なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

焼きおにぎらず

東京都

何も記録を発信しないと寂しいし、ブログをやると疲れるし、このRDBぐらいのまったり感が一番スキ・・・

平均点 73.294点
最終レビュー日 2019年4月28日
1,081 709 0 764
レビュー 店舗 スキ いいね

「中華そば:550円」@熊文の写真※遠征のテンションで長(略)

今回の山形ラーメンツアーは日帰りだし用事あるしで時間が無いのですがもう一軒ぐらい食べたいの!
ということでRDBで検索したらこちらのお店がなかなか人気があるほうだということでお友達に車を出してもらう。
そして到着。
友「ちょっと用事あるから」
と言ってお店の前にポイッと放り出されるおにぎり。
ここですか・・・。看板が無い!「営業中」の札しかありません。これは完全に地元民専用店ですね。一応RDBに写真を残しておこう。
入店。店内は民家を結構改造した感じ。吹き抜け空間がいいですね。
そして満席。あ、一席テーブルが空いていたのでお姉さんと相席させてもらう。
おばちゃん店員さんに基本の中華そばを頼み、待ちます。
するとお姉さんから「観光ですか?」といきなり聞かれる。なぜわかったし?キョロキョロしてたから?

そして5分ほどで丼着です。いただきます。
・・・ふむん、米沢ラーメンですね。スープは出汁感かなり低めの鶏ガラ醤油で・・・、
でもそれでいてなぜか後味が相当しつこくてエグい。ガラの処理方法に何か問題が・・・?
麺は・・・やっぱりインスタントチックな、ちょっとチープな食感とお味の中細縮れ麺。
こういう麺が米沢ラーメンの特徴らしいので仕方ないのですが、うーむ。
チャーシューはダシガラ。メンマ普通。ナルトは彩り。海苔は切れ端。
無表情で完食でございます。
先に丼着していたお姉さんより早く食べ終わる。恥ずかしい。
するとお姉さんから「美味しかったですか?」と聞かれ、「はいっ、最高でしたっ!」と力強く応えるおにぎり。このRDBを見ていないことを祈ります。

ということで米沢ラーメン、やっぱり私はちょっと苦手でした・・・。
山形の有名店はもう大体回ったということでほぼ悔いはありません。
さようなら山形!ただいま二郎!

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「赤湯からみそラーメン:780円」@龍上海 赤湯本店の写真※旅レポのテンションなので長いですm( )m


わざわざこれ食べに山形まで行ってきたおにぎり。
紆余曲折を経てお友達の車でこの龍上海本店まで突撃。しかし・・・あちこちにある駐車スペースは満車!
焼「私先に店の様子見てくるからどっかに車停めてきて」
友「・・・・・・」
そして私だけお店に到着すると開店30分前で20人ほどの列!やはり大人気店ですね。
合流しなければならないので行列に並ばず待ちます。お友達が不満げに来ました。並ぶ。すぐ後から10人以上が。
並んでいるとメニュー表が回されてきます。なになに・・・今は冷やし中華なんてのもやってるんですね・・・。でもここは一番人気の赤湯からみそで!
またしばらく経って店員さんが注文を取りにきたので注文。その後開店。着席。なんとか店内に座ることができました。もちろん相席。
店内を眺める・・・。客層は老若男女ファミリー全ております。厨房ではたくさんの店員さんたちが一ヶ所にひしめき合っております。
窓ガラスからは行列の人たちが丸見えなので、否応無しに視線が突き刺さります。窓から至近距離のテーブル席じゃなくてよかった。
・・・それにしても1ロットが長いですね!結構待ちます。やがて出来上がったようで、一気に15人分ぐらいが提供されました。
しかし!グループで来た人とかへの考慮とかはなんと皆無!私たちが座った円形テーブルは5人掛けでして、我々2人と、おそらく地元の仲良し3人組が座っていたんです。
1ロット目で提供されたラーメンはその3人組のうち2人に提供された段階で終了してしまいました。
あれ・・・って感じで苦笑いの3人組。仕方ないので2人がずるずる食べ始め、1人がぽつーんと・・・。なんともいたたまれない空気が流れる。グループ訪問される予定の方はロットとロットの狭間に巻き込まれぬよう注意してください。

