なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

鉄骨スープ

男性 - 埼玉県

駄舌では有るが自分なりの拘りの一杯に、巡り会いたいと想い。日々徘徊してる者です。基本的に60点以下はあり得ません。所詮嗜好のレビューだと思ってるので。お店の関係者の名誉のためこのような点数になります(^。^)y-.。o○不味かった店はレビュー書きません!少なくともそれが、礼儀だと思ってますから(^_-)-☆http://blog.goo.ne.jp/mentenbou

平均点 82.722点
最終レビュー日 2019年5月11日
1,009 274 140 2,254
レビュー 店舗 スキ いいね

「五葉塩らーめん(並)790円」@らーめん五葉 上福岡西口駅前店の写真2019年3月29日訪問。
何度も伺ってはいますがお初のレビュー。
ちょっと前まで塩とんこつと謳っていたメニュー、五葉塩ラーメンを久しぶりに頂きました。
鶏と豚骨白湯に拘ったスープ、家系独特の麺と海苔&ほうれん草のトッピング。
今回は麺もスープも脂も普通でお願いしました。
美味しくいただけましたが、何と言っても麺の長さが短すぎ(笑)
外国の方には良いのかもしれませんが・・・。
どうも御馳走さまでした!!
また来ますね(^_-)-☆

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「白ラーメン葱850円」@麺屋 MANIの写真2019年3月4日(月曜日)18時37分訪問。先客さん後客さん共に無。
店主さん一人営業に成ってからは初めて、スタッフさんの情報も頂きました。
さて博多豚骨に葱をトッピングした白ラーメンネギ850円、豚骨の甘いスープに辛味を若干加えた提供麺。
歯応えの有るしゃきしゃき葱と細切り木耳、厚めの柔らかい叉焼共々美味しい物です。
最近は煮干を頂く機会が増えてますがガッツリ豚骨ラーメン、人気店でしっかり修業をした店主さん流石の仕事。
どうもご馳走様でした!!
また来ますね(^_-)-☆

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「とんこつ味噌」@IPPUDOラーメンエクスプレス 越谷レイクタウン店の写真良くも悪くもフードコートなEXPRESSな麺
豚骨&味噌は冬に美味しく頂きました。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「辛味豚骨+味玉・辛味増し900円」@麺家 ぶっきら坊の写真前日に兄弟子の何時ものお店に伺ったので、此方も来なくてはいけませんね~!(^^)!
2016年2月3日(水曜日)18時03分の訪問仕事帰りの訪問です、先客さん無、後客さん1名の麺バー構成でした
訳有ってこの日は提供はしてませんでしたが、店舗外観にも店内にもふじみ黒漬け復活の告知POP有りましたね~次回戴きましょう
さて、定番のカウンター席に座り先ずは夜限定ですが、昼間も用意で来てる時は提供可能な焼餃子を注文
セルフの冷たいお水で我慢の車訪問・・残念(笑)
で、そうこうするうちに餡に背脂を加えて甘味を醸し出してる焼餃子5個300円が目の前に
今日も綺麗に羽根が附いてます
それを方張りながらのメインの麺の注文は辛味豚骨を辛味増しで味玉トッピングでお願いしました
美濃焼の一品物の綺麗な丼の提供
半切の味玉は別途加金のトッピングですが、甘い豚骨スープを前面に出した其の盛り付けは厚切の叉焼とメンマ、笹切りの深谷葱
そして揚げ玉が少々浮いてます
一味はほんのお飾り程度なので、来れその物で辛味を増してる訳では有りませんが
激辛好きの御仁にはデフォでは物足りない物が有るので、気軽に店主さんに辛味増し100円を注文する事をお薦めしますが
より辛くも出来るのでその旨、応える阿部店主さんです( ..)φメモメモ
そしてこの手の濃厚なスープには、少しばかり厚切にした豚バラの叉焼が良く合います
程良くスープを持ち上げる麺も何時もの旨さで
完飲したい処では有りますが我慢×2
そして、左記の訳有ってのふじみ黒漬け為るメニュー本日、日本TV系で放映される「ぶらり途中下車の旅」で取り上げられます
以前も提供してましたが、今回からは其のレシピを受け継いで、阿部店主さんのオリジナル熟成のふじみ黒漬けを使った物です
麹の癖と香りが若干マイルドに成って、前回よりも食べやすい物に仕上がってました(その後の訪問で実食済み)!(^^)!
因みに本日放送の旅人はアリとキリギリスの石井ちゃんでした(^。^)y-.。o○
どうも御馳走様でした
また来ますね(^_-)-☆

