なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

立秋

男性 - 神奈川県

焼鳥データベースを望む

平均点 75.412点
最終レビュー日 2019年10月17日
1,222 1,052 2 5,101
レビュー 店舗 スキ いいね

「とんこつカレー¥750」@ラーメン道 前略/武 本店の写真三浦縦貫道の終点。土地勘ゼロのためRDBで近所のお店を検索し、ヒットしたこちらに参りました。
大通りから一本入った川っぺりで、切り返しも含め車にはちとキツイ狭幅の道路沿いです。

場所柄からか、時間帯からか空いているウイークデイの店内はややラーショ的。壮年の大将と女将さん2名でのオペレーションです。
左手券売機にて「人気No.1」とある標記食券を購入いたしました。
水素水だったか違ったか失念しましたが、そのような記載のある給水器で水汲んで着席します。
食券提示後すぐにカレーの良い香りがし、さほど待たずに提供されました。

まずスープはスパイスの効いた濃いカレー味。ややトロミもあるせいか、カップヌードルのカレー味に酷似した印象を受けます。プチプチの背脂が多く浮かんでいましたがこれを除けばスープのベースは強くなく、完全にカレーに支配されておりました。
麺はプニプニと柔らかな太麺。これくらいの太さがないとこのカレーには埋没してしまうでしょう。
もうちょっと硬めの方がスープに合うかも。次回はそうしよう。
具材はキャベツモヤシなどの野菜がスープに激烈に合います。トッピングで増したい気分です。
キクラゲは食感よし、チャーシューは特筆なしでした。

メニュー豊富なので、この辺りに来たらまた寄りたいお店。
年に一度あるかないかくらいですが。

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

「嘉六カレーつけ麺 大盛¥830+ごはん¥0(ランチサービス)」@つけ麺 丸和 春田本店の写真この日は名古屋、
こちらのお店のある春田駅は名古屋駅から2駅しか離れていませんが、この関西本線が完全名前負けのローカル線…日中は1時間に2本しか電車がございません。お店にたどり着くまで予定外に時間がかかってしまいました。

さて入店しますと左手に厨房、右側に券売機。
厨房の男性陣もフロアの女性も明るく堂々とした接客。繁盛店の余裕が感じられますね。
メニュー群は大別して2種、「丸和」と「嘉六」
それぞれに中華そばやつけ麺、カレーつけ麺も両方ございます。
丸和が濃厚豚骨、嘉六が魚介系だそうですので、より丸長らしそうな嘉六を。でもカレーにしてしまいました。
嘉六とは創業店主の義父で、丸長で某山岸さんの先輩だった方のお名前だそうです。

水セルフ、おしぼりもセルフ。ランチタイムはごはんもセルフで一杯サービスです。

しばらくして着席。お客さんもひっきりなしにやってきます、提供時間は長め。
20分近く待ちようやく配膳されました。

麺はツヤツヤでムチムチとした食感の太麺。自家製とのことです。
それだけ数本摘まんでも、ギュっとした小麦感で美味しいですね。

つけダレは石鍋に入っておりグラグラ(「ヌル」という符牒で石鍋ではない丼での提供になるようです、あとから来た人がしていました)。
カレーはルータイプ、節系魚介も強め。
お手本のようなつけダレですが、個人的には味が濃すぎましたので麺を浸す量に気を付けながらズバズバと食べ進めました。
具材はしっとり系チャーシューが2枚、つけダレ側にナルトと材木メンマ。あとネギと、カレーの具かタマネギも少々混入しておりました。

ジャーからごはんをよそり、嬉しいことにタッパに福神漬けもあるのでそれもオン。
そのままつけダレにドボン…は塩分的に無理なので、つけダレをレンゲでごはんにかけて。
二度美味しかったです。


