なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

立秋

男性 - 神奈川県

焼鳥データベースを望む

平均点 75.411点
最終レビュー日 2019年10月22日
1,223 1,053 2 5,102
レビュー 店舗 スキ いいね

「つけ麺野菜¥830+大¥0+生卵¥0」@ラーメンオールスターズ 安長店の写真「ツナピコ」というんでしょうか、マグロを甘辛く味付けして金銀フィルムで包んだキューブ状のアレ、あの味がするつけダレ。アツアツです。実際はカツオに動物系だと思いますが、甘みが強くて好みからはちょっと外れております。
麺は中太ストレート。水切りがしっかりとしており適度な剛性、風味が良いこともありますが、とにかくつけダレに浸すと甘いので、なるべくつけずに頂きました。無料の大は麺量300gくらいと存じます。
薄手のバラ巻きチャーシューは炙りタイプ、キャベツはザワークラウトみたいなビジュアルでなかなかの大盛り、あとネギ、刻み海苔、、ナルト、山くらげ(激甘)。
途中で投入した生卵はつけダレの甘さを中和してくれましたが、当然ながらぬるくなってしまいました。


鳥取道から比較的アクセスの良いコチラに再訪、空腹だったので大盛り&生卵が無料のつけ麺のボタンをプッシュします。

厨房内は店主と思しき壮年男性にバイト風メガネ助手、店主は「いらしゃいませ」「ありがとうございました」の挨拶は一切せずMUGO・ん…でも手が休まると助手さんと談笑などしているので、俺は客には媚びを売らないぜというポリシーの持ち主なんでしょう。
その分助手さんが元気ハツラツなので許しました。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「チャーシューメン¥700」@鳥人の写真なみなみのスープはアゴ出汁魚介に動物系。最初はカエシ勝ち、ふくよかな醤油に多く振られた胡椒の刺激がガツンとしたコントラスト。
徐々に背脂や出汁の旨みでボディの強いスープに、しかしながら後に残るは胡椒のジャンクさ。

麺は自家製、中細のストレート。
これが前回印象と大きく異なりまして、ムッチリとした弾力になめらかな喉越し、プツンと歯切れも良い感じ。どことなく素朴な印象は変わらずです。

チャーシューはバラのストレート。脂身プリプリ、赤身はしっとり柔らかで、繊維に沿って解れる厚手の肉。塩気はスープよりもちょっと濃いめの味わいで、これが4枚。幸せ。
メンマはゴリゴリ硬くてまさに竹食感がナイス。タマネギはちょっと辛くてこれもまた刺激的。
板ワカメは最初パリパリ、じきスープに馴染んでシンナリ柔らか。塩梅良好。
ほか、ほうれん草にナルトが載ります。


鳥取の人気店に再訪しました。相変わらずの激混みぶり。
店先に少し並んで、券売機に並んで、その後もソファでしばしウェイティング。
麺類は前回訪問より全て100円アップになっていました。ま、今までが安すぎでしたかね。
フロアの客捌きはちょっと荒い感じですので、これは賛否が分かれるところかもしれません。

投稿(更新) | コメント (12) | このお店へのレビュー: 2件

「ホルモンらーめん¥680」@841ラーメンの写真スープは甘くて優しい味噌、鍋で野菜や挽肉を炒めてそこにスープを注ぎ込む技法ゆえに、ヤサイの旨みが溶け込んでいるものと思われます。その炒め野菜は玉ねぎ、キャベツ、モヤシ、ニンジンなど。シャキシャキの食感でスープとの相性は良好。
しかし甘いスープで…卓上の七味を振りかけても却って甘さが際立つ始末、これは完全に好みの問題です。

麺は中細の縮れ。やや汎用的な感じもしますがカンスイ臭はなく、ボソプリとした素朴な食感に、啜るとその縮れ具合ゆえ微妙な引っかかりを持ちつつ口内に運ばれます。具材の炒め野菜や白髪ネギ、メインのホルモンと一緒に食べるとなお良しですね。

