なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

nobさん

男性 - 東京都 (1980年生まれ)

のぶさんです。ラーメン大好きです。diet中です。でもラーメンは食べます。それでも痩せてみせますってんだこのやろう

平均点 76.749点
最終レビュー日 2017年9月6日
800 700 3 170
レビュー 店舗 スキ いいね

「つけ麺 大盛」@つけ麺専門店 三田製麺所 恵比寿南店の写真■要約■お腹いっぱい食べたい!な気分の時にオススメの一杯。ぐにぐにとした強い食感の麺を、どろっとポタ系のつけダレでもりもり。いい意味で「またおま系の期待どおり」です

【麺】太めの角切り麺のコシは、グニグニ伸びるというよりは もちっ、サクッ と歯が入る感覚でしょうか。増量無料サービスがあるので、今回は大盛でお腹いっぱい いただきます。
【スープ】見るからにどろどろ、だくだく、ポタージュ系の豚骨魚介系、です。表面には魚粉、味を太麺にぐりぐりとまとわりつかせる感じですね。ストレート麺の持ち上げも手伝ってか、どんどん付いてきます、個人的には7割浸すくらいで丁度いいです。
スープ割は鰹昆布っぽい風味のものかと。ここも期待通りですかね…
【トッピング】海苔は小さくて食べやすくて好きですが、魚粉の小皿ですね はい。白ネギはもっと沢山あってもスープとのバランス的に嬉しいかも。叉焼は…正直あんまり印象がないですゴメンナサイ。

■総評■
パワーフードとしてオススメです。腹減った!よっしゃ食うぞ!というテンションで飛び込むのが(・∀・)最高でしょうね。食べごたえの麺、強いつけダレ、わかりやすく甘辛い節系ポタの口当たり。もりもり食べて ふう、と一息、つくのが一番。麺の量をコントロールできるのも、この楽しみ方に最適です。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
85

「濃厚つけ麺 中盛」@銀座 朧月の写真■要約■美味しいです。極太の麺の食べごたえと、動物ダシの濃厚なスープ。しかし何といいますか、長時間並んで食べることとのコストの問題ですね…
 
【麺】極太、ですね。しっかり水締めしていたように見えますがヌメリを少し感じる口当たり、表面の弾力がそうさせるのでしょう。この表面もあってか、スープは一本に絡むというよりは「掴んで持ち上げ」という感じです。もりもり食べると、香りもあっていい感じ。確かに美味しいですねこりゃ
【スープ】どろどろ感こそ弱いですが「濃ゆい」です、ごっついというか底力があるというか、豚鶏をしっかり感じます。甘みは乳化した脂っけもいい仕事していますし、鰹っぽさも少しある。表面に少し魚介エキスのような黒いタレのようなものがかかっています、これが鰹っぽさなのかも。しかし、はっきりしすぎた味かなぁ、とも思います、大量に食べると飽きてしまうでしょう、味変化はアリなのかなぁ…
割スープすると三つ葉が入ってきます。
【トッピング】叉焼は柔らかかった記憶がありますが、量が少ないかなぁと。しかしこの手の味のつけ麺にはこのくらいでいいのかも。ナルトはご愛嬌ですね、好きです。あとは余計なものが入っていない感じですかね…

■総評■
ざっくり言えば「またおま系の最高峰」でしょうね。豚骨魚介で極太ムチムチ麺、でありながら、麺にも個性があるし、豚骨は嫌味がなく、魚介は粉っぽさが出てないですし、麺のボリュームも増やそうと思えばゴリゴリに増やせる。いい店です。
いい店なんですけど。
並びすぎるし、回転が悪すぎる。「苦行」でしたね正直。
こういう店のこういう味に行列をつくるのが好きなんだなぁ、、、兎に角もう、席の回転が悪くて、行列がぜんぜん進まんのよ、平日昼間は絶対オススメしません、7席しかない店内、昼休みのサラリーマンがゆっくり食って雑談してやがりましてブチ切れそうでしたよ私は。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺 +大盛150円」@つけ麺 道の写真■要約■大行列してます、つけ麺のメジャー店ですね。超極太の麺はオリジナリティある歯ごたえでした、これを豚ベースの極濃スープでいただく一杯。剛腕、ですね。

