なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

立秋

男性 - 神奈川県

焼鳥データベースを望む

平均点 75.406点
最終レビュー日 2019年10月13日
1,221 1,051 2 5,089
レビュー 店舗 スキ いいね

「煮干そば 白醤油(中盛り)¥750」@中村屋総本山の写真この日は川越から蓮田方面に移動、
未訪の「中華そば 四つ葉」が気になりつつ、上尾に向かう道路沿いのこちらに参りました。
屋号が海老名「中村屋」の向こうを張る感じです。

券売機には大盛り(280g)、中盛り(230g)とも無料の案内。
「濃厚」もありましたが、大阪の玉五郎くらいのライト煮干が好みなので標記にいたします。

お水はセルフでなく店員さんが提供してくれました。
接客は特別に愛想良い訳ではないのですが、例えばテーブル席が空いた際には2人連れでカウンターに座って待っておられたご夫婦にそちらを勧められたりして、こういう実直なのは良いですね。


さほど待たずに提供された一杯、麺がはみ出ておりました笑
スープはまろやかで煮干を謳うだけあってそれなりにガツンと来る個性が感じられますが、個人的には許容出来る範囲の苦みエグミ美味。
お決まりでしょうけどタマネギの食感と清涼感がよりスープを引き立てます。
麺はボソっと素朴な食感の低加水中細麺。店内に製麺機が置いてありました。
スープに良く絡んで、煮干しの風味ごと持ち上げます。
チャーシューは箸で摘まんだだけで崩れるホロホロしたタイプ、
食感は好みですがカエシの味が強すぎて、もうちょっと薄味の方が主張しすぎず良いかもでした。
ほか具材は前述のタマネギとネギ、岩海苔。

麺量が多いため途中でチョット単調に感じられ…
ここで卓上のDANGERアイテム「内臓オイル」(内臓×ニンニク×アブラ)を投入!
http://photozou.jp/photo/photo_only/2431046/262801350?size=624
苦みも増しますがニンニクの効果で明確に味変。
一味も良い働きをしてくれました。

それでもやっぱり麺多かったな。
並盛にしておけばなお満足感が高まったと思います。

再訪必須、
ですが近所の「秋田ラーメン はま」も気になる…

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

「ガパオ汁なし麺 餃子セット¥800」@日高屋 桶川駅店の写真※単品は590円

この日は桶川
こちらの日高屋は駅舎の外からもホームからも入れます。
ステキです。
大宮担々麺と迷いましたが暑かったので標記を。
ホッピー飲んでおりますとまず餃子、追って冷やし中華的な盛りのお皿がやって参りました。

POPの写真で分かっていましたが、一般的なガパオライスの麺バージョンではなく片栗粉のトロミが強いですね。
ガパオと言うよりも何となく味噌っぽさを感じます。
具材は鶏肉とピーマン。あとキュウリ。
温度は常温程度で塩気強めの餡、キュウリはあってもなくてもで、やや持て余しました。

麺はやや平たい中細麺でベチャっとしており、自分の想定以上に箸で持ち上がってしまいます。
そしてなんだかぬるく、これはアジアを感じます。

ぬるい麺とぬるい餡を絡めて、食感は家で作るモサモサの焼きそば。
特段辛くもないので卓上ラー油をコレデモカと回しがけしてイイ具合になりました。

メニュー名から想像するエスニックさは感じず、ただの汁なし餡かけ麺といった印象。
麺1.5玉とのことで、お腹だけ膨れました。

分類は「その他」にしました。

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件
70

「もり中華¥550」@伊勢屋の写真この日は羽生方面に電車で移動、南羽生駅にて後輩の車に拾ってもらう予定でしたが。
車窓から見えるあまりの飲食店の無さに、つい一駅スルーしていまいました。

羽生駅。こちらも言うほどに飲食店がある訳ではないですが、それでも数店の候補の中から渋い外観のこちらに参りました。
大衆食堂的なレイアウトの店内は平日12時半過ぎで半分くらいの客入りです。
おばちゃんに4人掛けテーブルを勧められました。

モロヘイヤ入りのワンタンにいくらか惹かれましたが、道中ひたすら暑くて汗ダラダラ。
通年メニューとある標記をお願いします。
水はセルフ、フロアにおばちゃんがいるのに。
違和感ですね。

さて待つこと数分で清涼感溢れるのがやって参りました。
徳利のタレをそば猪口に注いで、薬味のネギと刻み大葉。
麺はピロピロっとした触感で食感も同じような印象。
ややぬるいつけダレは胡麻風味ですね。これは冷やし中華の胡麻ダレだ。酸味が効いています。

