なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

ブタゴリラ

男性 - 東京都 (1977年生まれ)

【好きな物】
プロらしい姿勢

【嫌いな物】
時間にルーズな店主
何の意味も無いエコ箸
食事の場で煙を吐き出す馬鹿・それを許す店

平均点 75.185点
最終レビュー日 2009年3月30日
135 126 0 17
レビュー 店舗 スキ いいね

土曜日の開店20分前に到着したところ、7人目。
開店時刻5分前に店主が客を招き入れる。
自分で決めた開店時刻に店を開けるという至極当たり前のことができない店も多い中、
この姿勢は天晴だ。
開店時の行列は17人。

二郎の基本を忠実に守った作りのラーメンは良くも悪くも予想通りで、
こんな早い時間であるにもかかわらず夢中で貪りついた。
スープは全体的に脂が強め。
キャベツの割合が高いヤサイの火の通り方も適度。

店を出たのは11時前。
9人の行列があった。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

3月1日(土)15時ごろ訪問。前客5名ほど。
この「メガ節麺」は、ちょうど3月1日より開始した春季限定メニュー。
豚骨醤油スープに極太麺、大量の茹で野菜が乗せられた所謂「二郎インスパイア系」。

出てきたラーメンのアピアランスは、まさしく二郎系のそれ。
野菜やチャーシューの上にかけられた節粉が特徴的といえるか。

スープはそれなりに再現できているとは思うが、少々甘味が強め。
カラメ指定が出来ないので、少々つらい。

麺はいかにもそれっぽいが、二郎の尺度で言うとゴワゴワ感が足りない。
チャーシューはいつものそれで、この系統にはいまいち合わない。

流石の実力店だけにそこそこまとめてきたが、ここは通常メニューが美味しいのでもう一度注文するかは微妙。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

色々選べるスープで面白さを提供していたのも今は昔。
迷走の末、豚ベースのスープと鶏ベースのスープの2種類を柱にした鷹虎だが、出しているラーメン自体はレベルが高い。

中太のストレート麺は、コシが強く歯応えが楽しめる逸品。
スープは没個性ではあるものの、基本に忠実であり醤油の濃さも適度でキレがある。
この位のレベルのラーメンを安定して出せる辺りが武蔵のブランドを作り上げているのだ。

残念なのは客席の居心地の悪さ。
異様なまでの狭さに加え、椅子の高さがいささか高すぎ尻が痛くなってくる。少し体勢を変えると妙に張り出した荷物棚がひざを直撃。
この悲惨な客席に座って、広々とした厨房を眺めていると腹が立ってくる。
店長はこの客席に座って食事をして同じ苦しみを味わうべきだし、設計者は何か別の仕事を探すべきだろう。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

開店と同時に入店。
すぐに満席にはならなかったが、店を出るときは10人ほどの行列が出来ていた。

ここの主役は二郎系独特の麺。
太くてゴワゴワした食感の麺はこの系統の典型であるが、歯応えの強さは同系統の中でもかなりのもの。
スープはベースが少し甘すぎ。
アブラマシにした事もあって、エッジが足りない感じがした。
カラメ指定が出来れば良いのだが。

豚は薄くてパサパサしており、イマイチ。
特筆すべきは味付玉子。
半透明で黄身の美味さが最も引き出されるタイミングを見切られており、味の染み方も申し分ない。
こういうのを食べると、単に火が通っていないだけの玉子を有難がって食べる事の馬鹿馬鹿しさを痛感する。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

本日より1日10食限定で発売された新メニュー。
読みは「ごくとんらーめん」。

最近流行りの濃厚豚骨和風スープの「濃厚」の部分を少々極端な方法論で具現化した一品だ。
その濃度というか硬度は志木の名店「うえだ」の「ハード」をも上回る。
レンゲなど使用しなくても、スープが麺に絡みつき勝手に無くなってしまう。
食感はもう一つの流行である和え麺に近く、これは豚ペーストを使った和え麺と言っても過言ではない。

