なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

立秋

男性 - 神奈川県

焼鳥データベースを望む

平均点 75.411点
最終レビュー日 2019年10月22日
1,223 1,053 2 5,105
レビュー 店舗 スキ いいね

「焦がしチーズタンタンメン¥800+平日Aセット¥100」@奴が愛したタンタンメン メーギ・テントーチの写真関西的な屋号のこちら
券売機はなく着席後口頭にて注文、濃いい顔の店主に標記をお願いします。
平日Aセットは水餃子3個にライスが大中小から選べるので中を、Bセットは内容失念してしまいました。

水はセルフのようですが何処にあるかの分からず、でもアイスコーヒーと冷たいほうじお茶が無料だったのでそれを汲んで、あとレタスのサラダもセルフで無料。クルトンも用意されてて、とても嬉しいです。
昼ピーク時ゆえそこそこ待って、最後にバーナーのボオォォ…という炙り音のあとに提供されました。

スープはペースト状で野菜の甘さと優しさに溢れ、わずかなピリ辛、さらにどこかにニンニク感。卵のふわふわとした食感と、挽肉の粒粒感が楽しいスープ。後味もすっきりです。
全然担々麺ではないですが料理として美味、女性受け間違いないですね。

麺は店内に小林製麺の段ボール箱、プリプリと弾力のある縮れ中細麺。
スープに絡むよりもチーズに絡んでしまいダマ状態になりますが、これはこれで悪くなく。

そのシュレッドチーズは結構な量。炙られて香ばしく、ややもすると単調になりそうなスープに変化をつけてくれます。
あとあおさ海苔、うずらも2個埋まっていました。嬉しい。

水餃子は特筆ございませんでしたが、そのセットを差し引いても良心的なお店ですね。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ランチバイキング¥1,200→¥1,100(割引券)の担担麺」@レストランけやきの写真去る9月15日まで高崎のサンピアで開催されていた、トミカランド in GUNMA
早朝いっしょに採集したバッタやトカゲを嫁ににべもなく「逃がしてきなさい」と言われ、しくしく泣きながら近所の公園にリリースしていた息子5歳を不憫に思いこの催しに連れて参りました。

高駒線をはじめとする沿線道路はまさかのトミカ渋滞、事故で通行止めかしらと思ってしまうほど。群馬でこのような大渋滞は過去に経験がございません。警官も出ていましたが、どうにも不慣れのようでして。我が家からサンピアまでは通常クルマで10分ほどですが、この日は1時間以上もかかってしまいました。

ようやく到達した10時過ぎのトミカランドは入場券購入にも100人以上の長蛇の列。
ほかに行くとこないのかな、みんな。僕もそうですけど。
並んでいる間に、館内レストランの今月のテーマが「秋の中華料理フェア」であることを把握しました。100円引き券もゲット。

で、トミカランドで3時間ほど楽しく遊んでのち、コチラのレストランに訪問です。
15組くらいの待ちですが回転は良く20分ほどで案内されます。
ランチバイキングは大人1,200円、小学生600円、幼児にいたっては300円、しかも時間無制限w
フリードリンクやアイスなどデザート類もセットになっており、物価が安くて住みやすい群馬でも破格の部類に属しますね。
お値段から類推される通りエビチリなど高級な料理はないのですが(代わりに海鮮団子チリソースなる亜流あり)、麻婆豆腐食ったり春巻食ったり翡翠餃子/鶏皮餃子食ったりあんかけ焼売食ったり天津炒飯食ったり充実のランチ。中でも鶏皮餃子が美味でした。家(神戸の方)から最寄の串揚げ屋では5個で400円も取るブツであります。
息子はカレーと春巻に夢中でした。

さて麺類は担担麺のみ。
小ぶり茶碗に予めセッティングされている食材(麺&鶏挽肉&ネギ&胡麻)にウォーマー保温のスープをジャ~と注ぐ一般的なシステム。
お玉でスープを流し込み、ついでに「支那そば なかじま」のてるてる坊主わんたんの向こうを張って翡翠餃子を載せてみました。

スープはごく一般的な、ガラベースの醤油スープに辣油や芝麻醤のパンチを効かせた日式担担麺。
塩梅良く、風味に調味もなかなかの悪くないお味です。汁ものとして単独でもグビグビいけました。

