なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

立秋

男性 - 神奈川県

insanity laughs under pressure we're breaking

平均点 75.357点
最終レビュー日 2019年6月23日
1,189 1,024 2 4,861
レビュー 店舗 スキ いいね

「控えめ¥730+九条ねぎ¥100」@ラーメン二郎 京都店の写真京阪→叡山電車→京二郎
駅の踏切と、その向こうに見える黄色い看板が良い構図です。

事前の学習で正面は出口、向かって左手に並ぶとのことでそちらに向かうと10名弱の列。
休日の開店間際の時間で、並びはさほどきつくない感じでした。
11時ちょうどにオープン、券売機には「半分 680円」という魅惑のボタンもありましたが勇気がなく標記を。九条ねぎは単に京都なので。

厨房は大将と女の子の2名体制。
1バッチは7杯程度でしたか、2バッチめでのご提供です。
関西でも「そのまま」コールが通用しました。


スープは非乳化でジロセン醤油のカネシ風味に酸味も強め、尖り気味。
ちょっとショッパくて飲むのを躊躇う直系の味わいです。

麺はニュルリと柔らかくてオーションがどうのとかつい言いたくなる感じ、
何となくけだるい大将ゆえか麺もそんな印象で、でも個人的に二郎に求めるど真ん中のタイプでした。
控えめながら麺結構量あります。

野菜はほぼモヤシ、豚は脂身が多め。
九条ねぎは量があり、丼に投下しますと完全ネギラーメンに。
醤油スープに九条ネギは鉄板かな、と思ったのですが意外にマッチせず、やたらと咀嚼回数だけが増えました。

しかし皆さん食べるの早い…
やっぱり半分がベストだったかも、と思いつつも京都の二郎を堪能した次第です。

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「石田ラーメン¥680?+白米¥0(ランチタイム無料)×2」@長岡京 石田てっぺいの写真石田ラーメン=煮干し豚骨
てっぺいラーメン=豚骨
が2枚看板だと理解しております。

平日昼時に入店しますとタイミングが良くなかったか、店内ほぼ満席で、かつテーブル1卓以外は皆さまウエイティング中。
これは時間がかかりそうだな~と思いつつ券売機。
冒頭のデフォ2種類のうち、当然煮干し絡みの石田ラーメンをプッシュ。
煮干しダブルなんて凄そうなのもあります。

しばし店内待ちしたのち店員さんがカウンターの4人組を空いたテーブルに誘導、でカウンター席に。
オペレーションは男性1名、しかもテボを見るに1ロット3杯程度、こりゃピーク時は大変ですな。
もう1人の店員さんは完全にサポート役でオペには加わらず、でもかなりテキパキ、かつ親切。
食券提示の際にはご飯がセルフで無料であることを説明してくれます。
おかわりも自由とのこと、ウレシイですね。

さてラインレンジャーなどプレイしつつ15分ほど待ちましたがまだ提供の気配なし。
厨房はソロオペでフル回転。助手さんもくるくると動き回って大変忙しそう。
仕方がないのでフロア中央のジャーから無料ライスをよそり、これも無料の煮干しの佃煮みたいなやつを盛ってむしゃむしゃと食べていました。
ライスが無くなりかけたころ、「大変お待たせしました~」とやってきた我が一杯…
ってコレ、石田なの?てっぺいとちゃうの?
どう見ても煮干し要素ゼロ。漂う香りは豚のソレ。

でも…忙しそう過ぎて言えません。
スープを啜ります。
ドロリと濃厚ですが臭みのないマイルド甘豚骨、調味料のアシストもイイ感じ。
スープ量は少なめなので、あまり先行してしまうとバランスを欠きそうです。

麺を啜ります。
自家製だそうで。博多的な極細ストレート。硬め指定で最初はザックリとした食感、後半もそこそこのボソ感。粉の風味も感じます。

具材はチャーシューとネギ、海苔。
チャーシューは一見、威風堂々とした炙り豚。その実はペラくて甘いんですが、このスープにはマッチしています。
海苔は写真では1枚に見えますが2枚重なっていました。オペの多忙さを物語るひとコマですね。

