なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

立秋

男性 - 神奈川県

焼鳥データベースを望む

平均点 75.406点
最終レビュー日 2019年10月13日
1,221 1,051 2 5,093
レビュー 店舗 スキ いいね

「沖縄まぜそば¥650」@ベルマーレフードパークの写真湘南ベルマーレvs鹿島アントラーズ

酷暑のBMWスタジアム平塚、
ソーキそば目的で屋台に並んでいたらこんなメニューが。
容易に味の想像がつくソーキそばを辞め、こちらに変更してみました。
とは言えソーキそばの汁なし版とのことで、こちらも味の想像は容易なのですが…

さて相変わらずベルマーレのファンでもなく、かと言って鹿島もよく知らず
一番馴染みがあるのは試合開始前のスクリーンに映ってた鹿島のテクニカルコーチ?ジーコという始末。

麺はソーキそばと同じでプヨプヨかつボソっとした平打ちタイプ、ぐるぐる混ぜるとカツオ味のタレに絡んでキャッチーな美味しさになりました。アブラも多め。
具材はプルプル軟骨とあばら肉、鰹節、海苔、紅生姜。あとゴーヤぽいのはネギ。ゴーヤが良かったな。
あばら肉は柔らかくて味も濃いめ、ビールのお供に最適。
かたや紅生姜は量多すぎ、後半は紅生姜の味が支配的。
麺量100グラムくらいでしょうか、軽めの量かつ汁なしなのであっという間にやっつけました。



以下関係ないですが試合
前節まで3位の鹿島を迎え撃つ下位ベルマーレ
前半は7割くらいのボール支配率ながらもゴールネットを揺らすことが出来ず0-0、
後半開始早々立て続けに2ゴールを決めるも、ここから鹿島の本領発揮でしょうか、PKもあり2-2に追いつかれ、サポーターの応援も完全に食われ気味…
しかしながら後半ロスタイム最後のワンプレー、コーナーキックからの(誰かの)ヘディングで鹿島を撃破!
スタジアムのボルテージも最高潮、僕も隣の見知らぬお姉さんとハイタッチなどしてまるでベルマーレファンかのように喜びを分かち合いました。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「ガパオ汁なし麺 餃子セット¥800」@日高屋 桶川駅店の写真※単品は590円

この日は桶川
こちらの日高屋は駅舎の外からもホームからも入れます。
ステキです。
大宮担々麺と迷いましたが暑かったので標記を。
ホッピー飲んでおりますとまず餃子、追って冷やし中華的な盛りのお皿がやって参りました。

POPの写真で分かっていましたが、一般的なガパオライスの麺バージョンではなく片栗粉のトロミが強いですね。
ガパオと言うよりも何となく味噌っぽさを感じます。
具材は鶏肉とピーマン。あとキュウリ。
温度は常温程度で塩気強めの餡、キュウリはあってもなくてもで、やや持て余しました。

麺はやや平たい中細麺でベチャっとしており、自分の想定以上に箸で持ち上がってしまいます。
そしてなんだかぬるく、これはアジアを感じます。

ぬるい麺とぬるい餡を絡めて、食感は家で作るモサモサの焼きそば。
特段辛くもないので卓上ラー油をコレデモカと回しがけしてイイ具合になりました。

メニュー名から想像するエスニックさは感じず、ただの汁なし餡かけ麺といった印象。
麺1.5玉とのことで、お腹だけ膨れました。

分類は「その他」にしました。

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「トマトラーメン¥600」@天然温泉 七福の湯 前橋店の写真前橋の温泉施設。やたらと豊富なメニュー群より、2019減量計画の趣旨に沿った標記をオーダー。
卓上タッチパネル式端末です。

数分でバイトお姉さんが運んできてくれました。赤。
トマトがなかなかに香ります。

素スープは…分かりません、塩ダレにホールトマトの缶詰、そんな味。
少し食べたいとスープを啜った娘2号「ただのトマトだね」

麺は細くて緩い縮れ。チュルチュルと軽やかな啜り心地でトマトの酸味を引き連れます。
汎用感溢れる業務麺ですが、温泉施設にてそれ以上のものを望むべくもありません。

具材はカットトマトがゴロゴロ。あとナスと、おひたしとかで見る、菜の花みたいな野菜。
肉レスですが、この一杯に肉は合わない気がするのでこれで良いのでしょう。

極めて罪悪感のないラーメンでした。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーシュー(中)¥810」@中華そば 紅蘭の写真朝から山口県にて商用あり前泊。前日は日曜日だったため夜までに現地入りして、当地の上司に「フグ食べたいです」とねだるだけの簡単なお仕事しかありません。
当初狙っていた防府市のお店は日曜定休、なので電車で下松(くだまつ)市までやって来ました。

