なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

立秋

男性 - 神奈川県

焼鳥データベースを望む

平均点 75.406点
最終レビュー日 2019年10月13日
1,221 1,051 2 5,088
レビュー 店舗 スキ いいね

「チャーシューメン¥900」@ラーメン頂の写真この日は東海大学前駅が最寄りの(とは言え駅からは結構遠い)こちらに参りました。この辺りは登録だけされて未レビューのお店がいっぱいありますね。

やや手狭な店内は店主殿の一人オペ。券売機はなく口頭注文です。メニューでは特徴的なビジュアルのチャーシュー推し。疲れていて肉気分だったのと、ビジュアルに関西っぽさを感じた標記をお願いしました。水セルフ。
休日の昼間でそこそこの客入り。オペがやや滞っている感じで、テーブル席の3人連れは皆さん同じオーダーでしたが1人だけ提供タイミングが異なっていたりしました。

やがて提供された一杯。意外に平たい丼に写真通りのフラワーです笑
真ん中が空いているので、そこからスープを啜ります。
ラーショのような豚骨醤油。ただ旨み調味料がビシビシと攻めては来ず、カエシが強くて動物感がその次。やや大人しく感じたため、卓上のおろしニンニクを早々に投入します。タップリ入れました。
中細の麺はプリプリとして柔らかく。どうしてもチャーシューが主役に感じるため脇役感のある麺ですが、スープによく馴染み、あれこれ考えずに啜るのに適した良麺。
具材はチャーシューが8枚、メンマ、ネギ、海苔にワカメ。この辺もラーショ的。
スライサーで均一に切られたチャーシューはこの提供形状ゆえに当然冷たいのですが、僕はそれを気にしないので問題ありません。
メニューに書かれていた通り麺を包んで。下味控えめで肉として美味しいです。
海苔も意外と風味よく。メンマはさほど印象に残りませんでした。

ビジュアル以外は奇を衒わない、オーソドックスなラーショ的豚骨醤油。
プラス50円の塩バージョンや、1日10杯限定のつけ麺も気になるところでした。

しかし久しぶりの自転車活動、ランニングとは違う筋肉を使うので疲れた…

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば¥500」@カドヤ食堂 阪神梅田店の写真この日は現地同僚の車で大阪南部、
昼飯は通りがかりの「ラーメンむさし 羽曳野店」にて古色蒼然大阪豚骨醤油…
新店でもないのに未登録だったので登録だけしておきました。

さて夕方、
お初天神近辺で新幹線終電までの飲み会、の前にこちらに。
阪神百貨店スナックパークは場所も含め激しくリニューアルしていましたが、イカ焼きの大行列(30人オーバー)に今も昔も変わらないものを感じました。
並んで口頭注文、その場で出来上がりを待ち。
水汲んで、立ち食いなので任意の場所でいただきます。

スープは鶏と魚で優しくてふくよかで甘い醤油味。これは今や関東でも食べられる淡麗系な印象ですが、カドヤが先行した味です。
麺は平打ち気味の細麺。なめらかでしなやか、本店のムッチリした麺と異なるのは場所がら、茹で時間を短縮する必要からだと思われます。適度につるつる。ケンコバが昔関西の雑誌で「塩元帥」の麺を「体育館の床よりつるつる」と評していましたが、そこまでではないにせよ、つるつる。

具材はチャーシューとメンマ、海苔。
関西の方が関東のラーメンに対して挙げる違和感の一つに「海苔」がありますが、カドヤでは昔から海苔載ってますね。

スナック=軽食と考えれば納得の量と価格のバランス。大阪来た感あり、満足です。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメンタイム(品名不明)¥500」@麺と出汁が絡むときの写真大阪出張の夜。少し飲んで大阪駅前第2ビルを徘徊していると、この立て看板が。

