なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

立秋

男性 - 神奈川県

焼鳥データベースを望む

平均点 75.412点
最終レビュー日 2019年10月17日
1,222 1,052 2 5,101
レビュー 店舗 スキ いいね

「神田雲林特製麻婆豆腐かけタンメン¥950」@雲林坊の写真辛×痺×汗×旨

九段で商談、
この辺りはどこもかしこもラーメン屋で目移りしているうちに13時、空腹を抱えたまま客先へ。
1時間ほどで商談が終わり、ようやく昼飯です。しかし暑いし、タンメンという気分でもないしなあ…
そのタンメンの向かい、さきほどまで行列していたこちら。暑いけど、突き抜けたものを食べようかなという気分で訪問しました。

店内左手券売機にて標記食券を購入。
店員さんからお冷やとおしぼりを受け取ります。
しかし狭い。カウンターに対し椅子が一脚多いんじゃないかと思われる狭さ。
厨房内は多国籍軍の様相。オペレーションを見ながらしばらく待ったのち提供されました。

ヌラヌラと怪しい色目のスープ、サラリとしていますがコクの無いライト系ではなく、鶏か何かの旨みを少し感じてあとは辣油が支配的。早々に麻婆餡に浸食されつつあります。
その麻婆豆腐は豆板醤と山椒、花椒が炸裂。ゴロゴロ入っている鷹の爪は齧らなければ直接辛さに結びつかないものの、それがなくてもむせ返るような辛さ。蒙古と比べるとこちらの方が辛さに奥行きを感じます。
豆腐もしっかり味が染みており、箸休めになりません。まあこの辛さを求めて来たのですが。
麺は細麺で太麺がいいなあと思いましたけど、これが美味しい。
全粒粉でどちらかと言えば低加水、ボソっとした硬めで素朴な口当たりで素材感のある麺です。
スープにも具材にも強制的に絡む麺なので勢いよく啜るとむせることは請け合い、慎重に啜ってモグモグと咀嚼しました。

刺激を受けつつ食べ進めていると辛いのか辛くないのか分からなくなり、最後は旨みだけが残り。
いい汗かきました。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件
85

「らあ麺¥600」@麺 高はしの写真括りで言えば動物魚介ですが、そのワードで連想する「またおま」が一世を風靡する以前からの存在ですので、そもそも括ること自体が失礼。
カエシは穏やかでクドくなく、節系魚介に豚鶏をミックスした、ザラついているのにスッキリしている濃くて淡い独特の出汁加減。
過去に食した他店のラーメンでどこが近しいか、考えても思い浮かびません。

麺は古豪浅草開化楼の太麺。
ガッシリと力強く、それほどスープを引き連れない印象、ゆえに却って麺とスープの浮遊感を楽しめます。
ただでさえ噛み応えのある太麺であることに加え、麺量自体も200グラム程度と満足のボリューム。

具材は肉、メンマ、ネギ。
厚切り肉は下味控えめでローストビーフ(やや筋多め)のような印象。
スープに浸して柔らかくなったそいつをガブリと遣ると、何とも言えない。
肉を増してもシアワセを得られますが、限られた量の肉を少しづつ齧るのもまたシアワセ。

麺、スープ、麺、スープ、肉、スープ、麺、スープ
3匙まで無料の刻み玉ねぎも良い仕事。
久しぶりにご馳走を食べた気分。



この日は朝から赤羽、商用を終えると11時ちょうど。
ヨシ並ぶぞ、とこちらに参りました。
外待ち数名の列を成していましたが回転は良く、10分程度で入店し着席。
すぐさま店主殿にオーダーを取られますので、この日も暑かったのですが標記を。
じきに提供された旨そうな丼。許可をいただいて写真を1枚。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 2件

「塩たんめん¥710+野菜¥70」@麺工房マルオの写真町田街道のこちら。駐車場があるのは嬉しいですね。
外待ち椅子に数名の先客、店主の指示に基づいて店内へ案内されます。
左手に券売機、ロースのやつがトップになっていますが、諸兄のレビューがいずれもロース載せとなっておりましたので、僕はデフォルトの標記とトッピングの野菜を選択しました。

水はセルフで…あ、紙コップか。大将の一人オペレーション考えたら合理的なのでしょうが、フードコート以外で紙コップは違和感を覚えるのも事実です。

オペレーションはまず丼にスープを注いで温め、そのスープを中華鍋に戻してから野菜と一緒に炒めます。
麺が茹で上がると先に丼に投下、その後、鍋からスープと野菜を投入です。オーソドックスなタンメン技法ですね。
大将の「熱いですから気をつけて」の声とともに高台にご提供。
周りの皆さまはロースが載っており、一人寂しいビジュアルなのは否めません。