で、長くなりましたが入店から30分後ぐらいで丼着です!うむ、龍上海です。いただきます。
はい、龍上海ですね!動物の成分と魚介の成分が程々に効いた味噌ラーメンです。
スープに粘度は無く、結構オイリー。なかなか胃にきます。やはり独特の貝類の風味もしますね。良い隠し味かと。
赤味噌を混ぜると全体的にピリッと辛くなって味噌のコクも増し、味わいアップです。ニンニクもかなり強烈に効いており、人と会う予定の方は避けといたほうがいいかも。
ぶっちゃけてしまうと新横浜ラーメン博物館で食べたのとお味はほぼ一緒です。
しかしこの山形の本店で食べているんだという高揚感がお味を一層高めるような感じがしないでもない。
麺は太縮れ麺。多加水なのでピロピロな食感。結構スープと絡んで相性いいと思います。
チャーシューはどっかのロースそぎ落としが適当に入っております。普通に美味しいです。
青海苔いいですね!磯感がプラスされて結構この味噌スープに合うでございます。
ふうふう、暑い、辛い、でも美味しい。ごっそさんです。
お会計をして退店しようとすると、何やら床に唐辛子が大量に入った箱が・・・。小さいビニール袋もたっぷり設置されてる・・・。これってサービスなのかな。持って帰っていいのかな。
駐車場へ向かうと、ナンバーが仙台・青森・新潟・そして品川までもがあります。凄いですのう。

山形の龍上海本店でようやく食べることが出来て感無量おにぎりです。
有名ラーメン店全国制覇までの道程は遠い・・・。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「爆中華:700円+野菜増し:50円」@らーめん ぬーぼう 三代目店の写真焼きおにぎり山形ラーメンツアー ~3~

焼「ねーねー、明日はさ、この二郎インスパがあるぬーぼう三代目ってとこ行きたいんだけど」
友「明日も仕事あるから勝手に行ってきて」
焼「えーーーー」

ということでまた山形駅まで行き、徒歩で向かうアナログおにぎりでした。
しかし間違えて東口から出てしまい迷う。やっと気付いて西に向かうも、住宅街に迷い込み、山形城跡に迷い込み、広大なバイパスで右も左もわからなくなり、昼の部終了の時間が近付く。
しかし1時間以上彷徨った私をラーメン神は見捨てず、昼の部終了ギリギリに発見して滑り込みセーフ。勝った(何に?)。
入店すると、いきなりタッチパネル式の券売機。意外。チカラめしに来たかと思った。
さてお目当ての爆中華と・・・野菜増しは有料なんですね。ではそれもポチリ。
昼の部終了間際でも先客は8名ほど。テーブル席にゆったり。食券提出。コールはいつするんでしょう?待ちます。
しばらく待って、店員さんが「ニンニクは入れますか?」と聞いてきました。はい!と力強く応える焼きおにぎり。

それからすぐ丼着するのかと思ったら5分ほど経って丼着。うわっ!これはすごい・・・。変なヤサイの盛り方・・・。店中の視線が集まって恥ずかしい。いただきます。
ふんふん。スープは非乳化豚骨醤油。浮かぶ液体油や細かい背脂はまあ多め。味的には・・・ちょっと出汁感が薄い。カエシで食わせるタイプ。
あまりこう・・・コクも感じず、良く言えばあっさり、悪く言えば(悪く言うな)薄っぺらいスープの二郎インスパイアですね・・・。
でもまあ・・・うん、まあ、山形ですから・・・(謎)。
麺は太麺ちょい縮れ。低加水でなかなかのゴワつき。食べがいあっていいですよ。量は250gぐらい?二郎系にしては少なめな印象。
チャーシューは豚バラロールが1匹。冷えておりましたがスープで温めて食すと脂がじんわり美味しい。厚切りなので食べ応えあります。
そしてモヤシタワーを攻略です。てっぺんにはアブラが増されており、雪山みたいです。モヤシ率は95割。
・・・しかしこのモヤシがなぜかすごく水っぽい!!噛めば噛むほど口の中にジュワッと水分が溢れ出てきます。な、なんでしょうこのモヤシは・・・!
むむむ、このモヤシと一緒に咀嚼していたら、ただでさえ・・・なスープが更に水っぽく薄まってしまいます。別皿にモヤシを全部取り分け、モヤシ以外をまずはいただきます。
ごちそうさまでした。ではモヤシをいただきます。・・・くっ、水っぽいうえに食感もギシュギシュ。飲み込めない。増さなきゃよかった(禁句)。
やばいですね・・・。胃の容量には余裕があるのに、満腹中枢がガンガン刺激されます。苦手なもの食べてる時の焼きおにぎり特有の症状です。
モヤシが途方も無く多い量に感じてしまいます。水様のお力を借りつつ15分ぐらいかけてなんとかモヤシも攻略です。ぐふう。
一杯でおなかいっぱいになってしまい、山形駅によろよろと向かう焼きおにぎりでした。