どうしても煮干し風味にしたくて、後半ライスおかわりとともに先の煮干し佃煮みたいなやつをスープに投下しましたが…甘くておかしな味になってしまいました。

接客は大変良く、またライス無料もありがたいので、是非とも再訪して石田ラーメンを食したいところです。

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

「豚骨魚介清湯らーめん(こいくち)並¥750」@麺屋 たけ井 R1号店の写真中華蕎麦 とみ田」DNAな「麺屋 たけ井 本店」の、2号店なのに「1号店」を名乗る2号店。
1号店と違って比較的訪問しやすい立地ですが、面する国道1号が常時渋滞なのでなかなか足が向きませんでした。

金曜日に鶴見の同僚の実家(食べログ未登録)で飲み会
→泊めてもらう
→翌土曜日にトイザらスで妖怪ウォッチ第4章のメダルをゲット
→気を良くして「うりずん。」にうなぎ食いに行く
→マサカの閉店
→気を取り直してコチラにGO!
ブログに書けよって感じですね。

さて中環から激混み道路を50分くらい走ってどうにか店先まで到達しますと、駐車場もメチャ混み。
もう13時過ぎなのに。

外待ちはまず直射日光を浴びまくる立ちんぼエリア、しばらくしてお姉さんから食券購入してください〜と言われ、その後はビニールカーテン向こうの(塩元帥的)屋根×ベンチ椅子つき快適エリア
なんだかんだで1時間弱待ってから入店を許されました。

さて標記とハーフチャーハンの食券を購入しましたが、回収お姉さんによると
うすくち→カツオ+細麺
こいくち→ニボシ+平打ち麺
とのこと。カツオに惹かれつつも後者をお願いします。

店内はオープン厨房の白を基調としたオシャレな感じ。オペレーターは店主ほか5名ほど。
チャーハン担当、ギョーザ担当などなど役割分担がしっかりされていて、かつおしつけがましくない元気さに溢れています。
しかし並んでいる時から思いましたけど、ホンマに老若男女がまんべんなくラインナップされた客層ですね。
上は70代(推定)〜下は0歳児。
まあ下の方はバブー言うてベビーカー乗ってましたけどね。

さて先に提供されたチャーハンをむしゃむしゃ。
隣りの方はギョーザ食べてます。「中華蕎麦 とみ田」DNAどころか、なんだか王将にでもいる気分。

やがてやってきた我が一杯。清い。もとい黒い。
スープはまろやかな甘みとコクのある和テイストなカエシに、風味豊かな煮干しと動物系とで余韻を残す、カエシ先行バランス型。これはとても美味ですね。
危うく一気飲みしてしまうところでした。

麺は棣鄂の平打ちストレート。
何となくどん兵衛を彷彿とさせますが、ツルピチと口の中で跳ねるようなみずみずしさに豊かな風味。
舌鼓を打つ、という表現がピッタリ合いそうな食感と味わいです。

具材はチャーシューとネギ、青菜、海苔。
チャーシューは2枚、厚手のバラ肉は炙られてる言うか焦げ臭強め(裏側)。食感はサクサクで塩梅も程度な感じ。もう1枚は京都的な薄手のロース、しっとり食感でスープに良く合いました。
ネギは爽やかな苦味に量も多くてナイスですね。
青菜は種類良く分りませんがビヨ〜ンと長くてちょっと食べ辛い系。メンマの代替なんでしょうか。
海苔は海苔の味がした気がします。


スープを名残惜しく。
「有名店だからウマい」のではなく、「ウマいから有名店」であることを実証してくれた一杯でした。
次回はうすくちにトライしてみたいです。
つけ麺も。

