なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

A.U

男性 - 東京都
平均点 80.968点
最終レビュー日 2019年8月3日
1,396 541 15 1,646
レビュー 店舗 スキ いいね

「つけ麺(850円)+うずら 野菜ニンニク辛揚げガリマヨ」@鷹の目 獨協大学前本店の写真気になっていた鷹の目のつけ麺が始まったようなので4ヵ月ぶりに草加へ。蒲田店でもそのうち始めるのだろうが待ち切れないので本店まで来てしまった。
14:30到着するとつけ麺効果か8人待ち。まずは店に入り券売機で「限定」となんとなく「うずら」の食券を購入し外に戻る。すると一緒に店員さんも出てきて食券回収。この時早くもトッピングを聞かれたので「野菜ニンニク辛揚げガリマヨ」とコール。
15分ほど待ってカウンターに案内され着席。やはりつけ麺を食べている人が多いな。
厨房には男性4人。既にメニューもトッピングも伝えてあるのでさほど待たずに運ばれてきた。
用心棒・千里眼系でつけ麺を食べるのは閉店した「用心棒Ⅱ階」以来だ。

まずはつけだれを一口。見た目通りなかなか濃厚で蒲田で食べたラーメンのスープよりかなりしょっぱい。大き目の背脂がプカプカ浮いているがオイリーさは予想していた程ではないかな。
味自体はかなり旨味が出ていて麺に味をつけるには実にちょうどいい塩梅。大量の野菜を入れてもあまり薄味にならなかったのもポイント高い。野菜の上にかけられている魚粉が溶けていくと徐々に甘みが出てきた。
麺はラーメン同様の平打ち縮れ。水でしっかり冷やされていることもあってラーメンの時よりさらに硬いのかと思っていたがそうでもなかった。つけ麺だと茹で時間を長くしてあるのかな。
つけ麺として食べても当然美味いがガリマヨと辛揚げを混ぜてそのまま食べてみても「冷やし中華」っぽくてなかなかいい感じ。量は300gだが無料で大盛(400g)に出来るらしい。
ブタはつけだれの中に@状が1切れ。といってもビックリするぐらいの厚さで箸で持ち上げるとその重さが伝わってくる。今日はちょっと脂身がゴムっぽかったのが残念だったかな。
野菜はコールしたのでいい感じの山でシャキシャキの茹で加減。つけだれに漬けてもガリマヨを和えても美味しく食べられる。
うずらは5個入りで特に味付けはされてない水煮だった。
さいごに辛揚げを掬いながらつけだれを半分ほど飲んでご馳走様。スープ割りは出来たのかな?

用心棒や千里眼では食べられないだけにかなり楽しみにしていたが、期待以上に完成度の高いつけ麺だった。
先月「麺屋 桐龍」でもつけ麺を食べたがどちらも甲乙つけがたい美味さだ。
蒲田店もいつから始めるかな。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 3件

「つけ麺300g(850円)+とろ~り半熟卵 ニンニク魚粉」@麺屋 桐龍の写真今日も真夏のような暑さなのでつけ麺を求めて1年ぶりに東川口へ。
14:00到着するとわずか4人待ち。やはり平日のこの時間だとそれほど混むわけでもないようだ。ただその後も客足が途切れることはなく常に満席状態をキープしていた。
早速券売機で当然「つけ麺」の食券を購入。厨房には男性3人、女性1人。
着席後しばらくしてまずはラーメンとまぜそばの人たちから提供されていく。3分ほどタイムラグがあってからつけ麺の自分たちにもコール要請。意外につけ麺を食べている人は少なかったな。

まず熱々のつけだれを一口飲むと3年前に食べた時同様かなり甘味が強い。ただその時に比べるとかなりオイリーでコッテリとしたタイプになっていた。その分麺との絡みは抜群で豚骨魚介つけ麺の様に漬ければ漬けるほどどんどん減っていく。
麺はやはりつけ麺でも実にいい茹で加減で、二郎系の中でも平打ち加減が強いこともあって食感が実にいい。
昨年の「辛いつけ麺」でも感じたがつけ麺だと表記の300gよりはどうも多い気がするな…。
ブタは小さく刻まれたものがゴロゴロと。柔らかいが濃いつけだれの中にあるのでちょっとしょっぱくも感じた。
味玉は黄身が6割ほど固まっており全く「とろ~り」ではない。
魚粉は元々つけだれが甘いのでそれほど効果はなかった。3年前の様に七味にした方がよかったかな。
最後にドロドロのつけだれを半分ほど飲んでご馳走様。ここってスープ割り出来たっけ?

