なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

nobさん

男性 - 東京都 (1980年生まれ)

のぶさんです。ラーメン大好きです。diet中です。でもラーメンは食べます。それでも痩せてみせますってんだこのやろう

平均点 76.749点
最終レビュー日 2017年9月6日
800 700 3 170
レビュー 店舗 スキ いいね

「つけ麺 大盛」@おおぜき中華そば店の写真【要約】淡麗でさっぱりな口当たりですが、旨味が
しっかり、物足りなさはない。腹持ちがいいので大盛じゃなくても良かったかも。

人気店、数年ぶりに来てみました。前回は中華そばだったので、今回はつけ麺を。
麺。
太すぎない、適度に縮れた麺は、噛むとくにっとした歯ごたえ、しっかりとしたコシがあります。甘みもあって好きなタイプ!です。大盛りにしてみましたが、けっこう量がありますね、腹持ちのいい麺でしたので、けっこう、きました。
スープ。
けっこうサラサラ。魚系の香りに、青ネギの風味がマッチしていて、キレのある印象になっています。しかし後味が深く、物足りなさは感じません、満足度高いです。麺が並盛で腹八分くらいが、後味も楽しめるベストな量かなぁ…
トッピングは穂先メンマ?とチャーシュー一枚、なるとに海苔。しょっぱさよりも甘み旨味に傾いた最近よくあるタイプの低温調理チャーシュー、スープとは別に食べたほうが美味しいかも。メンマは大きいですが嚙み切れるものでした、まあ大丈夫かなと。

最後にスープ割。魚ダシでした、確実に鼻で感じる香りは最初より増してますね。

ごちそうさまでした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーシュー野菜つけそば(¥1,100)+中盛(¥50)」@丸長 目白店の写真【要約】美味い…甘辛の肉とやさしい味の麺、そこに野菜の食感。日本人が腹を満たす「ごはん」として最高。ちょっと高いけど

土曜日の11時台、いつもどおり店外にも列ができていますが、今日はこれが食べたくて迷わずチェックイン。
新店舗になってから初めての丸長メジロ、改装前より明るいイメージです。席につくとあまり待たされず、すぐに出てきます。ガンガン麺茹でてるのでしょうね。。。
ここの麺は癒し系というか…柔らかい口当たりに伸びのあるコシ、くにゅくにゅと程よい弾力。味もパンチは無いが噛むと感じる小麦臭、美味いです。
量はまあまあボリューミーですね、中盛でもあっという間に胃袋に吸い込まれていきます。分かりやすく「甘辛」なサラサラのスープ、醤油っからさが程よい。
そこにキャベツたっぷりの野菜と、また「甘辛」の刻みチャーシュー。この刻みチャーシュー、野菜、麺を甘辛のスープでズズィとかきこむ。美味い。これは美味いですよ。

【総評】
ごはん としての満足感がとにかく高い。甘辛の味、たっぷりの野菜、しっかり感じる肉、による「おかず感」+ 優しい口当たりで量もじゅうぶん、穀物っ気もしっかり感じる麺の「ごはん感」が、もう、日本人なら大好きでしょ!という感じです。「最高の普通メシ」ですね。
でもちょっと「お値段が高い」かなぁ…ここは並だと物足りないのです、やはり野菜チャーシュー、気分で卵。となると1000円でも食べれない。ぐぬぬ。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「チャーシューつけめん 大盛 (¥1050)」@丸長 阿佐ヶ谷店の写真【要約】昭和の懐かしさを感じる麺の食感とスープのしょっぱ辛さ。ボリュームやトッピング考えると割高感を覚えてしまいました

麺は黄色くて艶のある見た目、ちょっと水っぽいというか、水切りが甘いというか…全体に柔らかめですがプチプチ切れると言う事でもない。なんといいますか…普通?ですかね。
あとボリュームそんなにないです。いわゆるつけ麺でお腹が膨れる食べ応え、に、大盛で届くか届かないか、くらいの量。
醤油ベースのスープ、舌に残るしょっぱさがあります。あと胡椒の風味が強いのが昭和っぽさを出しています。
今回はチャーシューをプラス、いわゆるヤキブタだなと思われるカットが写真のように乗ってきます。その下には茹でもやし。しょっぱいスープとの相性はいいです。

