なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

立秋

男性 - 神奈川県

焼鳥データベースを望む

平均点 75.411点
最終レビュー日 2019年10月22日
1,223 1,053 2 5,105
レビュー 店舗 スキ いいね

「沖縄まぜそば¥650」@ベルマーレフードパークの写真湘南ベルマーレvs鹿島アントラーズ

酷暑のBMWスタジアム平塚、
ソーキそば目的で屋台に並んでいたらこんなメニューが。
容易に味の想像がつくソーキそばを辞め、こちらに変更してみました。
とは言えソーキそばの汁なし版とのことで、こちらも味の想像は容易なのですが…

さて相変わらずベルマーレのファンでもなく、かと言って鹿島もよく知らず
一番馴染みがあるのは試合開始前のスクリーンに映ってた鹿島のテクニカルコーチ?ジーコという始末。

麺はソーキそばと同じでプヨプヨかつボソっとした平打ちタイプ、ぐるぐる混ぜるとカツオ味のタレに絡んでキャッチーな美味しさになりました。アブラも多め。
具材はプルプル軟骨とあばら肉、鰹節、海苔、紅生姜。あとゴーヤぽいのはネギ。ゴーヤが良かったな。
あばら肉は柔らかくて味も濃いめ、ビールのお供に最適。
かたや紅生姜は量多すぎ、後半は紅生姜の味が支配的。
麺量100グラムくらいでしょうか、軽めの量かつ汁なしなのであっという間にやっつけました。



以下関係ないですが試合
前節まで3位の鹿島を迎え撃つ下位ベルマーレ
前半は7割くらいのボール支配率ながらもゴールネットを揺らすことが出来ず0-0、
後半開始早々立て続けに2ゴールを決めるも、ここから鹿島の本領発揮でしょうか、PKもあり2-2に追いつかれ、サポーターの応援も完全に食われ気味…
しかしながら後半ロスタイム最後のワンプレー、コーナーキックからの(誰かの)ヘディングで鹿島を撃破!
スタジアムのボルテージも最高潮、僕も隣の見知らぬお姉さんとハイタッチなどしてまるでベルマーレファンかのように喜びを分かち合いました。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「ガパオ汁なし麺 餃子セット¥800」@日高屋 桶川駅店の写真※単品は590円

この日は桶川
こちらの日高屋は駅舎の外からもホームからも入れます。
ステキです。
大宮担々麺と迷いましたが暑かったので標記を。
ホッピー飲んでおりますとまず餃子、追って冷やし中華的な盛りのお皿がやって参りました。

POPの写真で分かっていましたが、一般的なガパオライスの麺バージョンではなく片栗粉のトロミが強いですね。
ガパオと言うよりも何となく味噌っぽさを感じます。
具材は鶏肉とピーマン。あとキュウリ。
温度は常温程度で塩気強めの餡、キュウリはあってもなくてもで、やや持て余しました。

麺はやや平たい中細麺でベチャっとしており、自分の想定以上に箸で持ち上がってしまいます。
そしてなんだかぬるく、これはアジアを感じます。

ぬるい麺とぬるい餡を絡めて、食感は家で作るモサモサの焼きそば。
特段辛くもないので卓上ラー油をコレデモカと回しがけしてイイ具合になりました。

メニュー名から想像するエスニックさは感じず、ただの汁なし餡かけ麺といった印象。
麺1.5玉とのことで、お腹だけ膨れました。

分類は「その他」にしました。

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「illmaticまぜそば¥950」@頑者 illmaticの写真家族で入間のアウトレット、昼飯はフードコートです。
中華そば目的ながら店頭写真が強烈に貧相でしたので、入間限定という標記にいたしました。
会計後15分ほどで受け取りです。

山頂には辛味、フライドガーリック、その次に青白ネギ、次に麺。
タレはわずかな量でしたがそれでも十分ガツンと来る濃厚動物系のショッパ味、なにより辛い。
POPやメニューにて辛さについては触れられておらず、耐性のある人はよいと思いますが知らずに頼んだ人は可哀想なことになるかもしれません。
次女が少し食べ、そして少し泣いていました。

麺はムッチリ柔らか太麺。200グラムくらいと思われ、物足りなさを感じずにすみました。

具材はバラ巻きチャーシューにサイコロ鶏チャーシュー、メンマ、ネギ2種。きざみ海苔等。
まぜそばは具材も麺もゴッチャになるので個々の味がどうとかはあまり感じませんが、四角い鶏チャーがしっとり食感に控えめな味でこの丼の中では個性を放っておりました。