【麺】太いし、強い!並盛り200グラムでもかなりお腹にたまりそうです。大盛りは正直、危険。縮れもしっかりしていますが、太さで ぐりんぐりん 暴れる感じです。噛むとくにっと歯が入り、すこしモチッともする…独特の歯ごたえはこの太さだからこそ出るのかなあと。あと水締めがじっくり長時間だから、かもしれません。
【スープ】めっちゃドロドロ濃厚なつけダレ、とにかく「濃ゆい」です。味は豚骨がゴリゴリに前に出ています、飲み干すと九州豚骨なみにザラザラ骨粉が底に溜まっています。箸にも麺にも強くまとわりついてくる感覚、どんどん減っていきますが…大盛りだとスープ追加が出来るのですね。嬉。
【トッピング】スープと麺への自信からか、叉焼からネギまで全てが別盛り。ネギはあえての大振りカット、白ネギとわけぎの青部分が少し。叉焼は薄いですね、これも麺が強いからか?穂先メンマは筋っぽくなくて食べやすい。あと玉子の黄身のトロトロ感が程よくて心地いいですね。
日替わりの味変ソースがあるそうで、この日はスパイシートマトソース。酸味が効いててチリっぽい、美味しい。
スープ割りしたあと、すごく美味い。ふんわりと豚骨をカツオ昆布がまとめてくれてる。白ネギ足されてきます。

■総評■
濃ゆくて、多くて、腹一杯です。というのが第一印象。麺の食べ応えが兎に角すごい、絶妙な弾力はオリジナリティあります。
今回、行列を100分待って食べたわけですが、うーん、、豚骨の効いたつけ麺なら中野区の無鉄砲さんがあるしなぁ…極太麺の食感がやみつきになった人は是非、という感じです。私的には「強すぎる」というのが第一印象なんですよね。前半で疲れてしまい、お冷に手が伸びました。
そのぶんスパイシートマトソースは美味しかったです。あとスープ割り後が美味い。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
84

「浸け豚そば 大盛」@俺の空の写真■要約■ツルツルシコシコの麺と濃厚スープ、これぞ人気店のつけ麺だ!という感じです。大盛りにするとスープ残らないですね、スープ割り試せませんでした

【麺】輝く麺はストレート太め、表面のしなやかさ?みたいのが印象的です。シコシコした弾力とくにくにっ、とした歯ごたえも気持ちいい。これが大盛りまで無料なのだから、そりゃ嬉しいですよね…。ただ、スープの持ち上げが良すぎる、かも。どんどん付いてくるのです。全体を浸すべきではないですね。
【スープ】超濃厚なスープは動物系の旨味がまず強いですね…豚骨メインです。脂っ気は印象にありませんがまったりとしていますね…完全に乳化してる感じです。ねばりが強く、麺にどんどん持っていかれます
【トッピング】まったり動物脂には青ネギが相性◎。角切り?のチャーシュー埋まってます、ほどよい柔らかさで食べやすい。海苔も小さくて食べやすい。

■総評■
おいしい麺を濃厚なスープでいただく、という、つけ麺の王道方程式だな、と感じました。やっぱり大盛りまで増量してしまう。
だからこそ食べ方が難しいといいますか、下手するとほんとうにつけダレは無くなってしまいます。スープ割りを楽しみたければ麺の量はセーブしておけ、ということ?なのかな?

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「つけめん 中盛」@舎鈴 池袋東口店の写真■要約■コスパもなかなか◎、普段の食事に丁度良い…脂っこすぎない濃厚豚骨魚介はスルスルと胃袋に入ります、安心のまたおま系?のなかでも食べやすい一杯。なんですけど麺茹でにほんの少しの気遣いが欲しい、と感じてしまうのは贅沢かなぁ

【麺】六厘舎のロゴにはやはり歯ごたえ、グニグニ感?を期待してしまいますね、太すぎない程度の太麺には期待通りのそれを感じます、太すぎると疲れてしまうので私的には◎。しかし「茹でムラ」があるのが気にかかります、茹で時に少し手をかけていただければ解決する気がする
【スープ】全体に脂っ気が乳化したスープですが、以外とサラサラ?ほんの少しのとろみで食べやすさを感じますね。動物っ気も適度で、えぐすぎない、食べやすい豚骨魚介系つけめんだなぁ、という印象。
【トッピング】
ぷかぷかと浮かぶメンマと大ぶり輪切りの白ネギはどこか安心感ありますね。チャーシューはしっかり味付けを感じます、柔らかさもあり食べやすい。海苔は大きすぎないのがいいですよね、やっぱ…