白濁スープはミドルボディでコクは中庸。動物系は控えめで野菜由来の優しさに、旨み調味料の後味が主張強め。ノスタルジックなタンメンの味です。
ロースの揚げ物が載っていれば油と動物系のコクが付与され、また違った印象になるのかもしれません。
途中から自家製と言う辣油を回しがけして味変しました。

麺はお品書きだと平打ちとありますが、断面の四角い中細麺です。
熱にもだれずしなやかで、プリプリとした食感を楽しめました。

具材は刻んだキャベツ、木耳、モヤシ、人参等。肉片もごく僅か混入していました。1,000ppmくらい。
ハイカロリーな調理法ゆえシャキシャキの食感。咀嚼する回数も多く、実際のボリューム以上に食べ応えを感じました。


ロースがないとオーソドックスな街タンメン。あるいは増量した野菜でスープが弱くなってしまったのかもしれませんが。
ロースと言うトッピングで本領発揮するのはちょっと違うような気がしますが、次回行くことがあればロースを載せてみたいと思います。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「ミニラーメン¥ 350」@大勝軒 祖師ヶ谷大蔵店の写真おさってもさんにご紹介いただいたこちら。
祖師谷大蔵。来週祖師谷で飲むけど、昔と違って飲む前には食べるのはキツイだろうなあ、などと考えていたのですが。

そもそもこの日、所用で新宿に行くんでした。
祖師ヶ谷大蔵は途中駅。ヒルメシも抜いたし、寄り道することにいたします。


駅前から延々と続く続くウルトラマン商店街。
そろそろ商店街じゃない様相を呈して来た辺り、10分ほど歩いてようやくお店に到達。
外観からして完全なる中華屋。岡持ちを積んだカブが店先にスタンバっております。


店内は左手に厨房とカウンター、右手にテーブル卓と、大阪茨木「ゆうらい」を彷彿とさせるレイアウト。16時過ぎの中途半端な時間帯でしたが先客多数でした。
目の前の厨房では豪快に鍋を振る大将、イイですね。

壁メニューから、よし調理麺だ!と思っていたのですが、オトナリさんがムシャムシャ食べている唐揚げに惹かれてしまい…
嬉しいことに唐揚げ定食にはミニの設定あり。これとミニラーメンにしよう。
口頭注文、水は奥の給水機にてセルフです。


ミニ唐揚げ定食600円が先にご提供されましたが…このゴハンの量。全然ミニではありません。
唐揚げはとてもウマいですが、ゴハン半分(▲50円)にしておけば良かった。

追っかけでミニラーメン。丼の直径150㎜くらいの可愛いサイズでこれはミニですね。
スープ尖ったカエシに動物系がしっかりと感じられる重層構造。単なる中華屋とは一線を画した旨みです。

麺はムッチリと柔らかめの表層が何となく女性的な太麺。これぞ大勝軒ですね。美味しい。
麺量は80グラムくらいの体感、唐揚げ定食のライスとのバランスからして、これくらいが丁度良い腹具合でした。

具材はミニでもしっかり。
厚手のバラ巻きチャーシューはホロホロ食感に適度な醤油味。
ナルト、ネギ、青菜はいずれも箸休め的な。


幸せな食後感。
次回は調理麺いきます。

投稿 | コメント (11) | このお店へのレビュー: 1件

「うま煮つけそば¥799」@大勝軒 代々木上原店の写真久しぶりにお天気も良かったので、かねてBMしていた代々木上原の東京ジャーミイに。

オスマン様式のドームにミナレットが美しい。
建築においては全くの素人ながら、トルコであれインドであれ様式美という観点においてイスラムは傑出していますね。
西洋世界でこれに匹敵するは古代ローマのパンテオンくらいでしょうか。


http://photozou.jp/photo/photo_only/2431046/260540498?size=1024#content
http://photozou.jp/photo/photo_only/2431046/260540517?size=1024#content
http://photozou.jp/photo/photo_only/2431046/260540523?size=1024#content
http://photozou.jp/photo/photo_only/2431046/260540507?size=1024#content


以前訪れた神戸モスクは写真撮影NGでしたが、こちらはOK。
おめでたいことに礼拝堂では結婚式の最中、これもどんどん写真撮ってくださいとは案内の方。

3時間ほど滞在して心の平穏。
そして朝から何も食べていないことを思い出し、お腹も空いたので世俗的な食事を摂りにこちらに参りました。
時刻は16時半ごろ、通し営業がありがたいです。


