なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

立秋

男性 - 神奈川県

焼鳥データベースを望む

平均点 75.411点
最終レビュー日 2019年10月22日
1,223 1,053 2 5,105
レビュー 店舗 スキ いいね

「スタミナ治郎別味¥820」@ラーメン いっこくの写真近江八幡のコチラ。
街道沿いですが、目立つ看板などはないので行きすぎてしまいました。
入店しますと平日13時過ぎにも関わらず店内8割くらいの客入り。
お母さん2人組などが麺を啜っておられ、地元に密着した人気店であることが容易に伺えます。

メニューは多岐に渡り、こってり系、あっさり系、いずれも食指が動くのですが。
(背脂チャッチャがあっさり系に入るのはなんか腑に落ちません)
がっつり系の標記、キムチ味とそうでない味あり、そうでない方をお願いしました。
ニンニクは仕事中なのでパスです。

あと唐揚げ気分だったので、プラス360円のラーメンセットをオーダー。
セットはライス大中小いずれか+唐揚げハーフorメンチカツor餃子or春巻→ライス中と唐揚げ→唐揚げはレモンバジルや塩コショーなど3種のフレーバーからチョイス→レモンバジルを。

接客は適度な距離感のある親切さ、好印象です。


ちなみに治郎は「じろう」ではなく「はるお」だそうで。
兵庫は武庫川などで知られる武庫(むこ)に別の字を与えて読みを変えた六甲(ろっこう)
あるいは栃木の二荒山(ふたらさん)の読みを変えて別の字を与えた日光(にっこう)
コチラは前者か
イヤもしかして後者か、治郎が先で二郎が後か
全くのデタラメを前提として仮説を立てるという作業を頭の中でしておりますと、数分で配膳されました。


さて、メニュー写真でも全くお山になっていませんが、現物はそれに輪をかけた平地ぶり。
二郎インスパ基準だとダメ二郎の判定は必至ながら、まあまあ大きく、それなりに密度のありそうな丼です。
そもそも「はるお」と「じろう」は無関係でしょうからね。

スープはトロリ乳化した鶏&豚、臭みやエグみはなく、かつ濃厚な旨み。
塩分濃度も適正で実に飲みやすいスープです。多く降りかかっているふわふわ背脂を溶かし込めば、コクと旨みが更にアップ。
初めから振られた唐辛子は全然辛くないので、スープにおかしな影響を与えることはありません。

麺は四角い断面の中太ストレート。
全粒粉でしょうか、黒いぶつぶつのようなものが確認できます。
クッシリとした硬質感、スープとの相性を考えるともう少し多加水なタイプが個人的には良いような気もしますが、つるつると啜って噛みしめると麺の味わいがスープに負けず感じられます。
麺量はプラス100円の大盛りが200gとのことですので、デフォは150gくらいでしょうか。

具材はチャーシュー、モヤシ、キャベツ。
チャーシューは厚みのある柔らかなバラ肉が2枚。ちょっと甘めのカエシ味。
モヤシキャベツのヤサイ類は丼の中にも埋まっており、見た目以上の食べ応えでした。


コチラは再訪するのが国民の義務だと思います。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「チゲちゃんぽん¥780」@ちゃんぽん亭総本家 エクスパーサ多賀店の写真名神高速の多賀サービスエリア。徒歩でも入れます。

フードコート内のロッテリアと迷いつつ、コチラ。
ちょっと眠たかったので標記メニューを口頭でお願いしました。
頭上のお品書きには「辛みと旨みの韓流ブーム到来」などとIMF(意味不)な文言が書かれておりました。

セルフ水を汲んでからテーブル席に。ポコパンを1回やってから確認したレシートには「チゲちゃんぽん半日野菜」との記載。
再度壁のお品書きを見るに、並の次に来ているのは大盛りではなく野菜一日分というメニューです。
嗚呼、そっちにすればヨカッタな。

5分ほどでブルブルピーが鳴動、受け取ったブツは鮮やかな色目が食欲をそそる一杯です。
ドサッと載った茹でヤサイにネギがウマそうですね。

スープを一口、コチュジャンの甘辛さが強く出ており、スパイシーさはほどほど、マイルドな味わい。
和風ダシの下支えに後味はサラリとしており、コクも十分で飲ませるスープです。

