なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

立秋

男性 - 神奈川県

焼鳥データベースを望む

平均点 75.411点
最終レビュー日 2019年10月22日
1,223 1,053 2 5,109
レビュー 店舗 スキ いいね

「ラーメン¥630(硬め濃いめ)+のり¥40+ほうれん草¥50+き」@横浜家系ラーメン 高松家の写真香川もういっちょです。

国道11号を高松方面に帰ります。
セルフうどんの店が林立、製麺機屋もあり、さすがうどん王国。
道中、本来の目的であるうどんを購入したり、城を観たり、その他色々していると夕方になりました。
ちょっと早いのですが、折角なので夕飯にします。

吉村家直系というコチラに参りました。
券売機でプラ券を購入、トッピングは券売機と現金払いと両方あり豊富、それだけで子供のように嬉しくなります。

カウンターに着席、お母さんにお好みを伝えてしばし待機。
卓上は生ニンニクとニンニクチップ、ラーメン酢に豆板醤にコショウなどなど豊富。
店内アチコチで吉村家との関係をアピールされております。

7分程で到着です。スープ黒!

スープをズズ…カエシがビシッと主張しますが、ダシ感は控えめでやや濃厚さに欠けるような。
化調もまずまず効いており、もうちょっとボディが強ければ言うことないんですが…。
早々にニンニクを投入してパンチをアップです。

麺は酒井製麺だそうです、平打ち気味の太麺。
むー残念なことに、かなりグダグダ…。柔すぎですね。
先にオーダーを受けた2名様よりも早く提供されましたので一応硬めにはなっているみたいですが…。
何かの間違いに思えます。

トッピングはロースのチャーシューとほうれん草、ネギ、きくらげ、海苔。
チャーシューはハムのよう、低温調理のようなシットリ感で美味しい。
ほうれん草も茹で加減良くエグミもなく美味、海苔もしっかりしてて良い感じ。
一方でネギは量の割りには今一つ、木耳はコリコリしてますがちょっと多すぎでしょうか。

なんだかごった煮ラーメンみたいになってしまいました。
ラーメン酢をかけ回してまろやか方向にシフト、その他諸々チューニングで完食です。

麺が良ければ全然違った印象だったかもしれません。
ブレかもしれませんが、確かめるチャンスがなさそうなのが残念です。

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「印度¥780」@讃岐つけめん 萬次郎の写真讃岐らーめん はまんどを後にしてコチラを覗くと、うわ~空き席がありますね…。
先のお店は麺量さほどでもなく、まだイケるか。
しかし並でも380gとか書いてある…大丈夫かしら…。

二郎系ではもっと食べたこともあるし、ここも次郎なので大丈夫だろうと自分に言い聞かせて入店。

ちょっとオリエンタルな置き物が置いてある店内、つられたわけではないですが、標記にしました。


しかし先客の皆さん、男女ともに、つけ麺といっしょに天ぷらをモリモリ食べてますね~。随分わんぱくですね。
天ぷらは券売機にはないので、現金トッピングかな…?

などと考えて待っていると、10分程してから「どうぞ」とお盆に載せられたつけダレ………と天ぷら3種盛り。
うわ、デフォでついてくるのか(汗)。
しばしのち、大皿に盛られた麺が到着です。

サラリとしたつけダレはスパイシーなカレー、ベースは鶏豚に、やはり魚介の主張が先行しますね。
塩気は強いですが、つけ麺ですので許容範囲です。

麺は茶褐色、かなり太麺のたぐいです。硬質感があり、つやつやとした麺肌は、先のお店とはまた違ったタイプ。粉感はバッチリ、またコシが強く、ハードな噛み応えです。
うねりのせいか、つけダレに浸して啜ると暴れてシャツを汚してしまいます…。

具はつけダレにはネギのみ、あとは天ぷら。かしわ天、じゃこ天(だそうです。さつま揚げかと思った)、ちくわ天。それぞれ暖かくサクサクとしていて、カレーとの相性は良好です。
アクセントになるような具材があればなお良かったかと。

後半ちょっと単調さを覚えましたが、麺量は意外と苦にならず、スルスルと完食です。
とは言え、スープ割りの有無を確認するほど胃袋の余裕はございませんでした。

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「讃岐そば¥500」@讃岐らーめん はまんどの写真突如として休日1000円高速が終わってしまうことを思い出したらいてもたってもいられなくなり、雑用を片付けてそそくさと車に乗り込み、何も考えずにオーバー・ザ・明石海峡です。

淡路島にしようかと思いますも、まだ時間も早いし雨も降ってるし…などと考えながら車を走らせているうちに鳴門まで到達。

道中、妻にこれこれこうでちょっと四国に行ってこようと思っている旨電話すると、それなら名古屋に行って味噌煮込みうどんとなごやんを買って来てと返されます。
既に四国にいるとは言えず、名古屋は遠いからゴニョゴニョ…とフェードアウト。

かわりにうどんでも買ってこよう。
ということで香川にしました。

遠路はるばる2時間ほどでこちらに到着。
駐車場に車を停めて道に面した店舗に向かうと、コチラはつけ麺専門と書いてありますね。
老若男女はそこからさらに奥に行くので、ついていくと小綺麗な外観の店舗がありました。
先客20名ほどが店の内外で待っておられますが、店内からもどんどん出てくるので回転はとても良いみたいです。

券売機で標記食券を購入。「おまかせ 700円」はちょっと頼むには勇気が足りませんでした。
待っている間、先客と店員さんの会話から、当初コチラで提供していたつけ麺が先ほどの店舗での提供に変わったことを知ります。

7、8分でカウンターに着席、先にオーダーが通っており、そこから5分ほどで到着です。
うわ~アブラがテカテカ、透き通ったスープに平打ち麺が泳ぐビジュアル。
ピンクのチャーシューもあいまって、食べる前から旨いですよこれは。間違いないです。
スープとチャーシューの色目から、ちょっと群馬の米屋を思い出します。

スープをズズズ…煮干し(いりこだそうです)の芳醇な旨みが鼻腔を通り抜けて0.1秒で脳天まで達します。
鶏でしょうか動物系が下支え、カエシは控えめな一方、塩分はやや高めですね。多く浮かんだアブラがコッテリ感を演出しますが、しつこさは皆無。

麺はプリプリと弾力のある平打ち麺。のどごしはつるつるとまさにうどん、わずかに歯ぬかりを感じるモッチリ食感がスープに絡んでウマ~です。

具はロースのチャーシュー2枚にメンマ、ネギ。
チャーシューは味付け控えめ、サシが入ってますが筋張っておらずシットリサクサクと良い感じ。メンマも優しい味付けでした。

夢中で食べ、あっという間に完食です。
また来たい…でも遠い…。
1000円高速がなくなったらさらにハードルが高くなるし…(除く転勤…)。


帰りがけに隣りのつけ麺のお店を覗いてみることにします。
あくまで覗くだけ…。

投稿(更新) | コメント (16) | このお店へのレビュー: 1件