しかしライスを考えると麺量は200グラムに抑えておけば良かったかな、と欲張った自分に少し後悔。
名古屋行った際には必ず食べていた住よしのきしめんも入る余裕がありませんでした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「かれつけ並¥890」@狼煙 大宮店の写真この日は所用で実家に帰ったついでに、こちら。「ラーメン二郎 大宮店」跡地です。
昼から酒飲んじゃったので、16時過ぎでしたが早くも〆の一杯として標記食券を購入。
店員さんは皆さん元気が良いを通り越して…

つけダレは濃度高め、またおま系のお手本のような魚介豚骨にカレーは初動こそスパイシーですが後味はやや甘くてマイルドな余韻。
鷹の爪はただただ辛いです。
麺は剛性が強く小麦感も強くてとても美味。濃厚つけダレを引き連れても主張は失わず、しっかりとした食感と旨みが感じられます。

具材はメンマと海苔、ナルト、ネギ。玉ねぎ。チャーシューは失念しましたが当然入っていたと思います。
魚粉は具材じゃないですよね。

スープ割は卓上ポットでした。

並200グラムと中300グラムが同額ですが、つけ麺の標準を300グラムと考えると200グラムで890円はちょっとお高めの印象。
じゃあ300食べれば良いのですが…



そういえば東大宮のお店も二郎系辞めて「狼煙 東大宮店」になっていました。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「カレーラーメン¥972」@たんや善治郎 仙台駅 駅前本店の写真山形~仙台行きました。
山形ではあいにくフリーな時間が20分ほどしかなく、何も食べられず失意のうちに仙台に移動。
道中ayashiさん、ではなく愛子駅を通過。


さて仙台では東京に出ていない牛たん屋に行きましょうということでこちらに。
もろもろ食べたり飲んだりして、こちらの牛たん定食は麦飯一杯おかわり自由で店員さんもよく気がつく感じでおかわりどうですか、なんて聞きに来てくれますが丁重に辞退して〆に標記をお願いします。
オーソドックスな牛たんラーメンもありましたが、牛たんもテールスープも今いただいたばかりなので。
限定15食とのことですが、当日は20時くらいでもまだありました。

結構デカい丼で提供されます。
スープは意外にもドロ系のスパイシーなカレー。
素スープは全然分かりません。テールかな。
浮いている粒粒も何だか分かりません。そもそも酔ってたせいか写真見て初めて認識しました。
ともあれコクは十分、ボディがしっかりしてて美味しいカレー味。

麺は極細ストレート。素麺というか博多麺みたいな感じですが張力は強くしなやかで歯切れも良いです。
ただ、この力強いスープにはもっと太い麺、むしろうどんとかの方が合うのは間違いないと。
限定15食のために麺を別に用意するのが無理なのも分かっていますが。

具材は牛たんのしぐれ煮、油揚げ、ネギ。
しぐれ煮はメニューにそう書いてあったのですが見た目は全然異なり蛭みたいな感じでクニクニとした食感の小片がたっぷり。
甘いのではないかという不安もありましたがそれは杞憂でした。美味しい。
油揚げはそれ自体にしょっぱめの味付けがなされており、これも美味しい。
ネギは青白ザク切りがこれでもかと投入、問答無用に苦くて美味しい。


麺だけがちょっと好みから外れていましたが
牛たんは厚切りカット、店員さん親切、お通しはサービスでラーメンメニューも複数存在となると、次回仙台訪問時に再訪しない理由はないですね。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「カレー中華そば¥870」@森田屋支店 太田店の写真家族の目を盗んでコチラに。
相変わらずの超人気、年始早々老若男女が列を成しています。
またこれはお店が禁止していないのでどうしようもないですが、少人数で並んでいて入店直前にどこからともなく連れが合流するグループが多数存在するのは萎えますね。
ともあれ寒空のなか、入店まで1時間を要しました。

空席はチラホラありましたが、店内待ち椅子にて10分ほど待ってから女将さんに「空きましたよ~」と案内され、水を汲んでようやく着席。オーダーしてからはさほど待たずに配膳されました。
思わずニンマリとしてしまうワイルドなビジュアル、待ったかいがあったというものです。

