なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

立秋

男性 - 神奈川県

焼鳥データベースを望む

平均点 75.412点
最終レビュー日 2019年10月17日
1,222 1,052 2 5,099
レビュー 店舗 スキ いいね

「濃厚つけ麺 並¥900」@松戸富田麺業の写真この日はほとんど来たことのない千葉、全く土地勘がないので駅ナカのこちらに。
横須賀線ホームから階段を上ったらすぐにありました。
通路を跨いだ反対側に並び、店員さんの案内で適宜店側に移動し券売機で食券を購入するシステムです。
平日昼間で15人程度の並び、それでも意外と回転よく15分程度で入店。むしろ着席してからの方が待った印象でした。

麺はムッチリと女性的な色気を持つ、弾力のある太ストレート。こういう美味しい麺を提供するお店はいまや無数に存在するので、ともすれば僕らの感動も摩耗してしまいがちですが。
相当に美味しい麺です。
他方つけダレは賛否があるかもしれず、濃厚ドロ豚魚というのは衆目の一致するところながら、こちらの特徴は甘み。動物由来だけではなく、やや人工的な甘さが感じられます。
麺に一味を振ったらその甘みが増幅してしまいましたが、それでも個人的には許容の範囲で済んだのが良かったです。柚子片は爽やか。
具材は麺の上にチャーシューが4枚。つけダレ側にはメンマ、ネギ。
チャーシューは部位の異なるものが2枚づつ。いずれも冷たいですが、ロース系のそれはミシミシの食感で好み。
ただ、チャーシューつけ麺でもないデフォルト900円でチャーシュー4枚。枚数減らしてスタート価格を下げるという選択肢も欲しい気がいたします。
メンマ数本はつけダレに沈んでいるため味濃すぎでした。

スープ割りは店員さんに申し出ます。
接客は皆さま丁寧、教育が良いんだろうなという印象で美味しく食事が出来ました。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件
87

「つけ麺  並盛¥850」@つけ麺 弥七の写真この日は舘林、
古河方面にて打ち合わせのため東北道舘林インターをおりて、近所のこちらに参りました。
10台くらいの車が停まっている駐車場の半数以上は県外ナンバー。
品川や横浜といったナンバーもあり、人気のほどがうかがえます。
昼の12時半過ぎで外待ち10人弱、ゆるゆると列は進み。
店内からは大将の「ありがとうございました~!」
怒号と言っても差し支えない大声で退店客の動きが把握できるのはイイです。
元々ラーメン系を考えていたのですが35℃80%RHな高温多湿の環境下、注文を取りに来られたお姉さんにつけ麺をお願いしてしまいました。

20分強で入店。
セルフ水を汲みつつ、限定メニューのネーミングがスゴイというか酷いというか(どうスゴイのかは諸兄のレビをご参照ください)かねてよりどういう店主なんだろうと思っていましたが、この度ようやくそのご尊顔を拝見。
人のよさそうな普通のおっちゃんでした。

入店してからはさほど待つことなくご提供です。
つけダレは一世を風靡し続ける豚骨魚介、ですが両者のバランスと塩梅が素敵。
この系統、大抵は豚か魚かのどちらかへの振れが強く、過度のクドさやエグミまたはそれに基づく喉の渇きを覚えることが多いのですが、そういうネガティブ要素が感じられません。
つけダレながら、そのままでもいけてしまいます。
麺は茶褐色の四角い太麺。
適度な剛性に小麦を噛みしめるような旨み。つけダレに浸しても埋没しない存在感のある麺です。
250グラムは気持ち少ない気がしました。
具材はつけダレの側に厚手のチャーシューとネギタマネギ。
麺側には極太メンマ海苔。
しっとりとした食感のチャーシューはつけダレ同様にクドくない味わい、ネギとタマネギも清涼感に寄与。
一方で麺側のメンマと海苔は凡庸でした。

卓上にスープ割のポット、ちょっとだけ割ってみます。
人の良さそうな(でも限定メニューのネーミング開発に余念がないのかもしれません)大将にお会計、
大きな声で送り出されました。


