なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

ブタゴリラ

男性 - 東京都 (1977年生まれ)

【好きな物】
プロらしい姿勢

【嫌いな物】
時間にルーズな店主
何の意味も無いエコ箸
食事の場で煙を吐き出す馬鹿・それを許す店

平均点 75.185点
最終レビュー日 2009年3月30日
135 126 0 17
レビュー 店舗 スキ いいね

さいたま市移転後は初の訪問。
40分前に到着して一番乗り。
臭いから店頭に灰皿は置かないで欲しいな。
開店時の行列は15人ほどで、数名があぶれた。

味の基調は変わっていないが、大崎時代と比較すると店の構えがゆったりとしており、余裕のある気分で食べられる。
接客にもゆとりが出たようだ。

しっかりとしたゴワゴワ麺に汁気の多いタレを絡ませて食べる油そばは、多量の麺がスルスル入ってくる。
やはり満足感は高かった。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

開店当初に横目で見て食べたいと思っていたメニューにようやく挑戦できた。

ここは麺自体がしっかりしているので、和えそばになっても美味いのは当たり前。
濃厚なタレが提供前にしっかり絡ませられており、少々ジャンクな味わいと食感が病みつきになりそう。

ただし具にはもう一工夫の余地がある。
味のついていない茹で野菜は、つけ麺のつけ汁に入るものとしては優秀だが、この類のメニューに合っているとは必ずしも言えない。
味玉も味の染み込み方が今一つ。

コストパフォーマンスは優秀で、近くに寄った際はまた行きたい。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

一度来てみたかった店だが、ようやく初訪問。
水曜の夜8時着で、行列は13名。
1席空いたのに誰も店に入らない馬鹿な3人連れなどにイライラさせられながら40分で入店。
新しいから当たり前なのだが、店の中は想像以上に小奇麗。

まぜそばは二郎が油そばを出したらこんな味になるのかな、と思わせる店名どおりジャンクな一品。
いろいろな具とタレが渾然一体となり、大量の麺をあっという間に平らげてしまった。
体に悪いとは知りつつも、どんぶりに結構な量が残ったタレまで飲み干してしまった。

面白いコンセプトの店だった。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

麺自体の味が非常によく頻繁に通っているこの店だが、最近特に気に入っているのがこの「アブラソバ」。
ブームから10年経ち、またよく見かけるようになったこのメニューだが、この店の「アブラソバ」は900円と少々高価ながらもあえそばの理想形を体現している。

まず当然のことながら麺の出来がよい。
表面がきれいなコシのある麺は、それ自体に風味があり、基盤をしっかりと固めている。
油とタレは非常にマイルド。
一緒に供される酢とラー油をかけ回していただくと、ちょうど良いバランスになるように作られている。

具の主役は細切れのチャーシューとナルトだが、それぞれあえそばの具として十分な働きを見せている。

つけめんが美味い店だが、実は一番のお勧めメニュー。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

オープンしたばかりの油そば専門店。
10年程前にブームを起こし、その後再びマニア向けの商品へと戻っていった感のある油そばだが、最近再び盛り上がりを見せつつあるようだ。
そんな以前のブームの際に、牽引車的な働きを見せた江戸川橋の名店「東京麺珍亭本舗」。
恐らくこの店は麺珍亭と関係があると思われる。

それは以下の理由によるもの。
・看板の字体
・メニュー構成(W盛りの存在など)
・酢とラー油をかけ回せだのラーメンよりは低カロリーだのの能書き

祝日の午前は人通りの極度に少ない赤坂の街。
そんな中でこの店の中だけは異様な活気があった。
開店5分後に入ったところ満席で約10分の待ち。

出てきた油そばは麺珍亭との関係について確信させるような、比較的細い麺に癖のない油、さらには少々少なめの醤油ダレで構成されている。
もう少しタレのバランスが勝るほうが好みだが、これはこれでそれなりにいける。
チャーシューが短冊切りされているのが違いか。

半額セールが終わった2月以降にこの立地でどれだけ客を集められるか注目したい。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