スープは豚ガラ系のじんわりとした旨味、カレールウは中辛くらいの適度なスパイシー加減で、融合すると激しく美味。スープをレンゲで掬うとカレーに入る豚こまやトロトロ玉ねぎも一緒に拾われ、もはや食べるスープです。

麺は太さ不定の手打ち。モッチリとしていて表層はやや水っぽく、うどんあるいは細くしたすいとんのような食感も相変わらず。
麺量も確実に300グラムはオーバーしていると思われ食べ応えは十二分、これを美味しそうに平らげているおじいさんや地元マダムの胃袋はどうなっているのか、いつも疑問に思います。

具材は柔らかバラチャーシューが2枚、あとネギ、ルウには前述の通り豚や玉ねぎ、あとニンジンなど具材がタップリ。

ウマウマカレーに膨大な麺量、チャーシュートッピングせずとも満足の一杯でした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 3件

「カレーつけ麺(黒クミンスパイシー)¥880」@バタチキ 前橋店の写真この日は次女のリクエストにて、息子と3人でこちらに参りました。
店内は日本語のたどたどしい3名の印パ系店員さんで切り盛りです。

左手券売機にて僕は標記、
次女はお手軽満腹セット780円、内容はカレー2種×ナンorライス(2回おかわり可)×タンカラ(タンドリーチキン唐揚げ)2個
そしてセットメニューを一つ頼むと12歳以下の子供はお子様カレーが無料とのことで、息子はタダ!
お財布に相当に優しいです。
次女はラインの画面か何かを提示してラッシーをも無料ゲットしておりました。

さてつけダレは5種から選べるとのことですので黒クミンスパイシーにいたします。
つけ麺にはハーフのナンが付きますが、やって来たそれはどこがハーフ?的サイズ。娘息子のナンと比べても違いが分かりません笑

つけダレはサラサラながらもクミンシードのエスニックなスパイシー加減にイカスミの魚介感を帯びたコクが混然一体となって重厚な旨み。酸味が効いていたりするとなお良さそうです。
で、麺はいわずもがなですがカレー屋が片手間に仕入れたやつではなく、系列専門店の四角い太麺、クニクニとした弾力にしっかりとコシを有したタイプ。
惜しむらくは麺の少なさ。100グラムくらいでしょうか。
足りない分はナンでカバーせよ、ということですかね。

全長400㎜くらいのナンは熱くてアブラっぽく、食べ応えは十二分。コナモン同士で結構お腹が膨れます。
娘がおかわりしたナンを「半分あげる」、で追い打ちをかけてくれました。

具材はつけダレ側に何か沈んでおり、麺側にはタンカラ2個と水菜にトマトスライスといった、いずれもつけ麺らしからぬラインナップ。
タンカラは全くタンドリーではなく微かなカレー風味でしたが、大ぶりのジューシーモモ肉で量的な不満はなく、後半はむしろ食傷気味。
そんな中で水菜とトマトの清涼感が嬉しかったです。


景勝軒の麺をカレーで食べるのですから美味しいに決まってますよね。
ただ全体的に「重い」ため、すぐにリピートしたい気分にならないのが玉に瑕でしょうか。

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「小豚レッドカレーらーめん¥750」@原点らーめんの写真先日食べ損ねた伊那「原点」のリベンジを前橋「原点らーめん」にて。
たまには小豚、息子はチャーハン。

◆スープ
乳化豚骨×カレー×唐辛子×背脂
しっかりとした豚骨ボディに唐辛子のピリ辛、カレー粉のスパイシーさが相乗効果を発揮し、パワフルな辛さと旨さのコラボ。相当クセになる味わい。
辛いのが苦手な人にはお勧めしません。

◆麺
太×硬×小麦
しっかりとした太麺はそれ単体で十分な存在感、スープを持ち上げるとさらに美味しいです。そこに野菜も絡めて咀嚼すれば、なお至福。

◆具材
豚、ネギ、モヤシ
いつも書いていますが野菜マシ設定を渇望してしまう、スープに合わせると最強に美味い野菜、特にネギ。
豚はしっとり厚手のが3枚でしたが、ちょっと筋張っていて増さなくてもヨカッタな。

