なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

ramenkowai

男性 - 神奈川県

東京・神奈川・愛知・大阪・京都のお店に行く事が多い(多かった)ので、その辺りのお店を記録がてらカキコミさせて頂いています。RDBは新規OPENのお店や未訪のお店を伺う際に便利なので重宝させてもらっていますが、自分の採点に関してはあくまで自分の好みが優先されてしまっているので採点はあくまで参考にしてもらえたらと思います。※ただ、90点以上のお店は人にも薦めています。

平均点 72.297点
最終レビュー日 2010年2月27日
333 301 0 39
レビュー 店舗 スキ いいね

「チャーシューメン(980円)+替え玉(カタメ・100円)」@鶏の骨の写真成田に無鉄砲・豚の骨と関西にある超濃厚豚骨のインスパイア系の
お店があるとの事で、用事の帰りにお邪魔してみました。
18時10分頃到着すると先に数名。その後からは続々と並び出し
開店時には10数人になっていました。

無鉄砲や豚の骨に比べると上品そうな佇まいですが
一見してわかるドロッとした濃厚スープ。
それに豚骨ラーメンと同様な細麺(ちょっと太い?)とが強く絡まって
旨みがかなり前面から来ます。でも、クセもなく塩っけもちょうどいい感じ。
少し卓上のタレを加えたらさらに自分好みの味になりました。

ビックリして箸が止まってしまったくらい美味しい。
濃厚な鶏白湯というより、鶏の旨みを凝縮したって感じ。
具材はきくらげ、ネギ、海苔とシンプルですが
鶏の胸肉と鶏チャーシューがまた絶品。
鶏皮が軽く炙ってあるのでしょうか、、、パリっとした食感がまた美味しい。

普段豚骨を食べに行っても替え玉はほとんどしない
(たま~~に一蘭でするくらい)のですが、思わず替え玉して
タレをまた少し加え、卓上の辛江戸菜を二つまみ投入して
味を変えてみましたが、辛みが加わるとより濃厚な鶏の旨みが
強調されて、大変満足度の高いラーメン。
ほとんどのお客さんが替え玉してるのも納得できました。

しかし、豚の骨や無鉄砲のようなお店は天下一品のインスパイアなのかな?
京都に住んでいた頃、職場の上司が天一は屋台時代
もっとドロドロやったとおっしゃっていたので・・・・・。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「大黒麺(200g)」@大黒屋本舗 千葉中央店の写真見た目は純粋に二郎インスパイアという感じですが
食べてみると非常にライトな二郎系というよりはライトな家系?
という印象。

最初の一口目は大井町の蕾に似たような豚骨醤油かと思いましたが
スープの底に背脂が結構溜まっており、天地返しをしてから食べると
確かに二郎の味わいです。でも、味は非常にライト。
結構純粋な二郎系だと期待していくとキツいやもしれませんが
単純にオリジナルとして食べるとアリですね。

名古屋の『ら・けいこ』とはまたその点が違いますが・・・・。
(正月帰省の折に営業していたら行きますけどどうなったのやら期待)

野菜は非常にシャキシャキしておりモヤシが多めですが
麺と野菜の合わせもブタもいい感じ。
また、卓上に漬けニンニクが置いてあり自分でニンニクを調節できるのは
非常にいいですね。微調整をしながら食べられるので。

純粋二郎系のようなジャンクさはないけれど、綺麗にまとめて美味しくしていると
いうお店はあまり見かけないのではないでしょうか?

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「油そば(醤油味・カラメ・ニンニク・ねぎ増し)750円」@ちばからの写真片道2時間かかるのにまた行っちゃいましたw
車でないと来れないようなトコにも関わらず並んでますね。

つけ麺とどっちにするか毎度悩みますがまた油そばを。

醤油ダレがほんのり甘く、二郎インスパイア系でありながら
上品な感じも受けますが、刻みブタと麺とのコンビはまさに絶品です。
また、ブタの肉そのものの柔らかさと脂身とのバランスは
一番好きなスモジの炙りブタとベクトルは異なりますが
それにも負けないくらい好みです。
まあでも、タレだけちょっと舐めてみるとやはり化調の主張も
ピリッと舌に残るあたりはさすがの凶悪さwww
まろやかに食べたい方は追加で温玉(50円)を増して
グシャグシャにして食べるといいかもしれませんね。

※デフォルトで温玉は一つつきます(別皿で出てきます)。

最初はそのまま食べる→温玉を潰して絡めて食べる
→卓上のブラックペッパーを大量投入して食べる

こんな感じで味を変えていき食べ進めていきましたが
いずれも美味しい。やっぱ大盛りにすべきだったかな・・・・・。
ここのお店も関内や一之江の二郎と同様油そばというか
まぜそばに分類されると思いますが、ジャンクガレッジの
OPEN当初のように様々なトッピングを50円くらいで
提供してくれたら最高なんですけどね。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

今年になってから行ったつけ麺の中でもベストに入るかもしれないなと
いう印象でしたが、12時ジャストくらいに着いたにも関わらず
待つ事もなくそのまま座れました・・・まだ穴場なのかな?