具材は胡瓜と薇?に貝割れ。
麺量は120グラムくらいでしょうか。
あっという間に完食です。

キンキンに冷えた食べものではありませんでしたが、それでもいくらかクールダウンした身で駅まで戻りました。

…しかし駅に着くころにはまた汗が。駅反対側のコンビニでノンアルコールビールを。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「小ラーメン(少なめ)¥700」@ラーメン二郎 越谷店の写真越谷に呼ばれた。

日曜日の12時17分、市営越谷駅東口駐車場(300分100円、しかも最初の30分は無料)に車を停めてお店に。
休日ゆえ外に10人くらい並んでいましたが、客捌きをする小僧さんがいるので一見でも安心です。
ゆるゆると進む列。12時45分くらいに入店、券売機にて標記食券を購入いたしました。

店内待ち椅子にて待つことしばし。
厨房は店主と男性助手、あと雇われ感満載の女性店員さん。
助手の方は食券確認の際に「少なめとか、硬めの方はおられませんか~」と親切です。
券売機に「麺350グラム」の表示があったので麺半分にしようかと思っていたのですが、何だかいけそうな気がして来たので半分ではなく少なめでお願いしました。

しかし同一ロット(バッチ)の方々はめっちゃ食いそうな方々ばかり。どうしよう。
「ニンニク入れますか」には「そのままでお願いします」と返し、13時ちょうどくらいにご提供です。

スープは尖っています。
カエシと豚と化調の三位一体型で酸味も強め。
乳化二郎も良いですが、こういうシャープな味わいもまた良いですね。
麺はデロリアンな食感の平打ち太麺で、ひたすら熱い。麺を啜った感想で熱いというのは久しぶりです。
ムチムチで美味。

豚は分厚いのが2枚とあとモヤシキャベツ。
ヤサイはマシませんでしたがそれなりの量であり、物足りなさは感じませんでした。

少なめ二郎を堪能して退店しますと駐車場での清算時刻は13時16分。
ガソリンタダなので交通費は正味100円、とても良い気分で帰路につきました。

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

「小ラーメン 麺半分(ニンニク少なめ)¥750」@ラーメン二郎 川越店の写真さいたまが俺を呼んでいるんだ(岡崎体育「からだ」)

この日は所用で実家に呼ばれ、折角なので未訪の埼玉二郎のどちらかに、と思い帰り道方向であるこちら「ラーメン二郎 川越店」に参りました。
オモイキリ16号沿い、近隣にコインパーキングなさそうです(軽専用のはありましたが)。

休日のお昼時。店内覗くと満席ながら、カウンター背後の待ち椅子が空いていましたので入店して券売機で小ラーメンのプラ券。頼みませんでしたが限定は紅ショウガか何かでした。
先客様が食べ終えてご馳走様しても店員さんから「どうぞ~」とかなく、次の人は勝手に着席する感じ。
僕もそうします。

さてこちら店舗情報によると麺量が相当に多いようですので、プラ券提示の際に麺半分を申告。
それ以前に、私事ですが連休明けに会社の健康診断がありました。
体重前年76㎏→今年67㎏もさることながら、腹囲前年87㎝→今年75㎝がとても嬉しく、今後二郎では絶対麺半分にするぞ!と心に固く誓ったのでありました。

でしばらくして、コール「ニンニク少なめ」で提供されたのがコレ。
サスガ直系、超ウマそう。

スープはどっしり構えた重量級の乳化豚。カエシの酸味もいいキレ味で、とっても美味です。
こちらの店主は関内ご出身とのこと、関内=甘いというイメージを勝手に持っていましたが、そんなことはありませんでした。

麺は表層硬め、食感はムッチリとしたオーション麺。
スープをよく吸うのでしょうかなかなかショッパめの味わいですが、これも二郎基準で相当に美味。
もうちょっと食べたい気もしましたが、かといって少なめとかにしてしまうと今度は後悔しそうな…

豚はしっかりカエシに漬け込まれていて濃いめ味、パサついておらず肉肉しいジューシーな印象です。
ヤサイはクタリ気味で、麺と一緒に啜るのに適していました。

麺半分なので速攻で食べ終えて。
個人的な好みにも合致しており、相当に後引く二郎でした。


あと残りは荻窪と越谷と新潟
麺半分で頑張るぞ!