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 29件

「辛味豚骨+味玉 800円」@麺家 ぶっきら坊の写真相次ぐ路線変更の麺家ぶっきら坊さん訪問そぼ降る雨の中今宵は会社帰りの為呑めません
店主さんのFBで新メニューの提供がこの日から有ったので早速の訪問は2015年11月9日の月曜日18時08分の入店でした
先客さんが居なかったので、定番の席に鎮座、直ぐ様何時もの様に羽根つき焼き餃子とその新メニューの注文
辛味と豚骨の甘味を併せ持ったスープとの事期待しちゃいます
少しの間何時もの様にふち子遊び(#^.^#)
同僚がゲットしてくれた渋い座るゴルゴ2体・・モンスターペアレントの大阪のおばちゃんシリーズ(笑)
そうこうするうちに先ずは豚骨の甘味と辛味の絶妙なスープの表題の麺の登場
綺麗なネオ中華を彷彿とさせる丼は筆者の物ですが、見事に一体化してますね~
何時ものトッピング材のほかに和風の要素の在るあげたま・・天かすが乗ってます、新河岸のつけ麺蜩さんの様な風情です(笑)
本体そのものはリーズナブルな設定の700円での提供、味玉をトッピング、しかも半切にしていただきました
叉焼はグループに共通のとろ~り蕩ける様なバラ叉焼、このメニューには似つかわしくは有りませんが、流行りの低温調理の
叉焼の提供も面白いとは思うのですが・・・。
そして何時見ても見事の一言の深谷葱の和らぎの笹切り葱のトッピング、これは旨いし見た目も秀逸
麺は狭山・大進の中細麺、食感はもちもち感を残しつつも一気に啜り込む事も出来るコシを併せ持っている逸品の麺
セオリー通りの麺リフトが出来ますね、透き通る様な風情を醸し出してる処も至極の麺と言わざるを得ませんね
火曜日の昼限定に成ってしまったオムライスですが、夜にも頂きたいな・・そんな想いを馳せつつ完食です
うも御馳走様でした
また来ますね(^_-)-☆

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 29件

「ふじみ黒漬けレディースバージョン700円」@麺家 ぶっきら坊の写真久し振りにぶっきら坊さんのオムそばを。
しこたま呑んだので、この日はレディースバージョンを頂きました。
fujimist.infoさんの濃厚な米糀と獅子唐&甘長獅子唐を使った調味料は癖も若干有る物の美味しいオムそばに仕上がっています。
勿論、ホテル等で修業をされた阿部店主さんの力量も中々の物ですね。
どうもご馳走様でした!!また来ますね(^_-)-☆

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 29件

「國ラーメン+50円で激辛」@麺屋 國の写真2015年1月14日(水曜日)18時21分~19時02分訪問。先客さん無、後客さん2名。
大凡半年振りの訪問か?以前パドで辛國ラーメンの事が載っていたの気にはなっていました。
店舗入り口に50円で全てのメニューを激辛に!
・・と有ったので、デフォのスープに辛味ソースを投入するのかと踏んではいましたが。
店主さんに聞けば豆板醤とラー油を入れての提供らしい。
今まで食べた印象で豚骨と野菜をじっくり煮て、創る甘めのスープにはラー油や大蒜が合うのは既に実証済みの筆者。
豆板醤の量を間違わなければバランスは良かろうとは思ってました。
何時もの細麺が筆者的にはどうかと?思うけど、全体的には美味しい物に成っていましたね。
煮干しそばは合わないとは思うけど、中華そばでも結構いけるかも。
激辛が味わえるのは、冬限定と言う事らしく、2月か3月には豚骨と煮干しのWスープも提供するとか。
平日の昼間は営業しなくなって、夜のお客さん狙いに成ったけど、頑張って欲しいですね。