麺は中太の汎用縮れ。
つるつる麺肌にゾゾゾ~と啜り心地良し。以上。

具材は前述の鶏挽肉、ネギ胡麻。



以下余談

其の二 麺に「中辛ポークカレー」を注ぐの巻
http://photozou.jp/photo/photo_only/2431046/210910118?size=1024#content
一応中辛とありますが、大量に投入された豚こまがルーに動物系の旨みとコクを付与してまろやかな味わい。麺との相性はいま一つ、しめじの食感がグーですね。

其の三 麺に「卵とトマトの中華スープ」を注ぐの巻
http://photozou.jp/photo/photo_only/2431046/210910218?size=1024
中華スープに優しい溶き卵、ザク切りトマトの爽やかな酸味につるつる麺、鶏挽肉も良く合います。
優勝。

其の四 麺に「陳建民レシピの四川麻婆豆腐」を…もとい、もう無理。食べられません。
備えつけの花椒を振らずとも結構本格的な麻婆でしたので(麻婆好きな息子もNG)これは合わない気がしました。食べてませんけどね!



体感では3,500円分くらいやっつけた気がしました。
お買い得です。

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「冷やし担々麺セット¥1,400」@関西クラシックゴルフ倶楽部 レストランの写真GN'R

お天気に恵まれ

スコアに恵まれず

ハーフ終了

一応名門の部類に入るというコース

客を詰め込まないので急がずに回れる

でも料理にはあんまり力を入れていないような

カツカレーでも食べようかと思い

なぜか標記をオーダー

今年初めての冷やし系

既に勝負を諦め

ハイボールをダブルでガブガブ

5分ほど待つ

おばちゃん店員さんにより配膳

見た目超辛そう

むしろソッチ系のメニューが食べたくなる

スープは冷たいと言うかぬるめ

いくらか香ばしく

いくらかスパイシー

業務用な担々味

ある意味期待通り

麺はボソッとした口当たり

中細黄色麺

これもある意味期待を裏切らず

スープの持ち上げまずまず

具材は挽肉の塊と青梗菜と白髪葱

これもまたある意味ストライクど真ん中

特筆なく

不満もなく

サイドにキムチとチャーシュー丼

キムチはスープにボトボト

ラー油をぐるぐる回しがけ

後半も頑張ろう

一瞬だけそう思った

なんかこの書き方ラクですね

今後このスタイルにしようかしら

一瞬だけそう思った

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「賄いFIRE(期間限定)¥800」@のスた OSAKAの写真近所の炙り味噌新店と悩みつつ「のスた OSAKA」に参りました。
4月の限定として「甘辛い」担々麺的な標記が立て看板でアピールされております。
ネーミングから「火力十分」の燃やし麺を思い出します。あの店まだあるのかな。

ポン酢と悩みましたが、なんしかコチラでは全メニューにトライしたいので。
とは言え「甘い」が苦手な自分ですので、一抹の不安を感じます。
余談ですが「なんしか」は関東に輸出されていない関西弁ですね。

14:05
プチアイドルタイムに先客少々、後客も途切れることなく続いています。
左手券売機にて標記食券を購入し「ニンニク入れますか?」は「少しだけ」コール。
今回は座席指定されず、好きな席に座らせてくれました。

ラインレンジャーをプレイしながら待つこと数分、電波良くない感じ。
提供間際の我が丼にこれでもかと一味を振りかける店員さん。大丈夫かしら。
追って提供された一杯、個性的なビジュアルです。豆板醤もさることながら、特に肉。

スープは豚の旨みが強く感じられる、乳化担々味噌風味。
胡麻の甘みに豆板醤を崩して辣油と唐辛子の効果もプラスで、確かに甘辛なまろやかテイスト。ニンニクは初めから混ぜられており、少量でもパンチ十分です。
名前ほどファイヤーじゃないですけど、啜っているとジワジワ来そうなタイプ。チーズが合いそう。

隙間から引きずり出した麺はいつもの平たいストレート。
ニュルプリと柔らかな食感で啜りやすい弾力、最初からスープを吸って太っているような印象で、ゆえに量がかなり多く感じられました。

具材はなにかのおまじないのように周囲に配置された豚肉と、モヤシキャベツの混成ヤサイ。豆板醤は…具ではないですね。
見た目鶏肉のような豚は柔らかくほぐされており、味は濃すぎずに食べやすいです。全体量は少なく感じますので、二郎系ということを考えるとブタスキーな方には不満が残るかもしれません。
ヤサイは麺の盛り上がりで相対的に少なめ。細切りキャベツがシャキシャキで食感良いですね。