http://photozou.jp/photo/photo_only/2431046/259517861?size=624

曇天の師走。駅を出て右手方向に数分歩くと赤い看板の目的地が。
15時過ぎでしたが店内盛況、テーブルに着席してお姉さんに標記をお願いしました。

まずスープ…飲むためにチャーシュー退けて。
唇ペタペタ、まろやかに乳化した牛骨、カエシは控えめ。
濃厚な豚骨から臭みを取り除いて甘みを付与した印象です。

麺はボソっとした低加水の細麺。しなやかな弾力でスープとの一体感を楽しめました。
麺量はさほど多くないですが、それは肉との全体ボリュームでカバーですかね。

具材は薄々チャーシュー沢山とネギ。
しっとり肉々しいチャーシューは麺に絡めたり単体で楽しんだりするのに十分な量です。

とてもシアワセな食後感。
はるばる行ったという事実を割り引いても美味しい、オーバー・ザ・ギュウな一杯でした。


都内にある「下松ラーメン 五ッ星」はコチラのインスパのようで。
東京には何でもありますね。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件
82

「香麺¥880」@つけめん玉 品達店の写真駅反対側での会社飲み会を終えたあと…間に合った。
標記狙いでの訪問です。
店員さんはほぼ外人部隊で客層もインバウンドな方々。かつ店内お琴みたいなBGMゆえ異国情緒満載。
アジアンお姉ちゃんが紙エプロンくれました。

サラサラスープは鶏魚ベースにスパイシー/スペーシーな印度。月桂樹の葉かカスリメティか分かりませんが、ハーブは香味と風味に優れ、一方でパクチー同様に噛むと少々苦手味。
ジンワリした辛さ、耐性低くても問題ない感じです。

麺はしなやかなでやや太め、茹で過ぎかと思うニュルリとした加減ながら、スープによく合うこと。
この麺は良いですね。

具材はオリエンタルな挽肉、それ単体でもスープや麺と一緒でも美味しくいただけました。

とても美味。
今度家で類似品作れるかトライです。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「牛肉の四川風煮込み(玉子麺付き)¥1,100」@双龍居の写真水煮牛肉

「ライオン飯店」と並ぶ、天満中華のツートップ。関西在住時、ラーメンではない中華を食べたい時に重宝しておりました。
当時誰かが食べててメッチャ美味しそうで、なのに食べ損ねて未練のあった料理を、出張ついでにロックオン。

入店するやいなやチャイナお姉さん「コンニチワ~オニーサンナニスル?」
ランチメニュー狙いじゃないので円卓に座って膨大なメニュー群とにらめっこ。見つけた。

5分ほどして、グラタン皿を大きくしたような深皿で提供されました。これだ!
「マズナカミタベテネ、アトデメンモッテクルカラ」
玉子麺はあとから来ます。


豆板醤、唐辛子、花椒の突き抜けた辛さの動物系、油分も多いスープで煮込まれた大量の牛肉、キャベツ。
熱いので小皿に取り分けてハフハフといただきます。肉は柔らか、キャベツは辛く。鷹の爪を噛むと脳天から汗が噴き出します。
ナッツというかピーナツの風味と食感もアクセントとして素敵。
箸が止まりません。


食べ進めて半分ほどやっつけたころ、背後にお姉さん、
「オニーサンメンモッテキタヨイレルネ」
プリプリとした黄色い玉子麺、量が多いながらもアツアツで温度低下もいたしません。
ただ、少し水っぽくなりましたでしょうか。


麺はややオマケ感があります(量が少ないという訳ではないです)が、食べ物として相当に美味い。
食べに来て良かった。

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「とろ~り半熟煮玉子牛じゃんラーメン(硬め)¥853+替玉¥0」@ラーメン まこと屋 厚木山際店の写真関西の味

くるまや、おおぎやといったチェーンよりもまだ小規模展開の関西資本。
以前台場に「大阪・牛醬ラーメン まこと屋 東京お台場店」を出していたようですが、本格的な路面店としてはコチラが関東初出店とのこと。
レビューこそそれほど上げていませんでしたが、よく同行する後輩が好んで食べていたため阪神間のお店は度々利用していました。

さてメニュー名ですが関西では「牛醤」ですが関東の人はこれが読めないのか「牛じゃん」になっています。
一方、関西では警察署の「警察」が読めないため「けいさつ」になっています。

