なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

立秋

男性 - 神奈川県

焼鳥データベースを望む

平均点 75.406点
最終レビュー日 2019年10月13日
1,221 1,051 2 5,089
レビュー 店舗 スキ いいね

「日替わり¥670」@朝鮮飯店 亀里店の写真辛口もやしラーメン、牛タン大根煮、土佐煮、サラダ、キムチ、ライス、ドリンク

ラーメンはコクのあるスープにさほど絡まない中細プリプリ麺、辛口を謳うほどではなくピリ辛な感じ。モヤシ以外にニラ、ネギで韓国っぽくなくスタミナ風です。
牛タン大根煮は牛タンに大根、ニンジン。やや甘めでご飯のおかず。
筍の土佐煮。煮物が被ってしまってます。
ライスは遠慮しましたが大盛りも無料、ドリンクはメロンソーダを所望しました。

焼肉屋で焼肉食べたくない時に重宝するメニューです。

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 3件

「オーション馬鹿二郎ラーメン¥810→¥700(クーポン)」@日本一馬鹿豚の写真※9月7日までの限定でした(こちら景勝軒グループは不定期に同じ限定メニューを繰り返しますが)

オーション≠二郎
馬鹿≠二郎

ご近所「自家製ラーメン 大者」は大蛇、ではなく小蛇でしたが、時間がなかったためこちらに参りました。初訪問です。
券売機でクーポン700円のボタンをプッシュ、
厨房の男性店員さんにアプリのクーポンを見せつつ食券を渡すと「限定ですか」と聞かれる。
よほど限定顔をしていたのでしょう。
続けて「ニンニクとショウガはどうしますか」と不機嫌そうな問い合わせ。
両方入れてもらいましたが、なぜ不機嫌なのかなと思ったら、本来は客側が食券渡す前にマッキーでトッピングに丸するみたいですね。だったらそう言ってくれないかな。

水セルフ。5、6分ほどしてアジアンおばちゃんが提供してくれました。
二郎を冠するほど二郎っぽい見た目ではありません。

スープはクリーミーなドロ豚骨、こちらのグループにありがちな甘さが皆無でとても好ましい味わいです。粘度は高めながら塩気も適度なのでしつこさクドさは一切感じません。ニンニクもショウガも両方合いますね。
で、麺。オーションはいいとして、まさかの平打ち太麺…ビジュアル的はどん兵衛そのもの。
小麦感あり、またピチピチとしていて舌鼓を打つには良いのかもしれませんが、どうにも違和感のある平打ち。このスープには合わない感じです。麺量は200グラムくらいでしょうか。
具材は炙りチャーシューにヤサイ。
チャーシューは炙ってあるもののパサパサとしており、肉質にチョット疑問。スープに沈めていただきました。
ヤサイはキャベツモヤシともシャキシャキ浅茹でで食感ありました。

総じて全然二郎ではありませんでしたが、甘くないスープはヨカッタです。
このスープにこちらの自家製太麺はとても合いそうな気がいたします。

投稿(更新) | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件
87

「つけ麺  並盛¥850」@つけ麺 弥七の写真この日は舘林、
古河方面にて打ち合わせのため東北道舘林インターをおりて、近所のこちらに参りました。
10台くらいの車が停まっている駐車場の半数以上は県外ナンバー。
品川や横浜といったナンバーもあり、人気のほどがうかがえます。
昼の12時半過ぎで外待ち10人弱、ゆるゆると列は進み。
店内からは大将の「ありがとうございました~!」
怒号と言っても差し支えない大声で退店客の動きが把握できるのはイイです。
元々ラーメン系を考えていたのですが35℃80%RHな高温多湿の環境下、注文を取りに来られたお姉さんにつけ麺をお願いしてしまいました。

20分強で入店。
セルフ水を汲みつつ、限定メニューのネーミングがスゴイというか酷いというか(どうスゴイのかは諸兄のレビをご参照ください)かねてよりどういう店主なんだろうと思っていましたが、この度ようやくそのご尊顔を拝見。
人のよさそうな普通のおっちゃんでした。