◆総評
豚の旨みとカレーの刺激が食欲を増進する秀逸スープ。昔は二郎系にカウントされていましたが、下手な駄目二郎よりも美味しく感じられます。
スープ飲んじゃダメだろ、と心の声がしますが止まりません。

こちらにはもう足かけ20年近く訪れていますが、大将いつまでも老けないですね。
客には(良く言えば)寡黙、若い女性の助手さんにはニコニコ、なのも変わらず。
しかし助手さんももう何代目でしょうか、よくもこのお店(綺麗の反対)でこれだけ若い子を採用できるな…

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 4件

「がっつり辛濃厚カレー麺 ¥990」@丹行味素 北新横浜本店の写真カレーうどんですよ、と言われれば、ああそうですかと納得してしまいそうな一杯。

麺は名古屋の味噌煮込みうどんほどではないものの、それに類する硬質感。さほど大きくない丼に麺が詰まっており、もぐもぐと咀嚼して適度な顎の運動になります。

カレーはほとんど素スープを凌駕するほどに大量。
ニンニク、ショウガの隠し味だそうで、辛さの中にも甘みを感じる大人タイプ。それなりのボディですが、濃厚よりも粘度が高いという表現の方が合う感じでした。

唐揚げにベーコン、あばら肉のような柔らかな肉で個人的には肉多すぎ。これは先輩レビューを一切拝見せずにこのメニューを選んだ自分の問題で、お店には何の瑕疵もございませんが。

苦みの強い玉ねぎが良いアクセントになりました。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「咖喱拉麺(ネギ多め)¥853+ライス(小)¥151」@来来亭 寒川店の写真僕は魁力屋派なのですが、この日はくるくる亭。
カレーラーメンを見つけたのでそれと、あとライスをお願いしました。麺は太麺がデフォルトだそうです。
小ライスとの組み合わせで4桁到達は率直に高いですねえ。なお平日の14時までならライス無料とのこと。

通常の丼だとカレー色がついてしまうと思われ、黒丼での提供。
ベースをかき消す濃厚なカレー味…しかし後味の甘いこと。
個人的に料理への甘味耐性が低いため、ちょっと苦手な余韻。

麺は太麺でムチムチ美味、これからは普通のラーメンも太麺にしようと思います。
具材は通常メニューと異なる豚バラと刻み玉ねぎと糸唐辛子メンマネギ。
特筆なく、不満もなく。

くるくる亭でカレーを食べる必然性はなく、お店側もとりあえず用意しています的なメニューですかね。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「牛乳カレー味噌ラーメン¥700」@わたいち食堂の写真昭和49年3月創業のこちらのお店。
43年て長いよな。
昭和49ersの自分としては親近感と言いますか、長らく営業されていることに畏敬の念を禁じ得ないのであります。

外観からは営業しているのかどうか判然としませんが、入店しますとなかなかの盛況ぶり。
初老のお父さん&お母さん、さらにそのお母さんで切り盛りされておりました。床には岡持ちも。


頼んだのは牛乳カレー味噌ラーメン。
味噌カレー牛乳ラーメンは経験済みですが、牛乳カレー味噌は初体験です。
結構オーダーされる方が多いようで(後客様2名も)、恥ずかしがらずに大きな声で頼んでもダイジョブですね。

スープはスパイシーなカレー粉が前面に出ており、味噌は控えめ。まったりとした牛乳のコク。
ご飯に合うタイプではなくあくまでラーメンスープとしてのカレーですが、かなり後引きます。
思わず麺&具材に行く前にスープ完飲するところでした。

麺は中細のストレート。
街のラーメン屋らしく特徴に乏しいコシなしゆるゆるタイプ、このスープの前にはこれくらいでも問題なし。

具材はロースのチャーシュー、玉ねぎ、モヤシ、あとニラかな。おいC。


雰囲気先行ながら、完全に嗜好に合致する一杯でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件