なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

立秋

男性 - 神奈川県

insanity laughs under pressure we're breaking

平均点 75.357点
最終レビュー日 2019年6月23日
1,189 1,024 2 4,861
レビュー 店舗 スキ いいね

「煮干ラーメン¥750」@ラーメン ABE'sの写真この日は静岡、他サイトでも高評価のこちらに。
平日昼間で何人か外待ちしておられましたが、幸い店先の駐車場は空いておりました。

店内右手に券売機、水は卓上セルフ。
醤油、塩、煮干、丸鶏、つけ麺など色々ありましたが標記を。接客は親切丁寧です。

スープは煮干>鶏、無化調だそうで。
煮干のエグミや苦みは少なく、下処理が丁寧なんだろうなと。
ボディは中庸でいくらでも飲み進められますが、反面、オリジナリティには乏しい感じ。

麺は低加水のボソパツストレート。
これもこの煮干しには王道の組み合わせ。麺量は150グラムくらいでしょうか。
持ち上げると綺麗にほどけず、やや塊感があります。

具材はバラ巻きチャーシュー、メンマに海苔、ネギ。

丸鶏とか、他のメニューの方がこのお店の個性が出ているのでしょうか。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「【朝】たまごかけごはんセット(かけ×太麺)¥450」@麺&cafe Coi.Coi.の写真具材は刻み玉葱のみの、かけラーメン
麺は細麺がデフォルトですが太麺にも変更可能です。全粒粉練り込みの手もみ麺、麺量はしっかり160グラム(太麺の場合)。
トドメに無化調。

ですが生たまご&おかかごはんのセットで450円、ラーメン単品だと300円という驚愕の価格設定には畏れ入ります。


息子をサッカーの練習で太田方面に送った帰り道、長年BMしておりましたコチラにようやく参りました。
朝8時過ぎで看板の「営業中」さえなければどう見て閉店してる外観ですが
入店するとボックス席も含め盛況、この人たちは車も電話もないのにいったいどこから来たのでしょうか。
朝からハイボール飲んでるし。

左手厨房ではヤングな店主とメガネの女性、セルフ水を汲んで標記をお願いしました。
前金制です。


スープは穏やかでジワジワと舌に沁みる煮干しに豚のバランス型、ボディはしっかりしておりますが無化調らしく後味はスッキリと纏まります。
玉葱の苦みが堪りません。

麺はツブツブ全粒粉の平打ち太麺でビジュアル的には大阪福島「讃く」のそれを彷彿とさせますが、食感は剛性が強くて全くの別ものです。カクカクとしており歯触りと言うか歯ごたえに強靭なコシ、また風味も豊かでスープに負けない主張の強い麺。
一反木麺みたいな幅広も混入しておりました。

朝にピッタリな、穏やかな美味しさ。
中ぶり丼のご飯にはかつおぶしが散らされており、卵と醤油とで美味しい猫まんまでありました。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺¥850」@惠本将裕 神泉店の写真神泉のエモやんに行きました。
ビル1階ながら奥の奥でアンダーグラウンドな感じ、店内薄暗くてバーですね。
暑かったのでつけ麺をお願いしました。

■つけダレ
煮干とカエシが尖がったショッパいつけダレ。
ほうれん草に細切り筍、赤タマネギのざく切りが適量投下されているが、これらも当然かなりショッパい。
それでもタマネギの苦みと食感はよいアクセント。

■麺
断面四角の太麺。
水で〆ていないのか少し麺同士がくっついており、反面モチモチ感は強いのでこれはこれでイイのかな。
麺量は昨今のつけ麺事情からすると少なめ、200グラムは無いですね。

■具材
麺側には肩ロース肉2枚、海苔1枚。
肉はしっとり食感に塩気もさほど強くなくこれ単体で麺と合わせて美味。
海苔は中庸でした。

■その他
食べ終えてお会計、スタンプカードをくれました。
2回めの訪問で味玉をいただけるとの説明も。
それもまあうれしいのですが、スーツ着てたので帰りしに「いってらしゃい」と言われて、
こういうのがうれしい。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「背脂煮干¥750」@肉煮干中華そば 鈴木ラーメン店の写真相模大野駅は阪急のターミナル駅のような雰囲気を醸し出し、どこか懐かしい。

