割り用のポットも同時に登場した。

まずはつけだれを一口。キンキンとまでは行かないが名前通り冷たいスープで程よい塩加減。ラーメンのスープと言うより和食の出汁を飲んでいるような味わいで上品な味になっていた。
麺は素麺のような細いもの。やや硬めでツルツルシコシコな食感。中盛りなので結構量があったがスルスル食べられた。
具は麺の上にチャーシュー2枚、バラ海苔。つけだれの中に細メンマ、オプションの味玉。そして別皿で柚子胡椒、ネギ、茗荷。
チャーシューは柔らかくジューシー。柚子胡椒をつけて食べてみる。
最後はスープ割りしてみるがつけだれが冷たいのに割りスープは温かいので微妙な温度になってしまった…。

熱いラーメンを食べるには厳しいここ最近の天候にピッタリのメニューだった。
もう一つの期間限定の「ネバ辛そば」ってのも気になる…。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「鯛塩らーめん+鯛おこわ(900円)+味玉(100円)」@らーめん いつ樹 本店の写真西武ドームで松坂を見逃した後こちらへ。試合は勝ったからいいけど。
4年ぶりで移転してからはようやく初訪問となった。
まずは店に入り券売機へ。旧店舗の最後は海老つけ麺だったので今日は6年ぶりに鯛塩をチョイスする。
店内はほぼ満席だったがカウンターに空きを見つけ着席。厨房には男性2人、女性1人。
やや時間が掛かって出来上がった。

スープは名前通り鯛から取ったもの。鯛の香りや風味はそれほど強いものではないが程よい塩っ気で上品でまろやかな味わい。
なんとなくだけど前回よりややあっさりしていたような気もする。
麺は平打ち縮れでちょうどいい茹で加減。モチモチしていて手もみが入っているので食感が非常に楽しい。量は200g弱はありそうだった。
具はチャーシュー2枚、メンマ、ネギ、刻み玉ネギ、海苔、オプションの味玉。
チャーシューはバラ肉でトロトロに柔らかい。
名物の三角メンマはガリッとした食感が健在。
味玉は黄身がネットリとした半熟で濃い目の味付け。

ラーメンから意外にややタイムラグがあって鯛おこわが登場。かなり小さめの茶碗だ。
スープをかけて食べるのがオススメらしいが十分美味しかったのでそのまま全部食べてしまった。

基本的に6年前食べたのと大きな違いはないようで個性的な塩ラーメンだった。
次回は海老つけ麺だな。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件