【総評】昭和ノスタルジーを感じるために、素ラーメン、ノーマルつけ麺をさらりと食すにはいい店かもです。量やトッピングで満足感を増すのは違うかなと。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラムつけ 醤油 大盛」@自家製麺 MENSHO TOKYOの写真美味いです。いい意味でラム臭いのがいい。

外に4〜5人並んでいました、店内にも待ち席があるようで…なかなかに人気なのですね。
外は文京区役所のとこの広い坂道です、風通しも良いので冬場はきついですね…
座ってからのサーブは早かったです。満足。

味、美味しいです。
むちむちした小麦くさい麺と、動物くさいスープはまさに、ご飯とおかず、的なマッチ感。男のメシとしてしっかり腹に溜まっていきます。

ドロドロのつけダレ、表面つるつる感のある麺にもがっしりまとわりつく粘り。パワーあります。ここに何が香味が浮いてるんですよね。なんだろう。クミン?でしょうか。バランス悪くないです。
穂先メンマやわらかくて味もよく食べやすいです。
肉も二種ありましたが…あんまりピンとこなかったです、必要かなあこの味の濃さ、香ばしさ、という疑問があります。スープがこれだけ美味いのだから、さっぱりでいいだろう別に?という感じ。

肉さえ…肉さえバランスよければ90点以上いくかもしれませんね…

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺 大盛」@つけ麺専門店 三田製麺所 恵比寿南店の写真■要約■お腹いっぱい食べたい!な気分の時にオススメの一杯。ぐにぐにとした強い食感の麺を、どろっとポタ系のつけダレでもりもり。いい意味で「またおま系の期待どおり」です

【麺】太めの角切り麺のコシは、グニグニ伸びるというよりは もちっ、サクッ と歯が入る感覚でしょうか。増量無料サービスがあるので、今回は大盛でお腹いっぱい いただきます。
【スープ】見るからにどろどろ、だくだく、ポタージュ系の豚骨魚介系、です。表面には魚粉、味を太麺にぐりぐりとまとわりつかせる感じですね。ストレート麺の持ち上げも手伝ってか、どんどん付いてきます、個人的には7割浸すくらいで丁度いいです。
スープ割は鰹昆布っぽい風味のものかと。ここも期待通りですかね…
【トッピング】海苔は小さくて食べやすくて好きですが、魚粉の小皿ですね はい。白ネギはもっと沢山あってもスープとのバランス的に嬉しいかも。叉焼は…正直あんまり印象がないですゴメンナサイ。

■総評■
パワーフードとしてオススメです。腹減った!よっしゃ食うぞ!というテンションで飛び込むのが(・∀・)最高でしょうね。食べごたえの麺、強いつけダレ、わかりやすく甘辛い節系ポタの口当たり。もりもり食べて ふう、と一息、つくのが一番。麺の量をコントロールできるのも、この楽しみ方に最適です。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
85

「濃厚つけ麺 中盛」@銀座 朧月の写真■要約■美味しいです。極太の麺の食べごたえと、動物ダシの濃厚なスープ。しかし何といいますか、長時間並んで食べることとのコストの問題ですね…
 
【麺】極太、ですね。しっかり水締めしていたように見えますがヌメリを少し感じる口当たり、表面の弾力がそうさせるのでしょう。この表面もあってか、スープは一本に絡むというよりは「掴んで持ち上げ」という感じです。もりもり食べると、香りもあっていい感じ。確かに美味しいですねこりゃ
【スープ】どろどろ感こそ弱いですが「濃ゆい」です、ごっついというか底力があるというか、豚鶏をしっかり感じます。甘みは乳化した脂っけもいい仕事していますし、鰹っぽさも少しある。表面に少し魚介エキスのような黒いタレのようなものがかかっています、これが鰹っぽさなのかも。しかし、はっきりしすぎた味かなぁ、とも思います、大量に食べると飽きてしまうでしょう、味変化はアリなのかなぁ…
割スープすると三つ葉が入ってきます。
【トッピング】叉焼は柔らかかった記憶がありますが、量が少ないかなぁと。しかしこの手の味のつけ麺にはこのくらいでいいのかも。ナルトはご愛嬌ですね、好きです。あとは余計なものが入っていない感じですかね…