ホルモンは豚の大腸、いわゆるシロ。130gとのことでかなりの食べ応えです。
プリプリと柔らかくて味噌スープに合わないはずはないのですが、特有の臭みが残っており、これがスープにもいくらか伝播。
まあモツですから多少のクセは許容範囲ではありますが。


国道9号線沿い、大山(だいせん)にあるコチラのお店。
店内は近所のお父さんお母さん息子娘孫などで賑わっており、地元の人気店であることがうかがえます。
ファイヤー全開で鍋を振るオヤジは一見無愛想ながらも客(自分も含む)との受け答えから実はイイ人そう、また玉ねぎ剥いたり麺上げをされる女性店員さんは娘さんでしょうか、こちらは明るくて完全にイイ人。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「なつ旨ラーメン¥580」@ラーメン幸雅の写真この日は鳥取の倉吉。倉敷じゃありません。
鳥取と言えば牛骨ラーメン。駅前には博多ラーメン系のお店があったようですが、牛骨じゃないせいか閉店しておりました。

駅徒歩7、8分。ゲオの横にへばりつくようなコチラの店舗、結構派手な外観で牛骨をアピールされております。店内は意外に広く、大衆的な雰囲気を醸し出していますね。
壮年大将&お母さんが切り盛りしてるのかな、などと勝手に思っていましたが、お揃いのTシャツを着た30代男女数名でのチェーン店ライクな運営。高校生っぽいバイトくんもいます。

メニューを拝見、一押しらしい標記は懐かしくてウマい、の意だそうで。
単品は580円、餃子&ライス(GN'R)のセット830円でお願いしました。

昼時で先客様多数、やはりなつ旨比率が高めのようです。
5分ほどでラーメンとGN'Rがまとめて提供されました。

なんか佐野ラーメンにルイージなビジュアルですね。
それだけでテンション上がったりします。

スープは牛脂多めでコッテリとしたコクに独特の旨みとかすかな甘み。カエシは白醤油とのこと。
しかしこれだけ旨みが強いなんて、まさにオーバー・ザ・ギュウ
ってか調味料の頑張りですね。極めて分かりやすいお味に仕上がっております。
重たいながらもグイグイとイケます。

麺は中太縮れ。
カンスイが香る、チュルプリとした素朴な食感に粉の風味。これは確かに懐かしくて、そしてウマい。
その太さゆえに食べ応え十分なところに加えて、量も多めなのが嬉しいです。体感で200gくらいでした。なかなか減らないw

具材はチャーシューとメンマ、ネギ、カマボコ。
チャーシューはやや塩気が強くてプリプリと弾力に富んだ食感。小ぶりですが美味。国産をアピールされており、どこかの銘柄豚でしょうか。
その他具材もイイ感じでした。

これで500円台って素晴らしいですね。近所にあれば通いたいお店です。

※餃子3個は出来合いのような薄皮タイプ、餡は粒子の細かい肉/ニンニク
 ライスは1合くらいでした。あと沢庵数切れ。

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「黒拉(しょうゆらーめん)¥650」@ラーメンオールスターズ 安長店の写真無事ゴルフ場までの道のりを確認して、あとは帰るだけ。昨年家族と砂丘のあとに行ったディスカウントスーパーに寄ってみます。今年は鳥取行かなかったので懐かしさがこみあげてきて泣きそう。
そして昨年は却下されたラーメン屋が近所にあったのを思い出しました。


コチラちょっと分かりづらいですが、全国のラーメン屋を数か月単位で入れ替えて営業される形態の「ラーメンオールスターズ 安長店」というハコに「千葉拉麺倶楽部 拉通(ra2)」が入っているようです。
確か去年も「千葉拉麺倶楽部 拉通(ra2)」だった気がしますので、人気なのかあるいは入れ替え制度辞めたのか、どっちかでしょうか。
いずれにせよかつては千葉県松戸市民だった私、郷土愛…はないんですけど、寄ってみました。