つけ麺日和な天気だったこともあって多めの量もスルスル食べられた。ここは何食っても確実に「美味い」と思わせてくれる。
また涼しくなったらラーメンかまぜそばを食べに行こうかな。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 6件

「小ラーメン豚2枚(700円)ニンニクアブラ」@ラーメン二郎 越谷店の写真昨日オープンした越谷店に早速突撃。
隣の新越谷駅は栃木街道店に行く時に乗換で使うが越谷駅で降りたのは初めてだ。
初日は抽選だったそうだが今日からは整理券式で通常営業。というわけでまずは店頭で整理券を受け取り集合時間まで近所をブラブラする。ちなみに今日は整理券を受け取ってから集合時間まで1時間弱だった。
やがて集合時間が来たので再び店へ着くとすぐに店内へ案内されたので券売機で「小ラーメン」の食券を購入。まだラーメン類のみでオプションは無かったがこれから色々増えていくのだろう。
店内は広くカウンターは3+11のL字で後方には10人ほど座れる待ち席。厨房には藤沢や小金井で見た若い店主さんと2人の助手さん。そして店頭で初老の男性が整理券を配布していた。
さすがに二郎に慣れている客ばかりの様で回転は速く15分ほどで着席。まだ2日目だが「硬め」で頼んでいる人が随分多かったな。昨日も食べた人達だろうか?
やがて自分にも声がかかったので「ニンニクアブラ」とコール。

麺はいかにも直系の中太平打ちで標準よりはなんとなくやや幅広な気もした。食感はやや柔らかで個人的にはデフォでちょうどいい食感。硬めはロットの最初に提供されていたがそれほど大きな時間差は無かったような。
量は二郎標準の300g程度だったがこれから徐々に増えていくのかな?川越も最初は同じくらいだったが今では400gだし…。
スープは見た目通り醤油の効いた非乳化タイプ。藤沢とはちょっと違うが小金井で臨時店主をされていた時とよく似ている。ただあの時ほどしょっぱくはなく飲みやすくかけられたアブラもトロトロで美味い。
またニンニクや卓上の一味唐辛子と実に相性がいいスープに思えた。
ブタはなかなかのサイズで厚みも十分。脂身少なめだったがパサついてはおらず繊維に沿ってサックリと切れる柔らかさ。
野菜は初めてなのでデフォにしておいたが意外に平面的な盛りだった。茹で時間が短いのか結構硬めの食感でキャベツの芯がやけに多かったな。
朝早い時間だったがしっかりお腹を減らしてきたので8分ほどでスープまで完飲。

臨時とはいえ店主経験のある方だけにいきなりこの完成度はさすが。
でもまだ手探りな部分もあると思うし来月あたりもう一度行ってみようかな。その時はほぐし豚や汁なしも期待したいところ。
開店おめでとうございます。

これでまた全店制覇状態に返り咲き。
昨年は新店はなく新橋、小金井の閉店と寂しい一年だったが、今年は越谷以外にもまだ動きがあるらしい?

