なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

焼きおにぎらず

東京都

何も記録を発信しないと寂しいし、ブログをやると疲れるし、このRDBぐらいのまったり感が一番スキ・・・

平均点 73.294点
最終レビュー日 2019年4月28日
1,081 709 0 764
レビュー 店舗 スキ いいね

「カレーラーメン:750円」@麺八の写真豚野郎 駒沢店がいつの間にか撤退してしまいました。私結構通ってたのに。ただ毎回他にお客さんおりませんでしたが・・・。
そして跡地には滋賀県で頑張っていたカレー麺のお店が来たとのこと。ようこそ世田谷へ。
訪問。完全に居抜きですね。御飯どきのせいかほぼ満席でございます。券売機で・・・。券売機はありません。口頭注文の後会計でございます。では・・・デフォのカレーラーメンを。
待ちます。カウンターにはおせんべいとかチュッパチャップな飴が置いてありますね。これ食べていいのかな(よだれ)
髪留めもナプキンもくれますし、サービス面はスマートですね。

そして丼着です。いただきます。
ふむふむ美味でございます。ちゃんとスパイスを重層的に感ずるカレースープ。芳しい香り。
しょっぱさ加減も適度に抑えられて絶妙。辛さも実に適度なピリ辛。さらさらとどろどろの中間ぐらいの粘度。
麺は中中丸麺。もちもちして適度なコシ。まあ普通かと。
チャーシューは豚氏と鶏氏。どちらも結構濃いめの甘め味がついていて美味しいですね。特に鶏が異様に美味しいんですけど、作り方を教えてください!
すいすい食べ進んでごちそうさまでした。このお店が作ったカレーライスとかも食べてみたいですね。

ちょっと遠征組を惹きつける要素は薄いかもしれませぬが、美味しいカレーラーメンでした!
何か凄いインパクトのある一品があると楽しいかも(贅沢)
でも他にもつけ麺やうどんやそばなどもありますので通っちゃいそうですね。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「海老スープカリーラーメン:850円」@奥芝商店 新宿タカシマヤ 初夏の大北海道展の写真忙しい日々のなか朝の情報番組をちらりと見ていたら、札幌のあのスープカレーの名店、奥芝商店が限定ラーメンを新宿で提供するとな!?
奥芝商店、札幌に行ったときに訪問しましたけど最高でした・・・。味も接客もふいんきも実に素晴らしいお店でした(とか言いつつまだレビュー書けてない)
ということでドドドドドと新宿タカシマヤへ。
物産展を華麗にスルーして奥芝へ。ごはんどきを外したせいか並び無しです。ラッキーおにぎり。
ラーメンだけじゃなくてスープカレーも提供しているようですね。というかこっちが本腰。
さて注文しましょう・・・と思ったらいきなり席に案内されます。まさかの後会計制!
海老味噌にも惹かれましたけど、やはりここは海老カレーで。
待ちます。隣のお姉さんがうめぇうめぇ言いながらスープカレー食べてます。そうです、美味しいんですよ。

そして丼着です。いただきます。
ふむ!いいですね。スープカレーって感じのスープですね!
しゃばしゃばで濃厚さは抑えてありますが海老やスパイスやらの旨みが溶け込んでいて繊細な美味しさ。結構甘め。化調の味もなし。
巷のド濃厚カレーラーメンとかに慣れてる方だとちょっと軽めかも?と思うかもしれませぬが、だってスープカレーのお店ですもん~。
あっさりしつつも物足りなさはなく、美味しいです!
麺は中太の低加水縮れ麺。真っ黄色のいかにも札幌中華麺って感じ。西山製麺に違いない(それしか知らない)
思ったより鹸水臭さも控えめで、歯応えもしっかり。コシがあると硬いの中間ぐらいな感じ。好き。
炙りチャーシューは炙りたてで香ばしく柔らかく美味です。
半玉は固ゆで。海苔もやし青ネギは彩り。キクラゲコリコリ。ゴマ・・・胡麻は合わないですのう個人的に・・・。
美味しく完食です。ごっそさんです。
お会計して出たころには8名ほどの並び。休日は混みそうですね。

