なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

立秋

男性 - 神奈川県

焼鳥データベースを望む

平均点 75.412点
最終レビュー日 2019年10月17日
1,222 1,052 2 5,101
レビュー 店舗 スキ いいね

「お子様らーめん¥0」@景勝軒 栃木平柳町店の写真人生の一瞬一瞬が曲がり角であり人はその一瞬一瞬に選択をする(中略)
そこからここにたどり着いたんだ(中略)
お前のたどる道の形は初めから見えていたんだ
(コーマック・マッカーシー「血と暴力の国」)

※ラーメン1杯につきお子様らーめん1杯無料となります(対象は小学生以下)

店内連食
もとい息子が食べなかったこちら

アゴ出汁が強く感じられるキレの良い(そして個人的には残念ながら甘い)クリアなスープ
ぱつんと歯切れ良い自家製細麺は麺量60グラムくらいでしょうか
具材は刻みチャーシュー、味玉半分、ネギ、ナルト、そして子供が喜ぶコーン
無料提供とは思えないクオリティであります。

キリ番レビューがこの一杯になってしまったのもアントン・シュガー(映画ではシガー)が言うように必然なのでしょう。
シュガーはサイコパスの殺し屋ですが。

投稿 | コメント (9) | このお店へのレビュー: 2件

「マグマふじ麺(一辛)¥810」@景勝軒 栃木平柳町店の写真この日は息子とプール
の予定が、まさかの宇都宮までお使いに行かされてしまい
プールもお使い先から最寄りの、行ったことない壬生の町営プールに変更です。
でも流れるプールあり、スライダーも4つありで楽しかったな。

プール出てお昼。
壬生と言えば泣く子も黙る「ラーメン二郎 栃木街道店」、しかしお盆休み中だし開いてないだろうな、と思いながら車で向かうと営業している…
行ければ10数年ぶりでしたが、長蛇の列×子連れなので泣く泣く諦めてそのまま街道沿いのこちらに。景勝軒グループの栃木の店舗は初めての訪問です。

クーポンはアプリを入れないといけなくなったため面倒で使用せず、栃木3店舗のみ限定という標記のボタンを殴打。
息子は景勝軒おなじみ、大人1人につき1杯無料のお子様らーめんの予定でした。

店員さんに一辛から三辛までありますよと言われましたが良く分からないので一辛を、
麺も中盛り無料ですが並盛りをお願いしました。

先に息子のお子様らーめんがやってきましたが細麺がイヤとのこと、
あとから来た僕のやつを食べたいと麺を半分ほど取られてしまいました。

辛味ペーストをすぐに混ぜてしましましたので味噌か醤油か判然としませんでしたが、それなりにどっしりとしたボディの動物スープ。
景勝軒=甘いのイメージがありますが、このスープもいくらか甘みを感じます。
挽肉に唐辛子とラー油を混ぜたようなペーストは正に溶岩のようなビジュアル、一辛でも十分な辛さを発揮。脳天からジンワリと発汗する辛さに箸が進み、漬けニンニクも旨みを押し上げます
麺はゴワっと主張強めの四角い国産小麦太麺。過去の経験からライトなスープだと相性が良くないのですが、マグマのおかげで濃厚と言って良いスープとの相性は良好。
息子に麺半分取られたのが何とも…中盛りにしておけば良かったな。
具材は適度な標高のヤサイにチャーシュー、あと糸唐辛子も具材でしょうか。
ヤサイは適度な茹で具合で辛スープの中の清涼感、チャーシューは薄くてボソ気味でしたが下味控えめで好みのタイプ。

失礼ながら消去法で選んだメニューでしたが、予想以上に美味しかったです。
しかし大人と子供併せて810円(クーポン使用なら700円)で済んでしまうのは凄いというか。

では続けてお子様らーめんを食べましょう。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 2件

「ラーメン¥700+みそ¥50」@手打ち中華 たきざわの写真栃木の県北。あと60キロほど走れば「とら食堂」にたどり着けましたが、その根性も時間もありませんでした。
以前食べ損ねたこちらに。

