なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

立秋

男性 - 神奈川県

焼鳥データベースを望む

平均点 75.411点
最終レビュー日 2019年10月22日
1,223 1,053 2 5,105
レビュー 店舗 スキ いいね

「牛肉の四川風煮込み(玉子麺付き)¥1,100」@双龍居の写真水煮牛肉

「ライオン飯店」と並ぶ、天満中華のツートップ。関西在住時、ラーメンではない中華を食べたい時に重宝しておりました。
当時誰かが食べててメッチャ美味しそうで、なのに食べ損ねて未練のあった料理を、出張ついでにロックオン。

入店するやいなやチャイナお姉さん「コンニチワ~オニーサンナニスル?」
ランチメニュー狙いじゃないので円卓に座って膨大なメニュー群とにらめっこ。見つけた。

5分ほどして、グラタン皿を大きくしたような深皿で提供されました。これだ!
「マズナカミタベテネ、アトデメンモッテクルカラ」
玉子麺はあとから来ます。


豆板醤、唐辛子、花椒の突き抜けた辛さの動物系、油分も多いスープで煮込まれた大量の牛肉、キャベツ。
熱いので小皿に取り分けてハフハフといただきます。肉は柔らか、キャベツは辛く。鷹の爪を噛むと脳天から汗が噴き出します。
ナッツというかピーナツの風味と食感もアクセントとして素敵。
箸が止まりません。


食べ進めて半分ほどやっつけたころ、背後にお姉さん、
「オニーサンメンモッテキタヨイレルネ」
プリプリとした黄色い玉子麺、量が多いながらもアツアツで温度低下もいたしません。
ただ、少し水っぽくなりましたでしょうか。


麺はややオマケ感があります(量が少ないという訳ではないです)が、食べ物として相当に美味い。
食べに来て良かった。

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「駅そば¥470」@新大阪下りグル麺の写真新大阪駅は21/22番ホームに上がると仄かに漂うカツオの香り。
新幹線のホームにある立ち食いうどん/そば店です。
明石焼うどんとか変わったものも置いてありましたが、駅そばもやってまっせとのことで券売機にてそれを。
入店しておばちゃんに食券提示、袋めんをビリビリ破いてテボに投入したかと思うと、ものの数秒で茹で上がり。どういう麺なんでしょうねえ。

麺茹でそのものよりもそのあとの工程に随分(1分弱ですが)随分時間かけてはりますなと思ったら、提供されたそれは結構な豪華仕様でしたw

クリアなスープは例に漏れずカツオの香る和出汁。
それに加えて具材の牛肉から沁み出るエキスがコクを付与、日本人のDNAに訴求する和風な味わいです。

麺は丸ポソ中華麺。
カンスイは控えめ、姫路「えきそば 姫路駅店」と比べてスープにマッチした感がありますが、それは肉うどん的なスープの旨みがその一因と存じます。麺自体は同じような印象。

具材は牛バラ肉、ネギ、茹で玉半分、天かすは卓上タッパから投入したものです。
牛は嫌味のない甘さ控えめ、ボソボソとしたクズ肉でスープとの相性バッチリ、天かすもうどんスープゆえに問題あろうはずがございません。
茹で玉は黄身をスープに溶いて。

東に行く新幹線は普段新神戸からですが、新大阪から乗車する際には再訪必須ですね。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「えきそば まっ黒田!¥420」@えきそば 姫路駅店の写真姫路にて。
この辺りではやたらと軍師黒田官兵衛(以下クロカン)推し、コチラもその一環と存じます。
まず外の券売機に並びましたが、前のおじいさんが何度券売機に投入しても吐き出されてしまう10円玉と無限ループで格闘していたので、店内券売機へ移動。たぶんギザ10だったんでしょう。

一応うどんそばも販売していますが、ほぼ皆さん駅そば一択。
食券を提示し1分経たずに出来上がりです。

スープは前回同様カツオの香るうどんテイスト。ってかうどんスープですもんねコレ。
染み入るウマさ。

麺は中太のストレート。
コシなしツヤなしの低加水ボソプツ食感、中華麺というか給食のソフト麺的。
フツウのラーメン屋でこの麺が出てきたらちょっと怒るレベルではないでしょうか。

具材は黒ごまつくね軟骨だそうで、あとネギ。
ほとんど主張しないゴマに覆われたつくねはハンバーグな食感に食後いつまでも残るしつこい動物臭で個人的には不味の部類、ネギは乾燥気味ながらも、まあイケました。

スープは美味しいのですが麺とのアンバランスによる違和感は前回と同じ、やっぱり余所者には分からない味なんでしょうか。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 2件

「皿うどん大¥750」@獅子林 王塚台店の写真初めにエクスキュースしておきますと、RDBのガイドラインによると「皿うどん」はレビューNGとなっております。
ではUDBに行けば良いかと言うと、困ったことにそっちでもダメなんですね〜これが。