また奥芝商店に出会えて嬉しゅうございました!
暇があったら海老味噌のほうも食べに来てみよっかな・・・。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定】 冷やしラクサつけ麺:870円」@麺屋武蔵 鷹虎の写真高田馬場に最近予定があることが多い私は、武蔵鷹虎でシンガポール武蔵とコラボしたつけ麺が始まったということなので行ってみました。
到着。購入。提出。着席。待機。つけ麺の提供が凄く早くなってますね。5分ぐらいで提供されているような印象。ただこのラクサつけ麺はちょっと時間がかかるということなので10分ちょいほど待ちます。

そして丼着です。あら豪華。いただきます。
おっと、美味しいですね!ドロドロしていて魚介出汁とココナッツミルクと各種スパイスの効いたスープはとっても東南アジア風のカレーのお味。私好み。
・・・ラクサってカレーのカテゴリーでいいんですよね?
甘くて辛くて濃厚でこれは食欲を全開に引き出します。キンキンに冷えていることもあるせいか一際お味がまったり濃厚に感じられます。
つけ汁にある具材もいいですね。たっぷりのパクチーはパクチーマニアにはたまりません。パプリカの苦みや紫たまねぎのアクセントもナイス。
ベビースターラーメンの親玉みたいな物体も入ってますね。ポリポリおもしろーい。後は鶏肉の欠片みたいなものが少々。
麺は太平打ち縮れ麺。ピロピロ食感。つけ汁がドロ濃のためしっかりと絡んで美味しいです。
ごま高菜やプチトマトなどもリフレッシュ&彩りアイテムとして嬉しいですね。
なんとご飯まで付いてますね・・・。チキンライスとのこと。
そのまま食べても普通ですが、これをつけ汁に投入いたしますと、立派なカレーライスとなりました。当然の如く美味しい!冷やしカレーもなかなかイケるでございます。
サラダ菜的な葉っぱで適当にくるんでもしゃもしゃ。最後あたりは辛さに弱いおにぎりは辛さが地味に効いてきてヒイヒイ言ってしまいましたが、それでも美味しく完食です。

個人的にドツボで美味しく満足度満点のカレーつけ麺でございました。大食いの男性でも麺量無料大盛をチョイスすればきっと満足することでしょう。
今までの武蔵限定の中でも一番かも!こんなこともあるんですね!(超失礼)
東南アジアチックカレーやパクチーなどが好きな方にはマストバイなメニューです。ぜひお試しくださいませませ。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 4件

「【限定】 虎のしっぽカレーつけ麺:950円」@麺屋武蔵 虎洞の写真また吉祥寺に来ております。トマトの花 吉祥寺店で大ダメージを受けてしまったので今日はこちら武蔵虎洞での限定を食べに!
虎のしっぽというサイドメニューがあったのは知っていたのですが、中止になって最近復活したようで。未食なのでトライです!
到着。券売機でポチリ。すると天から声が聞こえてきて、裏手の入口から入ってねとのこと。すすっと回って座ります。
食券を提出。ではでは中盛で!さて待ちます。券売機のとこには監視カメラがついているようで、それが店内のモニターに映し出されております。ハイテクですね。

そして出来上がりました。いただきます。
ふんふん・・・。カレーです。動物魚介をベースにした、ちょっとだけトロみのあるカレーつけ汁。具はありません。スパイシーで、ちょ~っぴりだけ南蛮チックなお味。
・・・普通ですね!いや、美味しいんですよ。はい。でも今まで人生であちこちで何回も食べてきたような既視テイスト。美味しいのですが新鮮さは無い系です。
麺は太平打ち縮れ多加水麺。プリプリな食感でなかなか良いでございます。つけ汁ともしっかり絡みますですよ。
さてさてこの虎のしっぽいってみましょうか・・・。細長いウインナーです。公式ですと「チャーシューソーセージ」とのことらしいのですが、チャーシューソーセージってなんぞ?初めて耳にする呼称です。
もぐもぐ。わっ、皮がプリッと弾けて肉汁が飛び出ます。ジュ~シ~。中にはなんだかハーブみたいなニラみたいなのが練りこんであって、風味豊かで肉肉しています。
・・・普通ですね!いや、美味しいんですよ。はい。でも今まで人生であちこちで何回も食べてきたような既視テイスト。美味しいのですが新鮮さは無い系です。
あとは・・・豚バラぐずぐず煮込みみたいなのが。ふむふむ。柔らかく煮込んであって美味しいです。トロ肉です。でも豚さんの皮がたっぷり残っていてゴムみたいに伸びる・・・。
あとは・・・あっ、トマトがある。シャクシャク・・・すっぱ!酸っぱいです。トマトピクルスですね。でもこの酸っぱさがちょっとカレーに慣れた舌を引き締め、これはナイス味変アイテム。
せっかくですから卓上のものも投入してみましょうか。えいっ!どばっ。もぐもぐ・・・。ぐっ!辛っ!かなりの辛さの辛味噌でした。ひいひい。完食です。