どうにか固形物を完食。
やっぱり徐々に汗が噴き出す一杯でした。
担々麺はある意味クセが強いので、好みが分かれるかもしれません。
次回はポン酢をいただきます。コッチの方がクセは強いですが。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 9件

「担々麺セット¥880(を少々アレンジ)」@陳麻家 三宮店の写真私「この担々麺セットってありますやん、この陳麻飯の上のを担々麺に乗っけてほしいんですけど」
店員さん「…」
私「この陳麻飯の上に乗ってる麻婆豆腐を担々麺に乗せて、ご飯の方は白米にして欲しいんですけどね」
店員さん「ソレって…美味しいんですかね?」
私「ウマいですよ!多分w」
店員さん「じゃ、別々にして持ってきましょうかw?」
私「お願いします!」

イヤ~物分かりの良い店員さんで良かったです!

基本的に辛い食べ物は苦手なのですが、1年に1回くらい蒙古タンメン(以下モコタン)が食べたくなります。
ただし関西にモコタンは無いので、あの出鱈目に辛い麻婆豆腐の代用として、コチラの陳麻飯に狙いを定めておりました。
陳麻家自体はおよそ7、8年ぶりの訪問です。

担々麺(普通サイズ)+陳麻飯(ミニサイズ)がセットになった標記をオーダーした際のやりとりが冒頭のものです。

JR高架下のお店はダウンライトに照らされてやや薄暗く、酒瓶が並んでいます。
店内BGMは大人しいジャズで、ラーメン屋と言うより飲み屋な印象ですね。
頭上をガタンゴトンと電車が通過するたび、振動が伝わって参ります。

さて2、3分で配膳されました。
担々麺に、陳麻飯のライスと麻婆豆腐はしっかり別皿に分離して提供してくれました。
しまった、ミニサイズはこんなに小さいのか…
ライスはともかく、麻婆はお玉に一掬い程度の量。疑似モコタンにするには物足りない気が。

折角別々にしてくれた麻婆豆腐ですが、すぐに投入してしまいましょう。
見た目それほど辛そうではないのですが、器に残った麻婆をスプーンで一舐めすると…痺れる!
麻と辣が激しく主張し、後頭部が熱を帯びて参ります。

デフォのオレンジなスープは非常にマイルドな芝麻醤の味わいで、担々麺の言葉で誰もが思い浮かべるであろう、オーソドックスなタイプ。
ところが麻婆豆腐を溶くと、カプサイシン全開の極めて凶暴な味わいに一変します。
やはり量が少ないのが悔やまれるところですが、疑似モコタンとしてはまずまずでしょうか。


麺は細ストレート。
柔らかめの茹で具合ですがダレることはなく、プリプリとしています。
とりたてて主張するところはないものの、担々スープに良く合うタイプの麺かと。

具材は青梗菜と肉味噌。定番ですね。
麻婆豆腐の方は木綿にネギです。

脳天が刺激され、ジワリ汗をかきつつ完食。満ち足りた気分でお会計。
店員さん「やっぱり乗せたんですか?」
私「ハイ、ウマかったです!」
店員さん「イヤ~6年間で2人目ですよ、お客さんが」
何事にも先達はいらっしゃるんですねw


次回は陳麻飯(普通サイズ)+担々麺(ミニサイズ)の陳麻飯セットにして思う存分麻婆豆腐を、もしくは味噌ラーメンに陳麻飯の麻婆を投入…
いろいろと夢の広がる冬の一日でした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件
70

「担々麺 小¥650」@一軒目の写真接待前にラーメン食いましょうシリーズその238
嘘ですそんなシリーズありません

ともあれこの日も新地で接待、早く着いたので一軒目にコチラ「一軒目」。
どう見ても〆ラーメンに最適なお店ですが飲む前に突入しました。

カウンターは荷物置きで潰れており、テーブルに。
先日の禍根を晴らすべく五目あんかけにも惹かれましたが(あとフカヒレにも惹かれますが小の設定なし、値段で断念)タンタン気分なので標記を
お腹いっぱいになると困るので小でお願いしました。