11月にオープンしたばかりの新店。
元旦から当たり前のように営業していた。
ご夫婦で経営されているようだが、頭が下がる。

油めんは醤油ダレを絡ませるオーソドックスな油そば。
油にも癖が無く、麺の味を純粋に楽しめる。
こうなってくると麺の出来が勝負だが、モチモチした食感の心地良いなかなかの麺だ。
タレの味は強めで、麺と絡むと良いバランス。
具はどれも印象に残らないもので、一歩突き抜けるためにはこの辺が改善ポイントになると感じた。

立地はお世辞にも良いとはいえないが、地元で愛される店になる素質は十分にあると思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

平日夜8時過ぎに訪問。
自分が入ってちょうど満席になった。

スープは牛を使っているせいだろう、少し癖のある香りだが、実際に口にしてみるとなかなかどうして纏まりのある風味。
麺は歯応えが心地よいが、スープとの絡みはいまいち。
肩ロースのチャーシューは柔らかさと肉汁の残し方が良い感じ。
味玉は味の染み込み方が上品過ぎで良くない。

全体的に見て安定した実力を感じさせる。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

そこそこ話題になってきている店だが初めて訪れた。
線路沿いの住宅街の中にある。
アピアランスはなかなか特徴的だが、入りづらいような雰囲気は無い。

メニュー表には無く、柱に張り紙がしてあった「あぶらは」を注文してみた。
大盛りは無料。
ラーメンスープが添えられて50円増し。

まず目を引くのは中央に乗せられた挽肉。
混ぜてから食べてみると、色々な味の要素が渾然一体となって美味い。
西新井の「椿」と言い、ここと言い、最近は本当に単純なタレと油だけにとどまらない和えそばを出す店が増えてきたものだ。

麺は細めで弾力のあるストレート麺。
タレに粘度があるせいで、しっかりと味が行き渡り最後の一口まで美味しく食べられる。
少し辛味の効いたタレは、一つの味が突出することが無くかなりバランスの取れたもの。
歯応えをしっかり残したチャーシューが絶品だ。

ラーメンのスープに未練があって、この手の変わりメニューに食指が伸びにくい自分としては、この店のようにたとえ別料金であってもスープが付けられるのは有難いサービスだ。

値段が手頃で、メニューが豊富で、落ち着ける。
こんな店が家の近くにあるといいだろうなあ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

2度目の来訪。
のどかな雰囲気の住宅街の中に、沖縄関連の店が集まった一角があるが、この店はその中の1軒だ。

店内はかなり狭く、開店から5分ほどで一気に満席になる。
全体的に量は大目で、ソーキすばにラフテーも乗せて900円也と少々お高めだが、ボリュームは十分すぎるほどだ。

うどんとも中華麺とも違う、沖縄そば独得のコシのしっかりした麺が素晴らしい。
豚骨と鰹の味が前面に出た透き通ったスープはかなりあっさりとした仕上がりながらもボディは強靭で、麺の強さに決して負けていない。
豚肉トッピング2品の素晴らしさは言わずもがな。
ゼラチン質のネットリ感がたまらない。

フレンドリーさと気遣いを両立させた接客も好印象。
常連客と話す時の笑い声はもう少し遠慮がちで良いと思うけどね。

またここのすばを食するためだけに、代田橋に足を運びたい。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

荻窪の実力店が登場させた新メニュー。
日曜日の開店時刻2分後に到着。
前客4名。出る時には8割ほどの入り。

900円の価格設定は、食券販売機のボタンを押す際に一瞬躊躇させる。
麺は極太麺。
大変に歯応えがあり、この形態で食べるのならベストチョイスだろう。
タレは正しく油そばの味噌版。
少しくどいが、濃厚な味わいは中毒性があると言える。
バラ肉の分厚いチャーシューは、この強烈な料理の中でもしっかりと自己を主張できている。

全体的に見て、非常にハイ・クオリティな新メニューだ。
いつもの醤油スープが添えられてくることもポイントが高い。
この手のメニューを頼むときは普段のラーメンにも後ろ髪を引かれる身としては、煮干しスープも味わえる嬉しい配慮だ。

接客係のお兄さん、席を詰めて座らせるのも食券を買ってくださいというのも、もう少しだけ口調を柔らかくすると感じの悪さが無くなるよ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件