なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

鉄骨スープ

男性 - 埼玉県

駄舌では有るが自分なりの拘りの一杯に、巡り会いたいと想い。日々徘徊してる者です。基本的に60点以下はあり得ません。所詮嗜好のレビューだと思ってるので。お店の関係者の名誉のためこのような点数になります(^。^)y-.。o○不味かった店はレビュー書きません!少なくともそれが、礼儀だと思ってますから(^_-)-☆http://blog.goo.ne.jp/mentenbou

平均点 82.722点
最終レビュー日 2019年5月11日
1,009 274 140 2,254
レビュー 店舗 スキ いいね

「鶏白湯Soba950円」@銀座 篝 Echika池袋店の写真場所柄其の値段は仕方の無い処か?内税方式なら尚満足
濃厚鶏白湯を欲したらまた伺います(^_-)-☆

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉らぁめん850円」@新潟長岡らぁめん 安ざわ食堂の写真2019年2月24日(日曜日)11時38分訪問。先客さん8名
久し振りの都内での麺活、この地域人気店目白押しも気になるお店で生姜醤油らあめん。
今回は味玉トッピングの味玉らぁめん850円をぽちっと!
熱々の丼、熱々のスープ醤油の返しもきりっと強め、生姜に併せるのには此のくらいで丁度いい。
麺は街中華の麺の風情ですが、拘りの特注麺の様な食感、茹で加減も硬めでベスト。
併せる叉焼も脂身の旨さで柔らかくも咬み応えも残す物。
再訪はやっぱりビールを頂いてからにしたいものです。
どうもご馳走様でした!!
また来ますね(^_-)-☆

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件

「タンメン 600円」@丸鶴の写真ひょんな事から、此方が懇意にさせて貰っている川越市 中華料理 丸鶴さんのおじちゃんの修業先とは・・・。
おじちゃんの事言えば解ると私。解るけどあんまり良い事言わねえよとおじちゃん理解しましたよその言葉で
200円とは行きませんが、ラーメン500円での提供は土地柄を考えると意外にリーズナブル
2015年10月31日(土曜日)13時を1分程過ぎた時間、先客さん2名、後客さん15名と、ちょっと遅めのランチを取るお客さんが多いです
近くの自動車のディーラーや日大病院の医者の玉子達、はたまた近所の家族連れと様々ですが、中々の賑わいですね(#^.^#)
取り敢えずカウンター席に座り何時もの様に、烏龍杯を餃子と一緒に頼みます
カウンター席の右端にはセルフで入れるアイスコーヒーが用意されてます、先客さん後客さん勝手知ったる何とやらで
各々それを持って自分の席で、お話しでもしようと思ってたところに左記の様に次から次の後客さん
厨房の店主さんも、フロア係の奥様も忙しそうに動きます
餃子が焼けるまで、これでもつまんで下さいと店主さん、沁み豆腐のおつまみをそっと出してくれます、日替わりの定食が人気で
中華物の注文よりも断然、日替わり定食・・この日は海老フライを中心のフライ定食だったかな
二杯目の烏龍杯を中々空けないのを観た、奥さんが「ちょっと濃過ぎましたか」と心配顔も(笑)元より濃~のを望む筆者
全然大丈夫ですよ・・と。
正直ほんの少し前に、やよい軒でガッツリと頂いた朝食の影響で、お腹・・余り好いて無いんですよね~って。
タンメン頼んでます筆者が好きな野菜白湯のラードが効いた、大蒜の入った熱々のスープ
これは嗜好のど真ん中のタンメン、昔はこの手のタンメンを出すお店が多かったけど、今はちょっと脂ぎった熱々の物を出すお店減りました
川越丸鶴さんの麺よりも、若干細い物のその縮れ具合は良いですね
麺も此の熱々のスープと野菜の甘味の出てるスープを程良く絡ませてくれますね、旨いですね
若干残してしまいましたが、リベンジしてまた同じ物を頂きたいですね
マツコの知らない世界・・11月17日(火曜日)此方も出るそうですが、炒飯もそそりますが・・・。
何れゆっくりお話も伺わなければ・・・そんな想いを馳せつつ、御馳走様でした
また伺いますね(^_-)-☆
と言う事で再訪を・・。
で、此方の店主さん幅広く色々なお店を遣っていて、大山ハッピーロードのサンドウィッチのお店Kズキッチンさんも
同じハッピーロードに在る、ソフトクリームが人気のクレープ屋さん「ピエロ」さんも
そしてハッピーロードから一本脇道に入った所に在る焼き鶏屋さん「鏑屋」さんも
中々バイタリティーのある店主さんですね、因みにこの「鏑屋」さん吉田類も来ていました(#^.^#)
日曜日定休が恨めしい処では有りますが。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「坦々麺と半炒飯 750円」@中華厨房 龍の写真2015年10月24日(土曜日)11時32分訪問
先客さん無、後客さん1名。
懇意にさせて貰っているカフェの女性店主さんに教わったお店。
ランチのセットメニューは沢山あり、値段もとてもリーズナブル。
餃子が100円と太っ腹、ゆっくり呑んで〆の麺が最高でした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「ネギ塩らーめん 750円」@麺処福吉ATSUSHIの写真2015年10月4日(日曜日)13時42分~15時半位までまったりしました。
先客さん2名、後客さん1名。
うっかり忘れてました6食目のネギ塩らーめん
これは2食目のネギ塩納豆らーめんの葱無バージョン。
刻み玉葱が美味しい濃厚スープを円やかにしてくれます。
そのたっぷりの玉葱・笹切り葱・味玉・メンマ・叉焼加えてマー油も。

