なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

立秋

男性 - 神奈川県

焼鳥データベースを望む

平均点 75.412点
最終レビュー日 2019年10月17日
1,222 1,052 2 5,101
レビュー 店舗 スキ いいね

「辛口味噌ラーメン¥640」@中村ラーメンの写真JR御殿場線の富士岡駅前、調理麺の良店。

メニューは豊富で全体的にリーズナブル。大盛りが麺1.5倍でプラス80円なのに対し、小は麺量3分の2で100円引きと良心的。
セットメニューもいろいろ、ラーメン+小チャーハンのほか、チャーハン+小ラーメンなんてのも。
「太麺が選べます」とあるので、タンメンを太麺にしようか、いや麻婆ラーメンか、いやいやチャーシューメンじゃなく肉ラーメンとあるのもいいな、
などとあれこれ目移りしているうちにおかみさんに注文を取りに来られてしまい、つい何となく「味噌ください」
などと言ってしまった。
その後も少し逡巡し、味噌は味噌でも辛口に変更してもらう。

麺は太麺というか中太ですね、太麺と細麺のあいだ。
汎用的で硬質感のある四角い麺。チュルプリと啜り心地良く、食感も良く。カンスイは感じず。
スープは色目からして濃い味噌の味。ピリ辛でニンニクの風味も食欲を増進、ライスが欲しくなる。
そしてこのキャベツが完全に予想を裏切る。濃い味噌のアクセントにこのシャキシャキとしたキャベツは最良かも。
ほかモヤシ、タマネギにキクラゲ。豚こまも少々。

レンゲで野菜を拾っているうちにスープも結構飲んでしまった。
うまかった。
また来よう。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「煮干ラーメン¥750」@ラーメン ABE'sの写真この日は静岡、他サイトでも高評価のこちらに。
平日昼間で何人か外待ちしておられましたが、幸い店先の駐車場は空いておりました。

店内右手に券売機、水は卓上セルフ。
醤油、塩、煮干、丸鶏、つけ麺など色々ありましたが標記を。接客は親切丁寧です。

スープは煮干>鶏、無化調だそうで。
煮干のエグミや苦みは少なく、下処理が丁寧なんだろうなと。
ボディは中庸でいくらでも飲み進められますが、反面、オリジナリティには乏しい感じ。

麺は低加水のボソパツストレート。
これもこの煮干しには王道の組み合わせ。麺量は150グラムくらいでしょうか。
持ち上げると綺麗にほどけず、やや塊感があります。

具材はバラ巻きチャーシュー、メンマに海苔、ネギ。

丸鶏とか、他のメニューの方がこのお店の個性が出ているのでしょうか。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件
このレビューは移転前のものです。

「とんこつラーメン+まぐろ丼¥950」@すがいの写真海の幸、山の?幸

この日は静岡、「ラーメン」の赤看板がなければまんま魚屋のこちらに参りました。
右手に券売機あります。ちょっとチャーハンにも惹かれましたが、まぐろ丼食べたかったので標記食券を購入、水は紙コップでセルフ。
大将の一人オペ、奥まった厨房では寸胴で豚骨を炊いていました。


スープはアブラ多めで唇ペタペタになりますが、塩気は控えめ、クセがなくマイルドで上品なミルキー豚骨。濃厚と言って差し支えないと思いますが後味はしつこくなく、レンゲが進みますね。

麺は博多ラーメンよりもやや太め。しなやかで弾力のある食感、スープも良く拾います。

具材は厚手でプリプリの茹で豚3枚+α、刻み木耳たっぷり、青ネギたっぷり。海苔。
チャーシューは個人的にストライクど真ん中、これが複数枚はとても嬉しい。
木耳のコリコリ食感とネギのさっぱりした味わいもスープの良いお供でした。

まぐろ丼
ご飯にまぐろ切り落としがいっぱい、とびっこや玉子片なども散らされております。
醤油をさっと回しがけ、山葵を溶いて。
静岡だから美味しいのか美味しいから静岡なのか良く分かりませんがとても美味でした。


ラーメンまぐろ丼ラーメンまぐろ丼…無限ループしたい。
食前の印象とは異なり、なんら違和感のない組み合わせを堪能しました。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「R50らーめん¥800」@一匹の鯨の写真静岡県は伊豆の国市という場所にある人気店。
仕事で沼津まで行ったついで、R指定のラーメンというのが気になり足を伸ばしました。
メニューは多種多様で分かりづらいですが、券売機制ではないので悩めるのが良いところです。

