なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

立秋

男性 - 神奈川県

焼鳥データベースを望む

平均点 75.412点
最終レビュー日 2019年10月17日
1,222 1,052 2 5,101
レビュー 店舗 スキ いいね

「スタミナチャーシュー¥550」@さかえ食堂の写真鶏豚野菜ベースのダシにやや甘めのカエシ、天理スタミナらしいラージャンがまことに宜しきピリ辛具合のスープ。
同系統では後味スッキリなお店もありますが(それはそれで良いのですが)、コチラはしっかりとした余韻を残す、コク十分な味わいです。ニンニクはほとんど感じません。

麺はプリプリとした弾力の黄色い縮れ麺。カンスイ臭なし、また熱にもダレることなく最後まで一定のコシを保持してくれます。
小さめ丼からは予想し辛い多めの麺量でした。

具材はチャーシューが5枚(1枚沈んでいます)、あとは天スタ王道の白菜/ニラ/ブタ肉たっぷり。
チャーシューは甘めの味つけながらもスープに沈めてほどよい甘辛加減、ほか具材もライス3杯は行けそうなくらい物量、塩梅ともに良好な一杯でした。

これで550円。
お店は天理教色豊かな天理市の中心エリア、近所に天理大の運動施設があることからか、先客様の定食類もかなりのボリュームを誇ります。
演歌の流れる店内はお父さんお母さんが厨房でともに調理、店奥のレジ横にあるわら半紙にめいめいが食べたいものを記入してオーダーするシステムとなっております。

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

「ドラゴンラーメン(辛度5 入門編)¥650+玉子¥50」@横浜家系らーめん 山手家の写真奈良市の京終。
読みは「きょうばて」、意味は平城「京」の「終」わり(果て、端)…
歴史が違います。

平日の13時過ぎ、かねて気になっていた「麺屋 NOROMA」に参りますと外待ち数名。列にいったん並びますも全然進まない…
時間の都合もあり、ご近所のコチラに予定変更致しました。

変則的な造りの中央カウンターが目を引く店内は先客なし、正面にブルース・リーのポスター。ダンディな店主お一人で運営されているようです。
神奈川の介一家出身とのことで、後で調べますとメニュー構成もおんなじような感じでした。

辛いのが食べたかったので標記を。
辛度なる辛さの調整は5段階あり、

辛度1 死亡遊戯(番外編)
辛度2 燃えよドラゴン(決闘編)
辛度3 ドラゴン危機一髪(苦闘編)
辛度4 ドラゴン怒りの鉄拳(修行編)
辛度5 ドラゴンへの道(入門編)

なんか数字の振り方が逆なような。ついうっかり辛度1の死亡遊戯をお願いしてしまうところでした。
あと玉子50円、ランチサービスのGN'R(餃子3個&ライス)150円。

店内BGMは有線もしくはFMでBON JOVI→ZEP、左手奥の厨房で調理されるのを待つこと5、6分ほどで提供されました。

スープは豆板醤のマイルドな辛さにコクのある豚骨テイストもしっかりしたバランス型。一番ヘタレな辛度5ですが、ジンワリ適度に来る旨辛さ。
鶏油は厳選したニワトリを使用だそうです。

麺は中太の平打ち。
かなり柔らかくムチムチと弾力に富んだ食感。しっかりとスープや唐辛子片を引き連れてくれます。
麺量はやや少なく感じました。

具材はチャーシュー、ほうれん草、ネギ、海苔プラス味玉。
チャーシューは肉肉食感の厚手ロースが2枚、超美味。
その他具材はいずれもスープに良く合います。


後引くスープ、ほぼ完飲でした。
お会計時、店主は合掌。超かっこいいです。
味もさることながら接客、価格、雰囲気も含めてこの点数とさせて頂きました。
もっと近ければなあ…

