なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

saima

男性 - 神奈川県

祝・令和元年!身体を労わり、健康的な麺活に努めます(^^)d             今月は新規店舗と豚星の我流台湾混蕎麦を中心に攻める予定。            …冷やしの本番は来月からw

平均点 88.632点
最終レビュー日 2019年6月18日
1,836 674 35 4,312
レビュー 店舗 スキ いいね

「煮番搾り(中・冷やもり)」@つけめん 三三㐂の写真【訪問日:6月14日】

冷やし映えする暑さながら、気分はコッテリな一杯を求めた為
本日は、此方の煮番絞り目当てに川崎で途中下車。
開店直前の到着が功を奏して、定刻と共に危なげなく席を確保し
中盛&冷やもりの旨を伝え、出来上がりを待ちます。

そして着丼後。
盛り方が綺麗になった麺に感心しつつ、早速一口啜ると
配分が素晴らしい!と言う他無いくらい、鶏・魚介の旨味が前面に効いた味わいd(>_< )
似た構成で売出す店も増えてきましたが、未だ此処を凌ぐところは無く
個人的ナンバーワンは揺るぎませんね~(笑)
多少伴う甘味をアクセントとして、その後も卓上アイテムの出番は来ず
スープ皿のチャーシュー・メンマ・ネギ・海苔を合間に挟んで、中盛のボリュームを堪能。
最後はスープがほぼほぼ枯れた状態につき、割は頼まずそのまま飲み干して完食としました。
どうもご馳走様です!!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 13件

「【期間限定】白醤油の生のりの和えつけ麺」@麺処 びぎ屋の写真【訪問日:5月19日】

海苔好きをくすぐる、公式ツイートにあてられ
本日は、表題メニュー目当てに此方を訪問。
週末とあって、開店前の列もそこそこ長く
入店後、2ロット目にて出来上がりを待ちます。

そして、2年ぶりのご対麺w
先ずは海苔が絡まった麺単体で頂くと、自分好みな磯の風味が香るもので
名前に違わず、和えの状態でも断然イケますね~d(>_< )
数口啜ってからはスープに潜らせ、醤油と合わさった味わいを堪能。
連食でなければ大盛必須だったな…と、内心思いつつ
海苔が程良く馴染んだスープを飲み干し、完食としました。
どうもご馳走様です!!

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 3件

「つけチャーシュー」@くり山の写真【訪問日:5月15日】

明日の早出を前に、都内回り気分になれず
本日は、帰り道の此方を今年初訪問。
開店前を狙った事もあり、定刻と共に入店し
表題メニューを頼みます。

席についてからは然程待たずに着丼。
粘度こそ控えめなスープですが、豚魚の旨味は確り表れており
コシが強めな太麺の受け皿にピッタリ(^_^)v
チャーシューのホロホロ食感も寄り添い、箸が止まりませんね~。
半分程頂いてからは、卓上の魚粉を振りかけ濃度を調整し
更に、円やかさな味わいから刺激を求めて黒七味を投下。
舌にピリッとくる細やかな辛味と濃厚さを増したスープに満足しつつ
割を挟まず、完食としました。
どうもご馳走様です!!

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 14件

「濃厚つけめん+海苔(クーポン)」@葉月直系 きりきり舞の写真【訪問日:5月10日】

会議明けが遅れ、ランチ帯真っ只中にて麺活…。
本日は、らぁめん 葉月の在りし日の味わいを求め
不動前の此方へやって来ましたw
暖簾分けから独立を経て、すっかり地域に根付いている様で
到着時は店内待ち多数。
ワンオペともあって、そこそこ待った後に出来上がりを迎えます。

前述店で頂いたのは、厳密には濃厚じゃない方でしたが
絵面を比べると髣髴とさせるものがあり、スープの美味さにしても同様。
修行元と異なるアプローチとある様に、麺の食感は若干異なる印象ですね…。
ただ、麺・スープのバランスに見れば破綻した感は無く
脇を支えるトッピング含めた全体レベルでは、如才無く纏まった一杯に違いありませんでした。
どうもご馳走様です!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「濃厚豚骨つけ麺(中盛)+肉増し半分」@無鉄砲 つけ麺 無極の写真【訪問日:4月28日】

トラブルから、半日程の残業を経て漸く自由の身に…(ノД`)

這う這うの体ながら、本日は予め決めていた

平成最後の『仕事明けの一杯』『豚骨』をお題に、此方を訪問。

連食予定も無かったので、オーダーは思い切って肉増し半分も付けて臨みます。

日替わりの魚粉はあるものの、元のストロングな豚骨一本な作りの前に必要無く

基本は、極太麺・つけ汁だけで成り立つ作り。

人心地ついてからは、大蒜醤油・紅生姜のアイテムが活きた事もあり

濃いもの好きを唸らせる、非常に満足度の高い一杯でした。

どうもご馳走様です!!

