なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

立秋

男性 - 神奈川県

焼鳥データベースを望む

平均点 75.412点
最終レビュー日 2019年10月17日
1,222 1,052 2 5,099
レビュー 店舗 スキ いいね

「チャーシューメン¥900」@ラーメン頂の写真この日は東海大学前駅が最寄りの(とは言え駅からは結構遠い)こちらに参りました。この辺りは登録だけされて未レビューのお店がいっぱいありますね。

やや手狭な店内は店主殿の一人オペ。券売機はなく口頭注文です。メニューでは特徴的なビジュアルのチャーシュー推し。疲れていて肉気分だったのと、ビジュアルに関西っぽさを感じた標記をお願いしました。水セルフ。
休日の昼間でそこそこの客入り。オペがやや滞っている感じで、テーブル席の3人連れは皆さん同じオーダーでしたが1人だけ提供タイミングが異なっていたりしました。

やがて提供された一杯。意外に平たい丼に写真通りのフラワーです笑
真ん中が空いているので、そこからスープを啜ります。
ラーショのような豚骨醤油。ただ旨み調味料がビシビシと攻めては来ず、カエシが強くて動物感がその次。やや大人しく感じたため、卓上のおろしニンニクを早々に投入します。タップリ入れました。
中細の麺はプリプリとして柔らかく。どうしてもチャーシューが主役に感じるため脇役感のある麺ですが、スープによく馴染み、あれこれ考えずに啜るのに適した良麺。
具材はチャーシューが8枚、メンマ、ネギ、海苔にワカメ。この辺もラーショ的。
スライサーで均一に切られたチャーシューはこの提供形状ゆえに当然冷たいのですが、僕はそれを気にしないので問題ありません。
メニューに書かれていた通り麺を包んで。下味控えめで肉として美味しいです。
海苔も意外と風味よく。メンマはさほど印象に残りませんでした。

ビジュアル以外は奇を衒わない、オーソドックスなラーショ的豚骨醤油。
プラス50円の塩バージョンや、1日10杯限定のつけ麺も気になるところでした。

しかし久しぶりの自転車活動、ランニングとは違う筋肉を使うので疲れた…

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン 少なめ¥700+チャーシューポテサラ¥150」@ラーメン ゼンゼンの写真前情報では各種制約によりスパルタンな印象のこちら

・食券は前の人が買ったら続けて買う
・先にラーメンの食券だけ渡し、トッピングは着席してからカウンターに置く
・席は空いても案内するまで待つ
・写真撮影は外観とラーメンのみ

これら注意事項は全て記載がありましたので、それを読んでいればさほどハードルは高くない気もします。
確かに店主はゴッツでぶっきらぼうですけれど。

平日12時の開店直後。ちょっとの差で店内ベンチスタートになってしまいましたが、一見にはむしろベストポジションだったかもです。
券売機は少なめ250gが別ボタンだったので迷わずそれを。またホワイトボードだか掲示板だかに
「チャーシューポテサラ 150円トッピング券を」
とあり、それも。
よく考えたらポテサラってトッピングじゃなくてビールのアテなんじゃないの?
という思いが脳裏をよぎりましたが、自身無類のポテサラ好きなのでまあいいです。

しばらく待っていると店主が麺量を確認。この時にトッピング券は出さずにラーメンの券のみを渡すわけですね。外待ちしてても聞かれるので注意が必要です。
しばらくしてカウンターが数席空きましたが指示通りベンチ待ち。
数分してどうぞと案内されます。ここまで入店から30分。席の状況により1人客を優先されていました。
水汲んで、トッピング券は高台に。皆さん豚増しとか炙りチャーシューの中、僕だけポテサラですごいアウェイ感です。

オペレーションを拝見するに、店主は良い意味で神経質、生真面目な印象です。
先にチャーシューポテサラがヒヨコ茶碗で提供され、やがて「ニンニク入れますか?」には「ヤサイお願いします」と返答。

何となくラーメン荘みたいな見た目の一杯。
スープはカネシ醤油の切れ味鋭く、一方で二郎的酸味には乏しく。豚感というかボディはややおとなしめの印象です。
ニンニクを入れたら結構化けそうで、仕事中なのがとても悔やまれました。
麺は極太、名古屋の味噌煮込みうどんの次くらいに硬く。個人的にはもうちょっと柔いのが好みですが、食べ応えは十二分でした。
具材はしっとり繊維質の豚、あとモヤシとキャベツのお山。
豚は分厚いカットで適度な醤油味がありがたく、一方でお山はややスープを薄めてしまう逆効果に。

トッピングのチャーシューポテサラはポテトサラダにチャーシューの切れ端を和えて胡椒を振りかけた一品。
これはどこまで行ってもポテサラであり、全然ラーメンのトッピングではありません。
スープをかけたりして味わいましたが、蛇足感は否めませんでした。