http://photozou.jp/photo/photo_only/2431046/263319511?size=1024#content

※背脂とネギの混ざったラーメンです。
 キャンペーン中は別のラーメンになります
※写真はイメージ写真です。実物とは少し異なります。

…何を言っているのか分からない。
「写真はイメージです」って、そもそも写真が見えません。これぞ大阪。

左手の焼きそば専門店も大阪らしくて良いなあと思いましたが、いっぱいだったのでやっぱりこちらに。
券売機では「肉肉肉ラーメン」が気になりつつ、こちら「ラーメンタイム 500円」のボタン。
これは11:00~12:00/15:00~18:00と、月火は終日提供だそうです。この日は月曜日なのでありました。
プッシュして出てきた食券にも同様の記載。メニュー名が分かりません。
立て看には「セットにラーメンもぜひご注文ください!」とありましたがスルーです!

廉価メニューなので大人しく入口付近に陣取りました。素人っぽいおばちゃんと、もう一人のおばちゃんでオペ。
こちら後で調べると「ストライク軒」「どストライク軒 総本店」などと同系列なのですね。
などと考えるとこの第2ビルでもなかなかの占有率です。


出てきたラーメンは500円とは思えない、どっしりとした一杯。
スープ、これは塩豚骨ですね。屋号に出汁を冠するだけありカエシはさほど主張せず、豚骨の旨みが前面に主張します。背脂も多く口の中でふくよかに広がる美味しさ。
麺は中細でウエーブがかっており、モッチリでコシもある良麺。モチモチです。
具材の大判チャーシューは生姜焼きみたいなビジュアル。ミシミシとした食感も個人的にストライク軒。
モヤシ、これはかつて関西では細いのが主流でしたが、こういう太モヤシも今や普通なんでしょうか。二郎インスパイヤ効果ですかね。
あとメンマとネギです。メンマは下味控えめで、麺やスープに合わせて美味しくいただきました。

派手さはないものの、地味に旨い一杯。これが500円とは言うことなしです。
肉肉肉ラーメンが気になるので、今度来ることがあればそれを。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「Bセット(ラーメン 小+ライス 小)¥500」@大正麺業の写真こちら、少し前から「ランチ 平日限定 500円~やってます」の看板。
入店してみますと果たしてランチは「500円~」ではなく「500円」のみ3種類。
Aが生姜焼き、Cが餃子。ラーメン絡みのBをお願いいたしました。
しかしこちらは比較的客単価高い繁盛店のイメージですが、こういう廉価メニューで客層の拡大にも余念がないですね。

小ぶりな丼&ライス。女性サイズだ、イヤ男性でもアリか。
スープは魚介に鶏な感じでとても優しい。看板の味噌とはまるで異なる方向性。
麺はツルプリとした細麺でしなやかな弾力。スープに良く合う麺ですが、流石に少ないですね。
具材はチャーシュー、味玉半分、メンマ、ネギ、海苔、ナルト。豪華。
チャーシューはホロホロ柔らかですが甘いのが個人的に酷。
具材減らして麺増やしてほしいという心の声。

以前10周年の時に配布していた餃子3個無料券を使用されている御仁が多々おられ。
餃子があれば量的にも満たされる気が少なからずいたします。

僕も家のどこかに10枚くらいはあるはず。
今度はそれを握りしめて来よう。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 3件

「日替わり¥670」@朝鮮飯店 亀里店の写真辛口もやしラーメン、牛タン大根煮、土佐煮、サラダ、キムチ、ライス、ドリンク

ラーメンはコクのあるスープにさほど絡まない中細プリプリ麺、辛口を謳うほどではなくピリ辛な感じ。モヤシ以外にニラ、ネギで韓国っぽくなくスタミナ風です。
牛タン大根煮は牛タンに大根、ニンジン。やや甘めでご飯のおかず。
筍の土佐煮。煮物が被ってしまってます。
ライスは遠慮しましたが大盛りも無料、ドリンクはメロンソーダを所望しました。