そいで麺ですが、中太のストレート。
チュルプリとした食感でスープにもよく馴染みます。
万人受けを狙うチェーン店らしい、優良なクオリティ。

具材は豚こま、キャベツ、モヤシ、ニンジン、ネギ、木耳などに白髪ネギ。ほとんどチゲ鍋の様相ですな。
適度な茹で加減で芯も柔らかなキャベツ、その他ヤサイ類もシャキシャキ食感で食べ応え十分。白髪ネギもウマいもんです。
やっぱりヤサイ増量しとけばヨカッタ。

もうちょい刺激が欲しかったので、受取口の唐辛子をスプーンでパッパと振りかけパワーアップ。
これからの季節にふさわしい一杯でした。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン(硬め)¥650+キャベツ¥50+のり¥50」@横浜家系らーめん 秀吉家の写真この日は滋賀の守山という駅に参りました。駅前(東口)はナンもなし、徒歩圏内のお店を探すと、おお家系があるじゃないですか。これは行っとかないと。

駅から徒歩6分ほど、逃げ水が見えるような炎天下をトボトボ。青息吐息。

しっかり家系を謳う白い看板に、店内右手券売機は基本ラーメン1種類のみの潔さ。あとは麺量とトッピングのチョイスです。
しばし悩んだのち、標記を購入しました。
全部のせ(350円)なるトッピングがありましたが、内容はキャベツ(50円)+のり(50円)+玉子(100円)+白ネギ(150円)…これってどうなんでしょうね。

オープンな厨房には大将と奥さまでしょうか、感じの良い接客です。食券を提示しますとお好みを聞かれましたので、麺硬めだけお願いしました。

道を挟んだ向かいがパチ屋だからかどうかは分かりませんが、中途半端な時間帯にも関わらずなかなかの客入り。常連さんも多そうです。

手際よく、3、4分で配膳されました。
スープはわずかに乳化した豚骨醤油。ドッシリとした豚骨感ながらもマイルドな口当たり、臭みやクドさは少なく飲みやすいスープです。
温度はぬるめ。

麺は平打ちストレート。
硬め指定でプリプリとした食感の麺は麺長も短く、スープとの相性良好な家系麺。
酒井製麺のものでしょうか、本格感のある麺ですね。

具材はチャーシュー、ほうれん草、ネギ、海苔3+5、キャベツ。
チャーシューは大きさ不定のバラ系が数枚、変に味濃かったり甘かったりせずに好印象。
ほうれん草は茹で置きのようですが、エグみなどはなくイイお味。マシ設定が欲しいです。
キャベツと海苔は無難にウマく、ネギはパンチのあるスープにナイスな清涼感。


滋賀の方がうらやましく、まだまだ世界は広いなあと思った夏の日でした。

投稿(更新) | コメント (9) | このお店へのレビュー: 1件

「とこ塩豚骨らーめん(極太ドラゴン麺、モヤシ/ネギ多め)」@豚人 彦根店の写真コチラ駐車場にラインが引かれていないので超ウルトラメガアバウトに車を停めて入店。
アイドルタイムで先客1/後客2。

対面式カウンターは間仕切りで彼岸/此岸が仕切られており、彼岸では店員のお姉さんがマカナイでしょうかチャーハンをムシャムシャと食べている最中でした。

さてメニューを見てもいま一つ分かりにくいのですが
「とこ豚骨(豚骨オンリー)」
「とんこつ(豚骨+魚介のWスープ)」
以上が醤油/塩
あとなんかあったような。

恰幅の良い、店主さんと思しき男性に標記メニューをお願いします。
麺が細麺/中太ちぢれ/極太ドラゴンの3種類から選べるので、極太にしてみました。
あと無料トッピングはモヤシ多め/ネギ多めを申告します。

しばし店内を観察、トッピングについての記載をよく見ると。
あれ、ネギは「とこ豚骨」ではなく、「とんこつ」用トッピングか…
そう言えば目の前の写真にもネギ入ってない、どうしよう
気が小さくその他色々なものも小さい私、にわかにハートがビートを刻みます。