さてこちら由緒正しき大勝軒ながらもラインナップは完全なる中華料理屋。毛色は違えど定食屋と化している群馬の「丸長 伊勢崎店」を思い出します。
それでもさすがは大勝軒、ラインナップ豊富なつけそば。うま煮に目がない僕はこの一択です。

丼デカい。
つけダレは酸>醤>魚のオーセンティックなテイスト、そこにたっぷりの餡でヤケドしそう、わずかに甘め。
餡が熱を封じ込めるのでいつまでもアツアツでした。美味。

麺は表層が乾き気味で食感はモチモチとした中太麺。
麺量は200グラムオーバーでしょうか、必要十分な量です。
それでも具材より先に麺がなくなってしましました。

その具材は餡に絡んだ白菜椎茸人参。青菜にモヤシ、ネギ。
あと刻みチャーシュー、メンマ、海苔、エトセトラ。
具材で食わせる一杯ですね。かなりの食べ応えがあります。

割スープは銀色の保温ポットでのご提供、魚介出汁がスープの酸味をマイルドに中和してくれました。


メニューも豊富で、ご近所なら頻繁に通うであろうお店です。

投稿(更新) | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン(ヤサイ)¥750」@ラーメン二郎 新宿小滝橋通り店の写真本年2杯目の二郎系というか二郎です。
たまたま店先を通りかかったらたまたま開店直後で、外待ち2名様が店内に吸い込まれていったので続けて僕も。
ラーメンの食券。券売機ボタンの「小」の部分は目隠しされています。

いわゆるコールタイムは食券提出時、ヤサイをお願いしました。
水は卓上にコップ&ポットです。

やがて提供された一杯、こんなビジュアルでしたっけ。
何だかインスパイアみたいな印象。

スープはライトな豚&調味料の味、カエシもキレなくマイルドで穏やかな印象。
ヤサイのお山は味がしないのでスープをかけますが、それでも味しません。

麺は四角くて太いですね。
クッシリとした硬めの噛み心地に風味も良好、これが濃厚なスープならなお良いのでしょうが…

豚はウデ肉ぽい繊維質の赤身が2塊、ヤサイは意外やキャベツ比率高め。
キャベツは群馬嬬恋産。

音速で、もといそこそこのスピードで食べ終えてごちそうさまです。
二郎食べた感は控えめで、やっぱり後味はライトなインスパ系でした。
これはブレとかかもしれません。

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 4件

「ラーメンと半チャーハンのセット(ランチ)¥750」@味蔵の写真天気晴朗、一人で市ヶ谷という絶好のラーメン日和
なれど東名での渋滞に巻き込まれてしまいランチタイムは約10分
近所にあったこちらに飛び込みます、何となく回転が速そうでしたので。
可愛い店員さんが「イラサイアセ」に近い発音でのお出迎えです。

ほぼ満席の店内、単品の調理麺やご飯もの惹かれつつも
ランチ数種類の中からラーメン×チャーハンと言う王道の表記をチョイス
ガラス越しの厨房を眺めるともなしに眺めていると、すぐに出てきました。
いかにもインスタントな汎用的ビジュアルながら、写真に収めると意外にそうでもない。
これもいわゆるインスタ映えなのでしょうか。

スープはチキン/魚介/椎茸/メンマエキスに野菜パウダーにエトセトラといった業務感溢れる組み立て、出来合いゆえの良好なバランス感覚。
ほどよい塩分についレンゲも進んでしまいます。

麺は中細縮れのこれも業務用中華麺。
チュリプリとした軽やかな啜り心地、カンスイは控えめです。

具材はチャーシュー、メンマ、貝割れ、ネギ、味玉。
特筆すべきは味玉で、カツオだしを浸み込ませたような和の味わいに、ネットリとした黄身の食感
今年食べた味玉で一番美味ですね。
味玉自体を今年3個くらいしか食べていませんが。

時間のないときに急いでお腹を膨らませる、という観点からは悪くない一杯でした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「つけ麺(サンラー、太麺)¥750ゆで玉子¥0×3+ライス¥0」@我流担々麺 竹子 本郷店の写真この日は御茶ノ水近辺にて打ち合わせ、少し時間があったので足を伸ばして、もといタイヤを伸ばして。
我流坦々麺 竹子 天神下店」は訪問済み、コチラの店舗は初になります。

さてコチラかつてはゆで玉子が無料で食べ放題でしたが、昨今のゆで玉価格の高騰を受けてか3個まで無料に変更されております。
同様にライスも食べ放題だったのが2杯まで。
せうがないですね。

店内はフロアも厨房も大陸系の男女、標記をお願いしました。
つけダレはタンタン、サンラー、しょうゆからサンラーを、
麺は黙っていると細麺になるため、太麺でお願いします。
ラーメン系では辛さをマイルド~特激辛まで選べるようで、「辛いタンタン麺を激辛で」などとオーダーしている常連さんもおられました。

