なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

立秋

男性 - 神奈川県

焼鳥データベースを望む

平均点 75.412点
最終レビュー日 2019年10月17日
1,222 1,052 2 5,099
レビュー 店舗 スキ いいね

「濃厚つけ麺 並¥900」@松戸富田麺業の写真この日はほとんど来たことのない千葉、全く土地勘がないので駅ナカのこちらに。
横須賀線ホームから階段を上ったらすぐにありました。
通路を跨いだ反対側に並び、店員さんの案内で適宜店側に移動し券売機で食券を購入するシステムです。
平日昼間で15人程度の並び、それでも意外と回転よく15分程度で入店。むしろ着席してからの方が待った印象でした。

麺はムッチリと女性的な色気を持つ、弾力のある太ストレート。こういう美味しい麺を提供するお店はいまや無数に存在するので、ともすれば僕らの感動も摩耗してしまいがちですが。
相当に美味しい麺です。
他方つけダレは賛否があるかもしれず、濃厚ドロ豚魚というのは衆目の一致するところながら、こちらの特徴は甘み。動物由来だけではなく、やや人工的な甘さが感じられます。
麺に一味を振ったらその甘みが増幅してしまいましたが、それでも個人的には許容の範囲で済んだのが良かったです。柚子片は爽やか。
具材は麺の上にチャーシューが4枚。つけダレ側にはメンマ、ネギ。
チャーシューは部位の異なるものが2枚づつ。いずれも冷たいですが、ロース系のそれはミシミシの食感で好み。
ただ、チャーシューつけ麺でもないデフォルト900円でチャーシュー4枚。枚数減らしてスタート価格を下げるという選択肢も欲しい気がいたします。
メンマ数本はつけダレに沈んでいるため味濃すぎでした。

スープ割りは店員さんに申し出ます。
接客は皆さま丁寧、教育が良いんだろうなという印象で美味しく食事が出来ました。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「濃厚つけ麺¥890」@日本の中華そば富田 成田空港店の写真この日は成田空港にてポン中こと、こちらのお店に参りました。

壁が低く、半分オープンな店舗。入口で先会計するシステムにて、店員さんに標記を告げ会計し、カウンター席に案内されます。
僕はすんなりと入れましたが、すぐに外待ちの列が発生しております。タイミングが良かったようです。
並びは半分以上が海外の方でした。

さて着席後5、6分でご提供。
綺麗に盛られた艶々で茶褐色の麺。口当たりは蕎麦のように硬く、噛むとモチモチ食感に麺自体の風味も良くのどごしも良く。
正にこの系統の王道ですが、流石に美味。

つけだれはまたおま豚骨魚介。
動物系強く濃厚でやや甘め、卓上の酢を垂らすとさらに甘みが増幅された気がします。

具材はつけだれの中にチャーシューとメンマ。
存在感には乏しいですが、まあアクセントですね。

スープ割はしませんでしたが卓上ポットです。

FC店とは言え、FC店たるに十分な美味しさ。
飲食店に美味しさを求めづらい空港という立地もプラスに作用しているものと思われます。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「らーめん(ねぎ)¥840+レン草¥50」@ちばからの写真土曜日、娘とその友達をイズニーに送り届け、夜また迎えに行くまでヒマだったので千葉の内陸へ。
店先の行列には家族連れやヤンキーが多く、またその両方も居た。
当然普通の人もいっぱい居た。

食券を買ってから列に並ぶのではなく、ベンチ辺りまで到達してから店内で食券を購入する様子。
時おり店員さんが出てきて食券購入の指示をされていたが、ホントにたま~に程度なので、一見にはシステムが分かりづらい気がする。

券売機ではミニらーめんのボタンを見つけることが出来ずにデフォルトを。
よく見たらあった。
ほうれん草も欲しかったがボタンが見つからず。
これは現金メニューだった。
券売機には律儀に「税込」とあり、神奈川新町のハンバーグ人気店「なりこま家」を思い出す。

