なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

A.U

男性 - 東京都
平均点 80.973点
最終レビュー日 2019年6月14日
1,388 539 15 1,618
レビュー 店舗 スキ いいね

「小ラーメン(750円)+ニンニク味(50円)+うずらの卵」@ラーメン二郎 茨城守谷店の写真半年ぶりに守谷へ。前回同様南守谷駅から徒歩でアクセスする。
13:45入店すると2人待ち。その後も何人かやってくるが店の外に行列が出来るほどではなかった。
前回はつけ麺を食べたが今日は「小ラーメン」と「うずらの卵」の食券を購入。ラーメンは前回より50円値上がりしていた。
待ち席で食券の確認をされた時に「ニンニク味で」とお願いし、さらにしばらく待ってから着席。
厨房には前回同様店主さんと男性2人、女性1人の助手さん方の4人体制。
着席後は程なくコール。今回はニンニクのみにしておくが野菜を増さないとやや寂しげなビジュアル。

今日はせっかくなのでスープから。おろしニンニクが入っているということで飲んでみると確かに明らかにデフォのスープとは違う風味が。また今日は一口目からなかなかしょっぱめだったのだがニンニク効果もあってか食べているうちにどんどん濃くなってくるような感覚。
刻みニンニクも混ざり合うと「ちょっと辛い」と感じるほどになってきて思わず水を一気飲み。
麺はいつも通りかなり柔らかめで一昨日の千住とほとんど同じ様な食感。ただ以前ほどのデロ加減ではなく最後までダレルことはなく美味しく食べられる。前回つけ麺で食べた時はまた違った食感であれはあれでかなり美味かったな。
ブタは2切れ入りで嬉しいことに端の部分だったのでかなり大きめ。守谷らしくフワトロの食感で脂身もとても柔らかい。
野菜も守谷らしくクタ気味でシャクシャクした食感。量は野菜高騰の影響か少なめだったがスープがかなり濃い味だったので増した方がよかったかも。
うずらはここに来るとなんとなく買ってしまうな。
最後はニンニク満載のスープを半分ほど飲むがこれ以上は明日にまで響きそうなので自重。

気になっていた「ニンニク味」だが食後は口の中がかなり気になるほど効いていた。
次回は夏につけ麺でも試してみたい。
帰りはバスで守谷駅に移動するが駅に着いたらすかさずマツキヨでブレスケアを購入し飲んだ。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 8件

「小ラーメン麺少なめ(700円)+つけ麺(100円)ニンニク」@ラーメン二郎 茨城守谷店の写真いつの間にかつけ麺をやっていると聞いてまたも守谷へ。まさか2カ月連続で来ることになるとは思わなかった。
今回も守谷駅からバスに乗ろうとしたが目の前で美園行きが出発してしまった…。
次便は30分後なので関東鉄道で一駅移動し南守谷駅で下車。そこから15分ほど歩いて店に到着した。思ったよりは近かったな。
外に行列は無かったが店内5人待ち。厨房には店主さんと男性2人女性1人の4人体制。昼営業は14:15までのはずだがその後来た客も受け入れていたようだ。
今日は早くも夏バテ気味かあまり体調がよろしくないので「麺少なめ」の食券を購入。
やがて席が空いて店主さんの誘導で着席。100円玉を添えて「つけ麺で」とお願いする。意外にも他につけ麺を頼んでいる客は1人しかいなかった。
まずラーメンの人から提供されていきややタイムラグがあってコール。

