なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

A.U

男性 - 東京都
平均点 80.973点
最終レビュー日 2019年6月14日
1,388 539 15 1,618
レビュー 店舗 スキ いいね

「らーめん macro:厚厚(800円)+特撰こだわり煮玉子」@人類みな麺類の写真大阪2杯目はRDB大阪1位のこちらへ。
関東がほとんど上位を占めるRDBで総合4位に位置する店だけにずっと気になっていた。
20:10到着すると日曜ということもあってかなんと45人待ち。覚悟はしていたがすさまじい人気ぶりだ。
関西弁に囲まれて1時間10分ほど待ったところで列の先頭に。すると店員さんが出てきてメニューを渡された。もっとも予習済みなのですぐにオーダー。
それから10分ほどで案内され着席。店員さんは厨房に男性陣、接客が女性陣で非常に元気で丁寧な接客。気のせいかみなイケメン&美女揃い?
既に注文済みなので着席後すぐに運ばれてきた。実に美しいビジュアル。

透明感のあるスープは一口目から貝の旨味が感じられ、控えめな醤油の味と相まって実に美味しい。
貝出汁ラーメンの店はそれ程経験はないがその中でもかなり貝の味がはっきりと出ている感じ。
卓上には調味料が一切見えなかったがそれはスープに自信があるからなのかも。
麺は中太ストレートで全粒粉が入っているのか粒が見える。ややプリプリした食感でスルッと喉越しが実にいい。関東の淡麗系の店ではあまり見ないタイプの麺だ。
具はチャーシュー(厚)、メンマ(厚)、ネギ、オプションの味玉。
厚で頼んだチャーシューはまずそのサイズにビックリ。二郎のブタにも匹敵するサイズだ。これがまさに角煮の様なトロットロの柔らかさで口の中でとろけるよう。味付けも濃すぎず上質な中華料理を食べているような気になった。
同じく厚で頼んだメンマも極太。しかしゴリッとした固すぎることもなく食べやすい。
またたっぷり入ったネギも大きめにカットされており辛みとシャキシャキ感が実にいい感じ。
味玉は黄身がネットリとした半熟でこちらはやや薄めの味付け。その分黄身が濃厚な旨味で美味しかった。50円というのも実に良心的。
当然スープまで完飲。

想像を上回るあまりのレベルの高さに完全にKOされてしまった。
美味いだけでなくスープも麺もチャーシューも実に個性がありそれでいてちゃんと一杯の丼にまとまっている。大阪のラーメン恐るべし…。
接客も気配りが行き届いていて本当に素晴らしかったです。他の2品も気になるし絶対にまた行こう。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン(750円)+うずら卵(100円)にんにくやさい背脂」@あいすべきものすべてに ニュータウン店の写真休暇を利用して大阪遠征。ホテルにチェックインした後まずは昨年末オープンしたこちらへ向かう。
店名から何となく想像できるがやはりラーメン荘の流れを汲む店らしい。
22:30到着すると先客8人。どうやら学生たちが集団で食べていたようだ。
まずは入口の券売機で「ラーメン」と「うずら卵」の食券を購入。食券を渡すと麺の量を聞かれたので無難に「300g」でお願いする。無料で500gまで増やせるらしい。またこの時ピンクの洗濯バサミで食券をはさんでおくと汁なしになるようだ。この辺はラーメン荘との共通点を感じさせるな。
厨房には男性2人で非常に丁寧な接客。しばらくして声がかかったので「ヤサイニンニクアブラ」とコール。

麺は二郎系にしてはやや細めであまり他店では見ない四角い形状のストレート。意外にやや硬めでしっかりとした食感だった。これは二郎はもちろんラーメン荘の麺ともかなり違うようだ。
スープは微乳化タイプでこれは味も含めてラーメン荘とよく似ている。やはり関西方面の二郎系はこの手のスープが多いのかな。途中から別椀のアブラを入れるとかなり濃厚でややしょっぱくなった。
ブタは@状のバラロール。トロトロとまではいかないが十分柔らかく味もよく染みてる。また提供直前までちゃんと温めていたのが印象的だった。
野菜はコールしたのでそこそこの量。茹で加減はちょいクタといった感じ。なんとなくモヤシが他店より細いものを使っていたような気がした。
別椀のうずらは5個入りでこちらもアブラに漬けてあるのかなかなか濃い目な味。
最後にスープを半分ほど飲んでご馳走様。

大阪で二郎系を食べたのは初めてだったが麺、スープ、具どれも高いレベルで作られていて美味しかった。
特に麺はかなり個性的でこれは是非汁なしでも食べてみたい。
接客もとてもよかったです。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件