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「辛いラーメン:300g(800円)+味玉 野菜ニンニク辛揚げ」@鷹の目 獨協大学前本店の写真半年ぶりに獨協大学前へ。
13:45入店すると幸いにも空席2つ。
前回初訪問ながら冷やし中華を食べたので今日こそ基本のラーメンと行くところだがお目当ては昨日から始まった「辛いラーメン」。
食券を渡すとすぐにトッピングを聞かれたので「野菜ニンニク辛揚げ」と伝える。
水とレンゲを持って着席するがなんか床がヌルヌルしてるような…。
着席後10分ほどで運ばれてきたが冷し中華同様ラーメンもビジュアルは「千里眼」と瓜二つだ。

まずは真っ赤なスープから。一口目は「ちょっと辛い」といった感じだったが食べ進めるとラー油っぽい刺激で舌が痺れてくる。しかしスープ自体が結構濃厚で味がしっかりしているようなのでその辛さに負けない旨味があった。
+20円で辛さを増せるらしいが個人的にはこれでいいかな。
麺はやや縮れた平打ち形状でいかにも二郎系の麺。やや硬めの食感でワシワシと食らう感じがいい。冷やし中華の時はかなり弾力があったがラーメンの時はまた違った魅力。
ブタはかなり分厚いものが1切れ。冷やし中華では鶏チャーシューだったので初めてこの店のブタを食べた。昨日の「麺屋 味方」の神豚と比較するとさすがにやや劣るがそれでも柔らかくて味もよく染みていた。
野菜はコールしたので見事な山でシャキシャキの茹で加減。辛さを少しだが和らげてくれるので増して正解。
味玉は黄身がネットリとした半熟。「千里眼」や「用心棒」同様鰹節っぽい味付けがしてるがレシピは共通なのかな。
また辛揚げも最後までサクサク感がありいいアクセントになっていた。
最後は汗をかきつつスープを半分ほど飲んでご馳走様。

辛いことは辛いが「心地よい辛さ」で最後まで実に美味しく食べられた。
次回こそラーメンを食べよう。でもつけ麺がやってたら迷わずそっちだな。
来月は越谷に二郎が出来るらしいが「桐龍」含めこの辺はJ系激戦区になりそうだ。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 3件

「冷やし中華:300g(850円)+カレー粉(50円)」@鷹の目 獨協大学前本店の写真千里眼」の関連店ということで気になっていたがようやく初訪問。
14:00入店するとほぼ満席。その後は外待ちも発生していた。
初訪問なのでまずは基本のラーメンを食べるべきところだが、せっかくなので夏季限定の「冷やし中華」をチョイス。「千里眼」の冷やし中華は整理券式になってなかなか食べるのが難しくなってしまったし。
ついでに千里眼には無い「カレー粉」も追加する。
すぐに店員さんが出てきてトッピングを聞かれたので「ヤサイちょい増しニンニクから揚げガリマヨ」とコール。
しばらくして運ばれてきたがやはり見た目は千里眼のものとほとんど同じだ。

まずは麺を引っ張り出すとしっかりと冷やされており力強い弾力。自家製麺とのことだが同じ系列でも用心棒の「冷やしまぜそば」とはまた少し違った食感に感じた。もちろんどちらも実に美味しいが。
タレはやはり千里眼と同じでさっぱりとしているが、ニンニク、から揚げ、ガリマヨが混ざり合うと刺激的な味になっていく。また追加したカレー粉も麺と絡みやすくていい感じだったが量が少なめなので途中からは他の味に吸収されてしまったかな。
具は鶏チャーシュー、大根サラダ、水菜、プチトマト。
鶏チャーシューはなかなか分厚くて存在感があるが冷たいこともあってやや歯応えのある食感。用心棒の冷やしまぜそばだとブタが入っているがこれは大きな違いだ。
野菜は大根がたっぷりで実に瑞々しい。ガリマヨだけでなくカレー粉との相性もなかなかに良かった。ちょい増しにしたのでそこそこの量だったがこれ以上多いと味が薄くなりそうなのでちょうどよかったかも。
最後はから揚げとニンニクの効果でちょっと舌がヒリヒリしてきたがタレも残さず完飲。

系列店の中では「用心棒 本号」の「冷やしまぜそば」が一番気に入っているが、それに匹敵する完成の高さで非常に美味しかった。
ちょっと遠いが次回はラーメンを食べに来よう。また冷やし中華が始まる前はつけ麺もやってたようなのでそちらも是非食べてみたい。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 3件

