なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

ブタゴリラ

男性 - 東京都 (1977年生まれ)

【好きな物】
プロらしい姿勢

【嫌いな物】
時間にルーズな店主
何の意味も無いエコ箸
食事の場で煙を吐き出す馬鹿・それを許す店

平均点 75.185点
最終レビュー日 2009年3月30日
135 126 0 17
レビュー 店舗 スキ いいね

駅からかなり歩く。
開店直後に入り程なく満席に。
店を出るときには7名ほどの行列ができていた。

典型的な魚介系の醤油スープ。
旨味はまずまず出ており、飽きさせない味わいだ。
麺もしっかりしている。
厚手で柔らかいチャーシューは秀逸。

好感接客もあり、気持ちよく店を後にした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

悲運のラーメン職人田中氏がここ三ノ輪に店を出していたことにようやく気がつき、初訪店。
限定メニューに心を惹かれつつも、定番の玄麺をチョイス。

何よりも優しい味わいのスープは出色。
一つの素材が突出する事無く、適度な塩分も相俟ってインパクトは無いのに最後まで飲んでしまう。
麺も具も良い仕事がされており、流石の完成度であった。
この立地にフィットするかと考えると微妙だが、メニュー数を充実させているし、この土地で見事に返り咲いてほしいものだ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

開店直後で先客2名。

「田中商店」とは全く印象を異にする中華そば。
色の薄いあっさりしたスープは「坂内」を始めとする喜多方系に近い。
塩分と脂分はそれなりに強いので、案外物足りなさは感じない。
麺も同様で平打ちでウェーヴのかかったもの。
チャーシューは赤身と脂身がしっかり分かれた小ぶりなもの。
味が良く染みている。
味玉は固ゆでの直前で、同じく味がしっかり染みている。

親父さんの好感接客も含めて、何度か足を運んでみたい店だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

本日(3/20)のみの限定メニュー。
開店と同時にかなりの賑わいを見せていた。
食券を渡すときに「ニンニク入れますか?」と質問される。

その名の通り最近猫も杓子も提供される二郎ライクのラーメン。
麺自体の再現性は極めて高い。
あの独特のゴワゴワ感が、力技の快感を与えてくれる。
スープはややカラメ。
デフォルトでアブラが入れられており、アブラがスープに浸ると全体のバランスが良くなる。
チャーシューもあの「豚」と通常のチャーシューの折衷的なポジションに置かれるべきなかなかの出来。

アイディア自体に新味は全く無いものの、クオリティ自体は非常に高く、確かな実力を感じることが出来た。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

亀有駅のほど近く。
この店名で思い浮かぶ大泉学園の店とは無関係の模様。
広々とした木のカウンターは綺麗に掃除されており、まず好感。
接客も良い。

つけめんは平打ち麺で、量はかなり多目。
余程の大食漢でない限り、普通盛りで十分だと思う。
食感がなかなか楽しめる。

つけ汁は濁りの少ないタイプ。
酸味と辛味が強めに利いており、出汁の味は余り感じない。

細切れのチャーシューがつけ汁に入っているが、なぜか大判のチャーシューも
麺に添えられてくる。
その麺に添えられたチャーシューは少しパサパサしており、今一つ。

大量に美味い麺を食べたいときは良い選択肢だと思う。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

ラーメン不毛の地だった田端に昨年12月にオープンした新店。
妙に高さのある椅子が少々座りづらい。

鶏ガラベースに節系の旨味も利いたあっさり醤油スープは、少々酸味が強めに出てしまっておりもう一つ。
細いストレート麺はシャッキリした食感で、スープの絡みも悪くない。
バラ肉のチャーシューは柔らかすぎて、肉の味わいは余り感じられない。
味玉は適度な黄身の柔らかさで、少々甘目の味がしっかりしみており秀逸。

総じて普通で、わざわざここまで歩いていくかは微妙。
店主の接客には好感を持った。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

入り口の分かりにくさは相当なもの。
うっかり2階のまっち棒に入りそうになる。
店内は少々狭い。
通路に置かれたポリタンがそれに拍車をかける。

太めの麺は加水率が高く、モッチリした食感。
コシはまずまずだが、風味は薄い。
つけ汁は浮いた脂の層が厚過ぎるきらいはあるものの、香辛料の味も含めて適度なジャンク感が演出されている。

味付玉子は殆ど味がついておらず今一。
チャーシューはバラ肉。
少々くどい感じか。

全体にまずまずだが、950円と言う値段から考えると再訪は微妙。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

その出自から容易に想像できるメニュー構成。
予想から外れないもりそばが出てきた。

店内は広く、窓が大きく明るい雰囲気。
ロールカーテンなどつけないと夏は地獄絵図にならないか少し心配だ。

細めに打たれた麺は、喉越しが良く量が多くてもスルスル入る。
スープの味も良くまとまっている。

気になるのはオペレーションの悪さ。
全体に要領が悪すぎる。
オーダーの間違いも多発しており、充分な人数を揃えていながらこの状況では色々と考えたほうが良いと思う。
ほぼ同じ席数・メニュー構成で3人で淀みなく回す「ごとう」でも食べに行って勉強したほうが良いのではないだろうか。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

この店ができてもう10年近くになるだろうか。
当時高田馬場で大学生をしていた私は、当時の人気店であった
「えぞ菊」にも「メルシー」には目もくれず、R教大学生の
巣窟であったこの店に足繁く通っていた。
当初の触れ込みは「あの東池袋大勝軒の味が並ばずに綺麗な店で
食べられる」というもの。
それが段々と「混んでいるけど東池袋大勝軒の美味しかった頃の
味が楽しめる」へと変化していくにつれて足が遠のいていった。

今日の訪問は6年ぶりくらいになるだろうか。
店の雰囲気は全く変わっていない。
この店ではもりそばよりもラーメンが好きだ。
正統派の醤油ラーメンを先鋭的にならない程度にブラッシュ・アップ
したその味は、昔から変わらない「ごとう」の味。
モモ肉なのにしっとりしたチャーシューが絶品だ。

何よりも特筆すべきはその接客。
昔から変わらない3人のメンバーの、過剰に愛想を振りまくでは
ないが極限まで洗練された動きは、飲食店の勤務経験がある人には
その凄さがわかってもらえるだろう。

どんなに流行っても3人でできることだけを着々とやってきた名店。
いつまでも変わらないでいてほしいと、親父臭い考えを持ってしまうのだった。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

小奇麗な店構え。
名前は忘れてしまったが、この場所は別のラーメン屋が入っていなかったか・・・。
丁寧に造られて出てきた醤油ラーメンは透き通ったスープに細麺が泳ぐエレガントな見た目。

麺は浅草開化楼との事だが、言われなければそうと分からない細麺。
シャキシャキした歯応えが楽しめる上質の麺だ。
スープはどの素材も出しゃばらないまとまった味。
味玉はよく味が染みており、上質の卵が使われていることがすぐに分かる。
チャーシューは柔らかいが脂が強く、このスープに対しては主張が強すぎる。

全体的に非常に完成度が高いラーメン。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件