なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

A.U

男性 - 東京都
平均点 80.968点
最終レビュー日 2019年8月3日
1,396 541 15 1,647
レビュー 店舗 スキ いいね

「広島つけ麺:大(957円)」@廣島つけ麺本舗 ばくだん屋 広島駅ビルアッセ店の写真中国遠征最終日。最後は広島つけ麺で締めることに。
「出来れば本店で」と思っていたがあまり時間が無かったこともあり駅近くのこちらへ。
ばくだん屋という名前は聞いたことがあったがよく考えれば渋谷にも出店してたな。
13:00入店すると先客4人、後客2人。厨房には男性1人、女性2人。
メニューを見るまでもなく当然広島つけ麺を注文。つけだれが「和風醤油だれ」と「ごまだれ」から選べるとのことなので醤油の方を選択。さらに辛さをどうするか聞かれたので「「まずはここで食べてみて」と書かれていた「2」でお願いする。なんでも0~100の間で選べるらしい…。
つけ麺でも5分ほどで出来上がった。

まずはつけだれを一口。当然辛いが思ったほどではないかな。辛さの元は唐辛子とラー油だと思うが酢の酸味も効いていて冷やし中華っぽい要素も。また大量のゴマが浮かんでいるが麺に絡んでくるのですぐに無くなってしまう。といっても卓上に用意されていて入れ放題。
また卓上には辛さをアップさせる「辛味」も用意されているので一さじ入れてみる。すると量が多すぎたのか一気に舌が痺れる辛さに。後半は水を3杯お代わりしてしまった。
麺は中細ストレートでツルツルシコシコな食感。よく冷やされていて喉越しもいい。量は大盛りにしても300gはない感じだった。勢いよく啜ると撥ねるので紙エプロンは必須だ。
具はチャーシュー、キャベツ、ネギ、キュウリ。
チャーシューも勿論冷たいのでやや歯応えのあるハムみたいな食感。
また野菜がたっぷり食べられるのもいいところだな。

広島つけ麺初体験だったが広島ラーメンと違ってこちらは大体予想通りの味といった感じ。
大盛りにしてもちょっと物足りなかったので(舌は痺れたが)もう一つの名物の唐揚げも頼めばよかった。

5日間岡山・広島の色んな味に出会えていい旅行になった。次回は足を延ばして九州あたり行ってみたい。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば(600円)」@陽気 大手町店の写真広島2杯目は「広島ラーメン」の有名店へ。
「尾道ラーメン」は有名だが「広島ラーメン」というジャンルがあるとは失礼ながら知らなかった。
店に入ると中途半端な時間だったこともあり先客1人、後客なし。厨房には男性1人、女性2人。
まずは券売機で「中華そば」の食券を購入。他には「おむすび」もあったが今回は「間食」なので自重。
さほど待たずに出来上がった。

スープは豚骨の香りと風味がしっかりと効いているが、口当たりはサラッとしていて味もマイルド。
なんとなく和歌山ラーメンをライトにした感じで飲みやすい。
麺は中細ストレートでやや柔らかめの食感。
具はチャーシュー、モヤシ、ネギ。
チャーシューは小ぶりで薄切りなものが4枚。脂身少なめだがパサついている感じはなかった。
またモヤシは二郎などより細めのもので麺と一緒に食べるといい感じ。
最後にスープを半分ほど飲んでご馳走様。

広島ラーメンとはどんなものか興味深々だったが、意外にも食べやすい豚骨ラーメンで飲んだ後に食べるのに向いてるかも。
後は広島つけ麺も食べておきたい。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば(600円)+焼き餃子4個(230円)」@朱華園の写真今日は岡山から広島へ移動だが途中尾道で下車。
観光もするつもりだが一番の目的は今月19日より休業に入ってしまうという尾道ラーメンの名店「朱華園」。
開店時間の11時とほぼ同時に到着するが予想通り店の前には行列。「そりゃそうだ」と思って並ぼうとするが最後尾が見えない?どうやら列は交差点の角を曲がり更に伸びているようだ。恐る恐る数えながら最後尾に到着するとなんと152人待ち…。
一瞬心が折れそうになったがもう二度とチャンスはないかもしれないので覚悟を決めて接続。
並んでいる人達は老若男女入り混じっているがやはり地元の人が多いかな。
今日はなかなか日差しが強く厳しいコンディションの中2時間並んでようやく店内へ入ることが出来た。
メニューを見ると中華そばと餃子とビールのみ。叉焼麺が食べたかったのだが混雑緩和の為メニューを絞っているのかな?そこで中華そばと餃子4個をオーダーし現金前払い。
着席後程なくちょっと小ぶりな丼が運ばれてきた。

スープは透明感があり見た目通りかなりあっさりとした醤油味。
尾道ラーメンの特徴である背脂ミンチが大量に浮かんでいるが、スープに溶け込むタイプではないのでコッテリ感はほとんどない。ただスープに甘みを持たせるという効果はあるかな。
都内で尾道ラーメンというと町田の「尾道ラーメン 正ちゃん」で食べたことがあるが確かにスープは似ているかな。
麺はやや平打ちがかった中細でちょうどいい食感。量は120g程度でもう少し食べたいところだが大盛りは出来ないようだった。休業までなるべく多くの人に提供するためには仕方ないのかも。
具はチャーシュー、メンマ、ネギ。
チャーシューは薄切りのモモ肉。味付けは薄めで見た目は硬そうだったがそんなことはなく食べやすい。
また細めのメンマはコリコリした食感でなかなか存在感がある。
ラーメンを半分ほど食べたところで餃子も到着(料理写真にUp)。小ぶりで餡がかなり細かく刻まれているタイプだった。
スープまで完飲。

昨日の笠岡ラーメンに続くご当地ラーメン巡りだが、自分が考えている尾道ラーメンのイメージにピッタリな一杯で美味しかった。接客もとてもよかったです。
滅多に行けない地方の名店で食べるとやはり満足感や達成感が十分に得られる。

しかし2時間並んだのは久々だったな。
食後は千光寺などを見て回るがかなり長く並んでしまったのでしまなみ海道の方は断念…。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件