なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

ブタゴリラ

男性 - 東京都 (1977年生まれ)

【好きな物】
プロらしい姿勢

【嫌いな物】
時間にルーズな店主
何の意味も無いエコ箸
食事の場で煙を吐き出す馬鹿・それを許す店

平均点 75.185点
最終レビュー日 2009年3月30日
135 126 0 17
レビュー 店舗 スキ いいね

これだけ世のラーメンが進化した現在でも、ここの「ぼんしゃん」はそれなりに美味しく食べられる。
知られない程度のマイナー・チェンジは行なっているのだろうか。

トロミが強く、ちょっとした豚骨臭と旨味のバランスがよくとれたスープは今でも秀逸。
値段の割りに具はつまらないが、美味しく食べられた。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

平日の閉店直前。
前客は2名。

「山頭火」の流れを汲んだ、旭川風のラーメンを出す。

特筆すべきは、具のレベルの高さ。
肉厚のチャーシューは、この系統の典型ながら、濃い目の味付けも相俟ってしっかりした満足感を与えてくれる。
別皿で供された味付玉子も、茹で加減ほど良くしっかり味の染みた逸品だ。

大盛で注文したが、麺や具の量に比して丼が小さく非常に食べにくいのが残念。

スープはバランスが良く、インパクトに欠ける反面飽きずに楽しめた。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

日曜日の開店3分前に到着。
20人の行列があり、開店時刻と同時にオープン。
結局自分が店に入れたのは13時だった。
予想以上に回転が遅い。(この手の席数の少ない行列店に子供を二人も連れてくるのはやめて欲しいものだ)

つけ麺は販売休止されており(3月10日再開との事)、選択肢はとんこつらーめんのみ。
店内で10分ほど待って供されたラーメンは、博多豚骨風。
岩のりが特徴的か。

スープは旨味がしっかり抽出されているが、臭みの無いなかなかの出来。
細めだが、少々黒みがかった麺も楽しめる食感を演出している。

気になるのは異様な待ち時間の長さ。
一人で調理・接客・丼洗いをこなすのは少々無理があるように感じられた。
替え玉のオペレーションも現状では流れを乱す要因にしかなっていない。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

長期休業・臨時休業が多く、立地の悪さも相俟って「幻の名店」的な扱いを受けるこの店。
奥さんの病気療養で半年以上店を休んでいたようだが、このほど復活した。
開店時刻ジャストに到着したところ既に暖簾が出ており、店内には5名ほどの客。
程なく満席になった。
地元では復活が待ち望まれていたよう。

最後にこの店を訪れたのは何年前になるだろうか。
確か醤油と味噌の提供を中止し、博多らーめん一本に絞った直後の話だったから7〜8年前?
あれ以降、都内には「田中商店」やら「ぼたん」やら臭みを隠そうとしない本格的な博多豚骨ラーメンを食べさせる店がいくつも出現しており、今日食べたラーメンは頭の中の記憶にあるらーめんよりもマイルドな味だった。
しかしインパクトは無いもののコクは充分出ており、単純なライト豚骨と片付けるには勿体無い出来。

自家製の麺はしっかりした出来で、何時の間にか100円に値上げされた替え玉までしっかり楽しんだ。
何よりも具の出来が良い。
しっかり味が染みて黄身の固さも絶妙の味玉、オーソドックスな作りながらも肉汁をたっぷり残したチャーシューはいずれも絶品。
店主の心遣いが隅々まで行き届いた一杯だ。

奥さんは元気そうで、商売が出来る喜びが接客から伝わってきた。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

店舗拡張以来の凋落振りに激しく失望して、本店からは足が遠のいていた。
流行って色々と商売への姿勢には変化が出ても、味には影響させなかった修行元の「武蔵」を少しは見習って欲しいと感じていた。

この店は池袋はロサ会館近くに出来た、参宮橋の名店「空海」とのコラボレーション店である。
それぞれの店のオリジナル・ラーメンも出されているがそれらの味は既に知っているので、今日はオリジナルの濃厚豚骨を食してみた。

まずはスープを一口。
薄い・・・。
良く言えばマイルドだが、パンチが無いとの表現が妥当か。
妙に効かされた香辛料が舌を麻痺させることもあり、業務用スープの味を思い起こさせることも。
マー油が浮く事でそれなりに食べられる味になってはいるが、これを「濃厚」との冠付きで売るのは無理があると言わざるを得ない。

中太の平打ち麺は風味に乏しいが、食感は楽しくまずまず。
多めに乗せられたモヤシの臭みは上手に処理されている。
くんたまをトッピングしたが、こちらは相変わらず美味。

空海が主導権を握ってのコラボだったら少しは違っていたのだろうか・・・。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

完全なる激戦区となった高田馬場でも、異色の本格博多ラーメン店。

臭みをどう処理するかなど全く考慮に入れていないような濃厚豚骨スープはインパクト十分。
粉っぽくて固い麺もまさしく博多のそれ。

サッと入れてサッと食べられる、この界隈では貴重な店だ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件