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「スタミナラーメン(小)¥700」@天理スタミナラーメン 本店の写真この日は「橿原スタミナラーメン」に行こうと思いましたが昼はお休みのようなので、コチラ「天理スタミナラーメン 本店」に参りました。
高速道路の側道沿いの申し訳なさそうな立地に、いかにも雇われ従業員な店員さん。
「本店」と書かれていてなければどっかのFC店だろうなと思ってしまう佇まいです。

壁に面したカウンター席に座ると、速攻で注文を取りに来る容赦のないお姉さん。考える間もなくデフォの標記をお願いします。
コチラ未レビながら訪問は数回め。味噌ラーメンにも惹かれるのですが、なかなか勇気が出ず…

オーナーの趣味なんでしょうか、センターのテーブルにはカーグラフィックとか自動車系の雑誌が多数。
BCでも置いてあれば前澤さんと清水草一さんの掛け合いが最強なデザイン水掛け論でも読んで待つのですが、あいにくありません。もしくは誰かが読んでいる。
しばし待って配膳されました。小ぶりながらもしっかり詰まった丼です。

豚ベースのスープはさらりとしており、豆板醤の辛さに野菜を炒めて煮込んだマイルドな旨みが融合。ニンニクやニラはさほどパンチを効かせておらず、また化調の使い方も上手、クドさの少ないウマ辛な味わいとなっております。ついついグビグビいってしまいます。

麺は細ストレート。
茹で加減は絶妙で、硬質感のある噛み心地にパツっとした歯切れの良さ。スープや具材のインパクトに埋没することなくしっかりと存在感を発揮しているのはステキですね。

具材は炒めてからスープと煮込んだ豚こま、白菜、ニラ、ほか。
白菜は葉っぱの青い部分と白い部分とがバランスよく入っており、偏らない食感で飽きさせません。
その他具材は脇役ながらも、ライスが猛烈に欲しくなりますね。

僕のような余所者にも、ソウルフードであることを十分に感じさせてくれるお味です。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「カレーラーメン(野菜ちょい増し)¥750」@ジャンク屋 kenの写真この日は天理、「さかえ食堂」でスタミナチャーシューでも啜ろうかな、と思ったら痛恨の休日…

なので近所の洗濯屋もとい「ジャンク屋 ken」ちゃんに参りました。
駅前で駐車場つきは嬉しいですね。

さて入店しますと券売機なし、厨房では細身の大将(ケンちゃん?)がオペレーション中です。

壁の注意書きに「消費増税によりラーメンと塩ラーメンを700円から750円に」的但し書きあり、これだけ拝見すると便乗気味ですが、あくまで値上げはこの二品のみで他は据え置き。
この措置でデフォとカレーとが同一価格になったようですので、憂いなくカレーラーメンをお願いしました。

麺量は並盛りが通常の1.5倍、無料の大盛りは2.5倍などとありますが、グラム表記がないのでちょっと感覚が掴めません。

麺も野菜も増量して残すと罰金1,000円+ラーメン代という地獄のような警告がありましたので、怖じ気づいて麺並盛り、野菜はちょい増し(で400gだそうです)、ニンニクは抜いてもらいました。

無料トッピングに鰹節があるのは笑福ぽいですね。

昼12時ちょい前の店内、先客1名後客6名ほど。
約6分で提供されました。
小さな丼にこじんまりとしたお山と言うか丘。軽いハイキングのようなもんですね。怖じ気づいて損した。

スープは鶏豚野菜でやや鶏寄り。動物系とカレーのバランスが良く、芳醇な旨みがコクとして残る後味。背脂も多く浮かんでいますが、ジャンクというよりもむしろ上品さを感じます。

麺は平打ち気味の太麺。
ウネウネしており啜るとスープが飛び散るデンジャラスなタイプ、食感はムチムチとした弾力で食べ応えがございます。美味。

具材はチャーシュー2枚とヤサイはほぼモヤシ。チャーシューは写真の通り脂多めですが、スープに沈めてイイ具合に柔らか。
ヤサイはアブラと鰹節で美味しくいただけます。カレースープにもモチロン良く合い、せめて増しにすべきだったと後悔。