しかしアウトレットモールの料飲店ってどこもかしこも高いですね。
欠けた丼、豚より安い鶏、変色した野菜、老ねた醤油、イナゴ出汁、賞味期限切れ小麦粉、店員全員バイト高校生…
これらを駆使して格安ラーメンを提供するお店こそアウトレットにはふさわしいと存じます。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件
80

「炒麺¥600」@娘娘の写真このメニューをレビューしている方がおられるので僕も追随

塩と鶏ガラ×魚×ヤサイのスープで炒めた中細麺はなかなかのボリューム

具材は豚こまモヤシ人参青菜木耳エトセトラ.

ただし比較的薄味ゆえに量の割には満足感に乏しく感じる諸兄姉もおられようかと

その場合は卓上自家製辣油で味整えたりすると無理なくずるずる食べ進められたり

あるいはスタカレー/半スタカレーを同時に注文

スタミナ餡を麺にかければアラ不思議

瞬時に蠱惑的な味に変貌

これぞスタミナ餡のパワープレイ

ただしこいつは諸刃の剣

そもそもスタカレー自体が同系統の味ゆえに食傷気味になるリスクあり

なんだかんだで久しぶりの炒麺を堪能した次第




さて山内大将は基本オーダーを固めて作るため、タイミングによっては提供時間に大きく差異が生じます。
今回は僕より7、8分近くあとに着席された御仁と同時に着手されたので提供も当然同時、しかもその席次から後客様への提供の方が先でしたが

こちらでは小さなことに文句を言ってはいけません。
大将こそが法律なのです。

また今回久しぶりに、オーダーしたメニューを断られるお客さんを拝見しました。多分炒猪肝(レバー炒め)だったと思います。
それでも移転前の桶川店(現在の「娘娘 桶川店」とは別)のころであれば「出来ない!」の一喝で済ませていた大将でしたが
今回は「すいません、材料がなくて」などの丁寧な断り文句

大将の老いた背中を見てしまいました。
くれぐれもご自愛ください。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 3件

「豚肉細切りあんかけ麺¥1,512」@富士カントリークラブの写真カニチャーハンのメニュー落ち変わらず、前回食したパーコー麺もメニュー落ち。

青椒肉絲の青椒部分の代わりに彩り担当の青菜と人参、それを肉絲や玉葱などと塩分適正な醤油餡で絡めた具材が麺にかかっている。
想像しただけで美味、実際美味。
オイスターソースが効いています、多分。
麺は細くて硬く。

スープにサラダ、エビと中華クラゲの和えものとのセットでゴルフメシとしては高くも安くもない普通の価格設定でした。
同行者のオーダーした、具材をライスに載せる飯バージョンの方も相当に超ウマそうです。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「台湾まぜめん(辛シビ)¥634」@幸楽苑 スマーク伊勢崎店の写真いわゆる台湾まぜそばとは全く異なるのでオリジナル商品なのでしょうきっと。

コチラは妻のオーダーした台湾、後半引き受けました。

■タレ
すでに混ぜられ&半分食べられた状態だったので良く分かりません。
辛シビの名の通り辛味の麻×辣×痺が心地良い。

■麺
幸楽苑のつるつる麺とは異なるモチモチした中細麺。
麺1.5倍とのことでしたがもっと多いような。

■具材
辛味噌意外にキャベツニンジンネギ木耳モヤシ青菜。温玉。
肉レスながら寂しさは感じず。

■感想
ちょっとむせるような、しっかりとした辛さ。
花椒のやや金属味を帯びたような、痺れる辛さが清涼感を伴って鼻孔から抜けます。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「汁なし油刀削麺¥599+餃子セット¥299」@中華料理 春菜園の写真7月土曜日、伊勢崎でサッカーしてて命の危険を感じた次第。
http://photozou.jp/photo/photo_only/2431046/257574369?size=624

ゲーム後、本当は冷暗所で横たわりたかったのですがスマークに連れていかれ
こちら(多分)チェーン店でもないのにフードコートに入っている「中華料理 春菜園」で夕飯です。