ということで山形の二郎インスパイアでございました。
モヤシは一体どういうことだったのでしょうね?モヤシブレかな?まあこういうのも良き思い出の一つですよね。
明日はどんなラーメンに巡り会えるかな。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「たまやら~麺:750円」@ら~麺 たまやの写真焼きおにぎり山形ラーメンツアー ~2~

栄屋本店を楽しんだ後はそのままひょこひょこ歩いて評判の良いこちらへ連食です。
到着すると行列が。学生さんの集団。中をちょっと覗くとみんな学生さんっぽいです。山形大生?待ちます。
10分ぐらいで入店です。うーん、何にしましょうか。店名を冠するこのたまやら~麺にしてみましょう。なんか番号札みたいなのを渡されて待ちます。
壁を見ると、二郎インスパイアの「ジャンク盛り」なるものも提供しているようですね。夕方の部から。お腹と時間に余裕があれば試してみたかったですね。

そして更に10分ぐらいで丼着です。いただきます。
ふむふむ。濃厚な動物魚介ですね。ややトロみのあるスープは豚骨の力強い濃厚さと、鶏白湯みたいな穏やかな濃厚さがブレンドしたような味わい。そこにたっぷりの魚粉で魚介成分も付与。
うん、美味しいですね。美味しいんですけど・・・あまり目新しさは無い感じのお味ですかも。東京基準おにぎり。
麺は太縮れちょい平打ち麺。なんだか結構鹹水っぽい味がする麺ですね。食感やコシなどは普通でございます。量も150gほど。
チャーシューは豚バラロールが2匹。冷えてるし、味もちょっと抜けてる・・・。スープに浸してからいただきましょう。
味玉は見本写真ですと半分に切ってくれているのですが、実際は切ってません。中身は微トロで味付けもまあ普通で、普通味玉です。
メンマが恐ろしくスジっぽくて固い!!ハズレを引いてしまったようです。あとはネギ海苔です。
さてさてこの別皿の「紅芯味噌」というものを投入してみましょう。これはたまや特製の辛い肉味噌とのことです。・・・ん?肉味噌?・・・お肉が見当たりません。
さてさてまぜまぜ。うん。想像したとおりのお味になりました。辛味噌の風味・コク・辛みが動物魚介スープにまあまあマッチしております。
もぐもぐ食べて完食です。ふう、おなかいっぱい!

山形では珍しいタイプのスープ(たぶん)ですので、行列も納得のお店でございました。二郎インスパイアもありますし、学生さんにも人気ですね。
今日はもうおなかいっぱいですので友人宅に帰って、明日は車で山形を満喫です~。駅まで遠い~。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「冷しらーめん:750円」@栄屋本店の写真焼きおにぎり山形ラーメンツアー ~1~

やってきました山形に。お友達の車であちこちのお店に行きますよ!
と目論んでおりましたがなんとお友達はお仕事。仕方ないので山形駅まで行き、この2本の足で行きますよ!
まずは行きたかった冷しラーメン発祥のこちらへ!
・・・地図上だとすぐ近所のように感じられましたが、歩くと結構かかりますね・・・。東京の感覚なので激遠に感じます。
しばらく歩いてちょっと繁華街みたいなとこにつき、目印にしてたモスバーガーを右折して、到着です!
ちょうどお昼時で大混雑でしたがギリギリ行列は無く、知らないおじさんと相席です。
さて注文です。もちろん冷しラーメンを!店員さんは挨拶も席誘導もしませんが、遠征のテンションにつきそんなことはどうでもよく。
待ちます。店内は結構席数ありますね。和気藹々。
待ちます。なかなか丼着しません。先客の方々もずっと丼待ちしている人が多数。
待ちます。メニュー表でも読み込みましょうか。うわ、たくさんメニューありますね!写メ撮ってRDBの店舗情報に全部書いておきましょう。
しかもラーメンのみならず、そばやうどんや丼のメニューも充実しております。