でも何も言われなかったな。

さて配膳。
うお~ネギたっぷり!
「つけ麺には無料トッピング出来ません」
などとのたまう神戸駅そば二郎系のお店に店主の爪の垢を持っていって煎じてつけダレに入れてあげたいですね。

乳化したスープはハナから重たそうな印象ですが、大量投入された背脂で結構なドロ加減。
角が無くまろやかな豚の旨みが前面に感じられ、そこに背脂の甘みと胡椒の刺激、塩ダレも適度な主張。
溶け込んだニンニクは強くはないですが、それでもコクと旨みとをブーストしてくれます。
京都:二郎:MTP=2:3:4のような印象、計算合いませんがちょっと変わっていて好みのタイプでした。

麺は自称極太ドラゴン。#10だそうですが、まあ極太は言い過ぎでフツーに平打ち気味の太麺。
ドラゴンとは竜の背中のギザギザを模したネーミングだそうでして、たしかに片側だけ凸凹ですね。
滑らかさを感じる熟成タイプの麺は適度なゴワ感、スープとの絡みも良好ですがギザギザはあまり意味を成さない気がします。

具はチャーシューとネギ、モヤシ、メンマ。
チャーは大ぶりのロースと炙られたバラ肉の2種類。
ロースは京都/神戸ラーメンのような薄切りしっとりタイプ、炙りの方は肉厚でギューと締まった感じの食感。いずれも適度な塩梅で、スープにも良く合います。

ネギは乾燥タイプでしたが何となくやさしい味がしましたw
スープに浸せば問題なし、ジャキジャキしてます。

モヤシは多めコールにも関わらずあんま入ってなく、メンマは唐辛子と和えたような辛いやつ。

麺量は200gくらいでしょうか、飽きが来ることもなく固形物は完食できました。


こちらのチェーンは初めてでしたが、また訪れてみたいです。

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件

「玉子ラーメン¥400」@すぎもとの写真コッチ来る前は滋賀県って中部地方かと思っていました…
その滋賀でも限りなく東に位置する彦根に参りました。

タイガー道場(暴走モード突入)さんからおススメ頂いたコチラ「すぎもと」。
一方通行の道路を進むと、「ザ・長屋」な、渋すぎる建屋がぽつんと。
並びの他の家屋は通りから奥に引っ込んでおり、コチラだけが張り出しています。
区画整理の波に飲み込まれつつあるのが一目瞭然な佇まい。

ガラガラと引き戸を開けて入店しますと、これまたノスタルジアな店内。
一応寿司やのようですがカウンターは無く、客席には大テーブル1卓と4人がけが2卓。
「すしにはすしビール サントリー」って、コレいつの時代のポスターなんでしょうか。

大テーブルは親子3代と思しき家族の団欒でしたので、小さい方に腰かけます。
卓上には小さなポトスが置いてありました。

厨房は客席より圧倒的に広く、民家の台所のような雑然とした印象。
大家族の調理に追われているのか、厨房のお母さん「ちょっと待っててね~」の声掛け。
「はいはい」と応じ、店内を観察しつつウエイティング。

目の前の道路は結構なスピードで通過する車が多く、その度に戸がガタガタと鳴ります。

3分ほどしてようやく落ち着いたのか、氷がぎっしり詰め込まれた麦茶の湯呑みが配膳。
標記をお願いしました。

大家族以外に先客はもう一人。
この方のベトコンラーメンが到着すると、皆様関係ないのに大興奮w
イイ。

さて玉子ラーメンがやって来ました。
価格不相応な大きめ丼、先輩のレビにあります通りのかき玉ですね~
生姜も載っており、関西ではけいらんうどんの呼称の方がポピュラーでしょうか。
うどんじゃないですけどねw

溶き卵にたっぷりの餡でとろみのついたスープは、昆布、野菜、節などを感じる和テイスト。
スープというより出汁ですねコレ、きわめてうどん的なアプローチです。
カエシはほとんど感じず、舌に染み入る出汁感。
少々降りかけられた胡椒が良いアクセントになっています。