HPによるとR指定は25・30・35・40・50
なのに食べたかった「わさびが香る」R35がメニューになく、「すっぱくて、辛くて、奥深い」R50をお願いします。
水はセルフかどうか分からず汲みあぐねていたらバイトお姉ちゃんが持ってきてくれました。


さて数分でやって来ました。
まず具材の茗荷、春菊が目を惹く。なるほど大人向けです。

スープ、
鶏と魚介のWとのことだが魚介勝ち、ベースとなるR30は生姜を効かせているようですが、これは確かに酸っぱくて辛く、酸辣湯の卵抜きといった印象。
酢に唐辛子や香辛料などの辛味が素スープととても合う。

麺、
中太のストレート。
加水率高め、モッチリとした柔らか食感はそれなりに主張もしつつスープと相対せず調和、むしろ麺自体も具材の一種のようなイメージ。
量も多すぎず少なすぎず、ちょうど良い感じ。

具材、
厚手のバラ巻きチャーシューは下味適度で美味ですね。
茗荷はさすがに特有のクセあり、酸スープには良いアクセント。柔らかメンマと混然一体としております。
比べて春菊は苦みも抜けており、単なる草臥れた葉っぱのようでした。
あとネギ。


個人的にツボに嵌った一杯。
遠いのでなかなか再訪できませんが、実年齢に沿ったR40も試してみたいです。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「豚肉細切りあんかけ麺¥1,512」@富士カントリークラブの写真カニチャーハンのメニュー落ち変わらず、前回食したパーコー麺もメニュー落ち。

青椒肉絲の青椒部分の代わりに彩り担当の青菜と人参、それを肉絲や玉葱などと塩分適正な醤油餡で絡めた具材が麺にかかっている。
想像しただけで美味、実際美味。
オイスターソースが効いています、多分。
麺は細くて硬く。

スープにサラダ、エビと中華クラゲの和えものとのセットでゴルフメシとしては高くも安くもない普通の価格設定でした。
同行者のオーダーした、具材をライスに載せる飯バージョンの方も相当に超ウマそうです。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「パーコー麺¥1,512」@富士カントリークラブの写真カニチャーハンを食べようと思ったらまさかのメニュー落ち、なのでパーコー麺にしました。

◆スープ
甘めの醤油味で出汁感は感じられず完全に業務用ですが、それでもまろやかな口当たりとやや強めの塩気が塩分補給したい身には有難く感じられます。

◆麺
ゾゾゾと啜り心地よく、食感はモニュモニュとした汎用麺。
カンスイは感じません。
ときおりブツっと切れますが、それをどうのこうの言う場所ではないですから。

◆具材
大ぶりの豚の素揚げ、メンマ、ネギ。
豚肉はロースで、ミシミシとした食感の肉の旨さもさることながら、スープに溶け出す片栗粉と衣がまろやかで美味。
メンマとネギは量の多さ以外には特記事項ございません。

◆感想
昨今のゴルフメシはだいぶ進化していますが、こちらはまだまだ昔ながらのレストラン。
とは言え富士山を間近に臨み、照りつける初夏の日差しに汗を流したあとに空腹で食べる昼飯、何を食べても美味しいものです。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 2件

「RONZIんそば¥800」@ACO CHiLL CAMP 2018の写真アコチルキャンプ2018に行きました、というかいます。
板橋のらあめん元がBRAHMANのドラムスとのコラボ麺を出していました、というかいます。
今日までなので、終わってからでは意味ないのでLIVEで。
なお僕は酩酊状態です。

【スープ】
アブラ多め、優しい口当たりで出汁感しっかりの醤油。

【麺】
ちゃんと茹でていましたが、お店とは多分異なる柔めの中細。
やや鹹水の感じ。

【具材】
肉3枚、ミシミシ美味いです。
あとネギとモヤシとカマボコでした。

【総評】
藤原さくらがアコギで演奏してますが、声枯れてる&偉そう。
このあと藤井フミヤの出演です。

あとお店のシールもらいました。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「シューマイセット¥650」@はごろもの写真御殿場の市街地、街道沿いに佇む街のラーメン屋。メニューは豊富ながらもデフォルトの正油ラーメンが500円である以外はほとんどが800円~1000円オーバーと、いわゆる御殿場的価格設定になっています。
しかも券売機制ゆえにじっくりと考える余裕もなく、一見泣かせですね。