余談
店主は客の「ごちそうさま」に対してほとんど無反応という記載を見かけます。
しかしながら僕は返答をいただきました。
これは推測ですが、生真面目な店主が返答する、しないは会話にそのポイントがあるような気がいたします。
会話と言っても、店主から何がしかの注意をされるのは一方通行のダメ出しでしかなく、明確に会話、すなわちキャッチボールと呼べるのはコールタイムだけ。
「ニンニク入れますか」は完全に定型文ながら、それでもこの時店主は丁寧語で問いかけられます。
これに対する返答が肝なのかなと思いました。
(勝手な想像ゆえ、全然違うかもしれません。)

余談Ⅱ
10月からの増税および材料費高騰に伴い、麺類全て50円値上げ(大盛りは50円から100円に値上げ)だそうです。
それであれば、なおさら麺少なめは券売機のボタンも別ですし、価格据え置いて欲しいなと思いました。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン¥700+キャベチャー¥100」@ラーメン竜家 六角家姉妹店の写真この日は寒川、
後輩オススメ家系店であるこちらに参りました。
入る前から豚臭い店内、期待が持てます。

右手券売機にて標記食券を購入、水セルフ。
L字カウンターに厨房という昔ながらのラーメン屋。誠実そうな大将と女性は奥さんでしょうか。
麺硬めでお願いしました。

しばらくしてまずキャベチャー、追ってラーメンが提供されます。
たっぷりのスープは濃厚でありながらそれほど尖っておらず、旨み調味料も控えめ。
最初はちょっとパンチに欠けるかな、と思いましたがグイグイいくにはこれくらいのバランスが却って良いのかもしれません。
麺は酒井製麺でしょうか、何となく細く感じます。ボソッとした啜り心地でモクモクと咀嚼。美味。
スープがやや大人しいですが絡みもまずまず。
卓上にはニンニク、ショウガ、豆板醤、粗挽き唐辛子などあり、味の変化にはうってつけ。
具材は厚手のロースチャーシュー、ほうれん草、ネギ、海苔と王道。
キャベチャーも少しづつ投入してキャベツのパリパリ食感を楽しみます。

店内外の匂いから想像したほどには豚臭くはありませんでしたが、これぞ家系という安定の一杯でした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン¥680+キャベツ¥100」@厚木家の写真この日は厚木、
長らくロックオンしていたこちらのお店にようやく参りました。
階段で2階入口へ、平日の11時過ぎで店内7割ほどの客入りです。右手に券売機、水は奥の給水器でセルフ。
厨房内の男性陣は威風堂々、そういう目で見ているからか、なんとなく「家系総本山 吉村家」を彷彿とさせます。
麺硬め。

やって来た乱暴なキャベツのお山、
スープは鳥豚動物園にカエシがガツンと炸裂するザ、もといジ・家系。個人的に家系が久しぶりだったせいか、強烈な美味しさ。唇ペタペタ。
次は麺…にはたどり着けませんね。
適度な茹で加減のキャベツは食感良く、微かに甘く。動物スープに浸してからの食物繊維感が堪りません。ウマいウマい。
麺は酒井製麺の平打ち短め。
ピチピチとしていて勝手に舌鼓な感じ。麺量は良く分かりませんがキャベツのテクスチャーもあり、並盛でも十分なボリュームでした。
あと具材はほうれん草、ネギ、チャーシュー。
チャーシューは厚手でハムみたいなミシミシ食感、燻しが効きすぎてなんとなく仏壇を彷彿とさせる味わいで個人的には不味、その他美味しかったです。

デフォで680円というのは素晴らしいですね。
これからは週一で通うぞ!と無理な目標を立てました。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン¥730+つけ¥50(麺少なめ、ヤサイ)」@ラーメン二郎 湘南藤沢店の写真この日は藤沢昼二郎
11時15分の店先には6、7名程度の外待ち列。少し前に並んでおられたのがeddieさんなんだろうな多分。
11時40分くらいに店内券売機に。標記食券を購入し、さらに中待ちしている間に坊主頭の店員さんより麺量の確認が入ります。
少なめを申告。周りの人も少なめコールが多かったです。
しかしこの越谷二郎Tシャツの店員さん、声の出し方といいキレのある動きといい、素晴らしいの一言でした。

12時ごろに着席、水汲みに。
つけ麺はまとめて作成されるようで、ラーメンの方と順番前後しながらニンニク入れますか?
にヤサイを返答したのち、麺とつけダレの丼が夫々提供されました。

