なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

立秋

男性 - 神奈川県

焼鳥データベースを望む

平均点 75.412点
最終レビュー日 2019年10月17日
1,222 1,052 2 5,101
レビュー 店舗 スキ いいね

「ネギラーメン¥650」@ラーメンショップKANTOチェーン 西四国本部の写真今治と言えばタオルのまちである。
うちの嫁ですら知っている。
ちょっ気を抜くと福岡県と福井県を間違えてしまう嫁でも、だ。
なので今治に行った際にお土産何がいいか電話したところ、「手ぬぐい」との返答。
お土産は放棄して、ラーメンショップに向かった。

さて店内はL字カウンターで厨房丸出しのラーショスタイル。
お冷はセルフで、給水器に記載されている「お気の毒セール」なる案内が目を引く。
曰く、1週間以内に交通違反で切られたキップを持参すればラーメン200円引きとのこと。
何を隠そう、この3日ほど前にスピード違反でネズミ捕りにやられている。
あの忌まわしき国道43号線。
片側3車線なのに40キロ制限の国道。61キロでキップを切られた。21キロオーバー、減点2点の反則金15,000円。
腹立ち紛れに「お巡りさんかて60キロ以上出すやろ」と対応した警察官に毒づくのが精一杯であった。

ともかく1週間以内にキップを切られた。資格はあったのだ。
ただ、この日は出張なのでキップを持ってない。
更に気の毒な気分に追いやられつつ、大将にネギラーメンをオーダーした。

厨房は大将と女将さんの2名体制。アイドルタイムで先客はなし。
壁にはチャレンジメニューの達成者と思しき方々の成功談が短冊で飾られていた。

5分ほどでやってきた一杯、正統派の丼。
スープはわずかに背脂の浮いた豚骨醤油。化調のクドさが前面に出ており、ダシ感は希薄。これはこれでまあバランスのとれたラーショテイスト。ラーメン自体が久々だったので、ついゴクゴクといってしまった。

麺は中細のストレート。客席側に大西製麺の麺箱が積まれていた。と書いてはみたものの、浅学ゆえ知らない。
ボソッとした硬めの吸いこみに柔らかさを感じる歯切れ。ストレート麺ゆえにスープの絡みも良く、スルスルと進む。麺量は意外に多く感じられた。体感で160gくらいか。

具材は白ネギ&青ネギ、チャーシュー、コーン、海苔、昆布。
主役の白髪ネギは和えてあるような気もするが、ちょっと違う印象。何より刻みチャーシューが皆無。悪くはないが、予想と違う落胆も隠せない。
そしてチャーシューはスライスベーコンのようなペラいバラ肉が1枚、多くを期待しないが、これは寂しい。
コーンや刻み昆布がデフォなのは珍しく、また海苔は場所がらか、かなり厚手でしっかりしていた。


なんだかんだ言いつつ、久々の味わいを堪能したのもまた事実。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件