なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

焼きおにぎらず

東京都

何も記録を発信しないと寂しいし、ブログをやると疲れるし、このRDBぐらいのまったり感が一番スキ・・・

平均点 73.294点
最終レビュー日 2019年4月28日
1,081 709 0 760
レビュー 店舗 スキ いいね

「鶏清湯 青:900円」@濃厚鶏出汁拉麺 吉法師 KIPPOSHIの写真スカイツリーらへんにあったこちらのお店、青いラーメンに惹かれて行こう行こうと思っていたのですが、お店が近場の渋谷に移行したので行こうと決意!
ちょっとわかりづらい場所にありますが、予習をしたので迷わず到着。
入店。あら、ガラス張りでお洒落な店内。家賃高そう・・・。
夕ご飯どきでしたが先客3名。少し寂しい。色々楽しそうなメニューがありますが、ここはもちろん青いラーメンを。
いろいろグーグルのクチコミで書かれていましたけど、接客は普通に愛想よくて良好でございますた。

そして丼着です。おお、ほんとに青い!実際の丼はちょっと薄っすらな青なんじゃないかな~とか思ってたら見本写真そのまんまでしっかり青い!いただきます。
あら、結構いいですね!青色の先入観に釣られてしまいそうになりますが、あっさりながらも丁寧な鶏出汁のスープでございます。コンソメも入っているらしいですね。
人によっては物足りないと感じる方もいるかも。でもじっくり味わうと味わい深くて美味しいです。
麺は中細ストレートで、しっかりとした歯応え。ちょっと蒟蒻麺みたいなゴワ感もあり。全体的にスープに合っていると思います。
チャーシューは鶏ムネなもの。しっとりしていて塩気が効いていて美味しい。
強制味玉は普通の色でした。これで黄身も青だったら面白かったんですが・・・。
あっさりかつ量もそれほでもないのでサクッと完食です。後会計でごちそうさまでした。

見た目のインパクトは強烈ですが、しっかりと作られていて美味しかったです!
外人さんとかにも非常にウケそうなのですが、まだ訪日ガイドブックに載ってないのかな?
もうちょい値段安ければ嬉しかったんですけど、この立地だと仕方ないかもですね。
他にも岩下の新生姜味とか白葡萄味とかあるようなので、再訪して試してみたいです!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「近江塩鶏麺:700円」@天下ご麺 浜大津店の写真そうだ、ちょっと琵琶湖見に行こう。と思って足取り軽く滋賀へ。初滋賀。
琵琶湖見学は15分ほどで飽きてしまい、何か滋賀のラーメン食べますか・・・と思って振り向いたらこちらのラーメン屋さん発見。
とりあえず検索してみたら、あら、あのガチンコラーメン道出身の方のお店ですか。これは話題性ありますね。入店。
結構いろいろ種類がありますね・・・。とりあえず一番のオススメっぽい表題のラーメンを購入。
店内結構賑わってましたがちょっとだけ席空いてた良かった。待ちます。店内ウッディーな作りで味がありますね。

そして丼着です。あら、芸術的な器。いただきます。
ふむふむ、いい感じの鶏出汁が出てるではありませんか。清湯と白湯の中間ぐらいの見ため。
浮かぶ鶏油も相まって美味しい鶏塩スープに仕上がっております。
全粒粉入りの中細ストレート麺もちょっとやわめながらそつなく美味しい。
具材が結構凝ってますね。鶏チャーシューはモモと何かの2種あって嬉しい。
振りかかってるピンクのものは特製の梅肉ふりかけです。超こだわっているようです。混ぜると少しスープに独特な風味がプラスされて、良いと思います。
長い穂先メンマみたいなのも1本。しゃくしゃく。彩り小松菜も味覚のアクセントで良い役目。
良い味付けの半玉も付いてます。おあと海苔ネギ。
最後まで飽きることなく美味しく完食です。

お味もしっかりとした完成度で具材も豪華で、これで700円ならとても満足でございます。
さて滋賀はどこの観光スポットが有名かな・・・とりあえずそこのラウワン行きますか・・・。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン:650円」@小洞天の写真人生最高レストランで紹介されてたこちらのお店、私が泊まってるホテルから至近だったので真夜中に訪問です。
裏路地を歩く・・・どうやらこのスナックビルにあるようです。何階かな?と潜入したら1階でした。
入店。先客なし。おそらくご夫婦なお二人が優しく出迎えてくれます。いいですねこういうの。
ではラーメンを。餃子もテレビに出てたので餃子も。
カウンターのみの席。私1人のせいかお店は静か。調理の音しか聞こえない。ご夫婦も特に何もしゃべらない。なんだろう、落ち着く・・・。