ラーメン屋と言うかバリバリ中華屋
岡持っちゃんズの出前フル回転なお店です。
自分の一杯を作成中も電話がひっきりなし、3人が出動してゆかれました。

さて5分ほどで到着。
写真だと全然伝えきれていませんが、小っさい丼ですね~
山頭火のちびサイズくらいの器に半分くらいの盛り。

スープは芝麻醤の風味にラー油は控えめ、辛くありません。
表層はザラザラで風味も良い感じ。
コクがあり、なかなかステキ。

麺は中細ストレートで硬めの仕上がり、ピーンと張るとプツッと切れるボソ気味食感が楽しめます。
スープとのマッチング良好。
麺量は体感で80gくらい、子どもサイズ。

具材は挽肉とチンゲン菜、ネギ、以上。
挽き肉はやや甘めの味つけに刻んだピーナツの香ばしさと食感がナイスな感じ。
チンゲは青っぽくてスープに対するコントラスト良好で美味しいです~

すぐ無くなってしまいました(2分くらい)。
意外に侮れない一杯。
次回はフルサイズでいきたいです。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「角煮担々麺¥750」@中国自動車道 赤松PA(上り)スナックコーナーの写真赤松PAでは角煮を猛プッシュしており、NEXCO西日本管内のSA/PAご当地バーガーコンテストでもコチラの「めちゃうま赤松角煮バーガー」がグランプリを獲ったようです。
ん~ウマそうですね~
でもこれはスルーです。

代わりに、タンタン+角煮で何となくお得な気分を味わえそうな標記ボタンをプッシュしました。
他には塩ラーメンにも角煮が入っているようですが、これは…どうなんでしょう…
ちなみに正式名称は担々麺でなく坦々麺でした。

コチラ道路上では地味な案内板(緑の看板にはコーヒーマークなど無くPのみ表示)ながら意外と充実した施設ゆえ、お客さんは多数。思ったよりも待たされました。

「151A番の方~」などと呼ばれて取りに行ったのは食券提示後7分ほどしてから。
タンタンらしからぬクリアなスープに、摺りゴマが青春の残滓のように浮かんでいます。
スープはどちらかと言うと鶏ガラを感じる醤油ベースに薄めながらも芝麻醤が感じられ、ああ一応担々麺だな~と安心感。
辛・辣とも皆無なサラサラスープは良く言えば飲みやすく、逆に言うと物足りないです。

麺は中細ストレート。出来合い感の強いツルツルシコシコとした仕上がり。
スープとの絡みは今一つ、麺そのものに旨みがあればそれでも良いですが…
とは言え最大公約数を狙った業務麺、大きな欠点も無くスルスルと食べられます。

具材は角煮と青菜のみで極めてシンプル。
角煮は大きなブロック状が2個。甘濃い味付けはスープにあまり合っておらず、無理矢理乗せました感は否めません。単体では熟れた果物のようにホロリと煮崩れる食感、塩梅もなかなか良い感じでしたので、やはりミスマッチです。
青菜はチンゲン菜ですね。この時はハズレだったか、やけに苦い箇所ばかりでした。

率直な食後感としましては、どうせ角煮を食べるならば冒頭の角煮バーガーにすれば良かったかしら、というもの。
まさかこれが狙いと言う訳ではないでしょうけれど…

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「担担麺(並)¥650」@Tan Tan Noodle Shop 担担 四条本店の写真この日は夜の京都、道を挟んだ「ラーメン ガッツン 四条大宮店」とコチラとで悩みましたが、先に宿題にしていた方に参りました。

前橋の人気店「担担麺専門 たんさゐぼう」店主の修業先。
向こうが女性向けのべらぼうにオシャレなお店なので、親店もさぞかし…と思いきや。
何といいましょうか、ヴィレッジヴァンガード的な雑多さのある、イイ感じの年季の入り具合です。
個人的にはコチラの方が1000倍落ち着きます。

店内ほぼ満席、自分の入店後には外待ちの列が形成され、間一髪でした。

デフォの予定でしたが一応メニューを拝見。
コチラのデフォが「担担麺専門 たんさゐぼう」の桂750円に相当する訳ですから安いですね~(てか、ムコウが高いのか)
ムコウで50円取られるXO醬が卓上アイテムなのも好印象です~

チャーハン系メニューとは別々のオペだと思いますが、それにしては他客のチャーハンに比べて提供遅め、10分以上待ったのち、ようやく配膳されました。
ビジュアルとしては「担担麺専門 たんさゐぼう」とほぼ同じ。シンプルな見た目ですね。
味も同じでした、おしまい。




…だと意味がないので続けます。
スープは芝麻醬のコクと旨み、初めはちょっとピリ辛に感じましたが、すぐ舌に馴染んでまろやかな口当たりに変貌します。
卓上には前述の(こくと旨みの)XO醤の他に、粉唐辛子、にんにく風味の豆板醤の3種があり、カスタマイズの自由度が高いですね。
中央挽き肉もそれ自体に味がついており、スープに溶かし込むと旨みが増幅します。
多めのネギはザクザクと清々しく、大変好印象です。