■スープ
ド豚骨。丁寧に裏ごしされたポタージュのような、雑味の少ない上品な舌触り。
スープの量は少なめ。
とにかくつけ麺のタレような濃度であり、半面、煮詰め過ぎとも思える味の濃さ。
個人的にはショッパい。

■麺
きしめんを少し細くしたようなムッチリとした太麺はかなりの個性。
渋谷のお店でも同様であったが、この小麦感溢れる麺を絡みまくる濃厚スープで食べていると、なぜか洋のテイストを感じる。気のせいだとは思う。
麺量は300gオーバーのようだが、一本一本が太いせいかそれほどの物量には感じなかった。

■具材
分厚くて脂身の多い豚1枚、野菜、無料のネギ、有料のほうれん草。
豚はそれほど塩気が強くなく救い、
ネギとほうれん草はスープと麺の間に完全に埋没。


■総評
天一を二郎寄りにした印象で、その上品さゆえか個人的には中毒性に乏しい。
また、価格設定は当然お店の裁量ながらも、少し高い気がする。
子連れに優しいお店(子連れ優先、取り分け可)であることは間違いなく素晴らしいが、テーブル席の回転率や客単価などのツケが価格に転嫁されている、などと考えたら穿ち過ぎか。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「らーめん 豚骨醤油¥750」@麺屋 青山 本店の写真スープがいろいろと選べるのですが、事前知識のない一見には厳しいかもです
豚骨魚介と間違えて豚骨醤油をお願いしてしまいました。

◆スープ
カエシを尖らせたらほとんど家系?な感じのする、豚感にあふれた粘度も高めの濃厚スープ
トロミのある重たい口当たりで唇ペタペタ、後味はしつこくなくイイ余韻を残します。

◆麺
中太ほど太くはない、太めのストレート
硬めですがモチモチ感もあり〼。175gくらいの体感です。

◆具材
厚手チャーシュー、メンマ、ネギ、海苔、半玉
丼上でクロスしている青いやつは名前失念しました。
デフォルトで半玉入るのは嬉しいような。

◆総評
所謂「またおま系」なのでしょうが、コチラは追随される側だったハズなので「また」ではない「おま系」変な響きですね。
ともあれ人気が頷ける一杯でした。自分のミスですが豚骨魚介が食べたかったです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
85

「ラーメン¥780」@兎に角 松戸店の写真松戸は次女が生まれて少ししてから暮らした街であり、その時の高揚感もあってか、いい思い出が多く残る。
多分10年ぶりくらいの、兎に角。
ラーメンにしました。

濃厚な豚骨魚介はある意味で古色蒼然としていてもおかしくないのですが、そう感じさせないのは、「ケチ臭くない」からでしょうか。
濃厚三獣魚介スープに太麺、ネギたっぷり、メンマたっぷり、チャーシューはしっとり×薄味×厚手で最高。
ちょっとした「またおま店」なら確実に800円は下らないのですが。

やっぱり松戸はいいな。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「アリランチャーシュウ(中)¥1,250」@アリランラーメン 八平の写真他サイトのレビューによりますとナビでも迷うなどとありましたが、僕が入れているヤフーのスマホナビは完全に迷うことなく僕をイムジン河、ではなくアリランまで誘導してくれました。
道中「らーめん 味覚」を通りましたが見なかったことに。

強烈な外待ちを乗り越え、かつその間にオーダーを取られたのですが、入店してもしばらく待ちます。
配膳も自己申告が必要ですので(しかも同一メニューを続けて提供するので順番の前後も)、不慣れだと大変ですね。

スープはチャーシューの煮汁にタマネギの甘み、コクの強いカエシ、ニンニクの苦み旨み、ピリ辛。
初動はガツンと来ますが化調で後味を引きずらせるタイプではなく、むしろ穏やかな余韻が残るミドルボディ。家で作ったようなごった煮スープは相当に美味いです。

