なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

焼きおにぎらず

東京都

何も記録を発信しないと寂しいし、ブログをやると疲れるし、このRDBぐらいのまったり感が一番スキ・・・

平均点 73.294点
最終レビュー日 2019年4月28日
1,081 709 0 760
レビュー 店舗 スキ いいね

「ラーメン:750円」@ラーメン二郎 京都店の写真再びラーメン二郎全店制覇するために、来ましたよ京都まで!
気合入れて開店一時間前に到着。それにしても一乗寺駅から近いですね!千住大橋店とどちらが近いでしょうか。
並びなし。近くを散歩。30分前に戻る。並びなし。ふむ。
するとお店の横の細いシャッターがガラガラ開き、謎の通路が出現。この中で待つ・・・のでしょうか。
待ちます。待ちます。開店10分前になっても誰も来ません。開店5分前ぐらいでようやく後客が来て、開店と同時にたくさん人が来ました!座るころにはぴったり満席。このタイミングか・・・。
さて、遠征だからあちこち連食したいのですが・・・でも初訪二郎ですからやはりデフォ量を頼まないと・・・。ということで小を注文。せっかくなので京都店限定の九条ネギもお願いしますかね。
待ちます。お客さんに高齢のおばあちゃんがいる・・・。しかも常連っぽい。京都すごい。

そして丼着です!いただきます!
ふむふむ、スープはちょっと微乳化。カエシも程よく出汁感もそこそこ。液体油はそんなに多くなく固体脂も見受けられません。
全体として標準的な二郎だと思います。
麺は極太縮れ麺。ですがちょっとやわめですね!麺カタコールぐらいがちょうど良さげな感じです。カタメできるかどうかは不明ですが・・・。
量は結構多いです。二郎平均の1.3倍増し感。同じロットで麺少な目コールしてる人何人か居たからその分がキタのかも・・・(またかいな)
ヤサイは9割モヤシ。シャキシャキな茹で具合でナイスです。量もまあまあな盛り。
豚さんはかなり硬かったですね!しかも筋張ってた。康太さんがよくふわとろ豚で恍惚としてますが、どうやら今回はハズレ豚さんだったようです・・・。
途中から九条ネギを投入。・・・ちょっと九条ネギの青臭さが鼻につき、あまり二郎と合わないですね・・・。いい勉強になりました。
・・・・なんかもうかなりお腹一杯になってきました・・・。苦しい・・・。
いや、二郎自体は完食確実なんですけど、これはちょっと連食は厳しいですね・・・。ごっそさんです。

退店後、行こうと思ってた麺屋 極鶏は速攻で諦め、京都を後にするおにぎりでした・・・。
次回は汁無しを食べてみたいですね!麺半分で!

行くのが最高レベルにキツい直系二郎をなんとかクリアすることができました。
あとは川越店と新しくなった松戸店と越谷店ですかね・・・。再制覇はもうちょっと時間かかりそうです。

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「ミニラーメン:550円」@本家第一旭 たかばし本店の写真二郎食べに京都まで夜行バスで来ました!
しかし到着したのは朝6時・・・。何もすることがない・・・。朝ラーといえばこちらと新福菜館ですよね!
6時30分ごろ到着するも、もう店内は半分の入り。朝からすごいですなあ。
メガネ店員さんの接客がちょっとアレ過ぎたので下書きの段階で詳細を書きまくったのですが、
そういえばRDBは店員へのクレーム投稿禁止だったのを思い出して正気に戻り削除。楽しく読める投稿が良いですよね!まあ内容はGoogleのクチコミに似たようなのがたくさん投稿されてるのでそちらを参考に・・・。