店内は入口付近に待ち客2組4名様。
入店しますとフロアのメガネお姉ちゃんより「スイマセン~30分くらいかかりますけど」
うへえ、もう14時過ぎなのに皆さんラーメン好きですね。
ルールが分からなかったので、食券を購入してから待つことに。
色々とありますが、またデフォにしました。

雑誌を読んで待っていると、10分ほどして先の待ち客様と一緒に案内されます。
カウンター席でしたが…なんとガラガラ。
しかもテーブルの皆様は配膳待ち。これは相当オペに難ありか、イヤな予感が…
先客様は慣れたもので、雑誌を複数冊抱えておられます。

後客様も皆様案内されることなく入口付近でウエイティング。
厨房は男性1名女性1名、あんまり活気がありません。「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」の声は先のメガネちゃんだけ。
特別熱心にオペレーションされている風でもなく、淡々とこなしている、そんな感じです。

つけ麺のオーダーが多いみたいで、先客様をすっ飛ばして自分の一杯が提供されました。
着後20分。
超黒い。

スープは熟成感のある濃厚な醤油に豚骨魚介の味わい。
動物感が強く多めのアブラが付与されてコッテリとした飲み口、やや甘みを感じるものの、家系ライクであり、また竹岡式のような印象も覚えます。タマネギでしょうか。
チャーシューを炭火で炙っていたため、その焦げ臭も伝播していました。

麺は中太のストレート。
適度にコシがあり、適度に硬めでしなやかな麺はスープとの相性良く、モチモチした食感。
関東な味わいです。

具材はチャーシュー、ほうれん草、タマネギ、山クラゲ、ナルト。
チャーシューは薄手のバラ巻き、前述通り炭火で炙って香ばしい感じ。
ほうれん草はグダグダ、タマネギはウマいです。
山クラゲは沢庵のようなボリボリ食感が良いアクセントでした。

私が食べ終えたころ、つけ麺を待っていた先客様はまだつけ麺を待っていました。
オペレーションに滅茶苦茶難ありでしたがなかなか後引くスープでしたので、次回は(あれば)塩か赤にトライしたいです。

関係無いですがつけ麺は大盛り無料、生卵も無料でズルイなと思いました。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件
78

「しょうゆ¥500」@鳥人の写真ヒマだったので、今度行く鳥取のゴルフ場に道と所用時間の確認に参りました
って大義名分があれば、クルマの高速代&ガソリン代を自己負担しなくても良いので…

道中、鳥取でほとんど唯一行ってみたかったコチラに立ち寄ることにします。
無料の鳥取道をスイスイ、鳥取南I.C.で下車。スマホナビがなければ絶対にたどり着けない住宅地にお店はございました。
店先と道路反対側にも駐車場多数ですがほぼ満杯。人気店ですね。


ガラガラガラとドアを開けて入店しますと…うわ〜人、人、人
10人くらいが中待ちされており、客席も当然満席。
果たして鳥取にこれだけの人がいたんだろうか、などと鳥取の方に失礼な感想を抱いてしまいました。
ごめんなさい。

左手に券売機がございますが、そこまで辿り着くにも一苦労。
お店自体は外観から想像するほど狭くなく広々、最近拡張されたのか右手半分は小ぎれいな造りですね。
天井から吊り下げられた液晶TVも2台稼働しております。

チャーシューメンにしようか思いましたが、ワンコインなデフォにしました。
今月嫁さんの誕生日でお金貯めないといけませんのでね。

オープンな厨房では男性2名作業、フロアでは人気店らしく女性陣が数名テキパキと作業されています。
壁には水着のポスターが数枚、サブカル系というかエッチな週刊誌も多く、店主殿の趣味でしょうか。

15分ほどして食券回収、カウンター席に案内されました。
厨房の見えない席だったのでそのまま雑誌など読んでいますと、さらに7、8分で提供されます。

決して小ぶりではない丼にスープがなみなみ、これはソソられるビジュアル。
しかしほうれん草に海苔って、関東の中華そばスタイルですな〜
と思ったら、海苔ではなく板ワカメでございました。コダワリ。