麺は自家製の中太ゆる縮れ。クセのあるスープに埋没しないのはさすが。ズルズル啜って、モシャモシャと咀嚼します。アリランには「小」の設定がなく「中」「大」のみですが、麺量は小ですねえ。

具材はチャーシュー、タマネギニンニクニラなど。
チャーシューは薄手で適度な塩梅、甘くないのが良。1枚1枚の食べ応えではなく枚数でカバーしてくれます。
その他具材はスープの具。残さず拾って食べました。


この値段ながらボリュームは控えめ、立地、待ち時間も考えると再訪は…
個人的には十分ありです(笑)

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「らーめん¥580+ゆでたまご¥50」@ら〜めん 日可里の写真ザ・竹岡式なビジュアルですが、少なくともチャーシューの煮汁をお湯で割っただけ、というスープではなく、しっかりと出汁を取られております。鶏ガラ野菜でしょうか、そこに豚系の旨み。
醤油は濃いめですがショッパさはなく、後味はむしろすっきりとしております。

麺はムニュリとした中太縮れで茹で過ぎ感あるものの、この一杯に合うのはこれくらいかしら、とも思えます。カンスイ臭はないですが、中華屋で良く遭遇するコシ無しのゆるゆる系。

具材は厚手のチャーシュー3枚、メンマ、玉ねぎ、海苔。チャーシューは厚手の肩ロースでホロリと崩れる食感に塩梅も適正。

玉ねぎのせいかスープのせいかあるいは両方か、八王子ラーメンとも通ずるものを感じました。


木更津の山奥ロードサイド、看板には「ドライブイン」とありましたが、内外装とも地元の食堂。
アイドルタイムながら先客後客とも多数、賑わっておられました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「豚バラチャーシュー麺¥637+大盛り¥0(期間限定)」@幸楽苑 八千代村上店の写真家族サービスを終え、国道16号を千葉から埼玉に向けて走ります。
かつて何度となく通った道ですが、ここ最近は勝手が違うようで。昔はその存在すら知らなかった、関西勢の看板が異彩を放ちます。横綱に魁力屋…
エセ関西人としては喜ばしい限りですねw

でも家族のチョイスは東日本の雄、幸楽苑。
(理由は嫁が餃子無料券を所持していたためでして)
僕は泣きませんでした。


連休中の書き入れ時な時間帯(19時ごろ)にも関わらず、店内は2割程度の客入り。要はガラガラ、大丈夫かしら。
喜多方ライクな(コチラのチェーン自体が福島資本ですが)ビジュアルの標記をお願いしました。
同商品は期間限定で麺大盛りも無料とのこと。随分前からやってるような気もしますが、喜んでお願いします。


意外と待たされ10分ほどで配膳されました。いかにもチェーン店らしいソツのないビジュアル、悪くありません…むしろ好みです。

スープは鶏豚+魚介+野菜のトリプル
というのがオフィシャルな声明ですが、特段スペシャリティを感じることのない、最大公約数狙いの鶏ガラ魚介コク醤油。グビグビ行けます。

麺はコシの強さとのど越しの良さ
というのがこれもオフィシャルメッセージ。コシはともかくのど越しは良いですね。チュルプリとした食感で風味や旨みには乏しく、スープとのバランスはこの醤油よりも味噌の方が良いかも。あくまで個人の感想ですが。

具材はチャーシュー、メンマ、ネギ。
チャーシューはバラのストレートが9枚くらい。小ぶりながらも厚みがあり食感も肉肉ですが、味わいは今一つ。量でカバーですな。
その他具材は特筆ございませんでした。


途中ギョーザを投入してギョーザラーメンにしてみました。美味しかったです。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「ボイジャーセット(蟹と卵のあんかけ麺、ほか)¥1,450」@China Voyagerの写真Dランドに行きました。
珍しく妻が昼飯にラーメンを所望しましたので、気が変わらないうちにそそくさとコチラに参ります。