麺は細ストレート。ちょっとそうめんに近い箸の持ち上げですが、しなやかでかつ適度なコシもあり、スープとの一体感を成しておりますね。
が、途中壁に貼られた「太い麺」の記述に気がつきました。
タピオカを練り込んでモチモチ…くぅ、気づくのが遅かった…
(しかしこの案内文、お店からではなく製麺所からと言うのが面白いですね)

ともあれ、美味しくいただきました。
太麺は次回の宿題にしておきます。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「漆黒担々激場麺(限定)¥800」@景勝軒 前橋総本店の写真先週末の帰省、その理由の2割くらいを黒衣のペテン師さんのレビで知ったこのメニューが占めていたことは言うまでもありません。

会社を休んだ11月4日、子どもたちは学校など行っており、嫌がる妻を無理矢理引き連れての訪問です。

自分の記憶では店内に告知など無く、あくまで知ってる人向けのメニューなんでしょう。
「限定麺」の食券を購入して店員さんに手渡します。他メニューでは必ず聞かれる、中盛り無料の案内はございませんでした。
妻はふじ麺普通盛り背脂ニンニク抜き、メルマガクーポンで¥700→¥500。

テーブル席でペチャペチャと喋りながら待つこと6、7分。
ふじ麺よりも1分ほど遅れ、かしこみかしこみと言った感じで配膳されました。
他メニューから完全に浮いたビジュアル、カウンター席に座っているお父さんのガン見視線がイタいです。
何かで見ましたが、本家藤巻激城ではトロピカルな花が太陽、レモンが月を表すのだとか。

泥のような色目のスープをズズ…まさに担々麺のトムヤム割り、と言った印象です。
辛さはさほど感じず、ゴマペーストの風味にレモングラスなどアジアンテイストな酸味が支配する、トロリとした粘度のスープ。ダシは全く分かりませんが、複雑な旨みが実に後を引きます。

しかしこれはトムヤム系への耐性があるかないかで完全に食べ手を選びますね。
レンゲで一口啜った妻は「う゛」と言ったきり黙ってしまいました。

麺は平打ち。モチモチした噛み心地にやや荒れた麺肌、スープとの絡みは良好です。

具は水菜、ネギに挽き肉、糸唐辛子。
水菜のみずみずしさとネギのシャキシャキ感はスープに大変マッチしていております。
肉はポロポロ挽き肉だけでしたが、妻からもらったふじ麺のバラ肉をスープに投入すると意外に合いました。

スープまで完飲して完食。
リーズナブルな価格でこの雰囲気が味わえて良かったです。

しかし漆黒坦々激場麺冬蔭激城麺も亡き今、さらに上を目指すのであれば本家藤巻激城に行くしか無いわけで…
会員の知り合いもいませんし、そもそも10,000円あればLCCに乗ってタイはドンムアン空港まで行けてしまいそうです…
今は洪水で大変ですけど…

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 7件
75

「担々麺¥680」@ラーメン金太の写真うわ~今日も貸し切りだ~、と思ったら後客様が1名。ちょっと安心しました。


カウンターに着席し、デフォと同額の標記をお願いしました。
オペとテレビを交互に見つつ、5分ほどで出来上がり。

スープは白っぽくクリーミーな中に辣油の赤が映えます。
ゴマペーストがしっかり感じられる、コクのある濃いめの味付け。辣油や豆板醤は時おり主張する程度で、マイルドな辛さのスープです。
魚介も微かに感じられましたが、素スープ由来か、もしくは気のせいでしょう。
刻み玉ねぎのシャリシャリとした清涼感が良く、また中央の挽き肉を混ぜてスープに馴染ませると動物系のコクと旨みもマシマシです。

麺は中太のストレート。富山の麺に変更云々の記載があり、色々試行錯誤されている様子が窺えますね。自分の知る限り3度目の変更でしょうか。
細麺も合いそうですが、これくらいの存在感もまた嬉しいところです。
ツルツルとなめらかな麺肌、モッチリとしていてスープの絡みも良い感じ。玉ねぎなどとの絡みも良好。

具はオーソドックスに挽き肉、貝割れ、刻み玉ねぎでした。

味の濃さに後半やや食傷気味になりましたが、美味しくいただけました。

しかし、いつも何で空いてるのか分からんのですよね…。
やはり立地かな…。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 10件