どうも御馳走様でした!!また来ますね(^_-)-☆

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 11件

「岩のりと玉ネギのあっさり豚骨酢辣麺 830円(限定)」@麺処福吉ATSUSHIの写真2014年12月20日(土曜日)14時06分~15時20分訪問。先客さん無、後客さん2名。
半年振りのアツシさん。前回よりも1杯多く戴きました、先ずは1月12日までの限定麺のこちら。
限定麺の中では一番人気だと言うだけあって、美味しく頂くことが出来ましした。
どうも御馳走様でした!!また来ますね(^_-)-☆

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 23件

「にんにくと溜まり醤油の濃厚豚骨らーめん 850円(限定)」@麺処福吉ATSUSHIの写真2014年12月20日(土曜日)14時06分~15時20分訪問。先客さん無、後客さん2名。
半年振りのアツシさん。前回よりも1杯多く戴きました、先ずは1月12日までの限定麺のこちら。
にんにくの香りの豚骨、一杯目よりも尚濃厚なスープ故、完飲はしませんでしたが、店主さんの溜まり醤油使いは「あぶらや」さんを彷彿とさせる物でした。
どうも御馳走様でした!!また来ますね(^_-)-☆

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 23件

「豚骨塩ラーメン+味玉」@横浜家系ラーメン 松田家の写真2014年5月27日(火曜日)18時49分~19時06分訪問。先客さん1名、後客さん1名。

此方の店舗数ヶ月前に3店舗目をオープン最初の此方の店舗が本店となる位置づけですが・・・。筆者にとっては何時ものカウンター席が
空いてるのは有り難い事此の上無いのですが、オープン当初の勢いが無くなったと思うのは筆者だけか 特別家系ファンと言う訳でもありませんが
もっとも此の解り難い券売機に向かう時は混雑しない時間帯を選んでる事も有るのですが
・・・で、今日の注文は先日、味噌と醤油を戴いたので今日はシンプルに豚骨塩ラーメンのボタンと、半炒飯のボタンを
座ってから口頭で檸檬サワーを追加して、券売機に再度向かいます
最初に来たのはナルトが上にちょこんと乗ってる半炒飯・・・蓮華は何時ものようにステンレス製(^。^)y-.。o○ これは普通の蓮華よりも
最後の方に成った時は炒飯を掬いやすいので重宝します
そして直ぐに家系のデフォそのままの豚骨塩ラーメンが目の前に提供されます・・・此方の厨房はカウンター席よりも一段高くなっており、高台には
丼等が積まれてるので、厨房からそっと差し出すスタイルでは無いので、フォールの掛りか、あるいは自分でカウンター及びテーブル席まで運ぶ事に成ります
乳白色の豚骨スープに塩ダレ。そしてサービス券でゲットした味玉も綺麗に半切にされてトッピングされています(*^_^*)
一枚では有りますが結構な大きさのバラのロール叉焼。
左記のサービス券・・・これは期限が切れていても新しい物を貰えてその場でも直ぐに使えるので
中々の心意気を感じる物です(^。^)y-.。o○
そして家系の青菜と言ったらほうれん草、街の中華屋さんでも昨今は此のほうれん草を提供する処もめっきり減りましたが、家のシンボルでしょう
そして此の青菜の、ほうれん草と同じで拘っているのは大判の海苔の存在。大きめの物が3枚ほど丼の淵に立て掛けられています
筆者流で其の海苔で麺を包みながら戴くのが良いですね~!(^^)!
麺は特注麺の太麺、平打ち系のエッジがしっかりと確認できるこれまた拘りの麺です。オープン当初は家系図と共に製麺の蘊蓄も載った物がカウンター席にも
有ったのですが、今は有りませんね。
太麺では有りますがもちもちの麺と言う訳でもなく、アルデンテの茹で加減共々今流行りのプッツン系な処も有る麺で。
筆者の嗜好のど真中と言うのでは有りませんが、これはこれで結構嵌る物です
そしてこの日も半分ほど戴いた後に味変の為、カウンター上に用意されてるおろし大蒜と豆板醤を投入
以前が俺のなんとか?唐辛子とか胡椒とか数本置いて有りましたが、今は空の唐辛子(ドライタイプの大きめの物)の容器が有るだけ( ^^) _旦~~
〆に檸檬サワーを戴いてどうも御馳走様でした!!また来ますね(^_-)-☆

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 17件