◆汁
1人前100gの煮干を使用、と言われても今一つピンとこないのですが、昨今のエグみ追求エクストリーム系煮干とは一線を画す、バランス型。
多めの背脂によるふくよかな口当たり、キレのある塩加減に煮干の旨みがコラボします。
ちょっと苦めの刻み玉ねぎが良いアクセントになり、その塩気にも拘わらず、飽きが来ません。

◆麺
カクカクと折り目がついたような硬さで極太の範疇に入ると思います。
麺自体に素朴な味わいがあり、スープと一緒になるとさらに美味しい。
適度に咀嚼するので実際の量以上に多く楽しめました。

◆具
柔らかいチャーシュー、メンマ、玉ねぎと黒ばら海苔。
この海苔は板海苔のような感じで全体を破壊する磯臭さはなく、煮干スープと見事に調和。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「ワンタン麺¥880」@大宮大勝軒の写真実家帰ったついでにO宮大勝軒。
店内左手券売機にて標記食券を購入すると、当該食券のほかにもう1枚出てきます。
「10枚で中華麺1杯無料」のサービス券、こういうのは嬉しいですね。
1年間有効なので、たぶん集めるのは困難ですけれど。


助手さんに食券を渡して待つこと5分ほどでお盆に載った巨大丼&巨大レンゲ、我が青春の永福町そのまんまです。
スープは鼻孔をくすぐる煮干しの馨しき風味にユズのアクセント、アブラは少な目ですが適度な余韻を残します。
麺はムッチリとした細麺で2玉入っているので食べても食べても減りません。
具材はモモ系の肉と細くてクキクキしたメンマとただのナルトとただの海苔。あとネギ。あとワンタンは茹で時間が短いのか硬めで皮が崩れておらず肉が主体で味はまさしくワンタンの味でした。


大勝軒にしろ二郎にしろ家系にしろ、レビューする人々はその味を求めている訳で、一般のラーメン屋とは異なり当然高得点に結びつきやすく、すなわちRDBの屋台骨を支えているんですね。
知らぬ間にスープの分類に「煮干し」ってのが加わっていました。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「こく煮干し 中(手打ち)¥730」@長尾中華そば 青森駅前店の写真本来の目的地たる青森に行ぎました。
あまりに寒いので宿泊した駅近でのラー食です。

店外券売機にはシャッターが備わっており、吹雪いたりすると各自ガラガラと開け閉めする仕様。
「煮干しが苦手な方はご遠慮ください」とある限定の「ごくえぎ(極液?)」は遠慮し、次に煮干しが強めな標記を、麺は3種類から選択できるので手打ちにしました。

凸凹カウンターの店内はニボ臭に溢れ、やや不愛想気味の店主&女子高生っぽい女子の2名体制。目の前は高台、パチンコの景品交換所みたいな隙間からコップがスッと差し出されます。
ライスはジャーからセルフで無料でしたがパスしておきました。


数分で提供されたブツはマットな感じの濃厚な色目。啜るとザラツキとともに煮干しがズシンと来ますが、意外や後味はスッキリ。動物系も控えますがあくまで主役は濃厚な煮干し、それでも苦みやエグ味のない、とてもバランスの良いニボ味です。

麺は中太のストレート。手打ちとありましたがどうみてもマシン打ちな均一加減、ですがムッチリと弾力に富み、スープの持ち上げも良好。150gとは思えない食べ応えがありました。

具材はモモとバラのチャーシューにメンマ、ネギ。
しっとりとしたモモ肉をスープに沈め、大変美味しかったです。
ネギはシャリシャリとした食感にわずかな苦みが良い感じ。


昨今のエクストリーム煮干しにチョット舌が疲れた方におススメです。
場所もチョット遠いですが。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件