35分後、ついに来ました。おお、氷が浮いてる。いただきます。
おおっと?こ、これは美味しい!昆布が効いたあっさりとした醤油スープなのですが、実にこう・・・飲みやすいといいますか、穏やかといいますか。
エグさやトンガリ部分は全くなく、丸みを帯びた草食系スープです。旨みは突出しておらず、コクとかもあまり無いのですが、なぜか美味しい美味しいとレンゲが止まりません。
色だけ見て鶏!とか思ってたら、昆布と鰹節と牛肉の煮汁だけ使ったスープなんですって。
ぬるめとかじゃなくキンキンに冷やされており、その涼しやかさも堪能できます。
ほんのり香る柑橘系の風味も非常に良い塩梅ですね!脇に貼ってある貼り紙を見たらラフランス使用とのこと。なるほど、山形ですね。
浮かぶ油は固まっていないことから何かしらの植物油でしょうか。ちょっと胡麻油みたいな独特の芳香も感じますが果たして。
麺は中太ストレート麺。表面ツルツルタイプ。しっかり冷やされており、コシも抜g・・・まあまあ。美味しいですよ。
具に行ってみましょう。チャーシューはどうでしょうか。もぐ・・・もぐ?あれ?・・・バリッ!ブチブチッ!
な、なんでしょうかこのビーフジャーキーみたいな牛肉は!パサ固の頂点みたいなお肉!謎チューニング。
キュウリの薄切り2枚は色合い的にもお味的にも清涼感。カマボコも色素。メンマ普通海苔普通ネギ普通。モヤシは激しくジャグジャグ食感。茹で過ぎなのでしょうか?いや、冷やすとこうなるのでしょうか?
いや、もうなぜかスープが後引いて後引いてレンゲが止まりません。完飲寸前でごちそうさまです。
お会計を済ませ退店しようとしたときは行列が10名近く。大人気店ですね。

1軒目から自分のツボ直撃でとても満足いたしました!冷しラーメン発祥の味も知ることができて精神的にも充足しております。
名店はやはり名店たる貫禄のお味がありますね。接客に関しては心のスイッチを切っておいたほうが楽しめるでしょう。
次はどこに行きましょうかな~。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「赤湯からみそラーメン:730円」@龍上海 米沢店の写真東京からの山形ラーメン出張その3
山形県で最も有名なこの「龍上海」へ。本当は総本店に行きたかったのですが、着いてみると50人ぐらいの行列が出来ており、迷わずUターン。近くのこの支店へ。
このラーメンは新横浜ラーメン博物館で一度味わっているのですが、本場とどう違うのか?ということを意識して食べてみました。が、ほぼ同じ味でした。
貝のダシが効いた特殊な味噌スープに、青海苔の風味がアクセントになっていて結構美味しいです。麺はやっぱり加水率の高い手もみ縮れ麺。
特徴の辛味噌はらー博のような激烈なカラさではなく、適度にカラくて適度に風味も変わって良い塩梅でした。
同行者の普通の赤湯らーめんも少しいただきましたが、こちらも比較的良いお味でした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「醤油らーめん:600円」@麺屋いなせの写真東京からの山形ラーメン出張その2
偶然の出会いを味わおうと、適当にウロウロしてたら発見したこの「いなせ」に突撃。
店の前でカチカチと携帯で評価を見たら、結構良さげ。つけ麺がかなりいいらしい。でもラーメンを。
出てきたラーメンは、流行り風の魚介の効いた醤油味で、魚粉も散らされていますが、スープのボディがあまりにも弱すぎて魚介と全く合っておらず、前にサンクスで売ってた「とみ田」のカップ麺とほぼ同じ味のスープでした。麺はやっぱり加水率高い手もみ縮れ麺。
けどこの地でいろいろと試行錯誤されている様子で、店主さんには今後ともぜひとも頑張ってほしいです。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「米沢ラーメン:550円」@桂町 さっぽろの写真東京から山形にラーメン出張。
まずは某携帯ラーメンサイトで三ツ星貰ってたこのお店へ。お店は民家をちょっといじって食堂に改造した感じ。
さてさて初の米沢ラーメン・・・・・・ふむ、米沢牛の何かを使ったラーメンかと思ったら、普通の鶏ガラと煮干しのスープですね。考えてみれば米沢牛使ってたらこんな値段じゃすまないか。それにしても、エグくて後味がしつこい・・・。
麺は加水率が高く、手もみの縮れ麺で期待・・・でしたが正直言って、ふにゃふにゃに伸びたチキンラーメンと同じ食感。茹ですぎ。
まあ、ご当地ラーメンに文句言っちゃいけないですよね。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件