なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

ブタゴリラ

男性 - 東京都 (1977年生まれ)

【好きな物】
プロらしい姿勢

【嫌いな物】
時間にルーズな店主
何の意味も無いエコ箸
食事の場で煙を吐き出す馬鹿・それを許す店

平均点 75.185点
最終レビュー日 2009年3月30日
135 126 0 17
レビュー 店舗 スキ いいね

祝日の19時ごろ訪問。
先客なし、後客1名。

メニューが少々見づらく改善の余地あり。
おつまみとトッピングの場所は分けたほうが良いだろう。

麺は極々平凡だがトッピングの具が素晴らしい。
煮鶏は肉の旨味をしっかり残して、甘めの味付けもまったく気にならない。
煮玉子の味の染み方も「味玉かくあるべし」な濃厚さで、
色々な店の店主にこれを食べさせて勉強させたい逸品。

スープも適度な塩気で様々な素材の旨味を楽しませてくれる。

鬼門とも言えるテナントだが何とか頑張ってほしいものだ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

大行列に足が遠のきがちだが、10年来の大好きな店なのでたまに食べに来てみる。
開店は5分ほど遅れた。
自分で決めた開店時刻なのだからしっかり守ってほしい。
その時点での行列は10人程度。

この店も割り箸をやめてプラにしたんだね。
エコだかなんだか知らないが、ここみたいなツルツル麺には割り箸が最適だったのに迷惑千万。

とりそばは相変わらず旨い。
メニューを増やしても姿勢がブレないのは大したものだと思う。
いつでも期待に応えてくれるという信頼感がある。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

大晦日で賑わう商店街から路地に入った閑静な立地。
その立地に似つかわしくないほどに広々とした店内。
混雑はしていないが、カウンターは半分以上埋まっている。

基本的に具沢山のラーメンはあまり好まないが、ここの具はそれぞれを一品料理で食べたくなるほどにハイレヴェルで、飽きずに食べ進むことができる。
麺は自家製の中太麺。
しっかりしたコシとツルツルした食感が楽しい。
スープは一つの素材が突出しない、完成度の高いもの。
肉汁のたっぷり残った焼豚、絶妙な茹で加減の煮玉子、食感の妙が楽しめるワンタン。
具の完成度はいずれも最高峰。

いろいろなメニューを試したくなる名店だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

すっかり人気店となったこの店に、近所に勤めていながら今頃初めて訪れた。
綺麗な内装や、開店時刻5分前にしっかり店を開けたことは好感。
でも店頭の灰皿は臭いので即刻撤去したほうが良い。

出てきたラーメンは具の出来の良さが印象的。
味玉は少々黄身が柔らかすぎるが、中身も温かい状態で供されるのが有り難いし、チャーシューは肉汁がしっかり残っており美味。
スープは鶏ベースだが非常にあっさり。
この位淡白なスープだったら、中太ちぢれ麺の方が多分マッチしたな。
失敗。

総じてレベルが高く、この激戦区でも生き残れるだけのものは持っている。
水の容器は重い上に持ちづらいので、変えたほうが良いとは思うが。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

話題性があるのか、土砂降りの雨の中でも満席状態。
見てて居たたまれなくなるほどオペレーションが乱れていたが、店主の調理それ自体には影響が出ていなかったのが救いか。

シャキシャキした食感の自家製麺はかなりの量で、小ぶりの個性的な丼では少々ダマになってしまっていたのが残念。
塩分強めのスープは、バランスのよい旨味が抽出されており高品質。
半熟玉子のネットリ感もまずまず。

話題性抜きで、かなりハイレベルなラーメン。
接客麺はもう少し鍛えてね。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

ここを訪れるのは元旦以来。
4連休の初日とあり、開店時には40人ほどの行列。
ここ数年はこの状況をずっとキープしており、改めて敷居の高い店になってしまったと痛感。
メニュー豊富な店なのでいろいろ試してみたいという意識はあるのだが、食べに来るという行為にある程度の気合が必要な現状ではどうしても安全策の「とりそば」に走ってしまう。

