なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

nobさん

男性 - 東京都 (1980年生まれ)

のぶさんです。ラーメン大好きです。diet中です。でもラーメンは食べます。それでも痩せてみせますってんだこのやろう

平均点 76.749点
最終レビュー日 2017年9月6日
800 700 3 170
レビュー 店舗 スキ いいね

「ほんわからーめん中盛」@ほんわかの写真■要約■美味しい&山形っぽい。麺の美味しさと食べ応えが第一、そこにサラサラながら濃密な乾物を感じるスープが負けてない。醤油ラーメンとは何が違うのでしょうね、煮玉子かなあ

【麺】もともと弾力のある麺が、縮れが強いので口元で暴れる暴れる…啜り上げの際にはちょっと注意です。くにっと噛むと、嫌味のない粉の甘みがあって、味がいい。中盛→大盛りと増やせますら今回は中盛で。
【スープ】醤油ベースの魚介強め、油分が少なくサラサラですが濃密な味です。見た目はよくある山形風、山形風冷やしのそれ。動物っ気よりは、海のもの、なかでも節や煮干系だけでない「軟体系乾物」の旨味がある。…ここも山形らしさですよね。(海のない山形市ならではでしょうか)辛味噌のようなものは溶いてもあまり全体は死なないかな、と感じます
【トッピング】煮玉子ひとつ分のボリューム感がまず嬉。叉焼はプレーンな味わいの無骨な豚肉、メンマは薄味で優しいですね。薬味系は沢山あります、揚げネギ少々、辛味噌っぽいものからでしょうかニンニクの香りもしますね。しかし全体に香るのはやはり青海苔(アオサ…?)、ここも山形っぽい。

■総評■
いろいろ乗ってる見た目のわりには、芯の通った無骨な味です。強いスープがそうさせているのかなと。
麺が暴れすぎてスープの乗りが悪いかも、とも思いましたが、麺の味そのものとの具合は絶妙なものがありました。ひと口めよりも3口目4口目で馴染んでくる、定食屋のような味わいですね。
建物も自宅の一階を利用した、まさしく家内自営業のそれ。少し提供が遅いと感じるかもですが、そこもご愛嬌でしょうか。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

■要約■
元祖の冷やしラーメンとの事ですが、美味しいです、お勧めします。牛のスープに適度な香味油、しこしこ感覚のある麺。「冷麺」のおいしさに近いですが、一杯の料理としてとても完成度が高く満足です。。

■基本情報
初訪問/平日18:10/先客10程度、後客3
食券機なし後金制。店の中央キッチン入り口にレジあり

【麺】ぷりぷりの中太麺はシコシコ感があり、つるつる、ムグムグ、ごくん、の食感は「冷たい麺類」としてはたいへん心地よいです。量もなかなかのもの、◎
【スープ】牛ベースのスープなので、焼肉屋さんの冷麺とイメージがかぶります。しかし醤油ダレで仕上げてあるあたり、ラーメンらしさは強いです。また表面の香味油とのバランス、具合はすごいです、美味しい。これ何の油なんでしょう、ゴマに近いけど際立っていない…植物系の何かですね
【トッピング】お肉は牛肉ですね!スープとの愛称はもちろん良好。また牛スープに「ちょいクタのもやし」が、また韓国料理らしさというか、ベストマッチでとても美味しいです。メンマは太いですが繊維のほぐれが心地よい。キュウリは清涼感のご愛嬌?

■総評■
美味しいですね…バランス的に「牛スープベースに、日本人好みに仕上がった」感じ、でしょうか。しかしスープはごくごく飲めます、やはりダシと香味油との相乗効果がすごいと思います。
古くからの名店ということで、期待通りに楽しめました。ただ定番的な美味しさがゆえに「オリジナリティ」「エッジの効いた個性」を求める人には「退屈」なのかも。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「虎之助つけ麺(魚介豚骨・太麺・こってり)」@麺屋 虎之助の写真■要約■
麺もスープも美味しいです、ただ節系を使いすぎ?味がしょっぱい。大味だなぁ、と感じる人もいるかもです。味が濃ければ美味しいわけではないです、せっかくいい食感の麺をおいしく食べられるのだから、少し控えめに。


■基本情報
初訪問/平日19:40/先客2、後客2

【麺】太麺を選択…中太くらいの麺でした。平麺系、卵の風味が強く表面はつるつる。ウェーブが少しかかっていて、啜るのは心地よいです。並盛の量はほどよいですね、まずは並盛での様子見をお勧めします。
【スープ】乳化した脂っけ+表面に背脂がたくさん、これが「こってり」チョイスの結果ですね。ガスコンロとともに登場し、火をつけて、一煮立ちしたら消してください、冷めたら暖めなおせます、というもの。…味がしょっぱいです、節系を入れすぎている。一口目からそう感じました
【トッピング】叉焼などが別盛なのはおそらくスープを沸かしたいからですね。白髪ねぎは脂っこいスープに◎。煮玉子ハーフがデフォなのは嬉しいですが、しょっぱいスープには賛否両論ありそう。

☆スープ割りは白濁した鶏・野菜を感じるスープ。これをつけ汁の5~10%程度入れると、おいしくいただけるかも。

■総評■
バランスの問題だけです。「一食分を肩肘張らずにきちんと食べきれる味」に調整してほしいと願います。ガスコンロでひと煮立ちさせるスープの演出は面白いです、しかし、この場合「手に器を持ちづらい」ので個人的には不満です。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ゲソ天味噌ラーメン」@有頂天の元祖の写真■要約■
味噌ラーメンとしてたいへん美味しい。スープも特徴的だしひとつひとつのトッピングもはずれが無い。「ゲソ天」をいかに美味しく食べるかの方法論と好みによって評価は大きく分かれそう。

■基本情報
初訪問/平日11:30/先客10程度、後客4

【麺】中太ウェーブの麺は他加水の熟成しっかりなもの、昔ながらの味噌ラーメンによくある形です。量はゲソ天とのバランスを考えれば少しおとなしめでしょうか、大盛りでもいいかも
【スープ】旨いです。昆布・鰹のベース、動物の脂にはあまり頼っていない。というのも味噌がすごくオリジナリティあります、自家製の米麹味噌との事ですが、麹の風味が際立っていてとにかく旨い。
【トッピング】ゲソ天、美味しいです。衣がズボズボと抜けてしまうのですが、人によってはマイナスとなるでしょう。衣をスープに浸して食べるのは悪くないです、味噌との愛称でしょう。…しかしそれ以外のトッピングも美味です。叉焼はホロホロ系の柔らか食感、キャベツもトロトロで美味しいし青海苔も味噌にマッチしてる。また豆板醤でしょうか、辛味玉が乗っています、これを溶いてもスープの良さ、米麹の個性は消えません、なかなかのものです。

■総評■
とにかく味噌の美味しさに尽きます、それを豆板醤が殺していないのもいい。あとは「ゲソ天」をいかに美味しく食べるか、です。正直、800円を出してこの盛り付けにするのであれば、650円で普通に味噌ラーメン+150円で別盛のゲソ天をつけておいて、別途つまむなり、ある程度の数をスープに浸すなりしたほうが…いいのかも、です。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件