落ち着いている間に丼着です。いただきます。
あら~、いい感じの超あっさり清湯塩ラーメンですね。このクリア具合は近年お目にかかったことのない透明感スープ。
出汁や塩分はかなり控えめ。濃厚さを求める方にはお湯に感じるレベルかもしれません。でもなんだか体に染み入る感じのスープ。
食べ歩きに疲れた焼きおにぎりにはジャストフィット。美味しい。飲みの〆とかにもベストっぽさそうですね。
でも40年以上継ぎ足してきた秘伝の塩ダレを使用しているらしいなどかなりのこだわりが詰まっている様子。
麺は中細ストレート。結構やわめ。するする入っちゃう。
チャーシューはちょいパサなのが2枚。普通。ネギモヤシ彩り食感要因。
餃子もやってきました。親指サイズのちっちゃいのが8個。お味はまあジューシーでもなく特殊な風味もなく普通でございました。
1000円ぴったり払って退店。ご夫婦に優しく見送られる。良いお店ですた。

お店のなぜかやたら落ち着くふいんきが焼きおにぎりのツボにストライクでした。
近所にあったら深夜にしょっちゅう食べに行きたかったのですが・・・。今度大阪行ったらまた必ず行こう・・・。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「塩ミックス:1000円」@らーめん専門 和海の写真大阪から飛び出してちょっと兵庫へ!
意外と電車ですぐ近くなんですね、大阪から尼崎や甲子園や神戸って。
まずはRDB兵庫1位のこちらのお店へ!(さっき見たらロックンが1位になってましたが)
このお店が無かったらあと30回生まれ変わっても降り立たない駅であろう武庫川駅に到着です。
気合入れて開店1時間以上前に来ましたよ・・・と思ったらもう既に行列8人!ヒエッ。
寒風に晒されながら待ちます・・・。お隣のアトピーな人が1時間ず~~っとボリボリ体中掻いてて粉飛ばしててストレスMAX・・・。
さてなんとか乗り切り開店です。店主さんお店から出てきてとても丁寧なご挨拶。
入店。券売機は・・・後会計のようですね。ではこの一番人気っぽい塩ミックスを。
店内を眺める・・・。なんかこの日は味噌の限定やっているようですね。私以外ほとんど限定ですた。

そして丼着です。美しい。いただきます。
むっ、これは実に美味しいですね・・・。塩白湯って感じで鶏の旨味が実に濃厚。他にも様々な旨味を感じますが詳細不明。
まったりとしてコクがあってそれでいて無化調独特の変なドライ後味も無く心地よい風味の余韻が鼻腔をくすぐります。
中中丸麺は全粒粉的な何かが練りこんであって、食感ももぎゅもぎゅしてて隙の無い仕上がり。
5枚ほどある鶏モモはしっとりとしていて臭みも全く無く美味。2枚ほどある豚バラは脂部分が超とろける感じで美味。あとそれぞれ20枚は欲しいところ。
お麩的なものは面白いですね。彩りのアクセントになりますし、スープにふやかして食べて食感のアクセントにもなります。
人気のサイドメニューのふわ玉丼も注文しました。ごはんの上にほぐしチャーシューが敷いてあって、その上に半熟スクランブルエッグのような玉子が鎮座しております。
これがまた美味しい!甘じょっぱい味付けのふわとろ玉子とお肉とご飯が完璧に調和していて専門店を開けるレベル。訪問の際はマストバイですね・・・。
モッモッモッモモモッとあっという間に食べ終わりごっそさんです。スタッフさんの接客もとても良くて気分よくお店を出られました。

すごく完成度の高い一杯でした!
これはこのためだけに兵庫に来る価値はありますね・・・。
皆様も超行列を覚悟しつつぜひ一度食べてみてくださいマシ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定】 カニ天冷やし麺:1090円」@麺屋武蔵 二天の写真二郎全店制覇が終わったらついつい気が抜けてぐうぐう寝てしまいました。
暑いので何か冷たいものでも・・・。池袋をねちゃねちゃ歩いていたら、そういえば二天でカニラーメンをやっているらしいということで突撃です。
入店。高い!購入。座ります。待ちます。
コンスタントにお客さんの出入りが激しいです。武蔵系列はどこももれなく大繁盛ですね。
調理風景を眺める・・・。カニではなく麺のほうの製作に何やら手こずっておられますね。何か特殊なこだわりが?
カニがカラッと揚がったようです。・・・あっ、足もげた!