勿論その旨味の凝縮感は凄く、最後は流石にくどくなったがインパクト十分で楽しませてもらった。
具は紅しょうがやきくらげも乗っており、博多ラーメンを意識している部分もあるようだ。

スープの印象が強すぎて、麺と具が殆ど印象に残らないのが難点か。
マニアックですよ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

所用で訪れた前橋。
どことなく寂しい駅の南側で一際目立つラーメン屋。
土曜日の13時前で、ほぼ満席状態。
店を出るときは4名の待ち客がいた。

店名から容易に想像がつく典型的な家系ラーメン。
塩味と味噌味がチョイスできる辺りが個性か。
味そのものはかなりのハイレベル。
横浜・東京でもこの味が出せている家系はどれだけあるか。
コッテリしながらもくどくなりすぎず、かなり良いバランスがとれている。

接客もとても鍛えられており、これだけの店なら行列も出来るわなと完全に納得。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

知らないうちに大行列店に成長していたようだが、今回初めて足を運んでみた。
日曜日の開店40分前の到着で行列は約15人。
想像以上の混雑振りだ。
敢え無く2ロット目に回り、店内に入れたのは11時15分、つけそばが出されたのはさらに10分後だ。

一口食べての印象は、動物系の旨味が強めに出た最近流行りのつけ麺。
六厘舎やTETSUを真っ先に思い浮かべる味だ。
言うまでも無く魚粉が効かされ、重層的な旨味を作り出している。
さて、このスープ、すこぶる出来がよい。
大量に浮かべられた長ネギがいささか邪魔に感じられることもあるが、まろやかな甘味と適度に効いた醤油の香りがベストマッチ。

ゴワゴワした感触のしっかりした太麺もスープを良い感じに持ち上げてくれる。
麺はしっかりと冷やされているが、その反面中盤以降はつけ汁に浸しても何とも言えない生ぬるさになるのが残念。
チャーシューは平凡。
味玉は非常に味が染みている。
黄身の柔らかさにばかり神経が行き、「味付」の部分がお留守になっている愚かな店が多い中で天晴れな心がけだが、ちょっと醤油の味がきつすぎる。

全体的に見て行列が出来るのはあたりまえの高品質店だが、もう少しオペレーションを工夫すればもう少し待ち時間は削減できるはず。
そろそろ行列整理も出したほうがいいと思う。
近隣に多々迷惑をかけている雰囲気あり。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

がん〜東京あってり麺と移り変わったガード下のテナントに新しく開店した店。

ラーメンはオーソドックスな濁った豚骨醤油味。
スープは旨味が平板で物足りなさこそ感じるが、ボディはしっかりしておりまずまず。
しかし麺が決定的に駄目。
太麺をチョイスしたが、表面が荒れており食感が良くない。

このテナントでは居心地の良い店は作りようが無いだけに味で勝負しなければならないのだが。
その武器としてこのラーメンでは心許ない。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
62

「椿」のついでに10年ぶりの再訪。
10年前はこの店を含めた「香月系」華やかなりし時代で、この店も行列を作っていた。
夜の9時過ぎだったがカウンターには客が3人。
ラーメン屋の盛衰が見て取れる。

味は悪い意味で変わっていない。
背脂の浮いた正体不明の旨味が全体を支配したスープ。
シャッキリしてはいるものの味わいに乏しい麺。
やたら筋っぽい紙みたいなチャーシュー。

何だかんだで食べられたのは事実だが、今のままでかつての賑わいを取り戻すことは二度と無いだろう。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

この近くに職場があった時に足を運んだことがあった。
中野の本店でかなりの感動を得ていたが、その時のインパクトは感じられずちょっとした落胆とともに店を後にした記憶がある。
3年ぶりのリベンジ。

あの時と大きく印象が変わることは無かった。
豚骨に多少シフトした豚骨魚介味のスープは、今一つインパクト無し。
卓上に置かれていたかえしを少し投入したところ、味に一本筋が通った。

麺は歯応えがありまずまずだが、スープとの絡みが良くない。

チャーシューは余りにも平凡。

豚骨魚介味のスープに免疫が出来すぎたのだろうか。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件