「味玉冷やし:中(780円)ガリマヨ」@替玉千里眼 志木店の写真今日も暑いので冷やしメニューを求めて1年ぶりに志木へ。
名称は去年の「冷やし中華」から「冷やしまぜそば」に変わったようだ。
入店すると先客9人、後客4人。店員は男女合わせて4人。
食券を渡すと麺の量とガリマヨの有無を聞かれたので「中:200g」とガリマヨ有でお願いする。
冷やし中華は脂or辛脂をトッピングできたのだが今年は不可になったようでちと残念だ。
昨年はすぐに出来上がったが今年はかなり待ち時間が長い。ちょっと厨房が見えたのだがどうもこのメニューに慣れていないようで手間取っていた。
また大声で騒いでいる客もいてなんか落ち着かない。

まずよくかき混ぜて麺から。昨年の冷やし中華ではちょっと平打ちがかっていたと記憶しているが、今年は一般的な中華麺の様な形状に。しっかりと冷やされているのでかなりコシのある食感。
タレはやや甘酸っぱいものでガリマヨが混ざるとマイルドに。去年とは違って卵黄や魚粉が乗せられていて食べ進めると色んな味がごちゃ混ぜになっていく。
ブタは小さくバラされていた。なんか残りクズみたいで見た目は悪いが、このメニュー用に小さくしてあるのかも。
味玉は黄身がゼリー状の半熟で濃い目の味付け。今日はこの味玉が一番美味しかった。
途中で辛あげを投入。ニンニクも入れようと蓋を開けると以前の刻みではなくてすりおろしになっていたのでやめておいた。

千里眼」の冷やし中華や「用心棒 本号」の冷やしまぜそばに比べるとやはり見劣りはする感じ。値段もそれほど変わらないわけだし。
今日は味以前に残念なことが多くどうも居心地が悪かった。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 3件

「辛いつけ麺300g(830円)ニンニク七味」@麺屋 桐龍の写真8ヵ月ぶり。1月にも来たのだが麺切れで泣く泣く別の店に行ったんだった。
14:30到着すると約20人待ち。どうやら下校中の高校生が大挙して押し寄せていたようだ。
まずは食券を買いに店内へ。今日は未食だった「辛いつけ麺」をチョイス。
回転は速く30分ほどで着席。○星と違ってスマホを見ながらダラダラ食べている人は皆無で高校生たちも若いだけあって食べるのが実に速い。
厨房には男性2人、女性1人。どうもここはコールを聞き返される人が多いがもうちょっと音楽のボリュームを下げた方がいいのではないだろうか…。
そうこう考えているうちに自分にも声がかかってまずは麺が登場。なんか随分多く見えるな。そしてつけだれもやってきた。

まずはつけだれを一口。じんわりとした辛さだが激辛という程ではない。昨年「辛いらーめん」を食べた時は食べているうちにどんどん辛さが増して最後は大汗をかいたが、つけ麺だと麺が冷たいこともあって最後まで辛さで苦しむことはなかった。
麺は桐龍らしく強い縮れが入っておりつけだれととてもよく絡む。温かい状態で食べても実に美味い麺だが冷たい状態だとヌチッとした食感でまた違う味わい。しかし本当に300gか?と思う程量が多く感じた。
ブタはつけだれのなかに短冊状にカットされたものが何本か。しかし全部足してもブタ1枚分にしかならなさそうだな。
野菜はシャキシャキの食感でデフォだとやや少なめ。もっとも麺が多く感じたので増さなくてよかった。
食べているうちはそれほどでもなかったが食べ終わった時はさすがに舌がヒリヒリ。

これで5種類のメニューを食べたが順位をつけるのが難しいほどどれも満足度が高いな。
次回はまた基本に戻ってラーメンを食べようか。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 6件

「豚玉ラーメン大盛(900円)ニンニクアブラ」@モッコリ豚の写真1年5ヵ月ぶり。
15:30入店で先客2人、後客2人。厨房には前回と同じ2人。
今回は「豚玉ラーメン大盛」の食券を購入。大盛りだと300gらしいが風邪で体調を崩していたのでちょっと食べ切れるか不安だ。
さほど待たずに出来上がった。