そして20分ほど経って丼着です。うーむ、見本写真よりカニっとしていない・・・。いただきます。
ふむ、美味しいカニですね!ソフトシェルクラブなんて初めて食べましたけど、殻がやわらか~です。パリパリ感も無く、ぐしゃぐしゃ感。
スパイスとかもばっちり効かせていて生臭みとかはありません。カニ味が口中に広がってナイスカニです。
麺関係は丸つるストレート麺。コシがあってまあまあ冷えていて良いと思います。
全体的な味付けは鶏塩って感じ。そこに水菜と玉ねぎを合えたものが清涼感をプラスし、トマトとキュウリとアボカドをこてまぜしたものがこってり感を与えて、味変もなかなか。
すだちなのかかぼすなのか世論に委ねられるものも途中から絞り入れるとさっぱり感マシマシでいいですね。
麺量は並しか選べないのでするすると完食です。

話題のタネとしてもなかなか良い感じの一杯でした!
ワニ→カニと来て次の限定は果たして・・・。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 6件

「【限定】 牡蠣ら~麺:1000円」@麺屋武蔵 新宿本店の写真牡蠣の旬真っ只中ですね!
ということで武蔵本店で牡蠣ラーメンが始まったということでスキップで向かいます。
この牡蠣は広島のブランド品らしいですね!

>「かき小町」は広島県立水産海洋センターがバイオ技術を利用して開発した牡蠣です。
>身がギュッと詰まり身入りのよい大粒の牡蠣です。
>通常の牡蠣は20本の染色体を保有していますが、「かき小町」は30本の染色体を保有している三倍体の牡蠣なのです。夏場に産卵をしないため、身が痩せず通常牡蠣の1.5倍に育ちます。

ですって!
お昼ごろに到着したらなんと店内行列。まだ限定あるかな・・・。ありました。購入。
運良くすぐに席も空きました。待ちます。疲れたので寝ます。

呼ばれて起きて丼着です。おお、なかなか大振りな牡蠣ですね。松島で食べたミニ牡蠣とは違いますね。いただきます。
・・・。・・・あ、ら?・・・・・・なっ、生臭い・・・。いや、牡蠣はほら、基本生臭いのはわかりますが・・・。
この牡蠣は・・・悪いベクトルの生臭さですね・・・。 ウッ て来る。下拵え的な何かに何かが?
まあやっぱり海に行って現地ですぐ食べるものと比べるのも酷かもしれませんね。
でも旨みはありますし、身自体はがっしりしていてなんか味も付いていて食べ応え抜群の茹で牡蠣です。
スープは塩。淡麗寄り。ちょっと出汁的に物足りないスープ・・・。牡蠣のエキスが溶け込んでいるとの紹介でしたが・・・よくわかんないおにぎり。しかもぬるい。
麺は中細縮れ多加水麺でプリプリしてますが同時にゴワゴワしていてしかもあんまり麺の味しない・・・。
量はあっさりしてるのでパクモグゴクとごっそさんです。
すっと消えるように退店。

牡蠣ラーメン、どうやら私と相性はよろしくないようで・・・。
1000円ラーメンなのにちょっとガッカリかも・・・と最初は思いましたが、この牡蠣のサイズだと1個300円ぐらいしそうなふいんきだったので
たぶん今回も採算度外視提供しておられるのでしょう。ありがとうございます。
次回の限定も楽しみにしています!

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 12件

「かにラーメン:380円」@はま寿司 蒲田駅南店の写真別おにぎりから蒲田のとんかつ屋さんの「檍」の人が隣のらぁめん 元気の源の跡地でカレー専門店を始めたらしいよ!という情報が舞い込んできたので
ほほう、あの有名なお店のカレー専門店ですか~・・・と期待わくわくで蒲田まで行ってみたらなんとまだ内装工事すら終わっていない状況。別おにぎりを始末しなければならない。
というか本当にカレー専門店をOPENするのか自体が真偽不明なので皆さん惑わされないように・・・。
仕方ないので目の前のはま寿司に行って適当にお昼ご飯にしましょう。一人回転寿司・・・。
メニューを見ると・・・かにラーメンなんてのがありますね。前回牡蠣ラーメンで大ダメージを受けましたが、今回も好奇心が勝ってポチり。