麺は中細の縮れ。
カンスイ香る、極めてなオーソドックスな中華そばタイプの麺。
専門店で出されたら残念かもしれませんけど、この一杯にはこれしかないのかな、とも思える麺です。
と言いつつ、もうちょっと太い方が好みです。

餡かけ以外の具はネギとカマボコ、これも素朴でイイ感じ。

途中からスープに生姜を溶かし込むとスッキリの清涼感、餡の甘みが引き立ち美味しいですね。
シンプルな魅力にレンゲがとまらず、最後まで堪能させて頂きました。


店を出たあとは近畿圏で2店舗しかない(しかも両方とも滋賀で遠い)ベイシアに立ち寄り、群馬の雰囲気を堪能いたしました。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「スタミナラーメン¥630+玉子とじ¥50」@餃子の王将 EXPASA多賀店の写真世はゴールデンウィーク、諸兄諸姉が美味しそうなラーメンのレビューをされている中、私めは王将…。
ただ結論から言いますと結構美味しかったのです。

4/30のam1:00ごろ。帰省のため車で名神を東に走行中、宿泊施設のあることで有名な多賀SAに寄りました。
コチラ餃子の王将 EXPASA多賀店は関西から向かうと反対方向のSAになるのですが、両方をつなぐ歩道橋を渡って参りました。


当店オリジナルとのことで標記メニューが店舗内外で大々的にフィーチャーされており、当日昼間にいわゆる棒と玉と穴の関連するスポーツをして疲労困憊な上、あと450キロほど走破しなくてはならない身にとっては「スタミナバッチリ」の文言がとても頼もしく思えます。

入店して腰かけ、標記をお願いしますと、オーダーを受けたお姉さんが厨房に向かいマイクで注文を通されます…「スタミナラーメン、玉子入りです〜」
いやいやいや玉子入りと玉子とじは別物ではないでしょうか?
普段はドキドキしながらその時を待つ程度ですが、この日は変なテンションだったためか、お姉さんに玉子入りと玉子とじは同じですか?と聞いて変な顔をされてしまいました。
ちなみに同じとのことです。

5分程でブツが参りました。
酸辣湯麺のような見た目は店頭ポスターと遜色ございません。

スープですが、初めは醤油を強めに感じる豚骨ベースに、唐辛子のピリ辛が少々効いております。業務チックですが、濃くはなく、飲みやすい塩梅ですね。

麺は中細ストレートで他のメニューと同じものと思われます。硬めの仕上がり、スープそのものとの絡みはそれほど良くありませんが、溶き玉子を拾うので悪くありません。

具は厚めのバラチャーシュー4枚にニラ、白菜、豚こまなどが玉子でとじられております。
チャーは見た目の印象と異なりホロホロと軟かい煮崩れた食感。個人的には肉肉しい方が好みですが、これはこれでなかなかイケます。王将のチャーシューは今までハム系統のものしか経験なかったため、見直しました。
ニラ、白菜もスープと玉子に良く合います。

後半、卓上の自家製ラー油を投入、更に酢をジョボジョボと回しがけし、酸辣湯麺として美味しく頂きました。

また食べたいですが、他店舗で提供していないとなるとあまりにもハードルの高すぎる一杯です。

投稿(更新) | コメント (13) | このお店へのレビュー: 1件

「にぼ次朗(野菜増し)¥680」@幻の中華そば加藤屋 にぼ次朗の写真幻の中華そば加藤屋 県庁前もり〜んの章を出て、さほど満腹感もなかったため、せっかくなのでもう1軒。このあたりなかなか来れませんので。


大津から琵琶湖にかかる有料道路を超えると、そこは草津市。
ちょっと迷いながらも国道沿いのコチラに参りました。

道を挟んだネットカフェの駐車場には「不法駐車監視詰所」なる小屋があり、迂闊に停めてしまうとどうなるのか、非常に気になります…。

さて入店しますと、前店とはうって変わってコの字カウンターにオープンキッチン。
なかなかオシャレな今風の構えです。

券売機ではにぼ一朗(100g)からにぼ三朗(300g)まで50g刻みで同額(…逆に100gで同額はどうかという気もしますが)、連食ということもあり、三朗はとても無理めなので、標記食券を購入しました。

