なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

nobさん

男性 - 東京都 (1980年生まれ)

のぶさんです。ラーメン大好きです。diet中です。でもラーメンは食べます。それでも痩せてみせますってんだこのやろう

平均点 76.749点
最終レビュー日 2017年9月6日
800 700 3 170
レビュー 店舗 スキ いいね

「もりカレー 中盛」@東池袋大勝軒 南池袋店の写真■要約■優しい歯触りの麺を甘辛の安心感のあるスープでいただく、大勝軒らしい一杯。カレー玉はケチらずに全投入したほうがいいですね。

【麺】やはり東池袋直系の大勝軒、ボリュームあります、少食の方 注意。…でありながら、胃袋にするする消えていくのは「優しさ」ゆえですね。口当たり・歯触りの柔らかさと適度なクニクニ感、緩めの弾力?とでもいいましょうか。ここも大勝軒らしいといえば、らしい。
【スープ】サラサラなのですが、しっかりと脂っこい印象。乳化しきってない、全体にうっすらとまったり感が回っているというか。動物っ気のあるベースのスープに、きちんと調味で甘辛酸味をまるっと整えた感じ…ですね
【トッピング】叉焼は豚の赤身。小さな海苔は食べやすくて私的には◎。あとはとにかくカレー玉ですね。肉や野菜もある程度入っていそうな…ぎゅっと一杯のカレーを凝縮したような、玉。これが美味しいし、甘辛スープと殺しあわない、共存してちゃんとカレースープになるんですよね。滝野川大勝軒さんとほぼ同じものですかねぇ

■総評■
美味しいし、やはり安心感がありますね。つけ麺といえば濃厚でグニグニ食感、という印象の方もいらっしゃるかもしれませんが、口当たりの柔らかい麺を甘辛のシャバシャバ汁で啜るときの食べやすさ、するすると胃袋に収まる感じもやはり捨てがたい。私的にはこちらのほうが「つけ麺を食べた気になれる」のですよね。大勝軒系列は、その安心感のために行くようなものです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 5件

「もりカレー」@滝野川大勝軒の写真■要約■すごい。この別盛りのカレーのタネみたいなの、すごい。醤油つけ麺の甘辛さを殺さず、少しずつ、カレー麺に近づけていってる。ここでしか食べれない一杯かもしれません。

【麺】中太のストレート麺は少し柔らかめで、くにくに系の優しい歯ごたえ&表面は程よくツルツル感もある。食感いいです。昔の滝野川大勝軒はもっとゆるくて柔らかい感じだったかもですね。噛むと古き良き甘みのある風味、少しだけうどん寄り?の、あの甘い感じですよ。
【スープ】甘、辛、酸味の懐かしい醤油つけだれですね。甘み4醤油っからさ3酸味1ダシ2…という感じでしょうか。濁っていますが口当たりはサラサラで脂っ気は少ないです、麺に絡みすぎないのもまた丁度いい。麺から香る甘みと甘辛が心地よいです。
ここに別盛りのカレーダネみたいなものを解いてみる。美味い。ものすげー美味い。甘辛いベースが不思議とばっちりスパイシーなカレーに向かっていく。でも気取りすぎてない、定番のカレー粉的なスパイスで、…うまく言えないけど「期待を裏切らない 且つ 最大値」でしたね
【トッピング】スープの中に短冊切りのチャーシュー、けっこうしっかりした量。メンマは甘み酸味が強すぎないもの、ここはカレー麺にすることを考えると大正解ですね。大ぶりな白ネギはカレー味にしてもアリ。海苔は小さくて食べやすくていいですね…カレーとの相性は…先に食べちゃったから分かんないや…

■総評■
大満足です。なにせカレー化するプロセスのスムーズさ、全体の世界観がいい。なんで昔ながらの甘辛スープから、こんなにも上手く変化できるのか…いやむしろカレーってむしろベーススープが甘いもんなのか?麺や具材とのバランスもとれてる、不思議な美味しさの一杯。
以前に滝野川大勝軒でもりそばを食べた際は、もっと柔らかくて太めの麺で(茹で置き?)もっと甘辛で昭和感のあるスープやったんですけどね。今のほうがラーメンとしては洗練されているのかもやけど、あの頃のあの一杯も食べたいんよなあ…

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「カレーつけ麺 大盛」@しゅういち 恵比寿店の写真■要約■期待よりずっと美味しかったです大満足。オススメ。弾力のある麺とコクのあるつけ汁は食べていて飽きません、別皿で少しテーブルが窮屈になってしまいますが、具をスープに浸したくないのも納得。

【麺】プリプリとツヤのある見た目、縮れのある麺は噛んだ時「少し暴れる」ような楽しい食感。スルスルと入るので大盛りもオススメです
【スープ】見た目どおりの生クリーム仕立て、刺激的な辛さは無いですね。カレースパイスを辛味としてでなくコク、味わいとしてる感じ。特別な味付けでエッジを効かせることなく、スマートにまろやかカレーなのがいい。麺にうまいことまとわりつく、適度な粘りがまた◎
【トッピング】海苔も以外と合いますね。法蓮草もクリーミーなスープで洋風っぽい感じ。豚バラをカリッと焼いている感じも不思議とマッチしてます。やっぱりこのスープには浸したくないですよね…うん…