そんなにインスパイアしてない感じですが、美味しいのであまり気になりませんでした。
次回は富雄の親店に参ります。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「らーめん¥700+大盛¥0」@麺処 と市の写真この日はコチラ。
西名阪を郡山I.C.で降り、国道24号線をひたすら南下。
道中、彩華に天スタ、天一、第一旭、塩元帥…
有名店のオンパレード。羨ましい。
ハナヤマZ」という店も気になりつつ、初志貫徹しました。

オートバックスの駐車場内にある店舗。11時の開店間際でしたが外待ち1名、カツオの良い香りが鼻孔をくすぐります。
さほど待つことなく、感じの良い女性店員さんに案内されました。

店内は老若男女。厨房には先の女性と若き男性店主。ご夫婦でしょうか、美男美女ですねえ。
全く悩まずに標記をお願いしました。
特筆すべきは大盛り設定、コチラらーめんは無料でつけ麺は有料。
普通はその逆が多くて自分のようなラーメン党はいつも損した気分を覚えますので、これは嬉しいところ。
モチロン大盛りで。

店主は厨房でのオペを丁寧にこなしつつ、常連さんとも軽く談笑。イイ空気が流れます。
5分弱で配膳されました。

無化調スープはカツオ、煮干し系の魚介が前面に出ており、追っかけで鶏豚。カエシは白醤油のようです。
いわゆるまたおまの濃厚な魚介豚骨とは一線を画しますが、かと言って無化調特有の物足りなさも感じない、しっかりとした味わい。

麺は断面の四角い中太。
クリスタルな透明感にムニムニとした弾力のある食感、麺肌はもう少し粗い方がスープとのマッチングもより良好な気がいたします。
麺量は大盛り1.5玉で210gとのこと、食べ応えも十分。

具材はチャーシューと玉ねぎ、水菜。あと何かあったかな。
チャーシューはこれも特筆すべき厚みと柔らかさ。10mmオーバーの分厚いポーク、柔らかくてスープを殺さない優しい塩梅。トッピングでマシたい逸品でした。
みじん切りの玉ねぎはシャリシャリ、しっかり水に晒されてるのか、イヤな苦みはなく。
水菜は食感のアクセントに彩り担当ですね。個人的には後半スープを味わうには出過ぎた印象でした。

一見にも分け隔てのない優しい接客、味もさることながらホスピタリティが嬉しいお店。
流行るべくして流行っている、そんな印象です。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「塩らーめん¥700」@麺屋 一徳の写真本日は天理。
さすがは宗教都市といった独特の街並みにクルマを走らせ、BMしてたコチラに参りました。
店頭には駐車場の案内がございますが全然分かりませんw
なので手前の郵便局隣りの有料駐車場にクルマを停めました。

昼の12時前。一番出汁らしい香りが鼻腔をくすぐる店内には先客1名様。
BGMにはジャズが流れていますが店の造り自体はお洒落という感じではなく、やや殺風景な蕎麦やといった印象です。
厨房ではストイックな感じの若い店主殿が黙々っとオペレーション。
カウンター左手に着席し、2種類の麺メニューから標記をお願いしました。

オぺを見るともなしに見ておりますと、まずは取り出だしたる丼ぶりの大きいこと。
イヤ実際にはそれほど大きくもなかったのですが、淡麗系のお店は小ぶりの丼ぶりに、上品に。という先入観があったため、ボウル型のしっかりした丼にちょっと嬉しくなりました。
そのあとはオペ観察せずにポコパンしてました。

2分もかからず、高台越しに配膳。自ら受け取るまでもなく、店主がしっかりとカウンター上に置いてくれます。目を合わせたりしない店主でしたが、この時の手の動かし方から、いい人なんだろうなと思いました。

