なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

立秋

男性 - 神奈川県

焼鳥データベースを望む

平均点 75.412点
最終レビュー日 2019年10月17日
1,222 1,052 2 5,099
レビュー 店舗 スキ いいね

「中華そば¥500」@カドヤ食堂 阪神梅田店の写真この日は現地同僚の車で大阪南部、
昼飯は通りがかりの「ラーメンむさし 羽曳野店」にて古色蒼然大阪豚骨醤油…
新店でもないのに未登録だったので登録だけしておきました。

さて夕方、
お初天神近辺で新幹線終電までの飲み会、の前にこちらに。
阪神百貨店スナックパークは場所も含め激しくリニューアルしていましたが、イカ焼きの大行列(30人オーバー)に今も昔も変わらないものを感じました。
並んで口頭注文、その場で出来上がりを待ち。
水汲んで、立ち食いなので任意の場所でいただきます。

スープは鶏と魚で優しくてふくよかで甘い醤油味。これは今や関東でも食べられる淡麗系な印象ですが、カドヤが先行した味です。
麺は平打ち気味の細麺。なめらかでしなやか、本店のムッチリした麺と異なるのは場所がら、茹で時間を短縮する必要からだと思われます。適度につるつる。ケンコバが昔関西の雑誌で「塩元帥」の麺を「体育館の床よりつるつる」と評していましたが、そこまでではないにせよ、つるつる。

具材はチャーシューとメンマ、海苔。
関西の方が関東のラーメンに対して挙げる違和感の一つに「海苔」がありますが、カドヤでは昔から海苔載ってますね。

スナック=軽食と考えれば納得の量と価格のバランス。大阪来た感あり、満足です。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「Bセット(ラーメン 小+ライス 小)¥500」@大正麺業の写真こちら、少し前から「ランチ 平日限定 500円~やってます」の看板。
入店してみますと果たしてランチは「500円~」ではなく「500円」のみ3種類。
Aが生姜焼き、Cが餃子。ラーメン絡みのBをお願いいたしました。
しかしこちらは比較的客単価高い繁盛店のイメージですが、こういう廉価メニューで客層の拡大にも余念がないですね。

小ぶりな丼&ライス。女性サイズだ、イヤ男性でもアリか。
スープは魚介に鶏な感じでとても優しい。看板の味噌とはまるで異なる方向性。
麺はツルプリとした細麺でしなやかな弾力。スープに良く合う麺ですが、流石に少ないですね。
具材はチャーシュー、味玉半分、メンマ、ネギ、海苔、ナルト。豪華。
チャーシューはホロホロ柔らかですが甘いのが個人的に酷。
具材減らして麺増やしてほしいという心の声。

以前10周年の時に配布していた餃子3個無料券を使用されている御仁が多々おられ。
餃子があれば量的にも満たされる気が少なからずいたします。

僕も家のどこかに10枚くらいはあるはず。
今度はそれを握りしめて来よう。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 3件

「日替わり¥670」@朝鮮飯店 亀里店の写真辛口もやしラーメン、牛タン大根煮、土佐煮、サラダ、キムチ、ライス、ドリンク

ラーメンはコクのあるスープにさほど絡まない中細プリプリ麺、辛口を謳うほどではなくピリ辛な感じ。モヤシ以外にニラ、ネギで韓国っぽくなくスタミナ風です。
牛タン大根煮は牛タンに大根、ニンジン。やや甘めでご飯のおかず。
筍の土佐煮。煮物が被ってしまってます。
ライスは遠慮しましたが大盛りも無料、ドリンクはメロンソーダを所望しました。

焼肉屋で焼肉食べたくない時に重宝するメニューです。

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 3件

「Cセット(チャーハン・半ラーメン)¥702」@れんげ食堂 Toshu 湘南台店の写真こういうのでいいのかな

この日は駅東側の未登録中華屋にフラれ(5回目くらい)、西口のこちらに。
中華東秀 湘南台店」のリニューアル店ですが、メニューなど以前との差異が分かりません。
「山田うどん」と「山田うどん食堂」くらいの違いでしょうか。
8月下旬、リニューアル直後の休日とあってか盛況な店内。
二日酔いで何を食べるか迷い、ハーフ&ハーフもありましたが全チャーハン×半ラーメンの標記をお姉さんにお願いしました。
直後にランチメニューの油そば500円を見つけ、そっちにすればヨカッタなと後悔したります。

さてやってきたラーメン、
業務用の醤油スープはやや甘め濃いめでクドさはない万人受けタイプ。
椎茸とかいろいろなエキスを感じます。
麺はピロピロとしたこれも汎用感溢れる中華麺。このスープにはこれしかないだろというある種の安定感ですね。
具材はわりあいに豪華でチャーシュー、メンマ、ほうれん草、ネギ。
でも夫々の味わいはあまり印象に残りません。

チャーハンもふつう。
何となくお腹は膨れました。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「神田雲林特製麻婆豆腐かけタンメン¥950」@雲林坊の写真辛×痺×汗×旨