入店してからはさほど待つことなくご提供です。
つけダレは一世を風靡し続ける豚骨魚介、ですが両者のバランスと塩梅が素敵。
この系統、大抵は豚か魚かのどちらかへの振れが強く、過度のクドさやエグミまたはそれに基づく喉の渇きを覚えることが多いのですが、そういうネガティブ要素が感じられません。
つけダレながら、そのままでもいけてしまいます。
麺は茶褐色の四角い太麺。
適度な剛性に小麦を噛みしめるような旨み。つけダレに浸しても埋没しない存在感のある麺です。
250グラムは気持ち少ない気がしました。
具材はつけダレの側に厚手のチャーシューとネギタマネギ。
麺側には極太メンマ海苔。
しっとりとした食感のチャーシューはつけダレ同様にクドくない味わい、ネギとタマネギも清涼感に寄与。
一方で麺側のメンマと海苔は凡庸でした。

卓上にスープ割のポット、ちょっとだけ割ってみます。
人の良さそうな(でも限定メニューのネーミング開発に余念がないのかもしれません)大将にお会計、
大きな声で送り出されました。


都内などからわざわざ行くお店ではないのかもしれませんが、
近隣に車でご用がある際には寄ってみても損はしないというか得をします。

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーシューメン¥550」@ぐんまこどもの国 レストハウスの写真この日はぐんまこどもの国
息子にはほぼ永久に鬼ごっこをさせられるのではないかと思われましたが、2時間40分ほどで許してもらいお昼に。園内のフードコート的施設であるこちらに参りました。

公園らしく、うどん、そば、カレー、ラーメン、焼きそば、たこ焼き、エトセトラ。
チャーシューメンにいたします。息子はカツカレー。

おばちゃんが目の前で調理すること2分ほどで出来上がり。
黒衣のペテン師さんの時ほど立派なチャーシューではないですが、それでもこちらの店舗形態を考えれば分不相応な肉が目を惹きます。

良い天気だったのでテラス席に。
ズズっと啜ったスープはカエシ強めで、乾物系も前面に出る醤油味。旨みが強く、汗を掻いたので塩梅も丁度良い具合。いかにも業務用で、ある種安心の味わいです。
後味がしつこくないのは良いですね。

麺はチュルプリとした柔めの中華麺。
啜り心地良く、スープとの相性も良好。誰しも抵抗感なく食べられる汎用タイプです。

具材はしっとりとした肉質のチャーシューが4枚、お決まりのワカメ、メンマ、ネギ。
あとナルトが入ってれば公園ラーメンとしては完璧だと思います。

食前のイメージと寸分違わぬ一杯に、これはこれで満足。
食べ終えてまた息子と遊んだ令和の休日でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「みそラーメン¥800」@中華料理 東苑 富岡店の写真http://photozou.jp/photo/photo_only/2431046/261172766?size=1024#content
群馬サファリパークのタダ券があったので息子と行って、帰りにこちらに寄りました。
10数年ぶり、2度目の訪問です。

店舗はリフォームと言うかキレイに建て直されています。
出入口の扉は自動ドアのような手動ドア
フロアと厨房を隔てるは自動ドア
ここに自動ドアが、そもそもドア自体が必要なのでしょうか。
…ネガティブ感情を振り払い、標記と揚やきそばをお願いしました。それぞれ息子と半分こ。


スープは少なめでドロリと濃厚。生姜の風味にニンニクが感じられ、野菜の旨みも溶け込んでいます。
ちょっとショッパながら、後引くスープ。
麺も太麺の部類で水分過多、ムッチリとした弾力。麺量は150グラム、と店内に置いてあった昔のラーメン本に書かれていました。
具材はクタクタに煮込まれた野菜、モヤシ人参ニラタマネギ、あと肉少々。
スープを吸ってショッパウマい。

ちょっと強気な価格設定ですが、人気があるのも頷けます。


10数年前の平日の昼間。空いているカウンター席に適当に着席したところ、そこは今から来る市役所の誰それが座る席だから座らないでくれとかなんとか。

未来の常連も最初は一見でしょうに。
それきり足が遠のいてしまいました。
でもラーメンは美味しいな。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「麻婆麺(限定)¥810→¥700(クーポン)」@獅子王の写真※1月11日から2月24日まで、金・土・日限定での提供です。