くすんだ色あいが支配する丼、ピンクのレアチャーシューと青菜が映えますね。

スープは鰹と思しき魚介の風味が先行し、それを丸鶏の旨みが追っかけで包み込み、飲み込む際に鼻腔から抜ける余韻はまた魚介。
優しく、まろやかな口当たり。
淡麗ですが決して物足りなさを感じない味の豊かさに、ぐいぐいと引き込まれます。

麺は細縮れ。
加水率低め、ボソっとした食感の麺は啜るたびにスープを引き連れ、しっかりと咀嚼して味わいます。
特段主張はせず、スープを味わうための麺でしょうかね。

具材はチャーシューと青菜、白髪ネギ。
チャーシューは真空低温調理タイプのレアもの。スープに浸すと淡いピンクから茶色に変色し、しゃぶしゃぶのようです。
味わいは適度に塩気が立ち、スモークされたような、ラム酒が香るような。ようはサラミ的な味わい。もしくはうまい棒的と申しましょうか。
薄切りが3枚。1枚めは単独で、残りは麺、スープと一緒に味わいました。
青菜は野沢菜のようなジャクジャクとした食感。彩りと箸休めを兼ねているのでしょうが、個人的にはこの半分くらいが適量と存じます。
白髪ネギはさほど主張せず、スープや麺を口に運ぶうち、自然になくなりました。

スープは温度が低下するにつれ風味が落ちる気がしたため、冷めないうちにレンゲで啜ります。
量的にちょっと足りなさを覚える食後感でしたが、これくらいが丁度いいのかもしれません。

次回は醤油を頂いてみたく。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件
73

「醤油  中¥650」@豚菜館の写真この日は三重行く途中にコチラ。
高架のふもとにポツンと佇むお店。大バコかと勝手に思い込んでおり、意外でした。

ガラガラ~とドアを開けて入店しますとカウンターは煤けたような赤色で、ラーショ的なレイアウト。オープンな厨房には男性3名女性1名の体制です。
15時近くの店内はそれでも先客4名、後客も2名と流石の人気店。
テレビの位置は厨房からも見えるようにしているんでしょうか、正面カウンターからはちょっと見づらいですね。

壁のメニューを拝見し、お母さんに標記をお願いしました。
大将みたいな方が2名おられましたが麺のご担当は別の若者。ちょっとたどたどしい手つきです。
こちら麺上げ後の盛りつけが丁寧で、一度に沢山の杯数をこなすと麺のコンディションに支障が出ると伺ったことがありますが、幸い今回は我が一杯だけの作成。スローな作業にも動ぜずにすみます。


4、5分で提供されました。小さめ丼、一見乱雑に盛られた豚がステキです。
スープをズズ…播州ラーメンのような甘さ。もやしのビジュアルも播州っぽさに拍車をかけますが、啜るうちに、京都のラーメンらしい豚感も顔を覗かせます。
豚主体のダシが立ち、まったり醤油ダレも甘濃いコク。そしてアブラで重たいスープ。

麺は中細ストレート。
柔らかめの茹で加減、チュルプリの食感にスープを多く運んでくれます。

具材はチャーシュー、モヤシにネギ。
チャーシューは関西でよくある薄さではなく3mm程度、しっとりとした噛み心地で濃すぎず薄すぎずの適度な醤油濃さ。
チャーシューメン並みに5、6枚入っており、バラとロースが半々づつで食感のアクセントとしても良好です。
モヤシは細くてそれ同士が絡みつく感じ。

量としてはさほどでもなく、ただスープがしっかり重たいためか食べ応えがございました。
ごちそうさまです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ミニうな丼とスタミナラーメンセット¥1,000」@うなぎ 大門の写真feat.うなぎラーメンさん
(以下敬称略、スイマセン)

コチラは厳密には千葉「らーめん 八幡屋」のようなうなぎラーメンでは無いのですが…
そもそもうなぎラーメンなるジャンルが存在しないので、厳密も壇蜜も無いんですけどね…