麺は硬質感のある平打ち太麺。
麺とスープと分離してしまうと何となく二郎っぽさも薄れるような…って、こちらでも他店でも過去つけ麺は食べているので、この印象はこの時特有のものと思います。
つけダレは二郎バランスの豚骨醤油。
つけ麺ということを考えればもうちょっと濃くても良いのではと思える薄さ。また酸味にも欠けますが、これは卓上の酢で補えました。温度は比較的ぬるめ。
豚は薄手スライスが2枚、野菜はクタクタを通り越してグッタリしておりました。

二郎に求めるものはつけ麺じゃないのかなと思いつつも、夏の風物詩を堪能した次第です。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 4件

「小ラーメン(少なめ)¥700」@ラーメン二郎 越谷店の写真越谷に呼ばれた。

日曜日の12時17分、市営越谷駅東口駐車場(300分100円、しかも最初の30分は無料)に車を停めてお店に。
休日ゆえ外に10人くらい並んでいましたが、客捌きをする小僧さんがいるので一見でも安心です。
ゆるゆると進む列。12時45分くらいに入店、券売機にて標記食券を購入いたしました。

店内待ち椅子にて待つことしばし。
厨房は店主と男性助手、あと雇われ感満載の女性店員さん。
助手の方は食券確認の際に「少なめとか、硬めの方はおられませんか~」と親切です。
券売機に「麺350グラム」の表示があったので麺半分にしようかと思っていたのですが、何だかいけそうな気がして来たので半分ではなく少なめでお願いしました。

しかし同一ロット(バッチ)の方々はめっちゃ食いそうな方々ばかり。どうしよう。
「ニンニク入れますか」には「そのままでお願いします」と返し、13時ちょうどくらいにご提供です。

スープは尖っています。
カエシと豚と化調の三位一体型で酸味も強め。
乳化二郎も良いですが、こういうシャープな味わいもまた良いですね。
麺はデロリアンな食感の平打ち太麺で、ひたすら熱い。麺を啜った感想で熱いというのは久しぶりです。
ムチムチで美味。

豚は分厚いのが2枚とあとモヤシキャベツ。
ヤサイはマシませんでしたがそれなりの量であり、物足りなさは感じませんでした。

少なめ二郎を堪能して退店しますと駐車場での清算時刻は13時16分。
ガソリンタダなので交通費は正味100円、とても良い気分で帰路につきました。

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

「小ラーメン 麺半分(ニンニク少なめ)¥750」@ラーメン二郎 川越店の写真さいたまが俺を呼んでいるんだ(岡崎体育「からだ」)

この日は所用で実家に呼ばれ、折角なので未訪の埼玉二郎のどちらかに、と思い帰り道方向であるこちら「ラーメン二郎 川越店」に参りました。
オモイキリ16号沿い、近隣にコインパーキングなさそうです(軽専用のはありましたが)。

休日のお昼時。店内覗くと満席ながら、カウンター背後の待ち椅子が空いていましたので入店して券売機で小ラーメンのプラ券。頼みませんでしたが限定は紅ショウガか何かでした。
先客様が食べ終えてご馳走様しても店員さんから「どうぞ~」とかなく、次の人は勝手に着席する感じ。
僕もそうします。

さてこちら店舗情報によると麺量が相当に多いようですので、プラ券提示の際に麺半分を申告。
それ以前に、私事ですが連休明けに会社の健康診断がありました。
体重前年76㎏→今年67㎏もさることながら、腹囲前年87㎝→今年75㎝がとても嬉しく、今後二郎では絶対麺半分にするぞ!と心に固く誓ったのでありました。

でしばらくして、コール「ニンニク少なめ」で提供されたのがコレ。
サスガ直系、超ウマそう。

スープはどっしり構えた重量級の乳化豚。カエシの酸味もいいキレ味で、とっても美味です。
こちらの店主は関内ご出身とのこと、関内=甘いというイメージを勝手に持っていましたが、そんなことはありませんでした。

麺は表層硬め、食感はムッチリとしたオーション麺。
スープをよく吸うのでしょうかなかなかショッパめの味わいですが、これも二郎基準で相当に美味。
もうちょっと食べたい気もしましたが、かといって少なめとかにしてしまうと今度は後悔しそうな…

豚はしっかりカエシに漬け込まれていて濃いめ味、パサついておらず肉肉しいジューシーな印象です。
ヤサイはクタリ気味で、麺と一緒に啜るのに適していました。

麺半分なので速攻で食べ終えて。
個人的な好みにも合致しており、相当に後引く二郎でした。


あと残りは荻窪と越谷と新潟
麺半分で頑張るぞ!