さてひと段落したので卓上のソレを剥きましょう。
コチラのお店では皆さん待ってる間にスマホをいじったりはせず、玉子ムキムキ。
入店してオーダーする前に剥いてしまうツワモノもおられました。



ちょうど3個めを剥き終わったところでつけ麺のご提供。
店員さん「ゴハンタベマスカ?」僕「嗯」
せっかく剥いたゆで玉子ですが、つけダレに投入すると沈んで見えなくなってしまいました。
麺の上にもカットゆで玉が載っていましたがこれは僕が剥いた3個とは別ものですので都合4個。

つけダレは酸×辣のバランスは完全に酸で辣は控えめ。日本でいうところのざる中華的なつけダレをかなり酸っぱくした感じ。ここは日本です。

麺はゆるい感じのビロビロ太麺、やや平打ち気味。
つけダレに浸して、ゾゾゾと啜り心地は良好です。
湯切りはひどく、半分水たまりでした。

具材は乾燥気味の肉、メンマ、ゆで玉子1+3、つけダレ側にネギ。
肉はパサついているのでこれもつけダレに投下、塩気強め。


最後ゆで玉子を持て余し、口の中がモサモサとしましたがシアワセな食後。
会計時に50円割引券をくれました。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン¥700+ライス(小)¥100」@まこと家の写真品川シーサイドで商用のついでに、家系の舌になっていたのでこちらに。
近所のパーキングメーターが空いていたので車を停めて向かいました。
昼間だからかあかいら!さんはいませんでした。

カウンター一塁側に着席し口頭注文した標記
なかなか質実剛健としたビジュアルです。

スープはかなり豚が強めに感じられ、何となく酸味もあり、全然関係ないのに二郎が脳裏をよぎります。豚と化調のハーモニーが王道家系な感じで良いですね。
仕事中なのでニンニクを投入できないのが残念でした。

麺は酒井製麺でモチモチとした食感でそれほど麺長は短く感じられずちょっとヌードル感もあり〼
意外に多め。
具材はウデ肉がどうのとか言ってしまいそうな赤身の肉がしっとり、あと海苔ネギ。

ちょっと寂しいビジュアルでしたが、麺とスープを堪能するには却ってこれくらいが良いのかもしれません。
次回は飲んだあとに訪問してみたいです。


以下は余談ですが
パーキングメーターというやつは、300円で60分間駐車出来るシロモノです。
不思議なことに、駐車後59分59秒が経過するまではおカネを入れなくても駐車違反のキップは切られないのに、一方で300円を入れても規定の60分を1秒でも過ぎると、たちまち駐車違反となってしまうおかしなシステムです。

僕が普段から59分59秒ルールを活用しているかどうかはともかく、そういうものなのです。

投稿(更新) | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「特製中華そば(A)¥970」@多賀野の写真11月、平日の午前中。近所まで商用あり、かなり久しぶりにこちらに参りました。
店内券売機にて食券を買ってから行列に並びます。


…しかしこの先に食券を買うというシステム、客側にとってはいかなるメリットがあるのだろう。
先にオーダーが通っていて着席後すぐにラーメンが提供されるとか、あるいは二郎系のように、麺量を事前確認するとかであればまだ分かるのだが。
そもそも並んでいるうちに用事が出来たとか、やっぱり気が変わった(実際、少しそうなりかけた)ときにはどうするのか。わざわざ払い戻ししてもらうのか。

遅々として進まない牛歩な行列に並び、左手の植え込みの草花とそこにいる虫などを観察しながら、そんなことを考えた。
こちらのお店の読み方、RDBでは振り仮名が「たがの」、他サイトでは「たかの」、どっちが正しいのだろうか。
こんなことも考えた。
とにかく考える時間だけは豊富にあった。

50分ほど考えて、ようやく入店です。水はカウンターの手前と奥に給水機。


スープは動物乾物の旨みに、カエシがストレートに主張。煮干は店先からの馨しい香りほどには感じません。
無化調とのことで後味はくどくなく、舌先に穏やかな余韻を残しつつ消えてゆきます。
なので飽きがこないですね。

麺は中細タイプでポソパツとした素朴な口当たりと食感。
このスープを楽しむための麺、個人的にはそんな感じがいたしました。

具材はまずチャーシュー、これは見た目ハムですね。味わいもなんとなくハム。塩気はそれほどないですが、パサついた食感がハム。
あとネギ、メンマ、海苔、味玉。
ネギが美味しいです。


名にし負う「多賀野
読み方は「たがの」「たかの」どっちか分からない…

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 1件