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン 並(ヤサイニンニク)¥680」@ジャンクガレッジ 越生店の写真この日は越生辺りを移動中にお昼時、
付近のラーメン屋を検索したところ、太郎系「ラーメンショップ太郎」と二郎系「ジャンクガレッジ 越生店

うーむこんな長閑なエリアにジャンクガレッジがあるのか

越生は「おごせ」と読みますが、生越と書いても「おごせ」と読みます。
不思議ですね。
行ってみました。

本当にありました。緑の看板。
「TACOまぜ」なる期間限定をプッシュしているようですが、初訪問なので普通のラーメンの食券を購入いたします。
店員お姉さんに食券提示しますとすぐに無料トッピングの確認。
トークはマニュアル化されているようで、僕の後に入店した、明らかに一見さんなファミリーにも問答無用でコールタイム。
突然聞かれても分かんないですよね。ギャルママに「は?」とか何度も聞き返されていました。

さて僕はヤサイとニンニクをお願いして、待つこと数分でご提供。
地味めのビジュアルです。

スープはやや薄めで調味料の味が強くて豚感薄めの二郎テイスト醤油。
JGのラーメンはかなり久しぶりでしたが、こんなだったかなあという印象。
それでも物凄くタップリ投入されているニンニクを溶いて、それらしく感じられます。

麺は硬質感のある四角い太麺。
ゴワっとした感じで、スープと比べるとしっかりとした存在感です。
並は麺量200グラムだそうで、個人的には丁度良いですね。

具材は巻きブタ1枚とモヤシ主体のヤサイ山。
TACOまぜ用でしょうか、カウンター上にハラペーニョソースが用意されていてナイス!
味のしないモヤシにジョビジョビと垂らしてパンチマシマシです。


雰囲気二郎な一杯、それなりに美味しくいただけました。

投稿 | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「かれつけ並¥890」@狼煙 大宮店の写真この日は所用で実家に帰ったついでに、こちら。「ラーメン二郎 大宮店」跡地です。
昼から酒飲んじゃったので、16時過ぎでしたが早くも〆の一杯として標記食券を購入。
店員さんは皆さん元気が良いを通り越して…

つけダレは濃度高め、またおま系のお手本のような魚介豚骨にカレーは初動こそスパイシーですが後味はやや甘くてマイルドな余韻。
鷹の爪はただただ辛いです。
麺は剛性が強く小麦感も強くてとても美味。濃厚つけダレを引き連れても主張は失わず、しっかりとした食感と旨みが感じられます。

具材はメンマと海苔、ナルト、ネギ。玉ねぎ。チャーシューは失念しましたが当然入っていたと思います。
魚粉は具材じゃないですよね。

スープ割は卓上ポットでした。

並200グラムと中300グラムが同額ですが、つけ麺の標準を300グラムと考えると200グラムで890円はちょっとお高めの印象。
じゃあ300食べれば良いのですが…



そういえば東大宮のお店も二郎系辞めて「狼煙 東大宮店」になっていました。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件
78

「正油拉麺¥880」@玉川大盛軒の写真果てしなく賛否の分かれるお店

店内掲示のこだわりや作法を抜粋しますと

■美味しくなくては拉麺ではないという信念から、水、カン水、防腐剤、保存料、色素などを一切使わず、卵、塩、バターで仕上げた「全卵無加水麺」拉麺専門店では全国唯一当店のみ
■麺の釜揚げ時間も数秒の狂いもなく湯切り
■拉麺丼を差し出されたら右と左の手を差し出し、丼の糸尻を中指、薬指、小指の3本で支え、人差し指は使いません(以下略)
■拉麺丼を前に置いたら最初に、今日も元気で食事が摂れることに感謝しましょう(中略)
箸で麺を持ち上げ、口に入れます。麺を軽く挟んだまま、箸を10センチ程下げます。そして箸の所まで戻り、それを繰り返します(中略)
最後にスープを飲んで終わりとします。「旨かった」と笑顔で決めます。
■丼を下げる時は、レンゲと箸を斜めに並べます。決して箸は丼の淵に並行に置いたり、逆さまに置いたりしないでカウンターの上に(以下略)

もう食べる前からグッタリ、麺のくだりなどは全くもって意味不明
でも人気店なんですよね大昔から。アンチも多いですが。
ちょっと前に食べた「ラーメンつけ麺 奔放」の店主がこちらご出身とのことで、十数年ぶりに訪問いたしました。


