なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

ブタゴリラ

男性 - 東京都 (1977年生まれ)

【好きな物】
プロらしい姿勢

【嫌いな物】
時間にルーズな店主
何の意味も無いエコ箸
食事の場で煙を吐き出す馬鹿・それを許す店

平均点 75.185点
最終レビュー日 2009年3月30日
135 126 0 17
レビュー 店舗 スキ いいね

土曜日の開店と同時に訪問。
その後半分程度の入りになった。

接客はぶっきらぼうだが、裏腹に店全体に浮ついた雰囲気が無くそれなりに心地良い。
これはこれで「あり」だと思う。
冷水機が店の入り口にしかないのは面倒。
奥に長い店なので、最低限の工夫をしてほしい。

少し魚介が強めに出たつけ汁でストレートの太麺をいただく。
絡みは今一つではあるものの、肉汁のしっかり残ったチャーシューを始めとした
具の助けも借りてスルスルと入っていく。

この立地でこの味ならまたぜひとも訪れてほかのメニューも試してみたい。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

開店直後に入り、出るときには6割ほどの入り。
テーブルとカウンター双方に客が入ると少々狭苦しい。
箸は忌々しいプラ製。
エコだかなんだか知らないが、食べ辛い。

麺は目黒と同様のモチモチ麺。
際立った部分は無いものの、バランスはすこぶる良好。

つけ汁もダシと味噌味のバランスが良い。
どちらの主張も強いのに、喧嘩せずにまとまっているのは流石である。

全体にレベルは高いし、好感接客も含めて目黒の店よりも快適に食べられる。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

半年前くらいに麺屋ぶひひに食べに来たときはなかなか好印象だったが
あっさり潰れてしまった。
同じ場所にできたのがこの店。
日曜日の開店時に訪問。
店を出る段階で8割程度の入りになっていた。

麺は平打ちの太麺。
歯ごたえは上々、スープの持ち上げも良く美味。

つけ汁は最近よくある濃厚系だが、すこぶる出来が良い。
味の濃さ・粘度などクドくなり過ぎないギリギリのラインで踏みとどまっている。

味玉は固茹でなのは良いのだが、味が全く染みておらず値段の価値はない。

フロアーの女性はもう少し笑顔を出さないとこの仕事はきついかな。

総じてレベルは高い。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

日曜日の開店と同時に着席。
まず開店が4分遅れ、食べ終わって店を出たのは30分後。

味より前に快適に食べさせない仕掛けが多すぎる。
・異様に狭くて妙に高いカウンター。この幅に10名は拷問。隣と腕をぶつけ合いながら食べる趣味は私にはない。
・ツルツル麺に塗り箸。エコだかなんだか知らないが高いカウンターと相まって非常に食べにくい。
・未熟なオペレーション。目撃しただけでオーダーミスが2回。提供時間も遅すぎる。
・トロミがあって絡みがよいのに、少ないつけ汁。中盛りにすると、麺の量に比して少なすぎ。最後はヒヤヒヤした。

店主や店の関係者の方には、一度客に混じって客席で食べてみることをおすすめする。
味以外のところでこれだけストレスを与えていては、この激戦区は絶対に勝ち抜けない。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

開店から数分で8割の座席が埋まる。
恵まれない立地で人気を集めている模様。

良くあるタイプの動物系&魚介系のつけ麺。
加水率高めでツルツルした麺は、つけ汁との絡みが今一。
魚介の立ったつけ汁は非常にハイレベル。
スープ割りをしたところ、夢中で最後まで飲んでしまった。
味玉は黄身が柔らかすぎて、味の染み込みも甘いがしっかり温められている気遣いがうれしい。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

亀有駅のほど近く。
この店名で思い浮かぶ大泉学園の店とは無関係の模様。
広々とした木のカウンターは綺麗に掃除されており、まず好感。
接客も良い。

つけめんは平打ち麺で、量はかなり多目。
余程の大食漢でない限り、普通盛りで十分だと思う。
食感がなかなか楽しめる。

つけ汁は濁りの少ないタイプ。
酸味と辛味が強めに利いており、出汁の味は余り感じない。

細切れのチャーシューがつけ汁に入っているが、なぜか大判のチャーシューも
麺に添えられてくる。
その麺に添えられたチャーシューは少しパサパサしており、今一つ。

大量に美味い麺を食べたいときは良い選択肢だと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

西新井の名店「中華そば 椿」初の支店。
この話題にはそれだけのインパクトがあったのだろうか。
開店2日目の朝一から行列が出来ていた。
つけ麺を作っているのは西新井のオヤジさんだろうか。

まず気になるのは椅子。
壷の上にカバーを付けたそれは、固くて小さくて下の方に妙な膨らみがあり座りにくいことこの上なし。
即刻取り替えたほうが良いだろう。

出てきたつけ麺はまさしく「椿」の味で、その濃厚さが身上。
麺の水もしっかり切れており、余計な具がゴテゴテ入ることも無く、
濃厚なつけ汁とモチモチ太麺の組み合わせを素直に楽しむことが出来る。
角煮風に作られたチャーシューも、少々脂分がしつこく感じられるが
美味なことには変わりない。

昼のみの営業という事で、勤め人には少々ハードルが高いが、
便利な場所にこの味が楽しめる店が出来たことは素直に喜びたい。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

入り口の分かりにくさは相当なもの。
うっかり2階のまっち棒に入りそうになる。
店内は少々狭い。
通路に置かれたポリタンがそれに拍車をかける。

太めの麺は加水率が高く、モッチリした食感。
コシはまずまずだが、風味は薄い。
つけ汁は浮いた脂の層が厚過ぎるきらいはあるものの、香辛料の味も含めて適度なジャンク感が演出されている。

味付玉子は殆ど味がついておらず今一。
チャーシューはバラ肉。
少々くどい感じか。

全体にまずまずだが、950円と言う値段から考えると再訪は微妙。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

その出自から容易に想像できるメニュー構成。
予想から外れないもりそばが出てきた。

店内は広く、窓が大きく明るい雰囲気。
ロールカーテンなどつけないと夏は地獄絵図にならないか少し心配だ。

細めに打たれた麺は、喉越しが良く量が多くてもスルスル入る。
スープの味も良くまとまっている。

気になるのはオペレーションの悪さ。
全体に要領が悪すぎる。
オーダーの間違いも多発しており、充分な人数を揃えていながらこの状況では色々と考えたほうが良いと思う。
ほぼ同じ席数・メニュー構成で3人で淀みなく回す「ごとう」でも食べに行って勉強したほうが良いのではないだろうか。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

閑静な住宅街の中にある店。
開店とほぼ同時に満席状態になっており、地元では愛されているようだ。
つけ麺の大盛りは1.5倍と2倍から選べる(どっちも100円)

麺は太くなく細くもなく。
喉越しを大事にした感じで、味わいは余り無いが冷やしや水切りがしっかりしておりまずまず。
つけ汁は豚骨ベースのオーソドックスな味わい。
やや醤油の味が強いが、麺とのマッチングは悪くない。

肩ロース肉の分厚いチャーシューは一見固そうに見えるが、煮込みがしっかりしているため、肉の旨味が充分に残りながらも柔らかいなかなかのもの。

このレベルであれば、この立地でも地元で愛される店として十分にやっていけるだろう。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件