自宅の車が寿命に近づきつつあり、休日に嫁と新しい車を買いに。
道中「極濃湯麺 フタツメ 貝沢店」で昼飯を、と思いましたが駐車場は県外ナンバーもちらほらで満車、店頭にも20名程度の並びが形成されていたためパス、
続けてご近所のパスタ屋「シャンゴ」に向かうも、最近またテレビに出たとかでこちらも30人以上の行列…

最終的にこちらになりました笑
こちらオトナリのパスタ屋?も高崎絶メシリストに掲載されているようで、10名くらい並んでいました。
みんな麺類大好きですね。


さて毎日毎日ラインが何回もうるさいこちらのグループですが、とは言いつつも気になっていた標記をお願いしました。
ラインで案内が来て、ラインのクーポンで810円→700円になるのなら、初めから700円で提供すれば良いのにと思います。
辛さが選べ、また中盛りも無料ですが今回両方とも普通で。
嫁はまぜそばです。

丼には予め挽肉麻婆ペーストが用意されており、冷蔵庫から取り出した市販の豆腐1丁を加えレンジでチン、その後スープと合わせます。豆腐がケチ臭くないのがイイですね!

スープは濃いめの醤油にやや豚味、麻婆部分は花椒が結構効いていてなかなかのシビカラ具合。
標準でこれだと2辛3辛は相当ハードな感じもします。
レンゲで拾われる挽肉のプチプチ食感も良好。

麺は自家製のストレート太麺。硬くて風味も良く、麻婆餡にも負けません。
麻婆×太麺は経験乏しいですが、こちらのグループの麺自体が秀逸ということもあり、とても良い相性と感じました。


ほとんど行けないお店でありますが、これはレギュラーメニュー化してほしい逸品。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 3件

「トマトラーメン¥600」@天然温泉 七福の湯 前橋店の写真前橋の温泉施設。やたらと豊富なメニュー群より、2019減量計画の趣旨に沿った標記をオーダー。
卓上タッチパネル式端末です。

数分でバイトお姉さんが運んできてくれました。赤。
トマトがなかなかに香ります。

素スープは…分かりません、塩ダレにホールトマトの缶詰、そんな味。
少し食べたいとスープを啜った娘2号「ただのトマトだね」

麺は細くて緩い縮れ。チュルチュルと軽やかな啜り心地でトマトの酸味を引き連れます。
汎用感溢れる業務麺ですが、温泉施設にてそれ以上のものを望むべくもありません。

具材はカットトマトがゴロゴロ。あとナスと、おひたしとかで見る、菜の花みたいな野菜。
肉レスですが、この一杯に肉は合わない気がするのでこれで良いのでしょう。

極めて罪悪感のないラーメンでした。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「カレー中華そば¥870」@森田屋支店 太田店の写真家族の目を盗んでコチラに。
相変わらずの超人気、年始早々老若男女が列を成しています。
またこれはお店が禁止していないのでどうしようもないですが、少人数で並んでいて入店直前にどこからともなく連れが合流するグループが多数存在するのは萎えますね。
ともあれ寒空のなか、入店まで1時間を要しました。

空席はチラホラありましたが、店内待ち椅子にて10分ほど待ってから女将さんに「空きましたよ~」と案内され、水を汲んでようやく着席。オーダーしてからはさほど待たずに配膳されました。
思わずニンマリとしてしまうワイルドなビジュアル、待ったかいがあったというものです。

スープは豚ガラ系のじんわりとした旨味、カレールウは中辛くらいの適度なスパイシー加減で、融合すると激しく美味。スープをレンゲで掬うとカレーに入る豚こまやトロトロ玉ねぎも一緒に拾われ、もはや食べるスープです。

麺は太さ不定の手打ち。モッチリとしていて表層はやや水っぽく、うどんあるいは細くしたすいとんのような食感も相変わらず。
麺量も確実に300グラムはオーバーしていると思われ食べ応えは十二分、これを美味しそうに平らげているおじいさんや地元マダムの胃袋はどうなっているのか、いつも疑問に思います。