たっぷりのスープはそれでも関東式中華そばを彷彿とさせる組み立ての、豚鶏魚介ベースに醤油ダレ。
魚介はアゴ出汁だそうですがやや控えめ、鶏ガラと優しいカエシの主張に、さらにデフォで投入されている胡椒が前面に出てピリピリとした後味です。ちょっと胡椒を効かせすぎですが、それでも郷愁を覚える味わい。昔の中華そばは胡椒がデフォでした。
プカプカと浮かんだ刻みリンゴ、のように見える刻みタマネギをスープと一緒にレンゲで掬えば、胡椒のスパイシーさとは別の刺激が舌を突いて鼻腔を抜けます。

麺は中細ストレート、ゆらゆらとスープを泳いでいます。
自家製だそうで、ボソッとした素朴な食感に引っ張るとプツリとキレるコシのなさ。
それでもスルスル啜る喉越しは良好、風味もイイ感じです。
カンスイはほとんど感じません。

具材はチャーシュー、メンマ、ほうれん草、タマネギ、板ワカメ、ナルト。あと油かすみたいなのが数片プカプカ。
チャーシューはバラストレートが2.5枚くらい。しなやかな歯応えに風味も良く、超好みのタイプです。
メンマは塩漬けでしょうか、ヘンな甘さはなく適度な塩梅。ボリボリ食感も楽しい。
ほうれん草は特別美味しいわけではないですが、入っていることに意義を感じます。ノスタな気分。
タマネギは前述通り、板ワカメは独特で面白いですね〜

スープは飲むほどに胡椒の刺激が強くなって途中でやめました。
これでワンコインとは畏れ入ります。


遠出して美味しいものを食べるとアペタイザー代わりになってしまいますね、どうも。
ゴルフ場まで行ったあとにもう1軒寄るかどうか悩みつつ、店を後にしました。
その時点での中待ち客は20名以上…さすがです。

投稿(更新) | コメント (6) | このお店へのレビュー: 2件

「カレーラーメン¥500」@鳥取県立鳥取砂丘こどもの国 レストランの写真今回盆休みは帰省せず、家族が来ております。
鳥取砂丘に行ってみました。

デカい!
千葉御宿は月の砂漠の10億倍はあろうかという威容に圧倒されます。
長渕の「シェリー」歌いながら海岸線までのアップダウンを歩きますも、真っ昼間の灼熱地獄でした。

とりあえず子供らを駱駝に乗せて(2人乗りのところ3人目も一緒に乗せてくれました)写真撮り、こどもの国へと移動。
園内にある、レストランとは名ばかりの軽食/売店なコチラに参りました。

カレーはいのししとか色々と力を入れているようですが、ラーメンは2種のみ。これはいけませんね。
ちなみに13時過ぎでライスは売切れでした。
標記をお願いし会計後にプラ券を渡されてから5分ほど、「9番の方~」と呼ばれます。
娘の頼んだカレーうどんとビジュアルは全く同一、麺を引きずり出してどっちがどっちかを区別しました。

容器は発泡ですがこれは織り込み済み。結構多めにカレールーがかかっているので素スープが啜りにくく、おまけにレンゲも無いのですが、丼の縁からどうにか啜りますと鶏ガラ魚介の醤油味。
既視感のある汎用的なスープですが、化調もくどくなく、少し和を感じるあっさりとした印象です。
カレーは甘口。手作り感があり、動物系のコクに加えて、柔らかく煮込まれたジャガイモや玉ねぎと言った野菜も豊富でまろやかさに溢れています。おふくろの味です。

麺は黄色みがかった中細ストレート。
最初こそやや硬めでしたがじきに柔らかくなってしまい、ムニュムニュの食感でカレーとの相性は良好。

具はカレーとネギ。豚肉、じゃがいも、玉ねぎ、ニンジンも少々。
具はいずれも柔らかですが、噛まずに崩れるほどでは無く、適度なテクスチャーも有しておりました。

麺量は体感で120gくらいでしょうか、そこそこ入っておりました。
また来たいです。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件