5分ほどで店員さんが持ってきました。わっ!これは豪華なビジュアル!すごい!いただきます!
ふむ、塩です。塩と化学のハーモニー。しかし今回はそこにカニエキスがそこそこ混ざっておりますので、それなりに美味しいです!
生臭さもまあ控えめなほう。とってもぬるい・・・。アツアツだったらまた風味も違ったかも。
麺は中細の縮れコシ無し安物麺。麺は前回と同じ。ただの物体。
それにしてもカニがたっぷりですね~。ではでは身を・・・。脚をバキッとへし折るも、なんと身が無い!
えっ!?こんなカニいるんですか?あの堅いカニスジしか無い・・・。筋肉無しでどうやってこのカニは歩いていたんだろう・・・。
他の脚も全部折ってみましたが、中身がスジのみの空洞。悲しいおにぎり。
胴体部分には身が若干くっついておりましたが身離れが悪くて取れない。歯でこそぎ取るのは恥ずかしくてできない。数分で全てを諦める。
出汁専用カニということですね!ごっそさんです。

ラーメン専門店だったら悲しくなってしまう一杯ですが、回転寿司屋さんなら十分満足できるクオリティでございました。
お寿司美味しかったです。

※追記
なぜかこのレビューを書いてるときにテレビで「檍」の紹介がされ始め、変な運を消費したような気分になりました。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「塩ラーメン:190円」@大衆食堂 半田屋 東口BiVi店の写真くろくで食べ終わった後、ちょっとトイレを借りに近くの集合施設みたいなとこへ。
さて帰りましょうというときに、「塩ラーメン190円」の看板を見つける。こっ、これは!?
見てみると半田屋という定食屋さんのようです。・・・行ってみましょう!
入店。いろんなお惣菜がありますね。好きなのを取ってごはんの量を申告して会計するシステムです。どれもこれも凄く安いですね。
全てを華麗にスルーしてお会計で「塩ラーメンください!」
番号札を貰って出来上がるまで待ちます。店内はなかなかの混み具合。テーブルとか誰も拭かないから悲惨なことになってます。端っこの比較的綺麗なとこで待つおにぎり。

そして6分ぐらいで呼ばれました。運んで座っていただきます。
・・・・・・うごごごご。これは・・・ひどい。なんでしょうこの、水と塩と顆粒昆布出汁だけ投入したようなお味は・・・。
とってもケミカリィな塩スープ・・・。「北海道日高昆布を贅沢に使用したスープ」とありますが・・・、昆布がサイボーグ化でもしたのでしょうか。
麺は中細縮れ麺。味も素っ気もなく、鹸水臭さが際立つ・・・THE☆安物麺。
たっぷりのワカメが生臭っ!どんなワカメ使ってるんですか!
お麩は柔らかく、ジュワッと汁がたっぷり滲み出ます。美味しくない汁が。
ネギ美味しい。ネギ最高。
最後まで険しい表情のまま完食。めまいがしてきた。

価格破壊しておりましたが味も破壊されておりました!
出会った時のワクワク感は一瞬で過去のものとなり、未来への希望も潰えました。
しかし、これで500円以上とかだったら泣き叫びますけど、190円ですものね。そんなこんなあんなを考慮して点数はこんな感じで。
他にもいろいろと麺メニュー豊富でした。次に生まれ変わったときにまた試したいと思います。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定】 玉露ら~麺:1000円」@麺屋武蔵 新宿本店の写真書こうか書くまいか丸2日ぐらい悩みましたが、書くことにしました。麺屋武蔵は個人店じゃなく、もう確固たる一大グループですから・・・。

朝の情報番組を観ていたら、麺屋武蔵で玉露を使ったラーメンが新発売ということなので速攻で行くミーハーおにぎり。
18時からの提供ということで、のこのこと18時ちょい過ぎに到着。余裕の購入。その後、売り切れ寸前だったことを知る。危ない!テレビの影響は凄いですね。

待ちます。特に何も出来事は無し。そして丼着です。店員さんから「別皿の葉っぱは苦いのでいきなりラーメンに入れず、箸休めで食べてください」とのこと。
見た感じは和な感じでいいですね。いただきます。

!?

にっがあああああああああああああああああい!!!(;@д@)
がっぎっぐっげっごっ・・・・・・。こ・れ・は・・・。苦い!渋い!エグい!げほっ!
意図的に55度ぐらいの温度にして玉露の出汁感を出したらしいという塩スープは・・・苦かった・・・。This is カテキン・・・。
おかしい・・・玉露ってあまり苦みを感じない茶葉のはずらしいのに・・・。
色々と私には計り知れないこだわりの製法らしいですので、詳しくはこちらを参照してくださいまし。
http://www.yomiuri.co.jp/otona/drink/dnews/20141108-OYT8T50045.html
確かにそこそこの旨味を感じます。玉露だけでこういうお出汁が出るなんて素晴らしい。若干魚介の味もしますが・・・。またラーメン経験値を積んでしまいました。
麺はあまり麺の味を感じない中細縮れ麺。スープの風味を壊さないために鹸水をあまり使っていないんですって。食べた感じとしては極々普通の多加水麺って感じ・・・。
具材はタケノコ。普通にタケノコ。あとは鶏のムネ肉的なものとか。なぜか肉は乗せるという。しっとりとしていて味付けも繊細な感じでよろしゅうございました。
別皿のはほんのりと柑橘系の甘酸っぱさが加わった茶葉。食べます。にがあまずっぱい。確かに箸休めですね。箸休めが必要なラーメンという感じでもないですが・・・。

