なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

the_sphere

男性 - 東京都

(2014.1.7) 現在、昼は早稲田近辺に出没中。ラー食ペースはダウン中ですが、長文から短文へスタイルを変えて再開しました…と言っても以前の再開するサギがあるのでいつまで続くか、生温かい目で見守って頂けると嬉しいです。

平均点 79.235点
最終レビュー日 2015年2月12日
349 243 0 1,040
レビュー 店舗 スキ いいね

「中華そば(量・味・油ふつう、煮卵クン、身入り)@730」@ケンチャンラーメン 山形の写真2011.10.16(日)13:03。ラーメン仲間4名で決行した山形食い倒れツアー。朝4時に世田谷をスタートし、約6時間後に最初のお店(大石田そば街道のそば屋)に到着、旨くて安いそば切りを堪能しました。その後ずんだ団子の名店に寄って絶品かつ安い団子を買い込み、最後に訪れたのが、こちらケンチャンラーメン山形店。東根インターから山形中央インターまで南下、インター出口から真っ直ぐ進むと、およそ5分でお店のある一角に到着です。…が、人気ありますね。店の周りをグルッと囲む駐車スペースは一杯で、10分ほど待ってから駐車。一軒家風のお店に入ると、中は家族連れやカップルでいっぱいでしたが、カウンターと長テーブルには空きがありました。入って左にある券売機(店内写真に掲載)は、一見にはちょっとわかりにくいんですが、「中華そば普通盛り、味ふつう、油ふつう、煮卵クン付、身入り」とボタンを5回押して何とかデフォっぽい一杯を購入しました。そのチケットを持って着席し、券の回収を待っていたんですが、これ、回収しないんですね。注文内容は券売機から厨房に伝わっていて、券に印字された通し番号(僕は125番)でオーダーが運ばれてくるんですね。このシステムは初めてです。便利。

山形県北部の酒田市に本店のあるケンチャンラーメンですが、こちら山形店も評判は上々のようです。店内には他店舗の紹介や携帯連動のクイズ(正解すると煮卵クンがもらえるよう)などあって、雰囲気はチェーン店的ですが、出てくるラーメンはチェーン店クオリティじゃないよ、とは今回の首謀者の某店店主。確かに回りの客の啜っているラーメンは、独特でおいしそう。そんなこんなで待つこと約10分、遂に「125番の方~」と、僕のラーメンが運ばれてきました。

おお…ずっしり。食べ放題のそば切り4杯(400gくらい?)とずんだ団子を食べたばかりのお腹にはヘヴィな分量…でも同行者の頼んだ「中華そば小盛り」も大して変わらない量です。記念撮影を終えたら、意を決して麺をズズズっ。おお、プリプリの太縮れ麺、旨いですね~。スープは…難しいけれど、鶏と豚両方をうまくミックスしているでしょうか。魚感はゼロで、動物100%という感じ。醤油も前面に出ないで、動物出汁と調和しています。クリアで美味しいスープです。油もふつうにしましたが、これでもかなり油っ気は多いですね。澄んだ見た目と裏腹に、かなりガッツリ系の一杯と言えそうです。

肉、メンマ、海苔、ネギ。どれもスープの味を壊さず、脇役としてイイ味を出しています。トッピングで追加した「煮卵クン」は、白身がプリップリ、黄身はトロトロでちょっと硬めのプリンみたいな食感。味付けも丁度良くてナイスな一品です。一方、券売機でプラスした「身入り」の背脂は、これ背脂なんでしょうか?という変化球。バラ肉チャーシューの脂身部分のような、かなり噛み応えのあるものです。また、噛むと豚臭さが一気に広がるので、ちょっとクドいかもしれません。特に、連食のときなんかは…

麺はのびることもなく、チュルチュルと入ってきます。さらには卓上にあった一味や唐辛子入りの酢などで味を変えつつ、約10分で固形物を完食。ふー、苦しい。でもおいしかった。確かにチェーン店臭さはまったくなくて、非常にクオリティの高い一杯だと思いました。豚骨醤油の好きな方や、二郎好きなんかにも好まれそうです。そしてこの麺、各店舗で打っているのでしょうか。そんな風に思えるものでしたが、この個性がとてもいいです。近くにこの店があったら、きっとローテーションに入れるでしょうね。コストパフォーマンスも高いし。ごちそうさまでした。

ちなみに、太くて縮れの強い麺とスープの感じ、桜上水の進京亭と凄く近い感じがしました。進京亭って酒田市と関連があるんでしょうか…また新たな謎が増えた、ケンチャンラーメン山形店でした。

※約9ヶ月ぶりの投稿です。まだちょっと毎回のレビューは無理っぽいですが、面白そうなものは積極的に書いていこうと思っています。改めてよろしくお願い致します。

投稿 | コメント (24) | このお店へのレビュー: 1件