九段で商談、
この辺りはどこもかしこもラーメン屋で目移りしているうちに13時、空腹を抱えたまま客先へ。
1時間ほどで商談が終わり、ようやく昼飯です。しかし暑いし、タンメンという気分でもないしなあ…
そのタンメンの向かい、さきほどまで行列していたこちら。暑いけど、突き抜けたものを食べようかなという気分で訪問しました。

店内左手券売機にて標記食券を購入。
店員さんからお冷やとおしぼりを受け取ります。
しかし狭い。カウンターに対し椅子が一脚多いんじゃないかと思われる狭さ。
厨房内は多国籍軍の様相。オペレーションを見ながらしばらく待ったのち提供されました。

ヌラヌラと怪しい色目のスープ、サラリとしていますがコクの無いライト系ではなく、鶏か何かの旨みを少し感じてあとは辣油が支配的。早々に麻婆餡に浸食されつつあります。
その麻婆豆腐は豆板醤と山椒、花椒が炸裂。ゴロゴロ入っている鷹の爪は齧らなければ直接辛さに結びつかないものの、それがなくてもむせ返るような辛さ。蒙古と比べるとこちらの方が辛さに奥行きを感じます。
豆腐もしっかり味が染みており、箸休めになりません。まあこの辛さを求めて来たのですが。
麺は細麺で太麺がいいなあと思いましたけど、これが美味しい。
全粒粉でどちらかと言えば低加水、ボソっとした硬めで素朴な口当たりで素材感のある麺です。
スープにも具材にも強制的に絡む麺なので勢いよく啜るとむせることは請け合い、慎重に啜ってモグモグと咀嚼しました。

刺激を受けつつ食べ進めていると辛いのか辛くないのか分からなくなり、最後は旨みだけが残り。
いい汗かきました。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「サンマーメン¥400」@中華料理 良美の写真この日は座間近辺、あんまり土地勘のないエリア。
万葉亭」に向かうと、7月末をもって閉店しましたとのこと…

ほど近いこちらに変更、こっちは海老名ですね。
この立地、通りがかりに…はまずありえない、狭い路地に佇む中華屋です。

店外にはラーメンとギョーザのセットで500円といったリーズナブルな表示の数々。
なお単品でもラーメン300円、ギョーザ200円でした笑

平成2年開業とのことでそれほど年季は入っていないのかもしれませんが、それでも昭和を感じる純街中華な店内。3席ほどのカウンターは使用されていないのか、1人客の僕でもテーブルに通していただきました。
壁の短冊メニューを拝見。どれも安い。
なぜかサンマーメンのみイートインとテイクアウトで価格が異なります。しかし470円で出前お気軽にってのもスゴイ。
あとギョーザをお願いしました。

まず少量ながら冷奴のサービス、追ってサンマーメンご提供の際にはおばちゃんから「野菜多めにしときましたから」のお声、
これはおばちゃんの(もとい厳密にはオペしている大将の)愛か!
と思いましたが、食後に過去レビを振り返ればomuサンにも同じ愛。
しかし400円とは思えない大きな丼ですね。


スープはガラベースで醤油がクッキリとしており、いくらか尖った味わい。
旨み調味料もビシビシと舌を刺激、それでもクドさはなく飲ませるスープとなっております。
麺は細くてピロピロとした食感の縮れ麺。
スープにもモヤシにもバッチリの相性です。
餡はさほどの量でもなくすぐにスープと同化、モヤシニラニンジンといった野菜たちはシャキシャキと食べ応え十分。豚こまもタップリといって良い量でしょう。
モグモグ咀嚼、これ400円なんだよな。

退店時には大将も奥さんもフロアに出てきていつもありがとうございます
初めてでも嬉しいお店。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺¥850+大盛り¥0」@牛骨らーめん 牛王の写真この日は武蔵新城、
BM店多数の中からこちらに参りました。焼肉屋みたいですね。
暑かったのでつけ麺の食券を、麺量は並200gと大盛り300gが同額とのことで大盛りに。
寡黙な店主に客は寡黙な僕だけ。あとから数名ご来店です。

器が熱いですから、のお言葉とともに数分でご提供いただいた麺とつけダレ。
そのつけダレはステーキソースのフルーティーな味わいにグレイビー、醤油、酢などを叩き込んだような濃い牛の旨みで酸味も強め。後を引く独特の味わいです。
ダイスカットされたトマトやタマネギ、わずかな肉片などが具材として混入。もう少し食感のある具材が欲しいところであります。

麺は中細の形状失念、ぱっと見はパスタ。
瑞々しくてピチピチとした食感、麺量も豊富に感じます。
そのまま食べたり麺にブラックペッパーを振ったりして、つけダレとの相性も良好。
ローストビーフは筋ばったりせず柔らかで、特につけダレに浸さずとも肉肉しい美味しさでした。

麺量多いですがスルスルと食べ終え、比較的軽めの食後感。
次回はらーめんを食べてみたいです。
しかしこの界隈はラーメン屋の多いこと。羨ましいです。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「Aセット 唐揚げ弁当¥760」@静雨庵の写真いざ鎌倉