入口券売機にて標記食券を購入、過去からこれしか食べたことないです。
あいも変わらぬいかつい大将に女将さんはほぼ無言無表情
静かな店内にテレビの音が響き渡ります。

さて出来上がりますとカウンター高台に丼を置いてくれずに女将さんからの手渡し。
上記作法(続きもあります)で受け取り。熱い。


スープは節系魚介と乾物和テイストに動物系の土台で旨みは十分、背脂のふくよかな甘みにカエシのコクとキレ。塩分は控えめ。
最近の動物魚介とは異なりますが、とっても美味です。

麺は、これが一番の問題である全卵無加水麺。強烈。
硬いと言うかボソブツボソブツとちぎれるような食感は、食べたことないですが細くした粘土のよう。
まさにオンリーワン、ここでしか味わえません。
スープを吸わないのでいつまでも硬く、とても180グラムには感じられない多さです。
しかしなぜこの麺にしたのだろう。

具材はお値段相応に豪奢。
提供都度スライサーでスライスされる大ぶりの肩ロース肉は3枚でしっとり肉肉した食感が素敵、
自家製メンマはゴリゴリ食感の材木タイプ、鰹節や昆布に漬け込まれておりこれも最高に美味。
ほか、ゆで卵半分、ナルト、ネギ、海苔。

インパクトしか残さないお店。
山奥山奥言われますが(確かに付近はもの寂しいですが)、松山のインターからもそう遠くはなく、車があれば楽勝です。

次回こそは味噌を食べよう。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「illmaticまぜそば¥950」@頑者 illmaticの写真家族で入間のアウトレット、昼飯はフードコートです。
中華そば目的ながら店頭写真が強烈に貧相でしたので、入間限定という標記にいたしました。
会計後15分ほどで受け取りです。

山頂には辛味、フライドガーリック、その次に青白ネギ、次に麺。
タレはわずかな量でしたがそれでも十分ガツンと来る濃厚動物系のショッパ味、なにより辛い。
POPやメニューにて辛さについては触れられておらず、耐性のある人はよいと思いますが知らずに頼んだ人は可哀想なことになるかもしれません。
次女が少し食べ、そして少し泣いていました。

麺はムッチリ柔らか太麺。200グラムくらいと思われ、物足りなさを感じずにすみました。

具材はバラ巻きチャーシューにサイコロ鶏チャーシュー、メンマ、ネギ2種。きざみ海苔等。
まぜそばは具材も麺もゴッチャになるので個々の味がどうとかはあまり感じませんが、四角い鶏チャーがしっとり食感に控えめな味でこの丼の中では個性を放っておりました。


しかしアウトレットモールの料飲店ってどこもかしこも高いですね。
欠けた丼、豚より安い鶏、変色した野菜、老ねた醤油、イナゴ出汁、賞味期限切れ小麦粉、店員全員バイト高校生…
これらを駆使して格安ラーメンを提供するお店こそアウトレットにはふさわしいと存じます。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件
80

「炒麺¥600」@娘娘の写真このメニューをレビューしている方がおられるので僕も追随

塩と鶏ガラ×魚×ヤサイのスープで炒めた中細麺はなかなかのボリューム

具材は豚こまモヤシ人参青菜木耳エトセトラ.

ただし比較的薄味ゆえに量の割には満足感に乏しく感じる諸兄姉もおられようかと

その場合は卓上自家製辣油で味整えたりすると無理なくずるずる食べ進められたり

あるいはスタカレー/半スタカレーを同時に注文

スタミナ餡を麺にかければアラ不思議

瞬時に蠱惑的な味に変貌

これぞスタミナ餡のパワープレイ

ただしこいつは諸刃の剣

そもそもスタカレー自体が同系統の味ゆえに食傷気味になるリスクあり

なんだかんだで久しぶりの炒麺を堪能した次第




さて山内大将は基本オーダーを固めて作るため、タイミングによっては提供時間に大きく差異が生じます。
今回は僕より7、8分近くあとに着席された御仁と同時に着手されたので提供も当然同時、しかもその席次から後客様への提供の方が先でしたが

こちらでは小さなことに文句を言ってはいけません。
大将こそが法律なのです。

また今回久しぶりに、オーダーしたメニューを断られるお客さんを拝見しました。多分炒猪肝(レバー炒め)だったと思います。
それでも移転前の桶川店(現在の「娘娘 桶川店」とは別)のころであれば「出来ない!」の一喝で済ませていた大将でしたが
今回は「すいません、材料がなくて」などの丁寧な断り文句

大将の老いた背中を見てしまいました。
くれぐれもご自愛ください。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 3件