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン 並(ヤサイニンニク)¥680」@ジャンクガレッジ 越生店の写真この日は越生辺りを移動中にお昼時、
付近のラーメン屋を検索したところ、太郎系「ラーメンショップ太郎」と二郎系「ジャンクガレッジ 越生店

うーむこんな長閑なエリアにジャンクガレッジがあるのか

越生は「おごせ」と読みますが、生越と書いても「おごせ」と読みます。
不思議ですね。
行ってみました。

本当にありました。緑の看板。
「TACOまぜ」なる期間限定をプッシュしているようですが、初訪問なので普通のラーメンの食券を購入いたします。
店員お姉さんに食券提示しますとすぐに無料トッピングの確認。
トークはマニュアル化されているようで、僕の後に入店した、明らかに一見さんなファミリーにも問答無用でコールタイム。
突然聞かれても分かんないですよね。ギャルママに「は?」とか何度も聞き返されていました。

さて僕はヤサイとニンニクをお願いして、待つこと数分でご提供。
地味めのビジュアルです。

スープはやや薄めで調味料の味が強くて豚感薄めの二郎テイスト醤油。
JGのラーメンはかなり久しぶりでしたが、こんなだったかなあという印象。
それでも物凄くタップリ投入されているニンニクを溶いて、それらしく感じられます。

麺は硬質感のある四角い太麺。
ゴワっとした感じで、スープと比べるとしっかりとした存在感です。
並は麺量200グラムだそうで、個人的には丁度良いですね。

具材は巻きブタ1枚とモヤシ主体のヤサイ山。
TACOまぜ用でしょうか、カウンター上にハラペーニョソースが用意されていてナイス!
味のしないモヤシにジョビジョビと垂らしてパンチマシマシです。


雰囲気二郎な一杯、それなりに美味しくいただけました。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「家系ラーメン¥880+税」@湘南台温泉 らくの写真平成ラストに

世は10連休僕は出勤。でもさすがにヒマで、定時退社の4月末日。

平成も最後やし、身を清めるか

などと考え帰宅後、歩いてこちらの温泉に。目の前の人気焼肉店「ざんまい」は雨なのに外待ち行列、こちらの温泉は僕と同じような想いの方々か、ごった返していました。

さて入浴したし、酒で身を清めるか

お食事処「さくら」
ここのお食事処は「お一人様ですか」と聞かれたりお冷を提供してくれたり(、会計も温泉とは別個にここのレジで行ったり)と、独立した食堂のような感じでした。
いろいろ飲んだりして、〆にラーメン。
選択肢が醤油ラーメンか家系ラーメンしかないというのも神奈川らしい。

やって来たのは家系多分
スープはライトな豚骨醤油
家系か否か問われれば
消去法で多分家系醤油

麺は丸ポソ小麦粉太麺
意外に美味しい低加水

酔いも多分に良い影響下
でもあまり主張しない麺

甘くて全然合わないチャーシュー
これはおそらく醤油ラーメン兼用
冷凍食品ライクほうれん草
あとネギと海苔

今日もヒマ、午後半休で同僚と藤沢で昼から令和飲み。
良い一日でした。

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「ミニラーメン(ヤサイ)¥700+生卵¥50」@麺屋 歩夢の写真色々と思うところがあって減量中。おかげで体重は年初から1割減も、手段が目的化してしまい一体何を目指しているのか分からなくなって来ております。
なので久々に二郎インスパイアでも食らうべく、仕事のついでに淵野辺に。幸い駐車場も1台だけ空いておりました。

外の券売機にて食券を購入してから並ぶシステム。
小ラーメン…は罪悪感しかないのでミニ。あと生卵。
近所のAO山学院の学生でしょうか、後ろにはオサレな皆さんも並んでいます。明らかに食べるの遅そうだし、彼/彼女らの前でヨカッタな。

しばらく待って、イカツイ店主の案内で入店。水汲んで着席。
接客は極めて普通です。
提供直前にお母さんから「ミニの方~」と言われてヤサイをお願いしました。

ミニなのに丼重い。
スープはカエシよりも豚が前面に出ており、酸味はほとんど感じられず。
マイルドな口当たりでボディも強く、女子受けも何となく分かります。

麺はやや平ための太麺。スープを吸ってムニュリと柔らかく、啜りやすいです。
それ単体ではなくスープやヤサイと合わせるのに秀でた印象でした。
麺量は200グラムあるかないかでしょうか。昨今の胃袋ではこれがギリギリな感じ。

豚。写真下手なので伝わりませんが、右側の豚は端の部分で奥行きが左の豚の約3倍。
こんなに食えないよ、有難迷惑な豚だなと思いながら生卵に浸して全部食べました。
塩梅は良く、サクサクとした繊維質な感じで歯に挟まりまくりです。
ヤサイは適度なシャッキリ感で、増量したので少し持て余しました。

スープはレンゲで一口だけ飲んで終了。
久々の二郎インスパはアタリの一杯でした。

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件