具材は柔らかバラチャーシューが2枚、あとネギ、ルウには前述の通り豚や玉ねぎ、あとニンジンなど具材がタップリ。

ウマウマカレーに膨大な麺量、チャーシュートッピングせずとも満足の一杯でした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 3件

「貧乏ラーメン¥322」@いっちょう 群馬町店の写真あけましておめでとうございます


北関東にチェーン展開する居酒屋/和風レストランのお店
10年以上前の開店当初からタッチパネル方式のオーダー端末を導入するなど、来たるべき人員不足への対応をいち早く行っておりました。

義両親や家族と年始の食事、僕一人酒飲みなので遠慮しいしいビールにツマミなどを頼んで、締めに標記を。
タッチパネル担当の義母愛子さん(仮名)に「ホントにこんなのでいいの?」と何度も念押しされました。
店員バイトお姉ちゃんもさすがに「貧乏ラーメンで~す」とは言わず「ラーメンで~す」
具なしの素ラーメンです。

明らかにインスタントなスープと麺。
スープは鶏エキスと強めのカエシと化調が支配的。
麺はインスタントなモニュモニュとした柔らかでぬめりのある食感、啜り心地は良好です。

※これマルちゃん正麺だそうで。
ということは貧乏焼きそばもマルちゃんでしょうか。
そういえば品川の「鶏一支店」でもマルちゃんの焼きそば出してたな。


見かねた妻や義母愛子さんが海老天や十勝豚丼の豚肉などをそっと載せてくれました。

点数はこんな感じですが、飲んだあとには多分また食べたくなるような一杯です。


今年もよろしくお願いいたします

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「半チャーシューメン¥700+半半チャーハン¥270→¥900」@風来軒の写真ここがお店か、と言われないと通り過ぎてしまうようなこじんまりとした店舗は今や営業中でも暖簾も何も出ませんが、店内の明かりで営業しているかどうかを判別します。
休日の13時過ぎ、先客2組と意外に空いててラッキーでした。おばちゃんの一人オペゆえ、混んでいるとえらく待ちますのでね。


半年ぶりの訪問、少し値上がりしています。
卓上の細長い用紙に鉛筆で食べたいものを記入して厨房に持参しますと、おばちゃんは向こうを向いて、まな板の上のチャーシューを切っていました。
「そこに置いといてね。横向きにね」
手前のテーブルに、先客様の用紙に揃えて並べます。
そういえば昔は「つけもの」と書くと漬物も出してくれましたね。


給水機で水汲んで、テレビと漫画を見ながら10分ほど待ちますと
「半チャーシューと半半チャーハンの方~」
呼ばれましたので受け取りに厨房に入ります。
「アブラ多くなっちゃった、ごめんね」
確かに濃い感じですが。
いつもなみなみのスープは今回適量、他方、半半チャーハンのボリュームときたらないです。


スープは動物系、特に豚の旨みが強く出ていて、いつも優しいスープがさらにふくよかな味わいに。カエシは穏やか。
こんなに美味しかったのかと今さらながらに驚嘆しました。
昨今のトレンドとは無縁ながら、多くの人を引き付ける素朴な味わい。
懐かしいような、ほっとするような安堵感があります。

麺は黄色味がかった細縮れ、啜り心地良く、プリプリとした良好な食感です。
ハーフですがスープが進むため、物足りなさは感じませんでした。

チャーシューは長いバラ肉が5枚。
脂身が甘く、柔らかく、肉食ってるという満足感に存分に浸れます。贅沢。
半ラーメンのほぼ倍の価格設定にも納得のチャーシューです。


チャーハンはボソっとした乾いた食感、塩気も控えめでスープに合うこと。
なんせ量が多いのがうれしい。

食べ終えて、食器を片づけにごちそうさまでしたと厨房に入るとアブラのことをまだ気にされているおばちゃん。
「ごめんね、アブラ多かったでしょ。スープが煮詰まっちゃって、ごめんね」
いやいやとても美味しかったですと告げるも
「もう少し早い時間に来た方がいいよ」
しまいには
「970円だけど、アブラ多くなっちゃったから900円でいいよ」
端数を切ってくれることはよくありますが、ご褒美感の強いスープにも拘わらず70円も値引きしてもらって、却って申し訳なく思います。

おばちゃんいつまでもお元気で。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 2件