■総評■
美味しいです、クリーミーでコクもり優しいカーレスープと麺の相性よし。食べ飽きなさもありますし完成度が高い。また食べたいですね。カレーラーメンもあるようなので次回はそちらを。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「とろ肉カレーつけ麺 大盛 平麺」@とろ肉つけ麺 魚とんの写真■要約■平麺はもちもちできしめんをさらに強くした感じ、カレーとの相性もよく楽しめます。可能なら麺はもっと短く、お肉はもう少し厚くカットして欲しいなーと。

【麺】極太の平麺はむちむちで食べ応え抜群。きしめんのようなツルツル食感もありますが、よく噛むと中華麺的な味…かんすいでしょうか、やはりラーメンなのだなと感じられます。が、「長すぎる」。食べづらいです。ほんとに食べづらい
【スープ】カレースープ美味しいですね。まったりとした欧風カレーのルーというより、少し和風より+スパイシーさ+適度な粘りという感じ。ラーメン用のスープベースと合わせた時にこうなるよう考えているのでしょう、ラード的な脂っこさもバランスに一役買っています
【トッピング】主役とも言うべきバラ肉の叉焼。…むー、どうしてこの薄さなのでしょうね。トロトロ食感に自信があるならもう少し分厚くしたほうが、赤みも脂身も美味しく楽しめそう。

※スープ割、薄味のスープベースで全体を伸ばす感じ。…その際に大きなタマネギが人かけ入ってきたのですが、明らかにスープの出がらしですごく不味い。煮込み料理のそれとは違う完全なる出がらし。不快。

■総評■
極太麺の味とスープの妙はかなり楽しめます、美味しいです。…そう、美味しく味わえる要素たくさんあるのに、なにかと惜しい。麺は長くて食べづらいし、肉は明らかに薄すぎるし、あのタマネギ何なの?ミスなの?サービスだとしたら味音痴なの?というね。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件
30点未満

「ばそカリー」@江戸川橋大勝軒の写真■要約■麺ものすごくお腹にたまります、注意。個人的にはもっとカレーに動物っ気がないと、この麺は食べられないなと感じます、完食がきつかった。

【麺】極太麺は量多いですね、300G以上ありそう。むちむちの歯ごたえ、表面ツルツルでなくゴワ系の舌触りなど、とにかく「食べ応え」の麺です。
【スープ】スープなし、黄色みの強いカレールーのみ。カレー粉系の味が強く動物っ気、脂っ気がないので麺のかんすいに負けてます。辛味しか残らない。生クリームがかかっている様子ですが…うーん
【トッピング】
焼豚は醤油っ辛い。ソーセージ二本入っていますが馬肉等の合挽きのものです、カレースパイスとあまりかみ合ってない…。ゆで卵がご愛嬌。因みにカレーの中にレトルトによくあるような小さな具も入ってる。カクテキはトッピングとしては有りでしたが、ここも結局辛みなのですね

■総評■
ベーススープが無いので麺からのダイレクトな香りがします、これを動物っ気無しでたべるのはきつい。生クリームはスパイスが立ちすぎていて喧嘩してます。
かなり人を選ぶ感じ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「カリーつけ麺 大盛」@Cafe Montanaの写真■要約■美味しい、オススメ!唯一気になるのは麺の食感です、ズルズルすすれるしなやかさ、ぶつぶつ切れない柔軟性が麺にあれば90点以上つけてました。しかしそこ以外はほんとうに美味しいです、このお店の「カレーライス」も食べてみたくなりましたね。

【麺】しっかり噛める弾力がカレー味にマッチしています。ちぢれがすごく強いです。すするとブルンブルン暴れますので、カレースープで食べるには少し気を使いながらの箸運びになりますね。残念なのは「切れ端がたくさん出来ている」こと。食べてると最後に短い切れ端しか残らないのですよ。麺類の食事としてはあまり気持ちいいものではないのです。
【スープ】さらさらのスープは北海道のスープカレーを思わせます。味、美味い!!深いコク、まろやかな甘みの中にスパイスの香りがします。ほんとうに美味しい。お米でもいけますね、これライスをトッピングできないのでしょうか。
【トッピング】煮豚とろとろ、美味い。ゆでたまご一個デフォルト、豪華。ホウレン草、甘口のまったりしたスープにマッチしてます。すごくバランスがいいし量も丁度いい、レベル高いですね。あと大根サラダのシャキシャキは口直しにすごく嬉しいです