焼肉屋で焼肉食べたくない時に重宝するメニューです。

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 3件

「とんこつカレー¥750」@ラーメン道 前略/武 本店の写真三浦縦貫道の終点。土地勘ゼロのためRDBで近所のお店を検索し、ヒットしたこちらに参りました。
大通りから一本入った川っぺりで、切り返しも含め車にはちとキツイ狭幅の道路沿いです。

場所柄からか、時間帯からか空いているウイークデイの店内はややラーショ的。壮年の大将と女将さん2名でのオペレーションです。
左手券売機にて「人気No.1」とある標記食券を購入いたしました。
水素水だったか違ったか失念しましたが、そのような記載のある給水器で水汲んで着席します。
食券提示後すぐにカレーの良い香りがし、さほど待たずに提供されました。

まずスープはスパイスの効いた濃いカレー味。ややトロミもあるせいか、カップヌードルのカレー味に酷似した印象を受けます。プチプチの背脂が多く浮かんでいましたがこれを除けばスープのベースは強くなく、完全にカレーに支配されておりました。
麺はプニプニと柔らかな太麺。これくらいの太さがないとこのカレーには埋没してしまうでしょう。
もうちょっと硬めの方がスープに合うかも。次回はそうしよう。
具材はキャベツモヤシなどの野菜がスープに激烈に合います。トッピングで増したい気分です。
キクラゲは食感よし、チャーシューは特筆なしでした。

メニュー豊富なので、この辺りに来たらまた寄りたいお店。
年に一度あるかないかくらいですが。

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

「スペシャル(みそラーメン+半チャーハン)¥850」@麺工房ジローの写真「五文字にていはば、うえをみな(見るな)、
七文字にていはば、みのほどをしれ」
徳川家康


この日は戸塚のモディ/ラピス1の地下1階、昨年オープンした、まだまだ小ぎれいな立ち飲み屋の支店(サッポロ赤星の大びん633mlが400円と破格)で立ち飲んだあと、ジロリアンなので同じフロアのジローに。

ジローでは券売機にボタンのない「メガ盛り(ラーメン大盛り+チャーハン大盛り+餃子一人前)1,000円」の存在を捕捉していたため、券売機横に貼られたPOP(http://photozou.jp/photo/photo_only/2431046/263131341?size=1024#content)をジロリンコ見ていると、大将(多分ジローさん)がやってきて、僕の体型を一瞥しこう言い放ちます。

「おにーちゃんメガ盛り?辞めとき辞めとき。ラーメンもチャーハンも倍やし、残したら罰金1,000円やで。頼んで残すアホが多いよってな、ごめんやけど」
(実際のところは標準語でしたが、なんとなく関西ノリの大将でしたので大阪風に書いてみました。)

むう、大盛り=倍か。本気出せば行けるかなとも思いましたが、なんせ立ち飲み屋でハムカツとかとん平焼きとか豚キムチとか食べちゃってます。
さりとて▲10円(990円)で全部半分のオールハーフセットはあまりに勿体ないしなあ、などと悩みながら券売機の前で立ちつくしていると、「これがオススメやで(実際は標準語)」とジローさん、
麺+半チャーハンの標記を選んでいただきました。
ボタンを押してもらい、お釣りまで取ってもらう始末…笑
麺は醤油、塩、みそから選べるとのことでみそをお願いしました。

あとからやって来た男女二人連れの男性がやはりメガ盛りを所望され、大将から同様の注意がありましたが結構ゴッツな方でしたので、そのままオーダーが通りました。

さて数分で、まずラーメン。同一メニューの先輩レビューからすると特に具材が寂しく感じますが、セットゆえの廉価版でしょうか。
スープは濃い味噌味に素スープ控えめ、アブラ多めでコクは十分。ニンニクもシッカリと効いており、八重洲地下街の「游亀亭/旭川ラーメン 番外地 北口店」を彷彿とさせます。あの系統が好きな僕には大変美味。カウンター上には豆板醤やニンニクもあり、カスタムも容易です。
麺はプニプニと柔らかな丸細麺。スープにはあまり絡みません。
しかし並盛でも麺量多めで160グラムはありますかね、確かにこれが倍、かつチャーハン倍だとキツかったかもしれません。