■総評■
またおま系、と揶揄される事も多いこのタイプの中でも、とても食べやすくまとまりのある感じだなと思います。インパクトが足りないと感じる人もいらっしゃるかもしれませんが、お腹いっぱい麺で満たそうと思うのであれば、このくらいの塩分・旨味がベストでしょう。
茹でムラが無ければなぁもっと点アップな気がしますね…茹でざるの中に少し箸を入れればそれで解決するような気もします。食感の良い麺だっただけにここは気になってしまい

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「東京煮干しつけめん 大」@つけめん油そば 五丁目煮干しの写真■要約■美味しい!ムッチムチのさっぱりした麺を、強い煮干しっ気としっかりした脂っ気で思いっきりいただきます。いわゆる「またおま系」とはまた違う味の構造ですね。

【麺】腰とモチモチ感がとても強く、もりもりと噛んで食べたいですが、表面のツルツル感も強く、スルスルと胃袋にもおさまってくれる。いい麺です、大好きです。大盛まで無料で選べるのも嬉しいです。
【スープ】煮干し粉が銀色にキラキラ光っていますね、しかし粉っぽさを感じるほどは入っていませんし、煮干系にありがちなパンチやエグみも抑えめ。まるっとした旨味にうまく落ち向けてあります。全体に粘り気が強いのに加え、表面にもそこそこの量の油。麺への絡みは相当強いです、大盛り以上だとどんどん無くなるかも
【トッピング】茹でキャベツが印象的です、ハリハリ感が強いです、クタッと系ではない。叉焼は角切り・短冊切りにカットされたものが沈んでいます。
また「その場でツイッターにタグ付きで写真を上げれば、その場でトッピングサービス」というなかなか新しい取り組みなさってますね…チャーシュー一枚いただきました。

割りスープは鰹が強いさっぱりダシ、美味しいですり

■総評■
量、質ともに満足の一杯でした。美味しい。食べ応えのあるつけ麺を食べたい!けど「またおま系(またお前か、と揶揄されるほど ありがち な乳化した濃厚豚骨魚介にもちもち太麺のつけ麺・ラーメン)」は嫌だ!という方には強くオススメの一杯です。味わい、食べ応え、ともに個性的です。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「超濃厚魚介豚骨つけ麺 特盛」@春樹 早稲田店の写真■要約■もちもちの極太麺をドロドロの濃いスープで食べる、ある意味「期待どおり」の一杯。こういうのが食べたくなる時ってありますよね

【麺】特盛まで無料のサービス旺盛な当店、角ばった極太麺はムチムチ感があり、大食漢が腹を満たすに相応しい食べ応え。口当たり、舌触りが少し ゆるい というか、締まりがない感じか少しあります。逆にこれ煮込みにすると美味しくなりそう
【スープ】大盛りの麺に合わせて「おかわり自由」なつけダレ。ドロッドロの白濁スープは脂っこさが第一、です。甘み旨味ありますが、もうすこしキリリと締まる何かが欲しい。少しだけスープで薄めて醤油をたらして食べたいかも。
【トッピング】別盛りで定番の具材たち。煮卵つきがちょっと嬉しいですね

■総評■
たらふく食べたい方のための一杯、ですね。はっきりした味で麺をがっつりいきたい方はどうぞ、という感じです。
ここまで大盛りでも同一価格、スープも何倍でもおかわりできる、っていう、そういう商品です。はい。正直コスパが無ければもっと下です、はい。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「濃厚トリブタ」@自家製熟成麺 吉岡の写真【要約】ライスが欲しいです。甘口でドロドロの脂っ気、は無化調のこだわり?的な宣伝文句とは裏腹にジャンキーな印象。あたりが強いんですよね、味とか脂の。青菜も乗ってますし、もはや家系です、ライスをください。あと「食器が悪い」のだと思います。
 
■麺■新鮮な麺と熟成麺を選べるとのこと、ここは熟成麺で。ぐにっと感はそこまで感じない、比較的もりもり系の食感の中太麺。食べごたえけっこうありますね。でも正直なところ、脂っこさに負けて麺の味が半分くらいどうでもよくなってるんじゃないかと。
■スープ■濃ゆいです。めっちゃ濃ゆい。濃厚トリブタの看板のとおり、丸鶏からでしょうか、脂っけの入荷がすさまじい。そこに表面を覆う脂の層もあり、なんていうか、ライスをください。
■トッピング■
叉焼は甘い高級ハムのような味。脂がしっかりと走っていますね、いい豚肉を使っていそうです。メンマは甘辛酸味のはっきりしたタイプで少し意外でした、まあ主張強くないとこのスープの中では殺されますよね…ネギのカットは脂っこいスープにはすごく会うと思う。あと卓上の一味唐辛子、これは◎。濃ゆい鶏の油と一味唐辛子のバランスはすごくいい。
 