白河中華なら醤油だろ、と自分でも思いつつ味噌にしました。
デフォルト以外は「しょうゆ/しお/みそ」いずれも同額ながら、デフォルトのみ味噌が50円アップ。
これには違和感を覚えますが、RDBのおかげで初めから分かっていたこと、また店員さんが申し訳なさそうに聞いてくれたので良しですね。

結構なオオバコ店、1日70杯程度しか提供しない人気店の昼時は地元民中心にごった返しています。
カウンター越しに調理風景を拝見していましたが、一度に制作するのが3杯であったり6杯であったり。
大盛りとか麺量が関係しているのかもしれませんがマチマチで、で結構待たされました。
25分くらいして提供された丼。

スープは鶏ガラと豚の旨みに赤味噌系のキリリとした塩気、油によるコク。
味噌に埋没しない動物感がいいですね。
麺はピロピロとしており軽やかな啜り心地に適度なコシ。
白河ビギナーの僕としては佐野ラーメンぽいなあと感じました。
具材はモモチャーシュー、メンマ、ワカメ、ナルト、ネギ、あと多分ほうれん草。
チャーシューは脂分少なくミシミシとした食感で好みのタイプが2枚、メンマはこの系統にしては珍しく太い材木形がこれも2本、適度な塩梅で美味でした。


人気のほども頷けます。
ただ、やはり醤油にしておくべきだったかと少しだけ後悔も。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン¥550」@青竹手打ちラーメン 日向屋の写真小山総合公園での陸上大会終了後、佐野プレミアムアウトレッツにゴーする前に大きく寄り道してみました。
妻は以前佐野ラーメンの美味しいお店に連れて行ったせいか比較的ウェルカムな反応だったのですが、いざ店先まで参りますと…むー30人以上並んでますな(&店内にも数組)。
妻に別の店(「まるQ」とか)にしようかたずねますと、
これだけ並んでいるのなら美味しいに違いない→ココが良いとのこと。
まあ並ぶのは妻ではなく僕なんですけどね…

列に接続したのが昼の12時過ぎ。北風ピープー吹きすさぶなか極めて牛歩な回転、1時間ほどかけてようやく店内に到達。さらに10分ほど待ったのち、小上がりに着席できました。

メニューはラーメン&トッピングによる差異しかありませんので、家族全員ラーメンを(除く息子)。
メンマラーメンにしようかとも思ったのですが、娘らはメンマ嫌いなので多分自動的にメンマラーメンになるだろうとの目論見です。
あと餃子を3皿お願いしました。

女将さんをはじめとする接客は極めて良好、人気店の驕りなんぞ微塵も感じさせません。
語尾を伸ばす挨拶が印象的、上尾の銀座堂のオヤジを彷彿とさせます。元気かな。

餃子は時間がかかる旨掲示がございましたが先に到着、追ってラーメンも配膳されました。
そして予想通りに娘2人は「メンマいらない」とマイ丼へ。僕自身が偏食だったため食べなきゃダメよと言えず、なによりメンマ20本以上になりましたw

さて塩ラーメンとも見紛うクリアなスープは鶏豚ガラでしょうか動物系に、カエシがジンワリ。そこにキリリとした塩気と少々の化調とでバランス良く飲ませてくれます。
卓上のペッパーは白黒ブレンド、旨みがさらに立ちますね。

そして自家製の青竹平打ち麺。
太さ不定、長さも不定。ピロピロ滑らかでモチプリっとした食感はまさに佐野ラーメン。
細い箇所は口の中で噛まずとも溶けてしまいます。

具材はチャーシュー、メンマ、ネギナルト。
チャーシューはホロリと崩れつつも適度なテクスチャーを有するバラの巻きタイプ。
スープを殺さない適度な塩梅、もっと欲しくなります。

メンマは味つけ控えめで食感はボリボリ言うかゴリゴリ。イイ感じです。
ネギの苦みはちょっと主張強めでした。

スープ完飲ごちそうさまです。
家族もウマウマと食べておりました。
他の佐野ラーメンのお店と比べて突出している印象はないですが、そもそも突出したら佐野ラーメンじゃなくなるでしょうから…