投稿(更新) | コメント (14) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン(ネギ多め)¥600」@三興飯店の写真この日は京都。「飯店」のつく屋号に「あごだし」「和風」と言ったフレーズがアンバランスでアイキャッチなコチラに参りました。
明るい店内は大将と女将さんの2名体制、以前は鉄板焼の店だったのでしょうか、テーブルにその名残を感じます。
メニュー構成は特別中華屋ではなくラーメン屋、「オススメ」と書かれたデフォの標記を、ネギや背脂の増量は無料なのでネギ多めでお願いしました。

待つこと数分で提供です。京都らしいような、そうでもないようなビジュアル。具材が何だか豪華な感じです。

スープは豚骨にアゴにその他いろいろ、だそうですが、特別に和を感じることのない豚骨醤油。カエシに化調の頑張りで、奇を衒うことのないオーソドックスな味わいとなっております。

麺は中細ストレート。
ツルプリと柔らかな弾力でスープとの相性は良好です。

具材はチャーシュー、メンマ、ネギ、海苔、味玉。
チャーシューは小ぶりの肩ロースが2枚、ネギはたっぷりでスープ、麺に絡めてうれしいところ。
味玉は茹で玉ではなく意外と本格的な味玉だったのが驚きです。


普段使いに良さそうなお店ですね。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「らーめん(並)(硬め)¥700」@山下醤造の写真二条駅そば、懸垂幕にでっかく「家系」と書いてあるお店。

ウイークデイ19時ごろの店内は盛況、家族連れもいて明るい雰囲気。
店員さんは掛け声も元気良く、これまたイイ感じです。

ラーメンメニューは基本1種類であとは量とトッピングによる差異のみ、スタンダードな標記を硬め指定で。
あとライスも欲しかったのですが、大中小とも150円…
小が良かったので割高感を感じてパス、代わりに唐揚げミニ(3個)250円&麒麟IS中550円をお願いします。

さて6、7分ほどでやって来ました。デフォでキャベツのってます。

テロリとしたスープは家系豚骨醤油味。
ちょっとクドさを感じるカエシに豚のマイルドな旨み&鶏油の甘み。レンゲを持つ手が進む、後引くウマさです。
卓上調味料はニンニクほかいろいろありました。

麺はテイガクの平たいやつ。
これ硬めかしらと首を傾げるジャストな茹で具合、ピチピチとした弾力。
麺量は体感で130gくらい、もっと啜りたい…

具材はチャーシューとキャベツとネギとレンソウと海苔。
チャーシューは赤身のウデ肉、しっとりとして繊維でほどける柔らか食感。ちと塩気強め。
キャベツはしんなりオーバーボイルでスープの温度キープ、海苔はやけにつるつるとしておりPE的でした。

家系欲求を十分に満たしてくれる一杯。
ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「丹波鶏らーめん¥723」@ハマムラ 近鉄名店街みやこみち店の写真京都駅ナカのはまむー、夜です。
観光客と地元民が混在する賑々しい店内。相席な大テーブルに案内されます。
まず生ビール(サッポロ)とアテなど頂き、追って標記をオーダー致しました。
5分ほどで配膳。メニュー写真と比べ、かな~り雑な盛りつけですね。

スープはガラベース、旨みとコクの万人向けテイスト。
京都のラーメンに背脂とか求めちゃう人には物足りなく、一方で「はんなり」とかを期待するとハッキリし過ぎててこれまた微妙な味わい。
要は特別京都を感じません。

麺は中細ストレート。ニュルっと柔らかな、ちょっとダレ気味の茹で具合。
ゾゾゾ~と啜り心地は良く、これも最大公約数狙いの無難過ぎる味わいです。

具材は鶏肉、水菜、クコの実、ハマムラフェイスのカマボコ。
鶏肉は丹波の味わい鶏という銘柄鶏、しっとりとした食感に適度な塩梅、ちょっと臭みがあります。
水菜はシャキシャキの食感で塩スープに良好マッチング。
クコの実は杏仁豆腐に載るアレ、彩り担当ですね。
ハマムラ顔カマボコもビジュアルのみの効果。