美味しかったです!はい。虎のしっぽなるものもどんなものかわかりましたし、吉祥寺来て良かったです。
音麺酒家 楽々が9月一杯で閉店というウワサも聞きましたし、また吉祥寺に来なければなりませんね。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「【限定】 カレーつけ麺:950円」@らぁめん 葉月の写真本日も前置きは少なめに。
葉月のカレー、毎年毎年なんとなく逃していたので今年こそは食べねば・・・ということでまたも猛暑の中馳せ参じる。
暑い・・・熱い・・・ATSUI・・・。海でもなく山でもなく、ラーメン屋の行列で日焼けしてしまった焼きおにぎり。

さて開店・着席・着丼。いただきます!
う・・・おお!?これまた美味しい!なんでしょうこのカレーつけ麺、濃厚かつスパイシーで凄く私好みだ・・・。
日本風なカレーとも違えば、海外風のカレーとも違う、とてもオリジナルな豊潤さ。動物の旨味とカレースパイスのドリームマッチ、これは美味しすぎる。辛さはほぼ無し。
そこにまた、後投入されたバターのコクと風味が加わって、マイルドに仕上がってますね。看板に偽り無しでございました。
つけ汁の具材はザク切り玉ねぎと挽肉と豚の角煮。玉ねぎはシャクシャクして良い食感のアクセント。挽肉はなんだか嬉しい。
豚の角煮がまた凄まじい逸品。トッロトロの豚バラ煮込みで脂がとろけて最高です。八角の匂いも感ずる。唐揚げ専門店みたいに、この豚バラ煮込みだけ販売する専門店を作ってください。
麺はいつもの葉月極太プリギュムシコ麺。つけ汁が強力なのでしっかりと互いを支えあって味が調和しております。
チャーシューはいつもの肉厚炙りチャーシューと水菜っち。あとは粉チーズと・・・なんかニンニク臭い粉。この両者はちょっとカレーにかき消されて存在感薄かったかな。
あっという間に麺を食べ尽くした後はご飯を投入。これが美味しくないはずないでございましょう!至高のカレーライスとなり、飲み物のように体内へと消えていきました。カレーライス専門店を(略

ということでとても美味しいカレーつけ麺でございました。カレー好きなら何が何でも食すべき一杯です。
余裕があれば是非レギュラー化希望でございます。また近々デフォを食べに参ります。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 15件

「【限定】 冷製トマトカリーつけ麺:900円」@麺屋武蔵 武仁の写真麺屋武蔵のツイッター見てたら、何やら美味しそうな限定が始まったようで・・・。とりあえず麺屋武蔵の限定はユニークなものが多いので全部行く焼きおにぎり。アキバへGO!
しかし寝坊してしまい、13:00ごろの到着。限定15食ですし、残ってるかな・・・と危惧しましたが、余裕で残ってました。
さて券売機でポチリし店員さんに食券提出。「量は通常サイズしか選べず、お時間も15分ぐらいかかってしまいますがよろしいですか?」と確認。ここで「嫌だ!」と言ったらどうなってしまうんだろうと妄想しつつ、「はい」と元気良くお返事。
さて待つ・・・待つ・・・。作業を眺めていても、なんだか私の限定を作ろうとする様子が一切見受けられない・・・。
後から来たお客さんが食べ終わるころ、突然厨房の奥から限定がやってまいりました!手間隙がかかるのでしょう、通常メニューを作っている場所ではなく、完全に裏で作っているのですね。