【総評】
全体に大味ですし、脂っこいので、白ご飯をつけないと厳しいかな…というのが正直な印象。
なんていうか、てかね、味はもとより、「食器が悪い」。
写真にも少し写ってるんですけど、レンゲ?がでかすぎます。これはスープを飲むレンゲではない、居酒屋でおじやを取り分けるときに利用する、柄の長い、角度のある、浅い「おたま」だろう。
あと箸。プラスチック製の箸なのですが、先2~3センチだけ角度をつけて細くしてある。先端部分では麺を持ち上げることが難しかった。億まで入れるか、箸の腹を使うか、だ。
 
結論からいうと、これ、創ってるみなさん、ちゃんと一杯 創って 食いましたか?と強く問いたい

チャーシューは甘い高級ハム
ライス無いと食えない

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「つけめん 大」@つけめん・らあめん 福は内の写真■要約■麺ぐにぐに+スープどろどろ、のいかにも剛腕系。濃厚どろどろのスープは動物系の旨味甘味が強く、強いコシのある麺をもりもりといただきます。

【麺】太めの麺は粘りのある強いコシ、噛み切るのが心地よい。よく噛んでもりもり食べたいですが、喉越しも悪くなくスルスル飲み込める一面も。味も美味しいです
【スープ】白濁したスープはどろどろ、豚骨や鶏の動物の旨味を強く感じます。脂っ気も強く、口当たりはまったりと甘口。店内はふんわりと鰹出汁の香りもしていますが、ずいぶんイメージと違う味が出てきました
【トッピング】焼豚は柔らかさが印象的です、スライス肉一枚。海苔は小さくて食べやすいのが良いですね。メンマもスープの中に隠れています

■総評■
強くて、甘い。というのが印象ですね。
剛腕系の強いつけ麺です、ぐにぐにしたグルテンの粘りを感じるコシの太麺と動物っ気で濃厚な食べ応え。この手のスープは魚介でキリッとさせるタイプと動物っ気でまったりした口当たりのものがありますが、完全に後者ですね。脂身の甘ったるさが苦手な方には食べ進めるのが辛いかもしれない、そのくらい、とにかく甘味が出ているのですよね。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
70

「GAGANAつけ麺」@GaGana RAMENの写真■要約■インパクトの強い、しっかり濃い味です。正直ビールと一緒に食べるといいかもしれません。デフォルトだと量が少ないかもしれません、こういう味が好みな人は、この量くらいで満足する、という意味なのかなぁ…

【麺】ごわごわの強いちぢれ、太麺は全粒粉含有。噛むと期待通りの風味があって美味しいです、こういう麺を食べるには「動物っけ」があったほうがいいんですよね。脂っけじゃなくて動物っけ。そういう意味ではすごく良い取り合わせだなと感じます。ただデフォルトこれ少ないですよね…これ…
【スープ】凝縮した濃厚な豚骨魚介、とでもいいましょうか、ドロドロです。全粒粉系の麺は、刺身を食うように、こういうのを少しだけ浸していただくのが個人的には好みです。生キャベツのせいなのか、器のせいなのか、温度的にぬるいかも、という印象が…まあ、つけめんなんてそんなものですが
【トッピング】売りは焼きホルモンなのでしょうが、つけ麺にホルモンを使うのであれば「とろっと柔らかい」ことと「焦げてない」ことが絶対条件だと思うんですよね…でもホルモンって焦げますよね。私的にはラーメン、つけ麺に「焦げ」はあんまり合わないと思うのです、叉焼の炙りもしかり。またフレッシュなキャベツと水菜はスープ漬けのホルモンには合っていますが、全粒粉麺とはどうなんだろう、と感じます

■総評■
スパッと少量で楽しむにはいい味ですね。腹一杯にするのは無理です、これ大盛りでもそんなに多くないでしょうし、この味で腹一杯にする前に、たぶん飽きます。
どうやったらバランスよく、お腹も満たしたい一杯になるのだろう…ホルモンを使ったラーメン、つけ麺は、ほんとうに難しいです。どう転んでも「ビールのつまみみたいな味」になる。それを脱却したラーメンに早く出会いたい。…もちろん小食な方にはこれで完成形なのかもしれません。わたしが大食漢なのが問題なのかも。笑
麺がおいしいので、正直プレーンなつけ麺で、普通にロースの叉焼でいただきたいなと感じたりもします。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件