■総評■
ざっくり言えば「またおま系の最高峰」でしょうね。豚骨魚介で極太ムチムチ麺、でありながら、麺にも個性があるし、豚骨は嫌味がなく、魚介は粉っぽさが出てないですし、麺のボリュームも増やそうと思えばゴリゴリに増やせる。いい店です。
いい店なんですけど。
並びすぎるし、回転が悪すぎる。「苦行」でしたね正直。
こういう店のこういう味に行列をつくるのが好きなんだなぁ、、、兎に角もう、席の回転が悪くて、行列がぜんぜん進まんのよ、平日昼間は絶対オススメしません、7席しかない店内、昼休みのサラリーマンがゆっくり食って雑談してやがりましてブチ切れそうでしたよ私は。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「焦がしにんにくつけ麺」@麺処 いっぱくの写真■要約■スープに混ぜ込まれ、ぷかぷかと浮いた刻みニンニク。器の底にも大量の刻みニンニク。なんといいますか、好き嫌いが分かれそうな味です。

【麺】中太くらいのツルツル・シコシコ感のある表面。比較的しなやかなストレートなのでスープをつかむ感じが強いです、王道のラーメン的なよさがある麺ですね。量はさほど多くないです、ボリューム欲しい場合は増量orライスメニューもご検討かなと
【スープ】濃い色に濁ったスープ、ちょっと辛く感じるのは塩味のせいなのか、それともニンニクの効果なのか。ニンニクはトッピングではなく、スープ本体にがっつり混ぜてあります、乳化した脂っけもあるのですが、なんだろう、焦がしニンニクの後ろにあります。表面の透明なアブラにもニンニク風味があるのかなぁ…とにかくニンニクの味です
 ※スープ割、しっかりした魚介出汁が注がれた印象がありますが、器の底に刻みニンニクがすごい。なるほど、味の意外さは、これのせいか。と思いました
【トッピング】叉焼は柔らかくてトロ感のあるもの。たっぷりの水菜と白ネギは全体を食べやすくしています、ほんとにたっぷり入っていますね…あと海苔との相性が、全体のなかで意外とアリだなと感じました。

■総評■
思った以上に、結局これ焦がしニンニクの味なんだなあ、という印象なのですよ。ニンニク好きな人が喜ぶ味なのですかね…私的にはもっと気楽に、するりと、麺類としていただきたいです。大量の白ネギと水菜も、この味が苦手な人のための緩衝材として添えてあるように見えてきてしまうのですよね…
トッピングとして焦がしニンニクを麺の側にごそっと盛っておく、などのほうが美味しいのではとさえ思えてきます

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
90

「つけ麺」@バラそば屋の写真■要約■美味いです!さわやかなのに濃厚、を実現した塩加減&肉とのバランスですね。食感、味、塩分の具合、ともに夏場に食べるつけ麺としては最高。あっという間にするする胃袋に吸い込まれていきました、並盛りじゃ少なかったかな…。

【麺】平打ちのちぢれ麺、表面は適度にツルツルで食感も味も◎。うどん的な粉の甘みも感じられ、スープの塩分とのバランスも良いです。量は普通程度?なので、ボリュームを求める人は大盛り以上がいいかも。今回は並盛りでしたが、大盛りにすればよかったです
【スープ】
やはりベースは豚骨でしょうか。仕上げは少し酸味のある、きゅっと締まった感じの醤油味。なんとなく懐かしさも感じますね…ゴリゴリに濃ゆいわけでもなく、塩ッけが丁度よくて食欲をそそる。さらさら系ですがアブラっ気もしっかりギトっと表面を覆っています、これも麺とのマッチングで美味しさを引き立てています。
【トッピング】
豚肉、美味しい。プレーンな味付けは黒胡椒とマッチングしていて少し爽やかな印象、ローストポークでお酒を飲む時の感じ?でしょうか。麺の甘さとのバランスもいいです。
細切りのメンマも入っていたかも。…大きな海苔は食べづらいので個人的には好きじゃないです。