量はとっても軽いのですいすいと麺と具を食べ終えました。そしてスープがたっぷり残っております。これ飲み切るのキツい・・・。
記事によると1000円でも原価割れしているらしいですね。このスープにその原価の大部分があると思うと勿体無くて残せない・・・。
ぐっ、ぐふうゴクゴク。にがっ。がふっ。ゴクゴク。完飲。ごっそさんでした。なんかどっと疲れて退店。

ということでごほっ、玉露ラーメンでした。
ちょっと1000円でこれはこれはこれはっていうのが率直な気持ちですが、赤字価格で提供してもらってるのに申し訳ないという気持ちと、未知のラーメンへのチャレンジ精神はわたくし大好きですので点数もこんな感じで。
まあ今まで玉露も飲んだことが無い私が玉露の味を苦いとかの一言で片付けちゃいけませんかもですね。お子ちゃまな私には猫に小判、豚に真珠です。
なので皆様方もぜひお試しくださいませ。11月末までの提供、18時から限定10食でございます(道連れを増やしたいわけではありません)

投稿(更新) | コメント (10) | このお店へのレビュー: 12件

「【限定】 武蔵式冷麺:970円」@麺屋武蔵 新宿本店の写真最近は暑いですが、新宿高層ビル街はヒートアイランド現象で特に暑いですね~。
そういえば武蔵で夏季限定かき氷ラーメンをやっているとかなんとか。行ってみましょうそうしましょう。
到着。入店。購入。970円か・・・。着席。待ちます
店内はなんと8割ほどが外国人。私のお隣の欧米人グループも美味しそうにラーメンを啜っています。が、よく見るとスープと麺だけ食していて、メンマや海苔などの具材は全部カウンターの上に投げ捨てています。文化の違いかマナー違反か。
調理風景を眺める。ハンディかき氷機に何か色の付いた氷を投入してブイイインとかき氷を作っております。

そして丼着。丼着の際に店員さんから「普通の色の氷は魚介出汁で、赤いのはキムチのかき氷となっております。溶かすと味が変わっていきますのでお楽しみください」的な内容の説明を受け、いただきます。
OH、冷たいです。スープは塩ベースのさっぱりとした何か。昆布的な風味が支配。かき氷を溶かしていくと、魚の味わいとキムチの味わいがプラスされて、冷麺チックな味わいになります。まあまあです。
麺は冷麺的な麺ではなく中細ストレートの中華麺。キンキンに冷やされているためコシが抜群。
具材はまず右から、・・・あれ、いきなり具材が一個足りない。甘酢ズッキーニが無い!ズッキーニのお金返して!
そしてオクラ。まあ普通にオクラでした。お次はなんと南瓜のピクルスとな。・・・おお、沢庵みたいな食感で、そして甘酸っぱしょっぱい!新体験のお味でした。
チャーシューは牛さんが2枚。火を通しすぎたローストビーフって感じでちょっとイマイチ・・・。
トウモコロシは甘~い。なぜかわかりませんがすご~く甘くて美味しい。これだけ別売りしてくれないだろうか。
ゆで卵にかぶりつくと、中からドロッとした黒い物体が!なんですのこれは!見た目はどうみてもベチャ海苔なのですが、お味は謎の野暮ったい無味乾燥なお味。武蔵グループの答え発表を待ちます。
ちょっと食べ進むとなんと中心から輪切りパイナップルが!微妙なサプライズ。お味は・・・うん、缶詰のパイナップルですね。
かき氷効果と器効果もあってか、最後まで冷たさMAXでごっそさんです。涼を取り入れることができました。

あ・・・そういえばRDBって冷麺は掲載アウトなんでしたっけ・・・。
でも麺は中華麺だったですし、かき氷も乗ってますし、具材も特殊ですし、これは盛岡冷麺とか韓国冷麺とかのカテゴリーではなく、創作冷やしら~麺という意味での冷麺だと思います!!そうですきっと!運営様!

投稿(更新) | コメント (9) | このお店へのレビュー: 12件