ただ、ここからは自分の推測ですが…ここで言われている「皿うどん」とは、リンガーハットや王将などで提供されている、「餡かけ+かた焼きそば」を指すのではないかと(あとアルキメンデスとか)。
一方で今回レビューの皿うどんは本場長崎ではわりあいポピュラーな「汁なしちゃんぽん」系、ゆえにガイドラインに抵触しないのでは…と勝手に判断しました。
この判断が間違っている場合、グレーになるかレビューがなくなるか、どっちかでしょうが…

中華屋と言うか食堂的な店内には、開店時間を15分ほど過ぎた時点で既に老若男女が多数。
駐車場の車の台数よりはるかに多いその人数から、コチラが地元に愛されていることが容易に窺えます。

メニューを拝見しますと一応ラーメン類もラインナップされておりますが、一品料理を別として、ほとんど全ての方がチャンポンか皿うどんを頼んでおられるように見えます。
なので追随、大にしてみました。

厨房では5、6杯分の麺を茹でて先に丼に盛り、更には中華鍋で煮込んだスープと餡をアバウトに盛り付けしています。
5分ほどで「前からすいませ〜ん」と配膳されました。

ラーショ系な淡いブルーの平皿一面には餡かけの海…
縁の部分まで入れると30cm近く巨大な直径、今回も苦しい戦いになるものと予想されます。

冒頭述べた通り汁なし系ですが、実際はいくらかスープも入っております。
豚骨ベースに動物系、野菜、魚介の旨みが溶け出してコクのあるスープは化調も適度な効き具合。
表面を覆うたっぷりの餡は甘く、優しい口当たり。スープの塩気はもともとが控えめで尖ったところは無いですが、それをさらにまろやかに包み込む印象です。
デフォで胡椒がかかっていますが、影響は限定的。

麺は中太の丸ストレート。
チャンポンと同じ麺はポソモチで低加水な食感、スープを吸って太っていますが熱にもダレることがありません。アツアツ餡も強制的に絡んで参りますので、麺の持ち上げは重たく、しかし旨すぎます。

具は肉エビキャベモヤ人参イカなどなどがたっぷり、食べ応えあります。
貝が入っていないのも個人的にはストロングポイント。

しばらく食べていると餡が無くなり、フツーのちゃんぽんに変身。
さらに卓上の「味が薄いと感じる場合にはソースを」的案内に従い(これも長崎スタイルのようです)ウスターソースをジョビジョビかけると、焼きそばの味になりました。
(そう言えば先日行った「東部ラーメン食堂 一生懸麺」にも「ちゃんぽんにソースをかけて焼きそばに」的な記載がありました。)

終盤は苦しくなりましたが、とても満足できる一杯でした。
次回はちゃんぽんを食べて違いを検証してみます。

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「天ぷらえきそば¥350」@えきそば 姫路駅店の写真所用を済ませて姫路駅から電車に乗って帰る前に寄りました。
姫路名物まねきのえきそば 姫路駅店です。

店外券売機はICOCAも使用可能。
デフォたる標記の食券を購入しました。
自動ドアがガーと開いて入店、おばちゃんに食券を渡すと瞬く間に出来あがり、約10秒。
茹で置きの麺を丼にセットしてあり、オーダー毎に具を載せてスープを注ぐだけ。
ゆえに音速で完成するのでしょう。

店内適当な位置まで運んで立ち食いです。

クリアな清湯スープ、もといそばつゆをズズz…
カツオ君サバ君などの節系が効いており、ジワリと染み入る和風タイプ。
関東ならややアマジョッパいカエシが先行するところですが、さすがは関西、ダシ全開です。

そして麺はそば粉不使用、カンスイ使用の中華麺。
…との説明がありますけど、いわゆる中華麺とは全く異なりコシもツヤもないですね。
カンスイが少ないようなポソポソとした素朴な口当たり。多加水で食感には乏しい感じですが、悪くはありません。

具は天ぷらとネギ。
天ぷらは店頭写真と大きくクオリティに差があるフニャフニャタイプですが、まあこんなもんでしょう。
桜海老やカマボコ状の練り物が確認できます。アブラも適度で極端にスープに干渉しないのは嬉しいところ。

いわゆる関西の黄そば。
ちょっと違和感がありますが、なかなかイケました。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「冷麺定食(冷麺+小炒飯)¥750」@宝楽の写真以前大弘食堂に訪問した際、数軒先で外待ちが発生していたコチラ。
ある日客先で商談中に話題に上り、聞くと地元では結構有名店とのこと。

先週です。早い時間に訪れたためか、外待ちはなし。
入店するとテーブル席のみ5卓、全ての卓が埋まっており、相席に。

着席するとおばちゃん店員さんから水が提供されます。

メニューを拝見、昼の定食4種類は全て小炒飯つき。
ラーメンはプラス130円で小炒飯がつくのに対し、冷麺はプラス50円。
先の客先にて勧められたこともあり、またCP的にも良好と思われる標記、外は寒空ながらお願いしました。