追って提供されたチャーハンをムシャムシャ食べていますと、やって来たジローさん
「おにーちゃん、これがメガ盛りやで、どや(実際は標準語)」
後客さんの倍ラーメン&倍チャーハンを配膳前に動線無視してわざわざ見せに来てくれました。
この日は多分無理、身の程を知りました。

具材はボロボロとした食感のロース肉にほうれん草、メンマ、ネギ、ナルト。
チャーシューはもろ業務用ライク、メンマは1本だけで廉価メニューとは言えあんまり。
でもホウレン草がボキボキ硬くて美味しかったので許しました。

ある種、安定の美味しさ。
メガ盛りも手のつけられないレベルではなさそうでしたので、コンディションを整えていつの日かトライしてみたいです。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン 少なめ¥700+チャーシューポテサラ¥150」@ラーメン ゼンゼンの写真前情報では各種制約によりスパルタンな印象のこちら

・食券は前の人が買ったら続けて買う
・先にラーメンの食券だけ渡し、トッピングは着席してからカウンターに置く
・席は空いても案内するまで待つ
・写真撮影は外観とラーメンのみ

これら注意事項は全て記載がありましたので、それを読んでいればさほどハードルは高くない気もします。
確かに店主はゴッツでぶっきらぼうですけれど。

平日12時の開店直後。ちょっとの差で店内ベンチスタートになってしまいましたが、一見にはむしろベストポジションだったかもです。
券売機は少なめ250gが別ボタンだったので迷わずそれを。またホワイトボードだか掲示板だかに
「チャーシューポテサラ 150円トッピング券を」
とあり、それも。
よく考えたらポテサラってトッピングじゃなくてビールのアテなんじゃないの?
という思いが脳裏をよぎりましたが、自身無類のポテサラ好きなのでまあいいです。

しばらく待っていると店主が麺量を確認。この時にトッピング券は出さずにラーメンの券のみを渡すわけですね。外待ちしてても聞かれるので注意が必要です。
しばらくしてカウンターが数席空きましたが指示通りベンチ待ち。
数分してどうぞと案内されます。ここまで入店から30分。席の状況により1人客を優先されていました。
水汲んで、トッピング券は高台に。皆さん豚増しとか炙りチャーシューの中、僕だけポテサラですごいアウェイ感です。

オペレーションを拝見するに、店主は良い意味で神経質、生真面目な印象です。
先にチャーシューポテサラがヒヨコ茶碗で提供され、やがて「ニンニク入れますか?」には「ヤサイお願いします」と返答。

何となくラーメン荘みたいな見た目の一杯。
スープはカネシ醤油の切れ味鋭く、一方で二郎的酸味には乏しく。豚感というかボディはややおとなしめの印象です。
ニンニクを入れたら結構化けそうで、仕事中なのがとても悔やまれました。
麺は極太、名古屋の味噌煮込みうどんの次くらいに硬く。個人的にはもうちょっと柔いのが好みですが、食べ応えは十二分でした。
具材はしっとり繊維質の豚、あとモヤシとキャベツのお山。
豚は分厚いカットで適度な醤油味がありがたく、一方でお山はややスープを薄めてしまう逆効果に。

トッピングのチャーシューポテサラはポテトサラダにチャーシューの切れ端を和えて胡椒を振りかけた一品。
これはどこまで行ってもポテサラであり、全然ラーメンのトッピングではありません。
スープをかけたりして味わいましたが、蛇足感は否めませんでした。