商用で鎌倉まで行ったので考えもなしに市街地に向かったのですが、やはり車で来るところではありませんね。夏で平日の激混み道路。
鎌倉の住人は休日になると朝のうちに市内を脱出する、という笑い話もあながち冗談ではないのかもしれません。

さて気になっていたこちらに。完全蕎麦屋の佇まいです。
昼過ぎで店内満席、炎天下で少し待ったのちに案内されました。内装も蕎麦屋的ですね。

セットメニューはAセット唐揚げ弁当のみ。
BセットもCセットもなく、あるのはAセットだけです。

店内は老若男女、地元民に観光客に外国人で盛況。何だか皆楽しそう。
フロアのおばちゃんは大変親切でして、僕のラーメンが提供されるまでに時間がかかったことをしきりに詫びられ、氷の溶けてしまったお冷やを新しいものと交換してくれました。


「昔ながら」という形容は旨み調味料の効いた街中華を彷彿とさせるのですが、こちらのスープは鶏か豚か、動物系のジンワリとした味わいに被さるカエシは穏やか。
ややもすれば物足りなさを感じつつ、こういうのが丁度良いのかもと思ったりします。
麺は細くて硬め。こちらも主張しすぎたりせず、スープとの調和型。
具材はバラ巻きチャーシュー、メンマ、細モヤシ。
チャーシューはこれも下味控えめでしっとり美味、
メンマはクニクニとしていて量多め、モヤシは野菜不足を補う安価な栄養素ですね。


さて唐揚げ弁当
使い捨てのプラ容器ではない、番重型の弁当箱。
愛妻弁当を食べている人ならいざ知らず、僕のような人間にとってこの弁当箱というフォーマットは何だかワクワクするというか、ちょっとしたおでかけ気分。
ライスを茶碗、唐揚げを白い小皿などで提供されたらそれは単なる唐揚げセットであり、このお楽しみ感は確実に得られないものと思われ。
生姜醤油に漬け込んだ鶏ムネ肉の唐揚げは白米との相性バッチリです。


ご馳走様の言葉通り、このラーメンと唐揚げ弁当は僕にとって懐かしさを感じるご馳走でした。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「お子様らーめん¥0」@景勝軒 栃木平柳町店の写真人生の一瞬一瞬が曲がり角であり人はその一瞬一瞬に選択をする(中略)
そこからここにたどり着いたんだ(中略)
お前のたどる道の形は初めから見えていたんだ
(コーマック・マッカーシー「血と暴力の国」)

※ラーメン1杯につきお子様らーめん1杯無料となります(対象は小学生以下)

店内連食
もとい息子が食べなかったこちら

アゴ出汁が強く感じられるキレの良い(そして個人的には残念ながら甘い)クリアなスープ
ぱつんと歯切れ良い自家製細麺は麺量60グラムくらいでしょうか
具材は刻みチャーシュー、味玉半分、ネギ、ナルト、そして子供が喜ぶコーン
無料提供とは思えないクオリティであります。

キリ番レビューがこの一杯になってしまったのもアントン・シュガー(映画ではシガー)が言うように必然なのでしょう。
シュガーはサイコパスの殺し屋ですが。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 2件

「あんかけ五目ラーメン¥350→¥50(オーキャンチケット)」@神奈川大学 湘南ひらつかキャンパス Sol(第2食堂)の写真この日は娘のアテンドにて神奈川大学のオープンキャンパス?って昔からあるのかなこの制度。
ともあれ平塚奥地のキャンパスに参りました。しかしここのどこが湘南なのかしら。

受付でもらったガイドには300円オフのチケットがついていましたので昼は学食へ。
他校も同様でしょうがオーキャンの際にはメニューを絞っておられるようで、麺類はこの一種類のみのご提供でした。

学食なのでいわゆる学食形式、おばちゃんに食券出して目の前で調理を待ちます。麺は1分もかからず茹で上げてスープにドボン、で具材は寸胴からオタマでもりつけ。
パッと見には五目ではなく二目くらいのビジュアルでしたが、よく見ると四目くらいありました。

スープは鶏ガラ野菜のエキスにうま調の味わいが三位一体のバランス型、イヤな後味もなく無難な仕上がり。やや甘めで塩分高そう。
麺はニュルニュルとした柔らかな食感に適度なコシも有する汎用タイプ。スープの絡みは良いですね。
量は標準的な120グラムくらいの印象です。
具材はまず目についた二目がキャベツとニンジン、それらはいずれもクタクタながら適度にボリュームあり、助かります。
次の二目はモヤシと豚肉。モヤシはともかく豚肉は全く味のしない細切れというかカス。
あと一目は?と探すと、木耳に加え、何とタケノコも入っておりましたので結果五目でなく六目。
ただしメニューに謳うあんかけの餡が全く存在しないのが残念でした。

…などと50円しか支払っていないのに何だかんだ講釈を垂れるのは完全にお門違いですね。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件