奈良県大和高田市の交通量の多い国道を走行中
「AKBラーメン 480円」の看板。
黄色い店舗、窓には「アスパララーメン」「オクララーメン」などのソソラレるメニュー写真が多数掲示されていますが、肝心のお店は開いてません。夜のみ営業だそうです。
ちなみに店名は「AKanBe-(あかんべー)ラーメン」でした(現時点未登録)。


さてトナリの、建屋を共にする鰻屋が本業のようです。コッチでもラーメンを提供しているとのことでコチラに参りました。
いかにも鰻屋然とした敷居の高さは無く、食堂チックな店構え。でも店内はお正月~なお琴の音色。
壁には色紙多数、また色々なメディアで紹介された旨記載があり、有名店みたいですね。
基本テーブル席のみ、どこでもイイですよ~とのことで4人がけに座らせてもらいました。

お店は年配店主とハタチそこそこの男性の2名体制。
店主は朱色のズボンに黄緑色のシャツ、パツキンにヘアバンドとなかなかファンキーないでたち。
助手さんはフツー。土肥ポン太のような、鼻にかかる柔らかい声。

お茶とおしぼりを出してくれます。
メニューを拝見しますと、ラーメン単品の記載はじゃんじゃんラーメン900円のみ、スタミナラーメンはミニうな丼とのセットしかないみたいです。
じゃんじゃんラーメンは前橋「じゃんじゃんらぁめん」を思い出してホームシックになってしまうので、標記をお願いしました。

コチラのお店はうなぎを捌くのが見学出来るようで、また申し出れば体験も可とのこと。
7、8分ほどでラーメン、追ってミニうな丼が配膳されました。
ラーメンとミニうな丼以外にはダシ巻き2切れ、かぼちゃの煮つけ1切れ、漬けものです。

ラーメンは見た目天スタ系、鰻屋が片手間に出してるようなビジュアルじゃないですね。
スープは醤油でしょう、豚ベースのダシに野菜の滋味とキムチ由来の酸辛。辛さよりもショッパさが前面に出ていますが、コクウマなスープです。ニンニクは効いていません。
レンゲで掬うとタップリの白菜が絡んできてウマいですね。

麺は中細ストレート。
やや硬めで素朴なポソポソ食感に張りと弾力もあり、チュルチュル啜ってはプツンと切れます。
スープとのバランスも良い感じ。

具はチャーシュー、ネギ、白菜など。
チャーシューは薄手のバラストレート肉が5、6枚で量的には十分。
白菜とネギも量たっぷり、特に白菜は前述の通りで嬉しい限り。ある意味チャーシューよりも存在感を発揮しておりました。


ミニうな丼はうなぎもご飯もかなり少なめですが、昨今のうなぎ事情を考えたらこんなもんでしょう。
関西風に蒸さずに焼いたパリっとした皮のが3切れ。身のプリプリ感も程度な感じです。
うなぎも好きですが、それ以上にタレの染みたご飯はもっと好きなのでそちらをパクつくと…甘~!
ちょっと甘すぎるタレだなコレ。
この甘さでスープのショッパさが更に引き立つ感じでした。

後引くスープでしたが、半分ほど飲んでおしまい。
うなぎのタレを使用したいわゆるうなぎラーメンでは無いのですが、これはこれで満足でした。

場所が場所なのでトナリのAKBラーメンはハードル高く…どなたかお願いします。

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「春雨ラーメン¥590」@神座 香芝SA店の写真奈良からの帰り道。
香芝ICから西名阪道に乗り込む手前にあった「神座 香芝店」に寄るかどうか迷いつつもスルー

乗ってすぐの香芝サービスエリアで休憩…って、ここにも「神座 香芝SA店」が!
RDBによるとさっきの店舗から407メートルしか離れていないじゃないですか!
さすが奈良資本。奈良県民の神座好きを垣間見た気がします。

2階が店舗なので2階に上がると出口入口が分かれており、入口にはもぎりのようなお姉さん店員がスタンバイ。
ラーメン雑炊と悩みますもさほど空腹では無かったので、「女性におススメ」とか書いてあった標記をお願い。会計先払いです。