まずはつけだれを一口。作っているところを見ていると酢とゴマ油を投入していたようだがまさにその通りの味。酸味は思ったほど強くなくゴマ油がいい感じに効いていて美味しい。同じくゴマ油を使っている藤沢のつけだれによく似ていたかな。
麺はつけ麺にしてもやはり柔らかめでヌチッとした食感。ラーメンより長めに茹でてその後水で冷やしていたようだがそれほど冷たいわけでもなかったかな。量は少な目にしたので250gのはずだがそれよりは多く感じた。つけ麺にするとラーメンより多くなるのか?
ブタは大ぶりのものが2切れ。1つは@状で脂身の付き具合もよく柔らかくて絶品だったがもう一つはちょっとパサつき気味だった。
野菜はいつも通りクタ気味の茹で加減。つけだれに漬かっていたのでちょっとしょっぱくなっていたが唐辛子をかけて食べるといい感じだった。
スープ割りできるかは不明だったがそのままほとんど飲み干してご馳走様。

守谷のつけ麺は初体験。ゴマ油の風味が実によくスープと合っていて美味しく後味にも強く残った。
今日は先月の様な緊張感が無く接客もかなり丁寧だったのも好印象。
今年の夏は二郎系だけじゃなく色んなつけ麺を食べて回りたいところだ。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 8件

「小ラーメン(700円)+うずらの卵+味ネギ ニンニク」@ラーメン二郎 茨城守谷店の写真半年ぶり。今回も例によって守谷駅からバスに揺られて到着。
前回は空席もあったが今日は祝日だけに店の外に10人ほどの並び。結構日差しが強かったがそれほど待たずに店内まで進んだ。今日は家族連れがかなり多いが「休日の昼食が家族で二郎」って素晴らしいな。
券売機まで来たところで「小ラーメン」と「うずら」の食券を購入。そして着席時に100円を添えて今回の目的の「味ネギ」をオーダー。
厨房には店主さんと男女1人ずつの助手さんの3人体制。今日はなんとなく緊張感があるような…。
しばらくして声がかかったので「ニンニク」とコール。

まずは注目の味ネギだがこれはネギにゴマ油をかけた物のようだ。なんか始めた頃は塩胡椒で味付けしてあったらしいがマイナーチェンジしたのかな?
早速麺を移してよく混ぜて一口。麺にゴマ油とネギの風味が絡んで確かにラーメンで食べる時とはかなり違う味わい。ただもう少し刺激的な味を期待していたのでやや物足りない感はあるかな。そこで卓上の胡椒を投入するとなかなかいい感じに変化した。
その麺は前回同様千住に匹敵するデロ加減。半分以上は味ネギを使って食べたがそのせいか前回よりかなり早めに麺が無くなってしまった。
スープも半年前と同じようにしっかりと乳化しており濃厚な口当たり。先週の桜台に比べるとちょっと味が薄めではあるが旨味はしっかりと感じられ実に美味い。
ブタは中ぶりの物が2切れで今回も赤身、脂身とも柔らかく文句なし。これも味ネギと一緒に食べてみる。
野菜はデフォでもそれなりの量で相変わらずクタクタの茹で加減。守谷は麺もブタも野菜も柔らかいということか。
最後はうずらを摘みながらスープをほとんど飲んでご馳走様。

ラーメン自体は半年前と全く同じ仕様に感じた。味ネギはいいアクセントにはなるがもう少しガツンと変化させる感じも欲しかったので初期バージョンも食べてみたかったな。
食べ終わってバスを待つが予定時間より大幅に遅れてやってきた…。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 8件

「小ラーメン(700円)ニンニク」@ラーメン二郎 茨城守谷店の写真1年ぶりに守谷へ。今年も守谷駅からバスでアクセスする。
店に入ると前回同様空席あり。その後も何人か入ってきたが行列が出来ることはなかった。厨房には店主さんと2人の助手さん。
今回はどうも体調がよくなく「小ラーメン」の食券のみを購入。「少なめ」や「半分」の食券もあるのが良心的だが値段が変わらないならやはり「小」にしてしまうな。
先客のロットに入り込めたようで10分足らずで声がかかったがニンニクのみにしておく。