都内などからわざわざ行くお店ではないのかもしれませんが、
近隣に車でご用がある際には寄ってみても損はしないというか得をします。

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件
85

「らあ麺¥600」@麺 高はしの写真括りで言えば動物魚介ですが、そのワードで連想する「またおま」が一世を風靡する以前からの存在ですので、そもそも括ること自体が失礼。
カエシは穏やかでクドくなく、節系魚介に豚鶏をミックスした、ザラついているのにスッキリしている濃くて淡い独特の出汁加減。
過去に食した他店のラーメンでどこが近しいか、考えても思い浮かびません。

麺は古豪浅草開化楼の太麺。
ガッシリと力強く、それほどスープを引き連れない印象、ゆえに却って麺とスープの浮遊感を楽しめます。
ただでさえ噛み応えのある太麺であることに加え、麺量自体も200グラム程度と満足のボリューム。

具材は肉、メンマ、ネギ。
厚切り肉は下味控えめでローストビーフ(やや筋多め)のような印象。
スープに浸して柔らかくなったそいつをガブリと遣ると、何とも言えない。
肉を増してもシアワセを得られますが、限られた量の肉を少しづつ齧るのもまたシアワセ。

麺、スープ、麺、スープ、肉、スープ、麺、スープ
3匙まで無料の刻み玉ねぎも良い仕事。
久しぶりにご馳走を食べた気分。



この日は朝から赤羽、商用を終えると11時ちょうど。
ヨシ並ぶぞ、とこちらに参りました。
外待ち数名の列を成していましたが回転は良く、10分程度で入店し着席。
すぐさま店主殿にオーダーを取られますので、この日も暑かったのですが標記を。
じきに提供された旨そうな丼。許可をいただいて写真を1枚。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 2件

「濃厚つけ麺¥890」@日本の中華そば富田 成田空港店の写真この日は成田空港にてポン中こと、こちらのお店に参りました。

壁が低く、半分オープンな店舗。入口で先会計するシステムにて、店員さんに標記を告げ会計し、カウンター席に案内されます。
僕はすんなりと入れましたが、すぐに外待ちの列が発生しております。タイミングが良かったようです。
並びは半分以上が海外の方でした。

さて着席後5、6分でご提供。
綺麗に盛られた艶々で茶褐色の麺。口当たりは蕎麦のように硬く、噛むとモチモチ食感に麺自体の風味も良くのどごしも良く。
正にこの系統の王道ですが、流石に美味。

つけだれはまたおま豚骨魚介。
動物系強く濃厚でやや甘め、卓上の酢を垂らすとさらに甘みが増幅された気がします。

具材はつけだれの中にチャーシューとメンマ。
存在感には乏しいですが、まあアクセントですね。

スープ割はしませんでしたが卓上ポットです。

FC店とは言え、FC店たるに十分な美味しさ。
飲食店に美味しさを求めづらい空港という立地もプラスに作用しているものと思われます。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「つけめん食べ比べセット¥799→¥691(クーポン)」@幸楽苑 平塚四之宮店の写真※このセットメニューは11月14日にて提供終了しております(夫々単体での販売はしています)→もとい、本日から10日間復活、だそうです。

幸楽苑のメルマガにて、本メニューの100円(税込108円)引きクーポンが届きました。
なぜこの季節につけ麺をぶつけてきたのかは定かでないですが、コウラクエニストとしてはぜひとも抑えておきたいラインナップです。
なお味噌カレーラーメンなるメニューも来年1月ごろまで提供されているようですが、味噌カレー牛乳ではないので優先度は低めです。

平塚のラーメン街道にあるこちらの店舗、夜。おもむろに着席して、メニューも見ずにお姉さんにオーダーしました。
数分でやってきましたつけダレにはそれぞれレンゲ、芸が細かい。
スマホの調子が悪いのでiPadで撮りました。これはなかなか勇気のいる行為ですね…

麺は2玉でざる中華ライク、正にそんな形容詞が当てはまるピロピロの多加水熟成麺。
コシとかを期待してはいけず、求めるのはズルズルとした啜り心地の良さのみ。
そういう意味ではつけダレとの相性はバッチリでした。