広々した店内。
アイドルタイムだったのでカウンターでは無くどこでもイイですよと言われ、2人がけテーブルに着席、もとい椅子に着席。
先のお姉さんがお冷やとニラの容器を持ってきてくれました。

5分ほどでワゴンに載った一杯がやって参ります。
男性店員さんがフタを取り除き配膳してくれると、表面はヌラヌラとしたアブラに覆われていました。

スープは軽やかな醤油に調味料、ダシには豚と香味野菜でしょうか。
あれこんなにキャッチーだったかしらと思わせる、ハッキリとした旨みが前面に出ています。
甘さは控えめ、これはスープそのものではなく、白菜由来の印象。
一味による少々のパンチを感じつつも、滋味深く、ブイヨンのような洋風フレーバーも感じられました。

麺…は入っておらず、春雨。
ツルツルとした喉越しの良さを想定していたのですが、意外とぬめっこいですね~
ぬめっこいは方言ですね~
もうちょっと主張が強い方が、たとえばマロニーくらい硬くて太い方がマッチしている気もします。

具は白菜と豚こま。
白菜はアツアツで量もたっぷり、豚はしっかりとした味つけ。いずれもスープ、春雨ともによく合います。

スープ完飲ごちそうさまでした。
大人しくラーメンにしなかったことが悔やまれます。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺(あっさり)¥780」@炙り鯛だしらーめん・つけ麺 サクラの写真この日は橿原神宮前駅まで人を乗せて行く用事あり、その後コチラに参りました。
二本の道路に跨るテナント店舗群、ショートカットする車の往来が激しく、結構デンジャーです。

店内は余計な装飾を排したシンプルかつ洒落た造作、男性2名女性2名の体制。

カウンターに着席してメニューを拝見しますと、ラーメン、つけ麺ともに「あっさり」「こってり」とあります。
店名にも冠されている炙り鯛だしは「あっさり」の方なので、これは迷うことなく。
さてラーメンにすべきかつけ麺にすべきか…
本当はラーメンを食べたかったのですが、「雑炊つき」の文言に負けてしまい、つけ麺にしました。

昼前の入店時は先客1名様でしたが、12時回ると一気に賑わって参ります。
意外とこってり系の注文が多いですね〜

5分ほどで配膳。
ブラウンな色目のつけダレはシャバい魚介豚骨。
酸味の効いたカエシ先行、煮干し系魚介が追随して、豚骨が殿を務めるタイプ。
適度な油分も加わっております。
が、折角の鯛も煮干しにしてしまうと主張が無く、特に鯛を感じることのないフツーの煮干。
スペシャリティはあまり感じられません。

麺は中太平打ち気味な縮れタイプです。刻み海苔が載っており、うどんのようなビジュアル。
そして食感もうどんライク、モチモチとしており、少々の歯ぬかりを感じます。
麺量は体感で200gくらいでしょうか、つけ麺としてはやや物足りなさを覚えます。
具はつけダレにチャーシュー、ネギなど。

さてシャバ系ゆえつけダレはほとんど減ることもございませんでしたが、麺を食べ終え雑炊をお願いしました。
レンジアップの動作しか確認できませんでしたが、帰って来た器を見ますとつけダレはほとんど捨てられてしまい、僅かなスープにご飯、溶き卵を落としてそのままチンしたようです。
卵は器の外周ほど固まっておりセンター部分は半熟というか1/4熟、ご飯は絶望的に少なめ。
レンゲで数回掬って、はいおいまいでした。

雑炊ありきの価格設定をどう捉えるかですが…個人的にはデフォの価格を下げ、雑炊は別料金にしてもっとしっかりしたものを出した方が宜しいのではないかと存じます。

あと最初から最後まで、店員さんの妙な距離感が…無愛想とかではないんですけど、空気みたいな接客です…
会計時も誘導してくれないので、どの方にお支払いすべきか迷いました。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件