先客様3名。時間帯ゆえか、まったりとした雰囲気です。


当たり前ながらオペが良く拝見できます。
麺を茹でる寸胴で温められた丼、カエシを入れ、続けて色々投入されています。
白い粉は確認できませんでしたが、茶色い粉末のほんだしと思しき顆粒を入れておりますね。

コールタイムは「にぼ次朗の方〜」とうっかり聞き逃すような小さめの声。
先客様のデフォと思しき野菜が寂しかったので、野菜増しをお願いしました。


7、8分でやってきたのが、煮干し感に溢れる一杯です。風味とかではなく、まず見た目がw


スープはカエシが控え目のあっさりタイプ、動物系もほとんど感じられず、煮干しもその存在ほど主張は激しくありません。
載っている煮干しは下処理がしっかりしているのでしょう、エグミは皆無でカリカリしたもの、しかしこれ、ほとんど反則じゃないでしょうか…。


麺は中太〜太めのストレート、ツルツルと滑らかで透明感も感じます。茹で加減も良く、クチッとした食感はまずまず美味なのですが、その肌質ゆえか、スープとの絡みが良くない感じがします。

具はチャーシューが3枚と野菜。煮干し…は具ではないでしょうが、5尾おります。頂上には唐辛子。

チャーシューはたまたまかもしれませんが、固くて薄いベーコンのような食感。塩加減も強めで、ちょっと好みから外れます。
野菜はキャベツ1割くらい。なかなかシャキっとしており、カエシもかかっていて塩梅もまずまず。増しても量はトング一掴みほどです。

煮干しはかなり固い箇所も散見され、歯が痛いこともあり、全部噛みくだくのは断念しました。

敢えて「次」も「朗」も異なる漢字をあてているのでしょう、二郎系とは似て非なる一杯。

カルシウムは十分補給できたような気がします…。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「こってりまぼちゅー¥780」@幻の中華そば加藤屋 県庁前もり〜んの章の写真お盆は車で帰省しました。
この夏は平日千円高速がないため、ブラリ途中下車の旅をしてみます。
インターからのアクセスが良さそうで、評価も高いコチラに参りました。

ちょっと離れたところにある駐車場に停め、お店に参りますと、ごくありふれた食堂的な外観。店内も同様。
14時前という中途半端な時間にも関わらず先客様多数、その人気ぶりがうかがえます。

店主さんと思しき男性と、女性2名の3名体制。若い女性は外国の方でしょうか、流暢な日本語。
「お決まりですか?」と問われ、ちょっと恥ずかしいネーミングの標記をお願いしました。

掲示してあるウンチクなどを読みながら待つこと数分で到着。
相変わらず写真が不鮮明で申し訳ございませんが、大量に振られた背脂が目を惹きますね〜。

スープですが、ほとんどそばつゆと錯覚するほどカツオの風味が強いです。やや甘めのまろやかなカエシに、煮干しや動物系も少々感じますが、あくまでカツオがメインの和風スープ。昆布も入っているのでしょうか?
背脂はその量から想像するほどに主張はせず、スープに多少のコクと甘さを与える役割程度。

麺は中細、全粒粉とのことですが、これもかなり独特。フライ麺を戻したようなボソボソ、ゴワゴワ感があり、やはり固めのそばを食べているような感覚を覚えます。
麺自体の風味も良く、またスープとの絡みも良好です。量は少なめ。

具は1枚もののバラチャーシューと刻みチャーシュー、メンマ、ネギと海苔。刻んだチャーシューの頂上には唐辛子が振られております。
メンマは材木状ながらやや柔らかめ、シャクシャクとした歯応えが好印象。
その他の具材はチャーシューも含めて可もなく不可もない感じ。
麺、スープと比べるとあまり主張が強くない気が致します。

「こってり」とはデフォと比較してのようで、世間一般に連想される「こってり」感はありませんでしたが、かといってあっさりしている、ということもなく…
色々考えているうちに完食してしまいました。

あまりラーメンを食べた感を覚えませんでしたが、何となく中毒性を感じた一杯。
他のメニューが気になります。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件