おお、綺麗な外観ですね。店員さんの説明が始まる。「ナッツペーストはそのまま食べても良いですし、つけ汁に溶かしても良いですよ。あと専用のスープ割りがありますのでお申し付けください」ほほう!いただきます!
ふむ、なかなかイケるではありませんか。つけ汁のカレーは日本的な味わいではなく、タイとかそっち方向の独特な風味。でも美味しいですね!動物系のボディ出汁もきっちりしているせいか、やや特殊なスパイシー風味をしっかり支えております。
器もバッチリと冷やされており、キリリと冷えた味わいはなるほどちゃんと冷製の冠に負けてませんね。
麺はデコボコしていない極太平打ち麺。低加水でなかなか味わい深いです。食感もシコシコと良く、食べやすいですね。量は200gほど。
具はまずモッツァレッラチーズとトマトスライスにバジリコ葉とオリーブオイルと白ワインビネガーをかけたもの。チーズとトマトを一緒にモグモグ。うん、いいですね。
チーズはクセの無いさっぱりした味わい。そこにトマトのジューシーさが組み合わさって相乗効果で美味しく感じます。「ハーモニー」というか「味の調和」というか、例えるならサイモンとガーファンクルのデュエット、ウッチャンに対するナンチャン、高森朝雄の原作に対するちばてつやの「あしたのジョー」っていう感じっスよお~。
トマトシャーベットいってみましょう。パクッ・・・ガリッ!固い!シャリシャリなシャーベットかと思っていたら、氷のような固さでした。うーむ、凍ってるとあまり味を感じない・・・。もちろんつけ汁にも溶けず。
おっ、なぜか鶏チャーシューもありますね。皮付きモモ肉に胡椒などをすりこんで火を通したものが2切れ。ふーむ、味はいいのですがちょっとパサめ。鶏肉で冷たいものって難しいですね。
ではこの謎の物体、ナッツペーストを。まずはそのままモグモグ・・・。お、コクがあって甘いですね。脂肪的な甘さ。ナッツと言われれば確かにナッツっぽいのですが、何も言われなければきっと生涯謎のままでしょう。
ちょいと食感が特殊で、ぐちゃぐちゃにした豆腐にちょっとつぶつぶ感触を混ぜたような、そんな面白い感じ。
・・・そういえば見本の写真にあるマンゴーラッシーが無い!泣く焼きおにぎり。ラッシー大好きなのに!
泣きながら完食。そういえば特殊なスープ割りがあるんでしたね。所望してみましょう。・・・また3分ほどかかってスープ割りが。
おお!マンゴーラッシーです!スープ割りがマンゴーラッシーだったんですね!わーい。
店員さん「そのまま飲んでもよし、スープを割ってもよし」とのこと。まずはそのまま。うん、甘くてヨーグルティーで美味しい!ゴクゴク・・・おっとスープ割らなきゃ。
カレーつけ汁に混ぜると、これがまた意外ととても合う!ヨーグルトの甘さが外国のカレーの風味を引き立て、味に奥行きが増して実にナイスなテイストへと変化。
そういえばカレーにはココナッツミルクとかも合いますものね。先人達の知恵は素晴らしいものです。
ちょっと量が多かったですが、しっかりと完飲。満足して退店。

目を楽しませ味もきっちりとしていて美味しく楽しいカレーつけ麺でございました。
カレー好きの方は必食です!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「【限定】 カレージャック:780円」@らあめん花月嵐 方南町店の写真花月で今度はラーメン評論家、石山氏とのコラボでカレーラーメンを開発したということで、食べてみることにしました。
カレーラーメンはなぜブレイクしないのか?というのを一つのテーマにしているようです。
さてどこの店舗で頂きましょうかね・・・。うろついてたらたまたま見つけたここにしよう。
それにしても以前テレビで「5月に、店舗の格付けランキングをHP上で全店紹介します!」的なことを言っていたのに、6月を過ぎても何も動きがありません。グロービートジャパンにはガッカリです。