■総評■ゴハンとして大満足です!麺類としての楽しみを追求し、ラーメンとして点数をつけるならこの数字になってしまいますが、麺の問題さえクリアすれば余裕の90点超えです。ほんとうに美味しい。人に自信をもってオススメできます。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「スープカレーそば」@麺家 一心の写真■要約■スープカレーとして、創作料理として楽しむなら美味しいです。でも個人的には、ラーメン単体としては食べづらいです、具の大きさも、スープと麺のバランスも。

【麺】中太サイズの麺は少しくにゃっと感があるが表面には張りがある。もっと粉くさい風味のほうがカレーには合うかもしれない。何かすこし、ばらつきを感じる
【スープ】さらさらのカレーは甘み・うまみ強くて◎。カレースパイスが全体に効いた、俗に言うスープカレーですね。
【トッピング】卵がまるまる一つ入っているのはお得感があっていいですね。三つ葉とタマネギで爽やかな口当たりになっているのはすごく面白いです、しかしこれも麺・スープと分離して「口直し」のような要素に。ジャガイモやカボチャ等の大きくて歯ごたえがある野菜、麺を食べるときに邪魔です。残念です。肉が大きいけどこれもスープカレーと味が分離してる。
結局ライスが一番このスープにあってるんじゃないかと思えてしまう

■総評■
点数は、ラーメンとしておいしくないと感じてしまうので…低いです。麺をすすって食事として満足できるラーメンの喜びとは別の路線の食べ物だと考えたほうがよいのかなと。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
80
このレビューは移転前のものです。

「和風カレーらーめん」@龍神の写真■要約■
他では食べられない味であることがこの一杯の価値でしょう。食べたことのないバランス。まろみのあるスープ、甘い味のついた肉、ちゃんぽん的でもあるほくほくな粉の味…解釈が難しいですが、美味しいですよ、これは。

■基本情報
初訪問/平日13:10/空き席2、すぐに満席、後客8程度

【麺】中太麺はほくほく感あり、スープが粉に軽く染みるような感覚がちゃんぽん的な感じもする。とろみのあるカレー汁とはよくマッチしています、◎です。
【スープ】カレーそばのような「カレー粉+とろみ系」と、欧風カレーのおかずっぽさ、の中間に感じます。辛さ、スパイシーさでなく、家庭のカレーの優しいまろみも思わせる。これは解釈によっては相当美味しい、のか?
【トッピング】たっぷりの肉が印象的です、ここに和風の甘辛な味がついています。とろみのあるカレー汁とのバランスはいいような悪いような、新しい感じですね。オリジナリティでしょうか。モヤシとキャベツはしっかりと日が通っています、ハリハリだとスープはじいてしまって味が浮いてしまいそうなので、良い具合です、これで。

■総評■
新しい感覚というか…カレーラーメン、ってこういう味だったっけか?と不思議な感じに。野菜とのバランスも悪くなく、麺も食感がしっかりしていて、もりもり食べられる。肉に甘い味がついているのが和風なのでしょうか?なんといいますか…他では食べられない味であることがこの一杯の価値でしょう。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「とろ肉つけ麺 (大黒屋平打ち麺・特盛/カレー豚骨)」@とろ肉つけ麺 魚とんの写真■要約■
カレースープはたいへん美味しいです、ボリュームも特盛まで無料が嬉しい。ランチには最高の店ですね。しかし平打ち麺は重すぎて食べにくい、さらに自慢のとろ肉の出し方はカレーの食べ応えには正直ミスマッチか…など気がかりはある。

■基本情報
初訪問/月曜日12:00/満席、待ち3、後客4
麺は浅草開花楼の縮れ麺と大黒屋製麺の平麺から選択可能

【麺】幅1センチ以上はあろうかという極太の平麺、厚みもあってすごい食べ応え。味は粉のフレッシュ感がざくざくと伝わってきます。…要するに「重いきしめん」です。長さも30センチ以上あり、すすって食べる気にはなれない。たくって食べるのだが…うーん…
【スープ】美味いです。カレーはすごく風味がいい、辛味というよりは香り系スパイスがきいています。でも欧風的なとろみをしっかりつけてくる、一杯ずつ手鍋で仕上げているのですね。。素晴らしい
【トッピング】スープの中にはじゃがいもが入っています、カレーらしさの演出でしょうか。お店自慢の「とろ肉」はたしかにとろとろです。ほんのり甘い。しかし薄切りにするのは勿体なくないでしょうか、特に麺がこれだけ太くスープも濃い場合は。

※スープ割の際、「葱を入れますか?」と聞かれた。「あぁ、はい」と答えると、刻み葱ではなく、スープの出涸らしのような火が通りまくった長ネギの枝分かれ部分ががっつり入ってきた。熱くて食べづらい。うぅむ。

■総評■
おいしいんですけど食べづらいんですね。でもおいしい。でも基本うどんなんですね。でも味は確か。でもこのお肉はほんとうにこの厚みでいいんでしょうかね。…でも、この疑問・ひっかかりが、ようするに「個性」なのでしょうね。まあ、個性的で?美味しいです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件