■総評■
麺とスープのバランスで旨し、肉が旨し、これが互いに邪魔しあっていないので、また旨し。です。酸味と少しの醤油っ辛さでまとめた爽やか系の味付けのつけ麺は、夏場には本当に嬉しいですよね。それでいて現代的といいますか。器にある「玉」グループのロゴに納得です。あの川崎の本流系のギトギト感とはまた違った、バラそば屋の一杯、になっていると思います。大好きです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「つけめん 大盛」@鶏の穴の写真■要約■意外と醤油の塩分が効いていて、きりり、としていますね。鶏肉の甘み旨味がうまく味変化、箸休めになっていて、最後まで疲れずに食べられました。よく締まった麺とあわせると、夏に美味しい一杯、とも言えるかもです

【麺】けっこう細め?ですが伸びと腰のある麺、すこ~しウェーブしていますね。くにくにと弾力があり、意外としょっぱいスープで食べるのには◎かと。今回は大盛400グラムにていただきました。
【スープ】サラサラですが脂っ気はなかなかのもの。ですが、脂よりも、ベースの鶏スープよりも先に感じるのは薄口っぽい醤油の塩分ですね。ラーメンのスープは濃厚鶏白湯で力強くもほっとする、という漢字だったと記憶していますが、けっこうカラーが違いますね。ラーメンが肝っ玉かあさんなら、こっちは稼ぎ頭の長男、かなぁ…
【トッピング】鶏もも肉が柔らかくて旨味もあってすごく美味しい。醤油の塩分とのバランスがすごくとれている。正直、ほかの具材のことは覚えてません笑

スープ割しました、鶏がしっかりと感じられるものでした。注いでいるものも鶏ダシなのかなぁと

■総評■
キリッとした味わいです、ラーメンの鶏ポタのあったかい雰囲気とはまた違う、キレのある「つけ麺らしいつけ麺」でした。逆に言えば、鶏の穴のファンはやはり、夏場であっても、こっちでなく普通のラーメンか辛ラーメン?をこちらよりもチョイスしちゃうんじゃないかな、と…。私的にはそれほど意外な味の方向性だったのですよ。まったり優しい包まれるやつのイメージがあったので。
しかしつけ麺としては大満足の一杯。全体のバランスもよかったです、麺の弾力がしっかりあるからこそ、この着地点なのかな、と感じます。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「つけ麺 +大盛150円」@つけ麺 道の写真■要約■大行列してます、つけ麺のメジャー店ですね。超極太の麺はオリジナリティある歯ごたえでした、これを豚ベースの極濃スープでいただく一杯。剛腕、ですね。

【麺】太いし、強い!並盛り200グラムでもかなりお腹にたまりそうです。大盛りは正直、危険。縮れもしっかりしていますが、太さで ぐりんぐりん 暴れる感じです。噛むとくにっと歯が入り、すこしモチッともする…独特の歯ごたえはこの太さだからこそ出るのかなあと。あと水締めがじっくり長時間だから、かもしれません。
【スープ】めっちゃドロドロ濃厚なつけダレ、とにかく「濃ゆい」です。味は豚骨がゴリゴリに前に出ています、飲み干すと九州豚骨なみにザラザラ骨粉が底に溜まっています。箸にも麺にも強くまとわりついてくる感覚、どんどん減っていきますが…大盛りだとスープ追加が出来るのですね。嬉。
【トッピング】スープと麺への自信からか、叉焼からネギまで全てが別盛り。ネギはあえての大振りカット、白ネギとわけぎの青部分が少し。叉焼は薄いですね、これも麺が強いからか?穂先メンマは筋っぽくなくて食べやすい。あと玉子の黄身のトロトロ感が程よくて心地いいですね。
日替わりの味変ソースがあるそうで、この日はスパイシートマトソース。酸味が効いててチリっぽい、美味しい。
スープ割りしたあと、すごく美味い。ふんわりと豚骨をカツオ昆布がまとめてくれてる。白ネギ足されてきます。

■総評■
濃ゆくて、多くて、腹一杯です。というのが第一印象。麺の食べ応えが兎に角すごい、絶妙な弾力はオリジナリティあります。
今回、行列を100分待って食べたわけですが、うーん、、豚骨の効いたつけ麺なら中野区の無鉄砲さんがあるしなぁ…極太麺の食感がやみつきになった人は是非、という感じです。私的には「強すぎる」というのが第一印象なんですよね。前半で疲れてしまい、お冷に手が伸びました。
そのぶんスパイシートマトソースは美味しかったです。あとスープ割り後が美味い。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件