さて私は数時間後に二郎が待っているのでミニラーメンで。
そして無言でドンと丼着です。いただきます。
ふむ、なかなか美味しいですね!ちょっと醤油強めの濃い味付けですが、旨味もたっぷりで意外とガツンと来ます。
スープもすごい熱々ですね!ゆっくり食べないと火傷しちゃいそうです。
昔どこかで食べたのはボヤけた味わいだったのですが、予想外に美味しゅうございました。
ミニラーメンとありますけど麺もそれなりに入っていてネギもたっぷり。チャーシューも味わいが残った薄切りが結構あって満足でございます。
あっという間に完食いたしました。帰るころにはほぼ満席。さすがの人気店です。

幸先不安な京都スタートでしたが果たしてこれから何が待ち受けているのか・・・?(京都・奈良・大阪・神戸に行きます)

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「らーめん:650円」@鶴はしラーメンの写真あれ?確か鶴はしのレビューを投稿したはずですが・・・無い。ボケて投稿内容確認のとこで戻っちゃったのか、何か内容がマズくて消されちゃったのか・・・。ふむむ。もう一度書いてみまっす。
えーと、なんでしたっけ。そうそう、確か鴨をスープに使ってるという話でしたね。でもスープは鴨の味はせず、ちょっとコンソメチックな風味がちょっぴり感じられる醤油で、そしてよくわからない独特の良い風味が全体的に感じられます。これが鴨なんでしょうか。
表面には白い脂っぽいものが浮いていますが、これはなんなんでしょう?鴨の脂?かと思いましたが、鴨南蛮にこんなの浮いてませんよね。
総じてスープは後を引く味わいで、グイグイと完食してしまいました。なかなかレベル高いと思います。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「山水地鶏塩そば:700円」@京都 天下ご麺の写真京都で行きたい店は粗方行きましたし、最後の〆は何にしようかと思っていたら、目の前にガチンコラーメン道の文字があり、迷わず特攻。
店内は・・・まるで小講義室みたいな、長テーブルの席が段々に並んでおり、劇場みたいな感じで調理場を眺めることができる楽しい店内です。
お薦めらしい塩そばを・・・。程なくして提供。あらまあ、器が芸術チックな感じでひん曲がってますね。センスを感じます。
ラーメンは・・・まあ普通の鶏がらベースのあっさり塩味といった具合ですね・・・。特に何も印象は残りませんでした。具の昆布は珍しいですね。
雰囲気はとてもワクワクする感じで、食べ歩きの醍醐味を感じるお店でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「味がさね:680円」@天下一品 総本店の写真前回ちょっと悔いが残ったので高速リベンジ・・・。気になっていた「味がさね」を注文。
ラーメンが来た・・・と思ったらなんだかいくつもトッピングのような器が。すり鉢まで。これをいろいろ投入しなさいということですね。なるほど、だから味がさねというわけですか。
スープは天一スープを出汁で割って白味噌を投入したような、そんな感じのお味でした。トロトロ感は低いです。
具は白菜と豚肉がたくさん。蓮華には味噌が盛ってあり、投入。うん、なんだかスパイシーな味になったような気がします。
その後ごまを擂って投入したり揚げ葱を撒いたりニンニクマシマシにしたりして楽しく完食しました。こういう天一もいいですね。
なお帰りに丼と蓮華をゲット!したのですが、丼は店で使ってるデザインじゃなく、なんだかお子様チックな絵柄のものでした。とほほ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「赤味噌とんこつラーメン:650円」@梟 百万遍店の写真用件を終え移動する途中に発見。どこかで見たことのある店名・・・。ああ、無双 三軒茶屋店とかの系列店ですね。ゼンショーグループの。こんなとこにもあったとは・・・。入店しちゃいました。
何を頼もうか迷いましたが、トップにあるこの赤味噌とんこつを。餃子、やっぱり100円ですね。
出てきましたラーメンをまずは一口。ふうむ、なんだかあまりとんこつの味がしませんね・・・。ほとんど味噌ラーメンです。やっぱり無双 三軒茶屋店と似通った、ちょっと業務用チックな塩分濃いめの味噌スープ。
麺は太麺で頼んだのですが、細いですね。間違えちゃったのでしょうか。それとも細麺は極細なのでしょうか・・・。
京都で思いがけず無双 三軒茶屋店の成分を補給し、ふと東京を懐かしく思うのでした。
ええ。CPはなかなか良いです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば(並):500円」@珍遊 一乗寺本店の写真なんだかよくわかりませんが、値段に釣られて入店。店内はラーメン屋には珍しく、ご高齢のお客さんがたくさんおられます。
では表の看板にもあったワンコインラーメンを・・・。元気な店員さんで気持ちいいです。
さてラーメンは・・・背脂がかなり浮いてますね。スープをズズッと・・・。ちょっと醤油が強めのあっさり豚骨醤油です。背脂浮いてるのにあっさり。
なかなか塩分強めですね。京都の土地柄は薄味好きというイメージがあったのですが・・・実際はそうでもないのかな。
それにしてもここといい中華そば たく味といい中華そば 高安といい、京都のラーメン屋さんはサイドメニューに唐揚げがある店が多いのはなぜだろう・・・。
ともあれ値段以上の満足さは味わえました。「おおきに~」に送られて退店