そのとりそば、相変わらず美味い。
スープはバランスの取れた味わいで、前回食したときよりもクオリティは上かもしれない。
雑味が無く、シャキシャキした食感の細麺も正統派の美味。

この手の不特定多数が集まるサイトでは、行列店に噛み付くことがクールだと勘違いをしている方々が結構多いので、ここのような有名店は割りを食うことがあるが、大喜は行列が出来る前も後も同等のレベルをキープしつづけている貴重な店として賞賛されるべき存在である。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

開店したばかり。
次から次へと店が変わる鬼門とも言うべきテナントで、資本が入っていそうな店構え。
はっきり言って期待していなかったが、思いのほかレベルの高い塩ラーメンを食することが出来た。

細めのストレート麺はシャキシャキした歯応えで、食感を楽しむことが出来る逸品。
自家製だろうか。
食券機の左に布で覆われた大きな物体があったが、あれは製麺機かもしれない。

魚介系を強めに効かせたスープは非常にまとまりがあり、塩気の強さにも負けていない。
事前に炙ったチャーシューもマッチしているし、スープに浮かぶ揚げネギも良いアクセントになっている。

醤油も美味いという確信が出来たので、是非とも再訪したい。
でも極度に熱いどんぶりを手渡しはやめてよね。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

年季の入った店構え。
人柄の良さそうな年配の夫婦が営むこの店は、地元で親しまれながら頑張ってきた近年のブームとは距離を置いた店だ。

一番人気のタンメンはこの手の店では珍しく太麺と細麺がチョイスできる。
今回は敢えて太麺を選択。
まずは大量に載せられたモヤシ主体の炒め野菜が目を引く。
どこから箸を付けて良いか一瞬迷うものの、胡麻油が和えられて火がしっかりと通されているので見た目よりも食べやすい。
麺はこのタイプのタンメンには珍しい手もみ風の中太麺だが、スープの味が強いので自己主張しすぎと感じることは無い。
胡椒が思い切り効かされた塩スープは強烈。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

弘明寺からも井土ヶ谷からも歩けるが、どっちも遠いという微妙な立地。
広々とした店内に、店主の朗らかな挨拶が響く。
なぜか前払い制。

評判の塩ラーメンは澄んだスープが売りの、「和風らーめん」の屋号に恥じないもの。
良い素材で手間をかけてとったことが判るスープは、インパクトに欠けつつも最後まで飲ませる出来だ。
この店の場合具材がとにかく素晴らしい。
肉汁がしっかり残ったチャーシューも最高だが、味玉も素晴らしい。

値段も安く、商売に対する姿勢がしっかりしている。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

かつてこの店がそれなりの繁盛店だった頃、場所的に使い勝手の良かったこの店には足繁く通ったものだった。
それが日テレ年末のラーメン特番で上位にランキングされて以来、とても普段使いは出来ないような行列店に・・・。

それでもここのとりそばをこよなく愛する身としては年に2回は必ず足を運んでいたのだが、他に選択肢も無い元旦に再び訪れてみた。
開店15分前に到着したところ、すでに30人ほどの行列。
とりそばにありつくまでに45分ほどを要した。

相変わらずの美味。
雑味の無いスープにゴテゴテと乗せられた貝割れやら白髪ネギやらメンマやらが少々やかましくも感じるが、しっかりと小麦の味を感じる細麺とスープは相変わらずのハイレベルだ。
もちろんトッピングの蒸し鶏・味玉ともに素材の素性の確かさを感じさせてくれる逸品だ。

食べ終わって店を出たら行列は50人ほどに膨らんでいた。
相変わらず凄いね・・・。
でもこの状況下で味に対する姿勢がぶれていないところには感心。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件