濃厚な塩スープでは有りますが、意外にさっぱり戴けるのは玉葱の御蔭か?
どうもご馳走様でした!!また来ますね(^_-)-☆

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 23件

「塩つけ麺 830円」@麺処福吉ATSUSHIの写真2015年10月4日(日曜日)13時42分~15時半過ぎ迄訪問。
先客さん2名、後客さん1名。
最後8杯目のラーメンはつけ麺。
ボリューミーです(笑)
つけ麺にしては少ない麺量では有りますが、味玉・磯岩のり・メンマ・笹切り葱・叉焼。
どれも美味しい物でした
エメラルドグリーンのつけ汁。
シャバってはいますが良い脂の味で一気に食べさせてくれます(笑)

どうもご馳走様でした!!また半年後に来ますよ~。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 23件

「冷し塩らーめん(裏メニュー)780円 トッピング別皿提供」@麺処福吉ATSUSHIの写真2015年10月4日(日曜日)13時42分~15時半過ぎまで呑んでました。
先客さん2名と後客さん1名さん。
時間が時間だけに自然な流れでしょうか、前回は14時過ぎまで駐車場が空かなかった事を考えれば・・。
さて、半年に一度位しか来られないアツシさん、あぶらや時代ならばほろ酔い加減でも伺えましたが、一時間半の道のり、そんなに遠い訳でも有りませんが足繫く通う他の常連さんには頭が下がる思いです。
まあ、偶に来るので色々な麺を欲張って戴きます
残すはこれともう一杯。
圧倒的に私の心を掴んだのはこの一杯
シンプル且つこの日の気温を考えると正に打って付けの麺でした。
澄んだ塩スープを邪魔しないようにと、以前提供した時にお客さんにアドバイスされたと言う
このトッピング材の別皿提供
美味しい塩スープを心おきなく堪能出来ました。
どうもご馳走様でした!!また来ますね(^_-)-☆

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 23件

「塩らーめん昆布ダシ 680円」@麺処福吉ATSUSHIの写真2015年10月4日(日曜日)13時42分~15時半過ぎまで訪問しちゃいました
先客さん2名、後客さん1名。
一番最初に食べたゆず塩らーめんの柚子抜き。
何はともあれさっぱりと戴けるこのメニューの特筆すべきところはそのコストパフォーマンス。
和風昆布だしの塩スープは飽きることなく毎日でも戴ける物。
しかもこのトッピング、味玉・とろ~り蕩ける自慢の叉焼・メンマ・深谷葱の柔らかい処ばかりを使う笹切り葱・・これで680円ならば言う事は無。
旨い逸品の一品でした。

どうもご馳走様でした!!また来ますね(^_-)-☆

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 23件

「黒味噌鬼辛らーめん(裏メニュー)800円」@麺処福吉ATSUSHIの写真2015年10月4日(日曜日913時42分~15時半過ぎ迄訪問。
先客さん2名、後客さん1名。
店舗前に有る狭いながらも専用の駐車場、2台中1台は自転車が・・・。(笑)
運よくお隣の駐車場に車を滑り込ませ、予め伺う事は店主さんに連絡済み、奥の小上がりに鎮座して
先ずは烏龍ハイ・緑茶ハイ・檸檬ハイ・オレンジハイと4杯をつまみは枝豆のハーフ。
メインの4杯目の麺は三杯目の赤味噌鬼殻を黒くしたもの。
ハバネロの辛さは封印して、黒味噌を演出するのは焦がし葱と焦がし大蒜。
激辛一歩手前のほろ苦い辛さ。
トッピングはたっぷりの笹切り葱・トロ叉焼・これまたたっぷりの高級磯岩海苔。
それを左記の焦がしニ種で黒演出、最後にスープに浮かぶのはマー油。
これがそこはかとない大人の苦味を醸し出してます。
麺は左記の三種と同じ麺。
スープの粘度は白湯の濃厚葱塩と同じ位の濃厚な物が有りました。
これも逸品、店主さんが好評につき引き続き提供したい・・と言うのも良く解りました。
もっとも、このメニューは飽くまでも裏メニュー故、店主さんに頼む事が必要かと!!

どうもご馳走様でした!!また来ますね(^_-)-☆

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 23件

「赤味噌鬼辛らーめん 800円」@麺処福吉ATSUSHIの写真2015年10月4日(日曜日)13時42分~15時半過ぎ迄訪問。
先客さん2名、後客さん1名。
さて三杯目は前回の限定麺の続編らし位置付けの味噌らーめん。
鬼辛と言う名前の付いた麺は、以前訪問した時にも頂いた物ですが、平林店主さんに聞けば
今回はハバネロを使い鬼辛度をバージョンアップしたそうな。
私的は程々の辛さであったが、ココイチのカレーを7位しか食べられない店主さんの舌で確認するのはこれが限界だとも。
トッピングは今までで一番シンプル。
笹切り葱・味玉・トロ叉焼&メンマと言った処。
塩シリーズで飽きた時は最高。
どうもご馳走様でした!!また来ますね(^_-)-☆

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 23件