麺は今回は千住ばりのデロ加減。守谷でここまで柔らかかったのは多分初めてかな。しかしその効果もあって多めの麺もスルスル飲むように食べられた。量は小だと320gとのことで先週の藤沢に比べればやや少なめといったところか。
スープは前回は非乳化とレビューしていたが、今回はまるでひばりの様に乳化しており味もやや濃い目。年に1回程度の訪問なのだがここは乳化してたりしてなかったりその時によって違う印象。
今日のスープや麺は数年前初めて三田で食べた時を思い出す様な仕上がりだった。
ブタは野菜の下に2切れ。脂身もとろけるような柔らかくサイズ的にも申し分なし。
野菜はデフォでも十分な量で守谷らしくクタ気味の茹で加減。
スープがかなり美味く半分以上飲んでしまった。やっぱりうずらの食券も買えばよかったな…。

前回とはスープが随分違いましたが個人的にはこっちの方が好みで非常に美味しい一杯だった。
帰りは南守谷駅まで歩いてみようかとも思ったがちょうど守谷駅行のバスが来たので結局乗ってしまった…。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 8件

「小ラーメン(700円)+うずらの卵(100円)ヤサイニンニク」@ラーメン二郎 茨城守谷店の写真約1年ぶり。ここには日曜に来ることが多かったが定休日になってしまったようだ。
今回も守谷駅から関東鉄道バスのアグレッシブな運転に揺られながら13:30頃到着。
店に入ると意外にも半分ほどが空席でその後も行列ができることはなかった。ここは駅から離れてるし平日はこんなものなのかな?
今回も「小ラーメン」の食券を購入し前回は無かった「うずら」も追加。さらに「ウーロン茶(150円)」も買ってみる。
他にも「大根おろし」なんてのもあったがさすがに躊躇してしまった。
厨房には店主さんと男性2人、女性1人の4人体制。
着席しスマホでも見ようと思った次の瞬間「ニンニク入れますか?」と声がかかりビックリ。先月新橋店でもあったが満席でなくても見込みで茹でていたようだ。
というわけで入店5分足らずでありつくことが出来た。去年に比べると随分野菜の標高が低いな…。

麺の二郎らしい形状だがなんか表面がツルツルしていて去年とはちょっと違う食感。それほど柔らかすぎることもなくモッチリ感があって美味しい。量はちょっと少なくて250~280g程度に感じたがこのあたりはブレもあるだろう。
スープは今年も非乳化タイプでやはりやや薄味にも感じたが、二郎独特の野性味あふれる仕上がりでやはりインスパ店とは違う。次回はアブラカラメにしてみるかな。そう言えば今日は給水器付近にカレーパウダーが見当たらなかったが…。
ブタは大ぶりのものがなぜか3切れも入っていて嬉しいサプライズ。味付け自体は薄めだが脂身もトロトロに柔らかくてとても食べやすい。今日は丼の中でブタが一番美味しく感じたかな。
野菜は昨年よりかなり減ったように感じたけどたまたまかな?茹で加減はクタクタでキャベツがかなり多かった。
うずらは5個入り。個人的に「守谷と言えばうずら」なので復活していて嬉しい。
ウーロン茶は黒烏龍茶ではなくアサヒの「食事の脂にこの1本。」という商品だった。

去年よりは一昨年に近い出来でしたが守谷らしさはしっかりと堪能出来て満足。
入店後すぐ食べられたので守谷駅→二郎→守谷駅が約1時間で済んで非常に助かった。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 8件

「小ラーメン(700円)ヤサイニンニク」@ラーメン二郎 茨城守谷店の写真1年半ぶり。今回も守谷駅からバスに乗って美薗で下車する。バスが1時間2本しかないのがちょっと不便だ。
13:00到着で店外10人待ち。ここは店内にも待ち席があるので20人待ちといったところか。
しばらくして店内に入り券売機を見ると毎回買っていた「うずら」が無い!まあ昨日さんこまで食ったからいいか。
回転はよく20人待ちでも30分ほどで着席できた。厨房には店主さんと2人の助手さん。
着席後すぐに店主さんから声がかかったのでコール。