麺はちょっと水気を残しつつもしっかりとした食感と喉越しの良さは
まあスタンダードに美味しいつけ麺の部類に入るかと思いますが
特徴的だったのは出す直前まで温められたつけ汁&器とつけ汁の
見た目の濃厚さ。。。。背脂もかなり入っていましたがそれでいて
食べてみると見た目とはまた違ってあっさり入ります。
また、食べ終わるまでつけ汁が熱い(ほとんどぬるくならない)と
いうのは他のお店には全くなかった大きな特徴でしょうね。

普通盛りで200gとなってますが、結構すんなり食べられました。
また、つけ汁がそんなに辛すぎる事もなく醤油の香りも少し残って
甘さも感じられて食材を丁寧に調理してる感じがしました。。。

ただ、チャーシューを頼んだのは少し失敗だったかな・・・・・。
単体で食べると脂も多めで薄切りながら大きめで食べ応えはあるけど
やっぱりつけ汁も背脂多い故に食べててちょっと飽きてきてしまいました。

だけど、それはあくまでチャーシューのみの話でつけ麺単体としては
同じく千葉県の有名店、とみ田や兎に角にもひけを取らないと思えます。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「全部のせつけ麺」@兎に角 松戸店の写真かなり名店の多い松戸エリアの中でも屈指の行列店の一つですし
その行列に見合った美味しさを兼ね備えているお店です。
つけ汁はそんなに甘味も辛味も強いわけではありませんが
コシも強くしっかりした麺と絡めると独特な味わいを感じることが出来ます。
その麺とつけ汁に負けず、それでいてしっかりした具材。
中でもチャーシューはそのまま食べてもしっかり素材の旨みを伝えてくれる
全然違いますが、まるで高級ロースハムを食べているように感じました。

一点だけ好みの違いなのですが、スープ割りにした時にちょっと
味がぼやけてしまっているように感じてしまうんですけどね。


正直松戸に住んでる人は羨ましい限りですね。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉らーめん(白濁醤油)」@麺屋青山 臼井店の写真麺屋青山の2号店ということで期待して行ってみましたが
期待外れとまではいいませんが、スープは全く異なるものなので
ある意味別のお店と考えていいかもしれませんね。

白濁醤油は「醤油+鶏白湯」スープでしたが、ちょっと醤油の口当たりが
舌にこびりついて、こってりと言うよりもしつこく口に残る味わいでした。
せっかくの鶏白湯なので、白醤油を使って富山ラーメンのような
すっきりした味わいにしてもいいと思うのですが、その点は好みですね。
あと、自分にとって致命的にマイナスだったのが具材の白ネギがあまりに
苦くて味がさっぱりわからなくなってしまった点ですね。
せめてネギを調理する前に火にあぶって甘味を増すといった工夫を
してもらいたかったですねぇ。。。。。
味玉は成田のお店と同様味も柔らかさも抜群によかっただけに残念でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「味玉らーめん(豚骨魚介)」@麺屋 青山 本店の写真スープが5種類+塩とある段階であんまり期待をしていなかったのですが
豚骨よりも魚介(魚粉?)の味が強めに残り、豚骨はまろやかさとコクを
残している好みかつ秀逸なスープです。それに生クリームを加えているという
味玉がかなり美味しいですが、スープによっては玉子の固さは替えた方が
よいのかもしれません(豚骨魚介ならもうちょっと固くてもよさげ)。

具材はシンプルながら一つ一つじっくり味わえるし、スープを飲み干しても
口の中に魚介のアクが残らずさっぱり食べられました。
好みの問題ですが、麺がもうちょっと細かったらいいんですけどね。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「特製つけそば+メンマトッピング」@中華蕎麦 とみ田の写真麺とスープとのバランスが今まで食べたお店の中でも別格に感じました。
スープに関しては大勝軒のような甘辛な感じではありませんが
風味にも味にも応用している柚子の細切れだったり魚粉だったり
具材のネギだったりスープの濃厚さをさらに旨みが増すように考えられて
いるのが凄いなと感じます。
あと、麺もチャーシューもほどよい柔らかさとスープとの相性も
考えられているのでしょう。それにも関わらずそのまま食べても素材の
旨みを感じさせるモノです。あと、常に思うのがいつ食べても
味が全く変わらないことと麺の器にまったく水が残らない事。
(お店としては当たり前なのでしょうけど、大勝軒系のお店はそうじゃない
お店が結構多い→特に暖簾分けしてる店舗)

当たり前だけど非常に丁寧な仕事をしている数少ないお店の一つです。

個人的には最初はつけ汁の表面に軽くつけて魚介の風味を楽しみ
後半はつけ汁の底にどっぷり浸して柚子の風味を楽しみながら食べてます。
あと、スープ割りに刻みチャーシューを加えてくれるのも嬉しい限りです。
そのスープも非常にとろみがあるのでじっくり美味しさがが口の中に
染み込んでいく感じがしてとても満足なのですが、このスープ割りにメンマを入れて食べるのも個人的な楽しみです。

難点というか個人的な嗜好を言うと・・・
・どうしても後半はつけ汁が冷たくなってしまうので具材はあったかい方がいい。
・味玉の味付けが若干濃いように感じる。


ま、ここの味で満足できない方はおそらくつけ麺が合わないのでは?
そう思わせるお店でもありますね。

投稿(更新) | コメント (1) | このお店へのレビュー: 1件

「赤皿(こってり)+バカのせ」@マルバの写真豚骨ラーメンにもいろいろあるのですが、悪い意味でビックリしたのが
スープのギトギト感。ギトギトしてる=濃厚なのかな?と思ったのですが
単に油のアクが強く、食べれば食べるほど箸が進まなくなってしまうと
いうのは・・・・・・。
かつては行列もあったようで、この店を訪問させていただいたのも
携帯でとあるラーメン関連のページを見てよさそうだと思っただけに
残念なお店でした。
とんこつの臭いが好きでもなく嫌いでもないのですが味が味だけに
この臭いも違和感というか不満になってきてしまいましたし。

麺も具材も微妙ですが、根本的にスープがただの脂っこい汁になってるから
その辺の改善を期待してまた食べに行きたいものです。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件