入ってすぐにレジ&もぎり風お姉さん。標記セットの中身が以前と変わっていたので自分はソレを、あと家族の分などオーダー。

※セット内容
蟹と卵のあんかけ麺
杏仁クリームロールケーキ
飲みもの

サブウェイ的な流れ作業を拝見しつつセルフ方式で受け取り、空いてる席にていただきます。時刻は14時ころのため、さほど混んではおりませんでした。

スープはかなりキャッチーな塩味。動物エキスに塩気が主導する、極めてケミカルな感じ。
いわゆる最大公約数狙いなんでしょうが、美味不味どちらとも言い難い味わいです。

麺は中細のゆる縮れ。
持ち上げると強制的に餡が絡んでモッサリ重たい触感に食感はムニムニ。こちらもスープ同様に特筆すべき個性を見出だしづらい一品でございます。

具材はその餡かけと小口ネギ。
餡は片栗粉に卵黄、卵白とも多用され、ハッキリ塩味に生姜の風味。
スープと方向性が同一ゆえ、自ずと一体感を成しております。
個人的にはラーメンの具としてよりも、チャーハンにかけた方がベターな気がしないでもないのですが、美味しくいただきました。

杏仁クリームロールケーキはネーミングにスポンジのことが一切触れられていないことに少々違和感を感じますが、ほとんど娘が食べたので割礼
割愛します。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「ボイジャーセット(豚肉と野菜のあんかけ麺、ほか)¥1450」@China Voyagerの写真Dランドに行きました。
妻と息子はどっかに買い物、娘らはスプラッシュマウンテン(以下SM)狙い。
ファストパスの発券が早々に終わってしまっておりましたので、シングルライダーとして3人別々に乗るべくファストパスのエントランスから入場。
しかしイイ年をした大人が見ず知らずの方との相席はキツイ…
乗り終えるともう1回乗りたいなどとぬかすので、勝手に行って来てもらうことにします。
先ほど入場~終了までの時間が約30分だったため、この隙に1人ラーメンブレイクすることにしました!

で、コチラに。
単品メニューはどれも既食でしたので、期間限定かどうか知りませんが標記をお願いしました。
豚肉と野菜のあんかけ麺+マンゴープリン&ココナッツミルク+ドリンクのセットです。
イイお値段ですが、他の単品はどれも980円、コーラ300円ですから、まあこんなもんでしょうか。

カフェテリア的な流れ、オペを眺めつつトレイを滑らせ進みます。
湯煎しているのか専用の什器から持ちあがって出てきた丼にまずテボから湯切りの甘い麺を投入、そのあと3種の寸胴のうち醤油ベースのスープを注ぎ、最後に角パンに入っているあんかけをお玉でドロリと流し込んでおしまい。
他のメニューのようにチャーシューを並べたりしないので、ちょっと寂しい印象が。

適当に座り、いただきます。
スープはダシ感に乏しく、醤油ダレが強く主張。あとシイタケか何かのエキスも。
単調な感じではなく深みもありますが、結構甘め。
好みにもよるでしょうが、個人的にはちょっと好みから外れたお味です。

麺は中細の縮れ、チュルチュルと啜り心地は良く、スープとの相性もまずまずでしょうか。
さすが最大公約数狙いだけあり、特徴も無いですが不満も無く、安心して食べられます。
カンスイがそこそこ効いてました。

あんかけはメニュー表記通りの豚肉&野菜です。
野菜はシイタケ、ニンニクの芽、ニンジン、玉ねぎ、木耳。
やたらとニンニクの芽が多く入っており、シイタケと併せて食べ応えに寄与。
餡自体も程良い甘みで、スープもこれくらいの甘さの方が良いんじゃないでしょうか、などと万人から外れた印象を持ってしまいました。
多めに降りかかったアサツキは特別効果が感じられず。

全体的に量は少なめですが、不満もなく完食致しました。
さて夕食の時間となり、妻が珍しくラーメンにしようと言うので必死に止めてカレーにしてもらいました。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 2件