お腹を満たすという意味では不満なく頂ける一杯でした。
ある意味日本の玄関口ですので、ビジュアルをもう少しどうにかして頂きたい気がします。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば(ミニ)¥450+焼飯(並)¥450」@ますたに 京都駅ビル拉麺小路店の写真今日も今日とて京都です。
もとい今日ではありませんでした。
先日の夜、駅ビル拉麺小路のコチラに参りました。

ヤキメシが食べたかったので標記の単品組合せ。
中華そばを並、+ミニヤキメシというセットもございますが、その場合ヤキメシが泣きそうなくらい小さくなってしまいそうですので。
あと瓶ビールがサッポロ赤星なのでそれも。最近提供するお店が増えてて嬉しいですねえ。


拉麺小路の各店は外国人観光客多数でどこも外待ち状態、特に中国語が乱れ飛んでいます。コチラは女性店員さんも大陸系の方でした。
この日は7、8人の待ちでしたが回転は良く5分もせずに入店、先に食券をモギられていたためかビール、ヤキメシとスムースに提供されます。
ラードまみれのヤキメシをむしゃむしゃ食べてますと中華そばも素早いご提供。

スープは動物醤油ですが、ダシに使用する豚鶏の分量および作業にかける時間のいずれも足りていないと思われるライト兄弟な感じ。そんな中でも背脂は結構多めでして、このため一定のコクが付与されているのが救いでした。

麺は中ストレート。ニュルリとした柔らか食感、これは親店同様なのかもしれません。
ただ、茹で湯に由来すると思しきネガティブなスメルがノーズについてナスティな感じですね。ストレートに書きづらいので婉曲してみます。
ミニサイズなので麺量は80gくらいでしょうか。

具材はチャーシュー、ネギ。
チャーシューは肩ロース系が2、3枚。ネギも合わせてデフォなみの分量に思われました。


結果としてミニにしといてヨカッタような気がいたします。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「背脂煮干しそば(太麺)¥700」@らーめん セアブラノ神 壬生本店の写真この日は京都だったので、とんでもねえあたしゃ神様だよに参りました。
マンションのテナントみたいな立地で裏に駐車場があるとのことでしたが、分からないので近所の40分200円パーキングにクルマ停めました。

入口に券売機、つけ麺とかまぜそばとかバリエーション豊富でしたがお目当ての標記をポチ。
黒を基調とした店内は随分とシックでとてもラーメン屋には見えません。大将と女性店員さん、あとお母さんでしょうか、昼ピークの時間帯でてんてこ舞いの様相でした。

満席のため店内待ち椅子で5分ほどウエイティングしたのちカウンター席へ、ランチョンマットが敷かれています。女性店員さんから「太麺と中太麺どちらにしますか」と聞かれまして、モチロン太いので。
麦茶は卓上セルフ。

じきにやって来ましたわが一杯、小ぶりな丼でビジュアルは思い切り燕&三条ですね。ついにこやかになりました。


スープは煮干のエグみがガツンと来る魚介動物、カエシが出張する本場の組み立てとは異なりますが、これはこれ、ウマいです。
とは言え、最初のサカナ臭さは食べ手を思い切り選びそうで。妊婦さんなどはえずいちゃうレベルではないかと存じます。まあ妊婦さんがこの屋号のラーメン屋に来るかどうかはアレですけど…
レンゲで掬われるは大粒背脂のプニプニ食感と動物系旨み、さほど重たく感じないのは質が良いのでしょうね。

麺はお馴染みテイガクの平たい太麺。ピチピチと踊るような啜り心地で食感はモチモチ、もといモチくらい。やや硬め。丼の大きさからすると意外に麺量は多く感じました。180gくらいの体感。

具材はチャーシュー、玉ねぎ、メンマに青ねぎ。
チャーシューは肉肉しい厚手のロース、真ん中でスパっと切断されているので見ため不粋ですが食べやすさへの配慮でしょう。
玉ねぎは紫ながら苦みゼロで食感をストレートに楽しめます。メンマは平たくコリコリ。