14時くらいの退店時にはまだ20人ほどの外待ち。
このあとアウトレットでスポーツウェアなど購入してから佐野駅で家族とお別れ、小山経由で新神戸。
なかなか良い1日でした。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「味噌チャーシューメン¥930」@ラーメンのらの写真5/5
茄子どうぶつ王国から帰りの車中、一服盛った訳でもないのに家族は皆寝てしまい。
こういうのを千載一遇と言うんでしょうか。
モチロン誰かが起きてても行くつもりでしたが、後顧の憂いなく国道4号を北上。
2キロほど走り、福島との県境に近いコチラに到着致しました。

食事時にはやや早い夕方の店内、先客は地元の方と思しき複数連れが数組。
トマトの良い香りが漂い、食欲を刺激されます。
やはりコチラは看板メニューのトマト行っとかないとな~
お水を配膳してくれたお母さんに標記をお願いしました。

10分ほどで配膳。
芳醇な香りとそのビジュアルは食べる前から美味しい。

スープは洋風な印象を強く感じます。
野菜に豚などのダシの感覚は、カレーなどを作ろうとして、途中でやっぱりラーメンに切り替えたような。
味噌は濃いめで塩分濃度も高めながら、それを野菜の甘さと他のダシとでマイルドな方向にバランスを取っており、秀逸なスープですね、さすが。
山頂のフライドガーリックがさらに食欲を増進させます。

麺は平打ち。これも中華屋の技法ではなく、どちらかと言えばパスタに近しい印象。
やや茹で過ぎかコシは無いですが、ピロピロとした啜り心地が楽しく、スープとの相性は良好です。
麺量は150gくらいの体感。

具材はチャーシューと炒めた挽き肉に玉ねぎやモヤシなど、コーン、ネギ2種など。
チャーシューは半月状の炙りバラロール。口の中で崩れるしっとりタイプで塩気は抑えめ、5枚ほど。
炒めた野菜は優しい食感、挽き肉はコクを加味してくれます。

スープを主役にしみじみと旨い、調和の取れた一杯でした。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「塩そば¥700」@米沢ラーメン 鈴木屋の写真5/4、家族でナス旅行。
この日はあいにくのお天気でしたので、水族館を目指して東北道を矢板で降ります。
手打ち中華 たきざわ」に寄りたかったのですがその外観から妻に却下され、かろうじてOKの出たコチラに参りました。

昼過ぎの店内はほぼ満席でしたが、幸いにもちょうど1卓テーブルが空きました。
中華そばと悩みつつ、一押しの標記をオーダー。家族は味噌、味噌野菜、ギョーザ、ちゃばら飯など。

かな~り混んでいましたが、10分ほどで配膳されました。
ワカメ…スゴイ表面積ですね。

スープは非常にオイリーで、霞みがかったようなボヤっとした感覚の向こう側に魚介、あとワカメ由来か海の香りを感じます。
そこに大量投入されたシソが激しく主張。これは風味付けとかのレベルを超えてしまっている感じがします。
麺は中細縮れ。啜りやすく、プリプリとした噛み心地。口の中ではピチピチと踊るような食感です。

チャーシューは炙られたゴツイい塊が2つ。炙りの効果による身の締まりや香ばしさはさほど感じられませんが、なにより大きく、ホロリと崩れる柔らかな食感に塩梅も良い感じです。
木耳はコリコリとした食感がナチュラルな啜りの麺に対して良いアクセント、ワカメは…大判サイズ。
丸の卵は完茹でです。個人的に黄身をスープに溶かすのが好きなので、これはこれで好み。
具はあとネギでした。

シソをもうちょっと抑えてくれれば大分印象が異なる気もします。
ごちそうさまでした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「共ちゃんラーメン¥750」@共栄ラーメン 本店の写真帰省した先週の日曜日。
午前中に小山方面での所用を終え、国道50号を西に戻ります。

助手席の妻(中華そば 支那そば系が 大嫌い)がポツリ
「佐野まで来たから佐野ラーメンでも食べる?食べたことないけど」
は???え~と、どこか体調でも悪いの?それとも錯乱してるの?