余談
店主は客の「ごちそうさま」に対してほとんど無反応という記載を見かけます。
しかしながら僕は返答をいただきました。
これは推測ですが、生真面目な店主が返答する、しないは会話にそのポイントがあるような気がいたします。
会話と言っても、店主から何がしかの注意をされるのは一方通行のダメ出しでしかなく、明確に会話、すなわちキャッチボールと呼べるのはコールタイムだけ。
「ニンニク入れますか」は完全に定型文ながら、それでもこの時店主は丁寧語で問いかけられます。
これに対する返答が肝なのかなと思いました。
(勝手な想像ゆえ、全然違うかもしれません。)

余談Ⅱ
10月からの増税および材料費高騰に伴い、麺類全て50円値上げ(大盛りは50円から100円に値上げ)だそうです。
それであれば、なおさら麺少なめは券売機のボタンも別ですし、価格据え置いて欲しいなと思いました。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「オーション馬鹿二郎ラーメン¥810→¥700(クーポン)」@日本一馬鹿豚の写真※9月7日までの限定でした(こちら景勝軒グループは不定期に同じ限定メニューを繰り返しますが)

オーション≠二郎
馬鹿≠二郎

ご近所「自家製ラーメン 大者」は大蛇、ではなく小蛇でしたが、時間がなかったためこちらに参りました。初訪問です。
券売機でクーポン700円のボタンをプッシュ、
厨房の男性店員さんにアプリのクーポンを見せつつ食券を渡すと「限定ですか」と聞かれる。
よほど限定顔をしていたのでしょう。
続けて「ニンニクとショウガはどうしますか」と不機嫌そうな問い合わせ。
両方入れてもらいましたが、なぜ不機嫌なのかなと思ったら、本来は客側が食券渡す前にマッキーでトッピングに丸するみたいですね。だったらそう言ってくれないかな。

水セルフ。5、6分ほどしてアジアンおばちゃんが提供してくれました。
二郎を冠するほど二郎っぽい見た目ではありません。

スープはクリーミーなドロ豚骨、こちらのグループにありがちな甘さが皆無でとても好ましい味わいです。粘度は高めながら塩気も適度なのでしつこさクドさは一切感じません。ニンニクもショウガも両方合いますね。
で、麺。オーションはいいとして、まさかの平打ち太麺…ビジュアル的はどん兵衛そのもの。
小麦感あり、またピチピチとしていて舌鼓を打つには良いのかもしれませんが、どうにも違和感のある平打ち。このスープには合わない感じです。麺量は200グラムくらいでしょうか。
具材は炙りチャーシューにヤサイ。
チャーシューは炙ってあるもののパサパサとしており、肉質にチョット疑問。スープに沈めていただきました。
ヤサイはキャベツモヤシともシャキシャキ浅茹でで食感ありました。

総じて全然二郎ではありませんでしたが、甘くないスープはヨカッタです。
このスープにこちらの自家製太麺はとても合いそうな気がいたします。

投稿(更新) | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「Cセット(チャーハン・半ラーメン)¥702」@れんげ食堂 Toshu 湘南台店の写真こういうのでいいのかな

この日は駅東側の未登録中華屋にフラれ(5回目くらい)、西口のこちらに。
中華東秀 湘南台店」のリニューアル店ですが、メニューなど以前との差異が分かりません。
「山田うどん」と「山田うどん食堂」くらいの違いでしょうか。
8月下旬、リニューアル直後の休日とあってか盛況な店内。
二日酔いで何を食べるか迷い、ハーフ&ハーフもありましたが全チャーハン×半ラーメンの標記をお姉さんにお願いしました。
直後にランチメニューの油そば500円を見つけ、そっちにすればヨカッタなと後悔したります。

さてやってきたラーメン、
業務用の醤油スープはやや甘め濃いめでクドさはない万人受けタイプ。
椎茸とかいろいろなエキスを感じます。
麺はピロピロとしたこれも汎用感溢れる中華麺。このスープにはこれしかないだろというある種の安定感ですね。
具材はわりあいに豪華でチャーシュー、メンマ、ほうれん草、ネギ。
でも夫々の味わいはあまり印象に残りません。

チャーハンもふつう。
何となくお腹は膨れました。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件