卓上には黒七味や柚子粉など、他店であまり見ない系。色々と変化をさせつつ完食しました。

食後しばらくは喉の渇き。
次回は辛いやつにトライしたいです。

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「並ラーメン(元味)¥500+温泉卵¥30」@特製ラーメン 大中 伏見店の写真12時45分ごろ到着。乳飲み子を抱えたお母さんが店先の丸椅子で順番待ちをされており、その後ろに並びます。
店舗は左手カウンターに右のテーブル席で、予想していたより大バコ。
厨房は男性2人体制ですが、1人は主に客捌きに徹しておられ、実質1人オペ。
大きな釜でスープをガンガン炊いておられます。

数分してカウンターに招き入れられ、メニューを拝見。デフォの並ラーメンは厨房の奥にこそ掲示ございますが、目の前のメニューには載ってないんです。

チャイナな感じの一所懸命女性店員さんと先客とのやりとりから、従来無料トッピングだった温泉卵やキムチは4月より有料化(30円)された様子です。店内掲示は無料のままですが…
なおネギやモヤシの増量については従来通り無料か、あるいはこれらも有料なのかは聞かなかったので分かりませんでした。

デフォに温泉卵、スープは元味と新味とのチョイスで前者に。
オペは手際よく、5分と
経たずにチャイナちゃんよりご提供されました。

豚鶏と思しきスープは動物臭こそ強めですが、口に含めばそれほどクセがなく、カエシのコクをしっかりと感じる味わい。ライトではなく、かと言ってコッテリでもない、適度な動物感に塩分濃度も適正。
このバランスの良さが老若男女に広く受け入れられる所以でしょうね。


麺は細ストレート。
しなやかな持ち上げに加水低めでポソっと硬め、噛めば小麦の感じ。
京都ラーメンの標準からするとやや細めに感じます。

具材はチャーシュー、モヤシ、ネギ+TP温卵。
埋もれていたチャーシューは中ぶりのしっとり系、モヤシやネギはデフォでも十分な量でした。
温泉卵はややハードな茹で加減、溶いてもスープが薄まることなく、まろやかさを増幅してくれます。


なるほど人気店が頷ける、美味しい一杯でした。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン(ネギ多め)¥650」@本家第一旭 たかばし本店の写真お隣「新福菜館 本店」は列なし、コチラは5名ほどの外待ち。
飲んだあと、ウイークデイの21時ごろに参りました。
回転はよく5分ほどで店内カウンター席に案内され、ラーメンをネギ多めで、あと餃子をお願いしました。

厨房は4名作業。1ロットで7、8杯作成されておりますが、僕のネギ多めとか他の方のシロ(チャーシュー脂身多め)、麺硬めなどのオーダーにもメモなしでしっかりと対応されており、これはフロア店員さんの技量によるものでしょうか。

先に提供された餃子を食べ終えたころにラーメンが配膳されました。

スープは豚骨ベースの醤油味。お隣のお店と比べるとカエシとダシのバランス型、薄くはないものの優しい醤油の口当たりにスッキリの後味。塩梅も良好。

麺は中細ストレート。近藤製麺謹製。
表層はやや粗くニッチリとした柔らか食感、麺長が長いので啜り心地ありすぎます。
スープを吸って太る印象の麺。デフォでもボリュームあり、200gオーバーの体感です。

具材はチャーシューとネギ、モヤシ。
チャーシューは脂身赤身のアカシロ半々で計6枚ほど、しなやかでプリプリとした弾力。
ネギ。九条ネギというネームバリューには特別な魅力を感じませんが、デフォの3倍ほどのボリュームは嬉しいですね。
ザクザクした食感はスープに麺に良く合います。

お会計はフロア店員さんがポケットに小銭を用意されているので、どこでも可。
食べ終えたら調子が良くなり、店を出てまた飲みに行きました。

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件