そのつけダレ2種は
①酸味と辛味の効いた幸楽苑オーセンティックな醤油系
②節系を謳う魚介系

①は完全ざる中華なやつですね、幸楽苑に昔からあります。かなり酸っぱくて冷やし中華のタレに近しいのでかつては苦手でしたがいつの間にか食べられるようになっています。
②は世間でつけ麺がブームになってから追加された今風の魚介醤油。濃厚魚介を謳いますがそれほど濃厚ではない鰹と昆布の風味、こちらも酸味が効いていますがこれははっきり蛇足です。

具材は両方のつけダレに共通で、刻んだチャーシューとネギでした。

①の方が幸楽苑ぽくて良いですね。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「illmaticまぜそば¥950」@頑者 illmaticの写真家族で入間のアウトレット、昼飯はフードコートです。
中華そば目的ながら店頭写真が強烈に貧相でしたので、入間限定という標記にいたしました。
会計後15分ほどで受け取りです。

山頂には辛味、フライドガーリック、その次に青白ネギ、次に麺。
タレはわずかな量でしたがそれでも十分ガツンと来る濃厚動物系のショッパ味、なにより辛い。
POPやメニューにて辛さについては触れられておらず、耐性のある人はよいと思いますが知らずに頼んだ人は可哀想なことになるかもしれません。
次女が少し食べ、そして少し泣いていました。

麺はムッチリ柔らか太麺。200グラムくらいと思われ、物足りなさを感じずにすみました。

具材はバラ巻きチャーシューにサイコロ鶏チャーシュー、メンマ、ネギ2種。きざみ海苔等。
まぜそばは具材も麺もゴッチャになるので個々の味がどうとかはあまり感じませんが、四角い鶏チャーがしっとり食感に控えめな味でこの丼の中では個性を放っておりました。


しかしアウトレットモールの料飲店ってどこもかしこも高いですね。
欠けた丼、豚より安い鶏、変色した野菜、老ねた醤油、イナゴ出汁、賞味期限切れ小麦粉、店員全員バイト高校生…
これらを駆使して格安ラーメンを提供するお店こそアウトレットにはふさわしいと存じます。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「七味つけ麺(中盛)¥900」@麺屋武蔵 巌虎の写真この日は暑かったのでカレーか辛いものを食したく
通りがかりにポスターを見かけての訪問です。

平日昼過ぎにて盛況。
武蔵の系列は久しぶりですが、相変わらず価格があれですね。
券売機にて端から惹かれた標記ボタンをプッシュいたします。


食券提示の際に麺量を聞かれ中250gを、併せて七味の量も調整出来るようですが、今回初めてゆえ自重いたしました。


数分でご提供。七味唐辛子が激しい。「マシマシ」とか調子に乗らなくてヨカッタ。
ビジュアルとしては唐辛子をまぶした煎餅を彷彿とさせます。


「七味唐辛子」とはもともと大阪ことばで、江戸では「七色唐辛子」が標準だったそうで。

「七味つけ麺」「七色つけ麺」
後者の方が圧倒的に語感が良く感じますが。
大阪を席巻し続けた東京が、文化面では大阪に浸食された一例かもしれません。


麺は硬質感がある四角い太麺、麺の旨みがどうの以前に唐辛子がザラザラで辛い、
むせかえるほどのものではないですが、それでも黒い粒を噛むと口内スパーク、できれば辛味は別提供の方が麺自体の旨みを楽しめるものと思います。

つけダレはこちらにも辛味が投入されていますが、却って甘さの引き立つ仕様。
サラサラとしており、魚感が強め。

具材は肉少々、これは売りのチャーシューベーコンとは思えないただの柔らか肉、
あと白髪ネギ、海苔、その他。


途中、卓上の「タバス粉」「ライム酢」で味変。いずれも酸味方向に強烈にシフト。
ポットでセルフスープ割しますも、さほど変化なく終了です。


他店同様麺量1㎏まで同額ですが、要はあまり食べない人が割を食う価格設定。
タップリ食べられるようがんばります。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件
80