さてお店に到着。先客は無し。カレーラーメンをポチリし待つ。10分ほどで提供。いただきます。
ぬう・・・これはちょっとひどい。カレーラーメンですが、カレーの味も出汁も極端に薄いです。
ベースはスープカレーを意識しているらしいのですが、スープカレーがサラサラだからと言って味やコクまで薄くするのはどうでしょうか?美味しいスープカレーは強烈な味わいでございますよ。
表層の黄色い油は一体?かなりの量です。背脂もたっぷり溶け込んでいる。なのにも関わらずボディの厚みがまるで無い、ダメダメスープですね・・・。単にベトベト&カロリーアップになるだけでプラスに作用しておりません。
バジルも浮いていますが、なぜか風味が全く無い。
さて、では鎮座している濃厚カレールーをスープに溶かしていきましょうか。
・・・ちょっと味が濃くなっただけで、劇的な変化はありません。「二段仕込みハイブリッド製法」という大層な名前を付けていますが、ただ単に普通のカレーを後からちょっとかけただけという感じ。名前負け。
麺はいつもの花月万能中細縮れ麺。普通。150gも無いぐらい。
野菜は良いかもですね。モヤシやキャベツや玉ネギが結構たっぷりでシャキシャキと楽しめます。
チャーシューはいつもの奇跡のような薄切りチャーシュー。もうこれだったら2枚を1枚にして倍の厚さにしてください。
以前の大崎食堂といい、評論家とコラボしても美味しいラーメンは作れないのだなと再実感し、退店。
なぜカレーラーメンはブレイクしないのか?では焼きおにぎりが答えを出してあげましょう。
茹でたスパゲティにレトルトカレーをかけて食べてみてください。そこに全ての答えを置いてきた!

今回はちょっと残念な仕上がりでしたが、チャレンジ精神は素晴らしいと思います。
次回はなんとなんでんかんでんとのコラボらしいので、楽しみです!

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定】 カリーぱみゅぱみゅ:800円」@鶏の穴の写真とっくに終了しているのにすみませんシリーズその3
でもデータベースの充実ということで見逃してください・・・。

鶏の穴で恐ろしいネーミングのラーメンがあるということなので、ミーハー魂に火が付き迅速訪問。
ちょっと大変な失敗をやらかしつつも気を取り直してカリーぱみゅぱみゅを注文。
ランチタイムは味玉無料とのこと。もちろんお願いします。
それにしても女性のお客がやたら多いですね。店内8割の埋まりですが6割は女性でした。

ぼんやりと10分ほどで提供。あらま良い彩りですね。いただきましょう。
スープは・・・ふむぅ、なんだかあまりパッとしませんね。カレー部分は辛味やスパイシーさがあまり無く、カレーうどんの汁のような感じ。相当弱め。
ベースとなっている鶏白湯を殺しているだけの感があります。そもそもこちらは鶏白湯のほうも結構弱めなのでむにゃむにゃ・・・。
それでもココナッツミルクはやっぱり良いですね!味に花が咲きます。なめらかクリーミーテイストとカレーは鉄板の相性です。ウチでも試してみよう・・・。
麺は中細ストレート。なんか麺も弱いですね・・・。味がしないというかコシも無いというか。むにゃむにゃ。
具材は糸唐辛子と・・・なんでしょうねこの皮みたいなのは。揚げてあるようで、食べるとほんのり甘みと油の味がします。なんだか美味しいんですけどね。(後の調査でニンジンの薄揚げと知る)
あとはブツ切り鶏チャーシューがゴロゴロ。これは嬉しい量。パサめでちょっとアレでしたけど。
サービス卵はかわいらしい焼印が押してありますね~。これは見ただけで嬉しくなってしまいます。味は微トロで普通でした。

総評するととても食べやすいカレーラーメンでございました。
ココナッツミルクの相性の良さも実感できたのが良い収穫でした。
次回の限定もぶっ飛んだネーミング期待しております。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「【限定】 極嬢華麗なるラーメン:850円」@特級中華そば 凪 西新宿店の写真ああ、忙しくてレビューを書けないうちに、終わった限定や閉店してしまった店もちらほら。
一応データベースの充実ということで、書いてもいいですよね。
せめて今年が終わる前に書かなくては・・・。


なんだか伊藤えみというアイドルとのコラボで美味しそうなカレーラーメンをやっているとのことで、久々に凪へと向かう。
昼・夜それぞれの部で限定10食ですか・・・。では夜に。
1番で入店。ポチリと券売機の限定ボタンを押し、食券を渡すと「このメニューは時間がかかる」とのこと。待ちましょう!いつまででも!
貼り紙の薀蓄を読む。テーマは「青森ダール」。インドの味噌汁的国民食「ダール」と青森の味噌カレー牛乳を融合させたものとのこと。なんだか美味しそうです。
小鍋にスープを沸かして丁寧に丁寧に作っているのが好感持てますね。