「200円でシューマイ又はボイルソーセージ、小ライスをセットに」との張り紙がある一方、券売機には「シューマイセット 650円」のボタンも。ならこっちのがイイや、とボタンをプッシュしました。
壮年大将と女将さんの二人三脚。古色蒼然としておりますが、落ち着いた街の食堂の雰囲気です。

さて数分で配膳された標記は丼が小ぶりなこともありますが、却ってボリューミーな盛り具合。

スープは豚骨、鶏ガラをベースに貝柱、干えび、昆布、スルメ、椎茸、煮干、野菜…またアゴ出汁を使用、化学調味料は使っていないなどの記載もあり、かなりのこだわり。
油分に魚介系のしっかりとした旨みが先行しますが、それをいつまでも引きずらずに後味が消える感じ。
やや甘めなのはアゴ出汁使用のスープに共通です。

麺は中細のゆる縮れ、プリプリとした柔らかな口当たりに適度な弾力でスープとの絡みも良好。
なかなか麺量は多めで、150gくらいの体感です。

具材はチャーシュー、メンマ、ネギ、海苔など。
いずれも穏やかなラーメンにピッタリの、突出しない名脇役でした。


途中でラーメンにシューマイを載せたりして、堪能した次第です。

投稿 | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「中華そば 大盛¥600」@マルナカの写真先日所用で静岡島田まで行って参りましたので、藤枝近辺ご当地の朝ラーを。
初めてなので元祖のお店に。創業1919年、今年99周年ですか。


朝8時ごろ到着しますと駐車場には既に多数の車中待機。そこから15分も過ぎると老若男女がぞろぞろと列を形成、慌てて並びます。
8時30分きっかりに開店しました。


券売機制。やはりと言うか、先達は中華そばと冷やしを両方召し上がられる方が多いようです。
(なお後から相席になったおじいさんは中華そばを2杯注文…播州ラーメンを思いだす笑)
僕は二日酔い&寒かったので…温かいほうだけ、大盛りで。

店内はテーブル&小上がりのみ、相席前提ですね。
女性店員さんたちの接客は極めて良好、すぐに配膳されました。


スープは鰹に尖ったカエシ。勝手にジンワリとした味わいを想像していたのですが、もともとが朝飯前に一仕事終えたお茶屋さんのための朝ラーと考えれば、これくらいの塩分は適正なのかもしれません。
脂分はなく、スッキリと切れの良い後味です。

麺は平打ち気味の細麺で柔らかめの食感、つるつる滑らか。これもスープ同様に和のテイストを感じます…イヤ、スープがそうだからそう感じるだけでしょうか。
相席おじいさんの一杯を見る限り、デフォルトでもそこそこ麺量多いみたいです。
後半は少々苦しくなりました。

具材はチャーシュー、メンマ、海苔、小口ネギ。
チャーシューはダシガラのようなモモ肉が5枚ほど。このミシミシとした食感の肉は個人的に大好きです。
その他具材はややもすると単調になってしまう味わいの箸休め的な存在。

下膳はセルフ方式。


次回は体調整えて、温×冷の2杯にいってみたいです。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「G系ふじもりラーメン 並 ¥800」@G麺ふじもりの写真麺に全く絡まないライトな豚骨醤油に大量の業務用背脂、卓上クラッシャーで好みに応じて投下するニンニクの主張ばかりが際立ちます。
麺は硬質感のある平打ち太麺ですが前述のとおりスープが絡まないので単体ではパンチ不足で、ただ硬いだけの印象。並で麺量250gとのことです。
具材は小ぶりで厚手、下味しっかりの炙りバラチャーシュー数枚。あと水っぽいモヤシと少々のキャベツ。


先日御殿場の知人から御殿場気質なるものを聞いたことがあるのですが、こと料理に関しては貧乏臭いことが嫌われ、ボリュームがあって値段も高めというものが好まれるそうです(ランチタイムでも「何とか定食 5~600円」みたいなものは却って敬遠されるそうで)。

確かにこちらのお店はボリュームがあって値段もやや高めで御殿場っ子にピッタリ
かどうかは分かりませんが、トッピングの「ゴマ 100円」を見たら、なんか違うんじゃないかと思ってしまいました。

二郎系ではない普通のラーメンもつけ麺もチャーハンもスタ丼もあり、かつ中休みなく夜中の3時まで開いているのは便利なんでしょうね。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件