投稿 | コメント (6) | このお店へのレビュー: 6件

「辛い濃厚つけ麺・2辛(激辛)+海苔」@NIBOSHI TSUKEMEN 凪 新宿ゴールデン街店新館の写真【訪問日:4月15日】

本日は、平成最後の『朝ラー』『新規訪問』『旨辛』『煮干(濃厚)』等

幾つかのテーマに沿った此方を訪問。

系列の五反田店で辛さには慣れているつもりだったので

当初は辛さ3を伝えたところ、店員さんの忠告にビビり一段階ダウン(笑)

一杯勝負につき、麺は無料サービスの大盛を頼みます。

新規立上げに熟れているだけあり、混乱無く着丼。

大判の海苔が霞む位、中央に盛られた一味に気圧されますが

いざ啜ってみると、想像していた以上に辛くて吃驚( д) ゚ ゚

嘗て頂いたラーメン凪 炎のつけめん 西新宿店を凌ぐ勢いで、先ず浮かんだのは忠告をくれた店員さんへの感謝ですねw

ともあれ、ベースとなっているスープと一味に隠れた魚粉により

辛さが全面的に支配する作りでは無く、煮干風味も負けじと主張。

今回か辛さ1くらいで臨むなら、新たな変化形として頷ける一杯でした。

どうもご馳走様です!

投稿(更新) | コメント (4) | このお店へのレビュー: 1件
100

「つけめん(大)」@中華蕎麦うゑずの写真【訪問日:4月8日】

毎年春恒例の遠征初日。

甲州街道をスムーズに流し、そこそこの時間帯に甲府盆地入り。

昼のピーク過ぎを見込み、平成最後の豚魚(つけ麺)をお題に

此方へやって来ました。

ただ、人気店ぶりを侮っていたのか、歩道側まで列が伸びており

結局、着丼まで一時間コース(^_^;)

がっつく様に一口目を啜ると、見た目を裏切らない超濃厚な味わいで

お預けの長さも止む無しと、納得せざるを得ませんね~w

対して、麺もコシの強さ・小麦の香りで存在感を示し

スープと確り張り合ってます。

合間に挟む各トッピングに関しても、濃厚仕様に凭れてくる中盤をネギ・柚子がフォロー。

主張の強い麺・スープに相乗効果を齎す意味合いでは、二種のチャーシューが光り

何度となく言いましたが、作りに隙が全くありません(笑)

今回は麺を堪能すべく見送りましたが、総合的に楽しむなら特製版も外せないと思いつつ

明日のオーダーをイメージしながら完食としました。

どうもご馳走様です!!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 21件

「得勢つけめん(大)」@自家製中華そば 勢得の写真【訪問日:4月7日】

本日は、平成最後の海老をお題に行先を検討。

脳内にて、つけ麺 五ノ神製作所と激しくデッドヒートを繰り広げた末

此方に軍配が上がり、職場から用賀へ進路を取りますw

オーダーは、この暑さからつけ麺を選択。

明日の遠征準備に向けて時間が無い分、連食に代わり麺大盛で臨みます。

店主さんのキレの良い動きにより、座ってからは然程待たずに着丼。

海老の風味が突出して効いた美味さは健在で、濃いめ仕様でありながら

胃に凭れにくい点に見ても、お疲れの身に有り難い限り(^_^)v

お陰でスープを良く吸い付ける太麺もスルスル進み

大盛らしからぬピッチで完食と相成りました。

どうもご馳走様です!!

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 16件

「海老トマトつけ麺(麺少なめ)+チーズ」@つけ麺 五ノ神製作所の写真【訪問日:2月27日】

東新宿を後に、次は京王線に乗り込み…
…という予定でしたが、疲労感から断念。
大行列で無ければと覗いた此方が、短めの待機人数だった為
此処を二杯目に決めました。

ソースの後でしたが、更に酸味を欲して
オーダーは、海老トマトを麺少なめでお出迎え。
デフォの海老がかなりのコッテリ仕様につき、今回はトマトの酸味がそれを程良く抑え
インターバル短めに臨んだ胃袋にも、スルリと入って行きますね~。
初めての麺少なめで後悔が残るかも…と、思うところもありましたが
チャーシュー・メンマ・チーズ・バジルソースと、合間を繋ぐ要素の多さもあって
食べ終わってみれば、充分満足のいく内容でした(^_^)v
どうもご馳走様です!!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 8件

「濃厚真鯛つけ麺」@真鯛らーめん 麺魚の写真【訪問日:2月3日】

明日の研修の為、今晩は錦糸町に前泊。
数年ぶりに降り立った機会を無駄にはすまいと
予めリサーチをかけていた此方で、夕食の一杯を頂いて来ました。
平時は大体混み合っているらしいものの
この日は谷間の時間帯だったせいか、楽々と入店し着席。
濃いもの好きの性分に従い、今回は表題メニューで臨みます。

厨房の体制が厚かった事もあり、然程待たずに着丼。
小高く盛られたスライスチャーシューを横目に、早速一口啜ると
予想以上に濃厚な味わいで、表題に偽り無し(^_^)v
真鯛の素材感がここまでくっきり表れるものとは思わず、唯々無心で箸が進みますw
また、濃厚故に、喧嘩するのでは?と心配だったチャーシューも合間に挟む一品として如才なく
小松菜・ネギ・柚子共々、良い仕事に徹してましたね~。
全粒粉入り中太麺への吸い付きが良い分、最後はスープがほぼ尽きた状態で完食。
滅多に来られない立地が惜しいですが、これは是非ともラーメンも頂きたいので
機会を設け、また来たいと思います。
どうもご馳走様でした!!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件