10分ほどで完成いたしました。いただきます!
あら!美味しいじゃありませんか。カレーラーメンなんてカレーの風味が強すぎて大抵どこも似たような味になるのかと思っていたら、
これはとってもスパイシーながらも食べやすいテイスト。味噌牛乳部分が効いているのでしょうか。
海外の独特な味わいのカレー風味と、日本の慣れ親しんだカレー風味が半々ぐらいとなっているような感じですね。
麺はちょっぴり平打ちの多加水ピロピロ麺。スープに絡んで相性が良い麺だと思います。
具は人参千切りの橙や獅子唐の緑やモヤシの白などで色彩がとってもよろしい。細切れチーズはトロリとコクを与えます。カレーにチーズが合わないわけが無い。
そこそこの量があるひよこ豆もホコホコした食感で楽しめます。
ある程度食べ進んでから、店員さんのアナウンスどおりにレモンを振り掛けます。すると味が一変、なんだかタイ料理のスープとかそっち系の雰囲気に変わります。これまた美味しいですね。
カレーにレモンが合うとは意外でした。今度ウチでも試してみよう・・・。

もしゃもしゃ食べ進んでいると、なんと伊藤えみ本人が妹さん連れで店に現れ、ラーメンを注文しておりました。うひゃあ・・・すごい美人ですね。全く知りませんでしたがファンになりそうです。
飽きない味と具と構成で楽しく完食できました。
アイドルの提案によるよくわからないコラボでも、ここまで高レベルのラーメンを作ってしまうこちらのお店はまさに実力店なのだな、と再認識いたしましたです。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「カレーチーズ:1000円」@凛 渋谷店の写真凛が渋谷なんぞに出来た!大丈夫か!?などと大きなお世話を思いつつも訪問できていなかったのですが、ようやく突撃成功。
お店はラーメン屋さんとは思えない内装ですね。お洒落。座席ごとにアイテムが揃っている。水差しも綺麗。
一人なのになぜかカウンターでは無くテーブル席のほうに座ってと薦められる。謎ポリシー。
さてさて・・・未経験のカレーチーズにしてみましょう。前払い。これ注文取り違えたりゴネられたりしたら大騒ぎになりそう・・・。
隣の席のお兄さん、4分の3ぐらい残して帰っていった・・・。どんなラーメンのお店か調べずに来たのでしょうか・・・。それともまさか味が・・・。

不安と期待が入り混じりながら、ラーメンが到着。あの二郎系な盛りにカレーが綺麗にかかっております。いただきます。
まずカレーに浸食されていない基本のスープを一口・・・。・・・?凛に見られるあの暴力的な味の濃さや破壊力が全くありません。実にマイルドな豚骨醤油です・・・。まるで別物。そしてぬるい・・・!こんなぬるいスープは久々です。
カレーver.だとスープの調整を変えているのかな?きっとそうに違いない。うん。
カレー、ちょっと少なすぎかな?と思っていましたが、混ぜるにつれてどこからともなく比重が大きくなり、最終的には多すぎかな?と思うぐらいまでに。
豚骨醤油とカレーが組み合わさったお味は、思ったより衝撃度は少なかったですが無難にマッチしていてまあまあでした。
それにしてもチーズはどこへ消えた?見当たりません・・・。と思ったら丼の底からわずかにトロリとチーズな粘りが・・・。忘れられていたわけではないようです。しかし極少量で味の変化も感じられなかったので、あまり良いトッピングではなさそうです。
麺は極太縮れで量もガッツリありますが、柔らかい・・・。ふにゃふにゃでコシが皆無・・・。
豚は濃い味付けのバラ肉煮豚ですね。普通に美味しいです。

お店はお洒落で良い雰囲気なのですが、肝心のラーメンはどうもあちらこちらが抜けている感じで・・・。しかも相当高いですし。
量的には大満足なんですけどね。
いきなり冒険せずに、やっぱり最初は基本の醤油を試してみるべきでしたかね。
今度またいつか凛好きの友人を無理矢理誘って再突入したいと思います。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件