なお妻は「幸楽苑 スマーク伊勢崎店」で同系統の「辣×汁なし」である台湾まぜめんを頼んでいたため半分ずつ食べることとしました。


■麺
店頭実演ではないもの、刀削麺らしい、太さ長さとも不定のきしめんライクな平打ち太麺。
ピチピチとした滑らかさ、モッチリの食感はずるずる啜って咀嚼するに最適、
タレの絡みもグーですね。

■タレ
さほど突き抜けない辛さ、清涼感を感じる辣油に醤油ダレ
ゴマの風味が全体をまろやかにしてくれ、また油を謳うだけあってか、そこそこオイリーでもあります。

■具材
白ネギメインに少々の鶏肉
ネギは麺に絡めてギシギシとした食感が楽しめます。
頂上に載るパクチー的なものは水菜だったような。

■感想
前述通りチェーン店ではないと思われる当店
刀削麺も含めバリエーション豊富ですが、599円という価格設定が良心的な一杯でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件
75

「焼メン 大¥800」@大正麺業の写真食前、食後の味の印象が完全に合致する食べもの
並と大とが50円しか変わらないので、大にしてみました。

麺が見えないくらいの大量のキャベツ、上にはマヨネーズ、ケチャップ
これを崩しながらいただきます。

麺はウスターソースに絡んでおり焼きラーメンのような豚骨テイストは特になし、完全に焼きそば系の味。
キャベツ以外の具材は味玉半分、あとソースに紛れた微量の挽肉。
麺もかなり多く、味の変化に乏しいため途中でかなり単調に感じられます。
自分で大にしておいて言うのもなんですが。

なおスープがついております。中華清湯でネギが浮かぶそれもやたら塩辛。

どうにか完食、
食べた直後はもういいやってな印象でしたが、時間が経つとまた食べたいような…
これを中毒と言うのでしょう、オーダーされる方が多い理由がなんとなく分かりました。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 3件

「つゆなし(ニンニク抜き)¥680+味玉(1Fサービス)¥0」@新潟発祥 なおじ 御茶ノ水店の写真この日は昼飯抜きで勤労しまして、さすがに夕方になり空腹を覚えたので「ラーメン大至」と思ったら中休みであり、茶水駅前のこちらに参りました。
狭い店内。入口券売機で標記食券を購入致しました。野菜が300g、麺も300gだそうです。
1階が立ち食いで2階には椅子席があるようですが、1階だと味玉かライスをサービスしてくれるのとのことで1階に。

感じの良い大将から数分で提供いただきます。
ずいぶんオイルまみれ。初めから油そばと思っていれば気にならないのでしょうが、ネーミングからまぜそば的食いものを想定していると、ちょっと違和感を覚えるかもしれません。
多めのタレに絡めて、いただきます。

麺は中太ストレート。しっかりと小麦を感じられ、弾力もある硬めの歯ごたえ。
カウンターの高さが低いため、丼を持ち上げて啜らないと確実にタレが飛び散ってネクタイを台無しにしそうです。
味わいはジャンクさをアブラでぼんやりマスキングしたような豚骨醤油。
塩分濃度もそこそこですがカエシは尖っておらず、その代わりにアブラの体に良くなさそう感が発揮されています。いくらか化調の旨みも。

野菜は適度な食感で食べ応え良く、豚は薄手スライスなのでこれも食べやすかったです。
サービスの味玉は多少のキズモノでしたが味には関係なく、味は濃くなく黄身も硬めで好みのタイプでした。

ニンニクを入れていればパンチが効いてまた違った印象なのかもしれませんが、今一つターゲット層の分からないジャンク加減でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「まぜそば¥780」@麺絆 景勝軒 前橋南町店の写真つゞき

僕がまぜそばの写真も撮っていたので、「初めから食べるつもりだったんでしょ」と娘(RDBのことは知らない)。
半分の食べ残しはすでに写真の状態ではありませんでしたが、ふじ麺と比べると甘みが主張せず、濃いめカラめのタレの旨み。
うどん的太麺もムッチリとした弾力に適度な小麦感で、力強いタレを負けじとしっかり受け止めています。

一方の具材は完全に飲み込まれてしまい、特にシュレッドチーズの存在感は希薄で、時おり糸引く粘度のみ。
タマネギのシャリシャリとした清涼さだけが唯一存在感を放っておりました。

ニンニクが入っていればなおパンチの効いた食べものになっていたと思われます。


娘曰く「麺処 湊生の方がおいしい。」だそうで。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件