ご夫婦で切り盛りされている様子、
「おとーさーん、冷麺定食いち」(「いち」は関西イントネーションで)
厨房へオーダーの通し方が独特で耳を惹く。

11:40頃の訪問、その際は先客7名ほどでしたが、あれよあれよと後客が来店され、気が付くとほぼ満席に。
冷麺定食、ラーメン定食、五目定食などが人気の様子。
都度奥さまは厨房に
「おとーさーん、ラーメン定食いち、冷麺定食いち」
必ず「おとーさーん」を付けるのが何となく面白いw

さほど待たずに冷麺が到着。
先客様への提供で事前に把握しましたが、いわゆる冷麺とは異なるビジュアル、冷やし中華スタイルですね…。皿の端っこに練りからしがベッタリと付着しております。
チャーシューがかなり多めに盛られており、その他具材は玉子、きゅうりとネギ。

炒飯がなかなか来ないため、先に写真を撮って、いただきます。
麺は平べったくて白くてパサパサしています。かなり特異な感じ。
食感は錦糸玉子風な口当たり。
タレはゴマ風味で酸味も感じますが、冷やし中華を不得手とする自分でも許容範囲内。
麺と具をマゼマゼ、からしもマゼて頂くと、なかなか宜しき状態。

ズルズル食べていると炒飯が到着。
丼にすりきり一杯程度のご飯、全然「小」ではありませんね。

具で特筆すべきはこの細切りチャーシュー、写真ではよく分かりませんが、メチャクチャ量が多いです。
甘めの味付けゆえか、炒飯に載せて食べるも、これは合わない。
ただ、この酸味の効いたゴマダレとチャーシューとの相性はなかなか良いです。

食べ進めると、チャーシューよりも先に麺が無くなってしまいました。

炒飯はごく普通の出来で60点くらいでしょうか。
量が多く、終盤は苦しくなりました。

会計を終え退店すると、外待ち8名ほど…。
畏れ入ります。

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「長崎ちゃんぽん¥600」@珉晃の写真あまりラーメン屋のない通り沿い。

店内は意外と広く、先客は小さな子どもを連れたお母さんや運ちゃん、サラリーマンなど、広い客層。
壁にメニュー短冊が貼ってありますが、種類が多く、横に長く伸びているため確認しづらい…。昼は定食類が主体でしょうか。
何となく目にとまった標記をお願いしました。

あ、タンメンもあったのか…と後から気が付く。

昼のセットメニューが充実したお店です。とんかつ+ライス+ラーメン¥750、なんてのもあり、リーズナブルにのっけることができそうですね~。



お店の電話が鳴り、「今から行くから焼き飯作っといて」なんて注文も入っております。地域に根ざしてます。

待つこと5分程、「お待たせ~」と到着。
オーソドックスなちゃんぽん。蒲鉾などが入っておらず、彩り的には地味な感じであります。派手なのはレンゲの赤。

スープは豚骨ベースに野菜の旨み。魚介系の具が少ないためか、そちら方面のダシ感はあまり感じられません。ケミカル感もほぼ皆無。

麺は加水高めのちゃんぽん麺。モニュモニュとしていてこのスープに合わないはずがありません。

具はキャベツ、たまねぎ、もやし、ニラ、きくらげ、豚こま、エビなど。
豚こまはサイコロ状のものがゴロゴロしていてうれしい。

量的には多くもなく、少なくもなく。

リーズナブルな価格設定、タンメンもありますし、ほかにも色々食べてみたいので再訪は必須です。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「長崎ちゃんぽん¥500」@長崎ちゃんぽん リンガーハット イオンモール高崎店の写真ちゃんぽんがラーメンなのか分かりませんが…。
ここイオン高崎3Fフードコート内でも安定した人気を誇るリンガーハットです。
恐らくこの店舗が群馬初進出ではなかったかと存じます。
野菜たっぷりちゃんぽん¥650にしようかと並んでいましたが、先客のそれを見て写真との違いに驚き、デフォルトをお願い。
10分程でブザーの案内。

白濁したスープは豚骨ベースに魚介や野菜ベースのダシ感。本場長崎でも豚臭さ全開のものからライトな豚骨までありますが、こちらはチェーン店なので当り前ながら万人受けするライト豚骨。それでも子供の頃はこのにおいが苦手でしたが。
麺は中太ストレートでスープとの絡みは良好。
具材はエビ、イカ、かまぼこ、キャベツ、サヤエンドウ、豚こま、コーン、ニンジンなど、一人前づつ小鍋で煮ているようで、その丁寧な仕事ぶりは意外です。

以前は400円台だったハズですが、値上げしましたかね?
フツーに想像通りの味です。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件