麺は前回同様ツルッとしているが噛むとモチモチ感がある。二郎系の中でもちょっと独特の食感でなんとなくうどんっぽい。中心部に一本線が入っているがやはりこうなると茹で時間が短くなるらしい。この麺はジャンクガレッジでも見たな。
スープは微乳化傾向でやや甘め。デフォのラーメンは6年ぶりだがその時とほぼ同じ印象かな。
アブラが結構大きめの塊でトロトロの食感で食べるとこれまたまったりとした甘みがあった。
ブタは@ロールが2枚入り。ちょっと脂身がゴムっぽかったがそれなりに柔らかい。
味玉は黄身が飴色をしたネットリとした半熟で濃い目の味付け。

久々の二郎系だったが普通に完食。とりあえずこれくらいの量でリハビリだな。
接客はとてもよかったです。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 5件

「少:味噌(730円)+南部せんべい(100円)ニンニクアブラ」@ラーメンどでん 大宮西口店の写真9ヵ月ぶり。オープン1周年記念で2/10~12の3日間、限定で味噌ラーメンが提供されるらしい。
14:15到着すると店の外に約15人の並び。
20分ほどで店内に入り券売機へ。あまり空腹でもなかったので「ラーメン(350g)」ではなく「少(280g)」の方にしておく。ついでに前回気になった「南部せんべい」も追加。
すぐに接客係の女性に食券を渡すとその時点でトッピングを聞かれたので「ニンニクアブラ」とコール。
そこから10分ほど待って着席。厨房には男性4人だがどの人が店長さんなのだろう?
しばらくして出来上がった。

スープは確かに味噌の味が一番感じられるが意外にもまろやかで飲みやすい。まだここのデフォのスープを知らないのでなんとも言えないが、結構乳化しているので味噌とよくマッチしているように感じた。
麺は前回同様かなり縮れた平打ち。油そばの時はやや柔らかめに感じたがこの日はかなりゴワゴワ感が出ておりまさに富士丸で食べているよう。
富士丸同様半分ほどは別皿のアブラを絡めて食べる。量は280gだが350gのままでよかったかな。
ブタは脂身少なめのものが1枚でパサついた感じもなく柔らかい。
南部せんべいはモチモチした食感でなかなか面白いが、思ったほどスープを吸うわけではないようだ。
野菜はシャキシャキの食感でデフォだとそれほど多くはない。とはいえコールすると結構盛られるようだ。
ネギが乗ると聞いていたが自分のは無かったな…。

前回は油そばだったし次回こそデフォのラーメンを食べないと。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「担々麺:大盛り(900円)+豚玉セット(200円)」@ジャンクガレッジ 越谷レイクタウン店の写真今日は「麺屋 桐龍」に行くつもりだったのだが到着すると無念の麺切れ。
仕方ないので少し足を延ばしてレイクタウンへ。
大混雑を掻き分けてなんとか店に到着すると通常メニューの他に「担々麺」がやってるようなのでそれをチョイスしてみる。
注文するとすぐにトッピングを聞かれたので「ヤサイ増しニンニク」とオーダー。
席を探してウロウロしていると10分ほどで呼び出しブザーが鳴った。

せっかくなのでまずはスープから飲むと名前通り担々麺らしく甘辛くてクリーミー。二郎系を食ってる感はほとんどないがなかなかの辛さで舌が痺れるほど。
麺は平打ちでかなりツルツルした口当たり。そして「モッコリ豚」と同じように中心に線が入っていて二本の麺がくっついたようなビジュアル。やはりこれは茹で時間を短くするための構造なのだろうか?
量は大盛りにしたので300gはあった。
ブタは中ぶりのものが1切れ入り。ということは担々麺はデフォではブタは入らないということか。
野菜は増したのでかなりたっぷり。茹で時間が短いのかかなり硬い食感だった。
味玉は黄身がネットリとした半熟で濃い目の味付け。
「桐龍」で食べられなくテンションが下がっていたせいかすぐに満腹になってしまった。

確かに担々麺だったがもっと個性的な物を期待していたのでやや肩透かしかな。やはりジャンガレではまぜそばを食べるべきだったか。
ひさびさにモッコリ豚にも行きたくなってきた。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件