麺は二郎らしい形状だがストレートタイプであまり縮れはない。茹で加減はややデロだがモッチリ感も存分に感じられて美味しい。前回も感じたが先日食べた三田の麺に似てる印象を受ける。量は標準の300g程度。
スープは前回同様非乳化タイプでやや薄味。やはり小岩に似てる印象を受けたがこちらの方が豚の出汁がよく出ていると思った。給水器の前に置いてあるカレーパウダーを投入したがこれが相性バッチリ。そう言えば仙川にも置いてあったが今後各店で導入してほしいところだ。
ブタは3切れ入り。大きさはそれほどでもないがホロッと崩れる柔らかさで歯を使わなくても食べられるほどだ。
野菜は期待通りの盛りでキャベツ率も高い。なんとなく都内の店よりここや栃木の方が気前よく盛ってくれるな。茹で加減はクタ気味でこちらもカレーパウダーをかけて頂く。
スープがかなり美味しかったのでほとんど飲んでしまった。

今回も非常にレベルの高い一杯で遠征した価値を存分を感じさせてくれました。また夏につけ麺をやってくれないかな。
家族連れやカップルも多くてアットホームな雰囲気もよかったです。

帰りはまたバスで守谷駅へ。関東鉄道のバスは結構荒っぽいな。
まだ着席してないのに発進するから車内で転んでしまった…。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 8件

「小ラーメン(650円)+うずらの卵(100円)ヤサイニンニク」@ラーメン二郎 茨城守谷店の写真1年2カ月ぶり。
13:00到着。店外8人待ち、後客多数。
厨房には店主さんと助手が男女1人ずつ。さらに奥の方にもう1人男性がいた。製麺していたのかな?
店内に入り券売機を見ると「少なめラーメン」と「小ラーメン」の間に「小ラーメン麺少なめ」と言う食券が加わっていた。なんだかややこしいな。
店内で待っている間に食券を確認していたので着席後さほど待たずにコール。

麺は二郎らしさ全開のやや柔らかめの茹で加減。その分クタ気味の野菜とよく合っていて食が進む。麺には各店の個性がよく得ているが、ここの麺は三田に非常に似ている気がする。
スープは前回は乳化気味に感じたが今日は非乳化で醤油が立った物。なんとなく「油の少ない小岩」といった印象。でも飲みやすくかなり飲んでしまった。
ブタは2.5切れといったところ。柔らかく脂身もジューシーで美味しい。
野菜はキャベツ多めでクタ気味。これも三田の流れを感じる。コールするとそこそこの量で満足。
うずらはここに来るとなぜか毎回頼んでしまうな。

ここは来るたびに微妙な違いがありますが、今回は本当に本店に似た仕上がりでした。自宅からはかなり遠いですが食べに来る価値が十分にあります。
次回は夏につけ麺を食べてみたい。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 8件

「小ラーメン(650円)+うずらの卵(100円)ニンニク」@ラーメン二郎 茨城守谷店の写真17:45到着。
一番乗り。後客多数。
定刻18:00開店ですぐに満席。
店主さんと男女の助手の計3名。

8分ほどで出来上がったので頂きます。
麺は形状はいかにも二郎といった感じの平打ち太麺。今日はやや柔らかめだったがスープをよく持ち上げて実に美味い。量は二郎標準の300g程度。
スープは1年前に比べかなり乳化していた。豚の出汁がたっぷり出ていて醤油もも効いている二郎の王道。とても美味かったのでかなり飲んでしまった。
ブタはただの小にも関わらず厚切りが3枚。やや歯応えが合って肉々しい。味付けは薄め。
野菜はノーコールでも十分な量。茹で加減はややクタ。
うずらは軽く味が付いているようでいい箸休めになった。

1年ぶりでしたが以前に比べかなり好みの味になってました。寒い中遠征した甲斐がありました。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 8件