…などと妻の具合を慮ることなく、やった~佐野ラーメンだ~と一路佐野方面へ車を走らせ。

途中「あと2キロ」の看板を見たのか「やっぱりくるまやでもいいけど」などと正気を取り戻しつつある妻。
うわぁこれはまずい…佐野市内に到達する頃にはラーメン自体が選択肢から外れてしまう…
あわててくるまやラーメン 栃木岩舟店をスルー、次の信号をUターンしてコチラの駐車場に車を滑り込ませます。

12時少し前。カウンターは9割方、小上がりは半分ほどの客入り。
家族でテーブル1卓に着席、滑り込みセーフです。
もう5分ほどで店内満席、さらに5分も経つと中待ち外待ち客多数、入口付近はごった返していました。

バイトの女の子が、作り置きで汗をかいたお冷やのグラスを配膳してくれます。
自分は標記、妻子はネギラーメン、味噌ラーメン、揚餃子、モツ煮、ライスなどなどオーダー。

息子を担いで手を洗いに行き席に戻ると、既にラーメンは到着してました。早いですね~。

透き通ったスープはカエシ控えめで、動物系の旨みが強いインパクト。豚と野菜が前面に出ており、微かに魚介も感じられます。
ゴマの風味に塩気もほど良く、舌に染み入る旨さでございます。

麺は青竹手打ちの多加水ビラビラ麺。
太いところはモッチリ弾力があり、細いところはピロピロと半分溶けたような感じ。
ナチュラルな啜り心地で、不揃いゆえの食感や粉感など、色々と楽しめます。
スープの持ち上げもバッチリ。

妻も「美味しい美味しい」と食べてます。
だから昔から言ってたのに…

具はバラチャーシューにメンマ、半玉、ナルト、ネギ、海苔。
塩梅の良い煮豚は3枚。意外に厚めでホロホロした食感がスープに合います。
玉子も良く味が染みて美味でした。

途中で卓上のおろしニンニクを投入、これは主張が強すぎ、入れない方が良かったかもしれません。


良い一日でした。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「チャーシューメン¥787」@手打ラーメン 恵比寿屋の写真本日参りました。
店内に入ると作務衣を来た年配の御主人風の方と白衣の若旦那風が厨房で作業されており、とてもラーメン屋とは思えません。
カウンターに着席し、奥様に標記をお願いしました。
目の前に栃木のラー本が立てて置いてあります。普段ラー本を読まないのですが、ちょっと見てみようかなと手にとるも、こちらのお店がどこに載っているのか探し当てる間もなく、御主人の手により僕の一杯が到着です。

小振りな丼にいい香りのスープです。鶏ガラか豚ガラか判別できませんが、動物系の旨みに醤油のコク、生姜のキレが合わさって一体感を成しているような気がします。
麺は太いの細いの入り混じった手打ち、比較的固めな仕上がりでスープとの絡みが良いです。
チャーシュー4枚。旨みたっぷり、脂身以外にややハムっぽいところも。
メンマ、ネギは箸休めとして万全の機能を果たします。

途中、原因は不明ながら白衣の若旦那と年配の奥様との間で少し言い争いが。作務衣の御主人は初め椅子に座っておられましたが途中から参加され…。こうなるともう透明人間になるしかなく…終盤のお味は余り覚えておりません。

やや量的な不満は残りますが、おいしく頂けました。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「野菜ラーメン(並)(辛い味)¥750」@麺屋 一心の写真普通の野菜ラーメンは何度か食べたことがあるので、辛い味に挑戦してみました。
仕事中なのでニンニクは抜いてもらいました。
待つこと数分で着丼。スープがきれいなオレンジ色です。野菜の上もオレンジ色の液体がかかっています。スープを啜ると、辛い…。野菜と一緒に食べ進めますが、徐々に脳天から汗が噴き出てきます(そんなに辛い訳ではないですが)。
太麺を引きずり出します。小麦の味を強く感じます。普通の味と比べ、辛い味の方が麺自体の味が引き立ち、おいしく食べれました。
チャーシューの形状は毎回異なるような気がしますが、今回は大判1枚+端っこで、いずれも厚み1センチ程あり、ジューシーで満足できます。

食後にのどが渇くことはない爽やかな辛さで、普通の野菜ラーメンもおいしいですがこれもくせになりそうです。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件