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「豚ラーメン:850円」@ラーメン荘 夢を語れの写真天天有 本店で食べ終わった後は、さも当然のようにこちらへ移動するのでした。こちらは待ち10人ほど。学生さんが多いですね。
回転は相当悪く、30分ほど経って着席。セルフおしぼりで拭き拭きしつつ、更に15分ほどで出来上がったようです。
このお店はマルジで働いていた人が出店したそうですが、私はマルジ系に行った事が無いので新鮮な気分で味わえそうです。どれどれ・・・おお、まさしく二郎系テイストなお味ですね。京都の人の味覚に迎合する気なんて全く無いのが素晴らしいです。
よくある安っぽい味のインスパイアではなく、極太麺にカエシがガツンの濃厚脂脂乳化豚骨醤油。皆さんの想像したとおりのお味です。豚もたっぷりで柔らかく美味しいです。
行列もできていますし、関西でも二郎が受け入れられる証明ですね。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば(並):600円」@天天有 本店の写真京都の中でもやはりトップクラスの有名店へ向かいます。お隣が・・・何かと話題のラーメン荘 夢を語れですね。
天天有のほうは行列は無く、サクッと入店し注文。家族連れが多いですね。麺の湯切りをしてる店主さん、Yシャツ姿だ・・・。老舗なのに斬新に感じました。
さて基本の中華そばは、量は控えめのあっさり豚骨鶏がらスープでした。ボディはあっさりしつつもちょっぴり表面の脂がくどいです。でも美味しいです。
麺は好みの低加水細麺。チャーシューは4枚も乗っていてお得です。チャーシューメンだと何枚乗るんだろう・・・。
お値段も安いほうなので、地元の人に愛されていそうなお店でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば(屋台の味):680円」@天下一品 総本店の写真ついにやってきました。あの天下一品の総本店へ!私、ラーメンのノンフィクション漫画を読んで、この天下一品の立ち上げの苦労話で感動したんですよ。さて辿りつき・・・先客ゼロ。あれ?
メニューを眺めますと・・・私が時々行く天下一品 駒沢店とは根本的にラインナップが違いますね・・・。・・・うん?なんだか「屋台の味」なるフレーバーがあります。これにしよう・・・。
10分ほど後に到着。見た目は普通のラーメンと変わりませんね。いただきます。・・・あれ?味も変わらない。そんな。
店員さんが間違えたのかな?それとも私が馬鹿舌なだけなのかな?多分後者だと思いますが、いわゆる基本の天下一品テイストで、本店に来た感動がちょいと薄れて残念でございました。リベンジを誓います。
どうもここではお土産を売ってるらしく、オリジナル丼やオリジナル蓮華などがあるので買おう・・・と思ったら蓮華は品切れでした。リベンジを誓います。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件