■スープ
牛なので豚とは異なる味。臭みが少なくマイルドでクリーミーながら、マー油や辛味が載っているおかげで混沌とした味わいになってしまいます。
加えて卓上にはクラッシュ用生ニンニクにニンニクチップ(というかフレーク)、紅ショウガ、さらには無料提供盛り放題の辛子高菜など、どう転んでもジャンク方向にシフトしてしまうアイテム多数。

■麺
博多的ボソパツ細麺。
麺量少なくは感じませんでしたが当店限定で替玉1玉無料のためこれをバリカタでオーダー
どうも替玉が苦手なのは、後載せでスープに絡みづらいからでしょうか
と食べておいていうのも何ですが。

■具材
木耳、ネギ、チャーシュー、トッピング煮玉子。
木耳は食感良し、チャーシューはトロホロ過ぎる&やや甘で苦手タイプ

■感想
こんな味だったっけな?というのが正直なところでしたが
よく考えたらかつては関西風の背脂醤油を好んで食べていたのを思い出しました。
関東でも変わらずお店でスープ炊いてるのは好印象ですね。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「台湾まぜめん(辛シビ)¥634」@幸楽苑 スマーク伊勢崎店の写真いわゆる台湾まぜそばとは全く異なるのでオリジナル商品なのでしょうきっと。

コチラは妻のオーダーした台湾、後半引き受けました。

■タレ
すでに混ぜられ&半分食べられた状態だったので良く分かりません。
辛シビの名の通り辛味の麻×辣×痺が心地良い。

■麺
幸楽苑のつるつる麺とは異なるモチモチした中細麺。
麺1.5倍とのことでしたがもっと多いような。

■具材
辛味噌意外にキャベツニンジンネギ木耳モヤシ青菜。温玉。
肉レスながら寂しさは感じず。

■感想
ちょっとむせるような、しっかりとした辛さ。
花椒のやや金属味を帯びたような、痺れる辛さが清涼感を伴って鼻孔から抜けます。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件
75

「焼メン 大¥800」@大正麺業の写真食前、食後の味の印象が完全に合致する食べもの
並と大とが50円しか変わらないので、大にしてみました。

麺が見えないくらいの大量のキャベツ、上にはマヨネーズ、ケチャップ
これを崩しながらいただきます。

麺はウスターソースに絡んでおり焼きラーメンのような豚骨テイストは特になし、完全に焼きそば系の味。
キャベツ以外の具材は味玉半分、あとソースに紛れた微量の挽肉。
麺もかなり多く、味の変化に乏しいため途中でかなり単調に感じられます。
自分で大にしておいて言うのもなんですが。

なおスープがついております。中華清湯でネギが浮かぶそれもやたら塩辛。

どうにか完食、
食べた直後はもういいやってな印象でしたが、時間が経つとまた食べたいような…
これを中毒と言うのでしょう、オーダーされる方が多い理由がなんとなく分かりました。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 3件

「エビサンラータンメン¥830」@大阪王将 湘南台駅前店の写真当RDBにおける評価にて全「大阪王将」中トップのこちら、果たしてどんなお味なのかを検証しに

もとい、遊びに来ていた息子がチャーハン食べたいというので、徒歩で行けるこちらに参りました。

僕はいわゆる京都王将と比べて大阪王将への訪問頻度は極端に少なく、ゆえに目新しさを感じるメニュー構成。
サンラータンメンとは別にエビサンラータンメンもあり、そのビジュアルから後者にいたしました。


【スープ】
鶏豚野菜エキスに塩、調味料(アミノ酸等)、pH調整剤等々。合成的で旨みが強め。
と言うか、娘の頼んだ回鍋肉定食についていた卵スープとほとんど同じ味、全く酸辣ではありませんね…
卓上の酢をレンゲに3杯、辣油を付属の匙で5杯ほど投入し、立派な酸辣になりました。
スープ量は少ないかもしれません。

【麺】
黄色い中細縮れ。クセなく、ネガティブな臭みもないため万人受けタイプですね。
プリプリとした食感。麺量は120グラム程度の体感。

【具材】
通常のサンラータンメンではなくエビの方にした最大の理由が豆腐。
その他具材はエビ2種(むき身、干しエビ)、青菜、タケノコ、玉子。
豆腐はアツアツで酸辣スープに良く合いましたが、通常のサンラータンメンに入る木耳や豚肉が恋しくなかったといえば嘘になります。
また全体的に淡白に感じるのは肉が入っていないからかもしれません。


【感想】
極めてキャッチーな印象、例えばカップラーメンが美味しいのと同じような理由で美味しかったです。
あるいは子供が遊びに来た際の食事だったため、余計にそう感じたのかもしれませんが。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件