「担々つけめん¥850」@次念序の写真TINTIN

埼玉北東部から神奈川への帰り道、
平日開店直後のコチラに参りました。
店舗併設の待合所にはオーバー15名の待ち客、サスガは衰えぬ人気
入口券売機にて未食の標記食券を購入いたしました。

その後ベンチを横ズレしながら待つこと40分…店舗側に。
水セルフ、おしぼりは手渡し。いつもながら逆の方が良いような気がします。

つけダレは豚魚にゴマ×甘×辛味が前面に主張する粘度の高い担々。
辛さは適度、やや甘め、魚介系が立っててなかなか個性的なお味です。

麺はいつものしなやかで艶やかな四角い太麺。
このつけダレにも十分対峙する力強さ。
並300gでもう少し欲しくなる、丁度良い麺量です。

つけダレの具材はピリ辛のミンチ肉、ネギ、青菜、海苔、ナルト。
ネギはザクザクで良、チャーシューないのが少し寂しい。

スープ割せず終了。
食べ終えたあとにはこのメニューは一度食べればいいかな、と思っていましたが
レビュー書きながらまた食べたくなっています。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 6件

「濃厚つけ麺¥880+税」@つじ田 ららぽーと湘南平塚店の写真濃厚つけ麺880円 
ホームページにもそう書いてある 間違っていない
路面店では内税がこちらでは外税になっていることを除けば…

ららぽーと3階のフードコート。
休日の昼ピーク、席取りだけでも苦戦する中こちらの並びは突出しており、15分ほど並んでようやくオーダー。
呼び出し器を手に席に戻ると、同行の娘は同じタイミングで購入しに行ったハンバーグを半分以上食べ終えている状態でした。
なお、ららぽーとのカードでトッピングが1つ無料になるようで、提示しておられる方が多かったです。

◆つけダレ
ザ・王道。少しカエシが大人しく感じましたが、かえって鯖とかの魚介と豚骨の重濃さが立っており、フードコートらしからぬおいしさ。
しいて言えば、ちょっと量が多すぎです。

◆麺
みるからにむっちりの太麺250グラム、モチモチとした食感でつけダレの絡みも良い感じ。
マニュアルに従いまず3分の1はそのまま、次にすだちを絞り酸味を付与して、最後の3分の1になったところで店頭でもらった黒七味を振りかけて刺激を味わいました。
しかしすだち絞ると麺に種が入りまくりですね。

◆具材
チャーシューとネギ、メンマ少々。海苔。
特に不満のないおいしさでした。

◆その他
スープ割は店頭のポットでセルフ式です。
つけダレがほとんど減らなかったのと、早々に食べ終えていた娘息子に鬼のように催促され断念でした。


税込み960円。満足感は高く、値段も高く。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「上里つけめん¥760」@蔵仕込らーめん 上里SA店の写真長女とどっかに行った帰りに寄りました。
券売機で食券を購入すると厨房にオーダーが通る、昨今定着しつつあるシステムですが、それが分からないおじさんが厨房のおばちゃんと揉めていました。


◆つけダレ
「舎鈴」のそれをさらに薄めたようなライト豚骨魚介です。
塩気こそ気持ち強めですが、つけ麺のタレというよりもそのままラーメンスープとしても機能しそうな濃度。
ネギが多く浮かんでいますが、これは長女が自分の舞茸うどんに入っていたものを嫌いだという理由でこちらに投下したためでして、実際は僅かでした。

◆麺
ドライな感じ、実際茹で置きだと思います、ボソッと硬質感のある四角い太麺。
丼は水切りざるで底上げされていますがそれでも麺量は多く、200g以上は啜れます。
つけダレとの相性は良く、なんだかんだと堪能出来ました」。

◆具材
冷蔵庫から出してそのまま載せたようなチャーシューは脂肪分が白く固まっており、つけダレで蘇生。
メンマもやや干乾びた感じ、味玉も同様。
具材は総じて残念なクラスでした。

◆総評
サービスエリアのつけ麺としてはなかなか立派な印象。
お値段700円台というのも良心的と存じます。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件