なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

poti

男性 - 神奈川県 (1986年生まれ)

学生時代の友人との二郎通いをきっかけにラーメンに目覚めました。現在は、濃厚系から清湯まで何でも食べます!レポの基本構成は、1段目:訪問時間やオーダー、2段目:スープ+麺、3段目:具となっています。冷やし系ラーメンは後で見返しやすくするために「冷やし中華」の区分にしてます。2019.3 越谷訪問によりラーメン二郎現営業店舗制覇

平均点 80.700点
最終レビュー日 2019年10月17日
1,708 827 3 20,384
レビュー 店舗 スキ いいね

「【有坂】冷やしすだち煮干蕎麦 鴨油のつけダレ付き 870円」@大つけ麺博 美味しいラーメン集まりすぎ祭の写真10.15(火)18:55 仕事帰りに大つけ麺博へ。これで今回のつけ麺博も6杯目です。今回は群馬の有坂さんのメニューが気になりブースへ。10人の列に接続し、途中で食券回収です。追加可能なトッピングは以下のようになっていますが、今回は何も追加せずにノーマルで。そして、待つこと10分ほどで配膳です。

○追加トッピング
豚増し 400円
うずらの卵5個 100円
名古屋コーチン生卵 100円
全部乗せ 500円

まずはラーメンとしてそのまま頂きます。スープはすっきりした煮干スープで、ガッツリニボニボしているわけではないですが、煮干しの旨味がしっかりと抽出されており、エグミなどは当然皆無。冷やしといってもキンキンに冷えてるわけではないですね。あっさりニボスープにすだちと大根おろしがあるので、爽やかでするすると食べられます。麺は全粒粉入りの風味豊かな歯切れのよい麺で、このままでも十分美味しいです。

具は豚肉、すだち、大根おろし、カイワレ。豚肉は大きな豚バラが二枚あり、肉の旨味があり美味しいです。つけ麺博のデフォでこのボリュームの肉は他店ではあまりないので嬉しいです。

続いて、後半はつけダレにつけて頂きます。つけダレは鴨油が効いた濃いめの醤油ダレでいい味変になります。正直前半そのままの状態で麺を食べすぎてしまったのでもっと麺が欲しかったです(笑)。最後はスープを鴨油に入れて、セルフスープ割り。当然するっと完飲です。

ラーメンとしてもつけ麺としても食べられる個性的なメニューで、各々のレベルも高く満足。冷やしというのも容器の影響で冷めやすい催事ではいいアイデアかと思います。今年のつけ麺博で暫定ナンバーワンかな。どうもご馳走様でした。

なお、本メニューは10月16日(水)までの提供となっています。

投稿(更新) | コメント (20) | このお店へのレビュー: 6件

「【サマー太陽】宮古牛ホル麺+宮古牛煮込み 870+300円」@大つけ麺博 美味しいラーメン集まりすぎ祭の写真10.13(日)12:30 台風19号の影響でこの日の大つけ麺博は12時から。電車も午前中は運休が多く、12時半に会場に到着して狙っていた沖縄のお店のブースへ。こちらのお店が圧倒的に一番人気で60人ほどの列に接続です。回転は少しゆっくりで、80分ほどで配膳。なお、トッピングは以下の2種があり、煮込みを+300円で追加です。配膳後、レモンサワーをアルコールブースで購入し乾杯です。では、ラーメンへ。

〇追加トッピング
ホロっ、トロっ、宮古牛煮込み 300円
激辛!生島とうがらしソース 100円

スープは宮古牛の脂が溶け出したコク旨味噌。まさにもつ鍋風の味わいで、お酒のお供にもピッタリです。宮古牛のホルモンから出た脂の旨味、甘味と味噌の相性がよく、宮古牛を食べられるというプレミア感もあり大行列ですが、並ぶ価値のある一杯です。麺は、自家製の宮古そばで、全粒粉入りで香りがよく、モッチリとした食感。麺もハイレベルで、スープとの相性バッチリです。

具は、宮古牛のホルモン、モヤシ、ニラ、紅葉生姜、宮古牛の煮込み。ホルモンはプリッとしており、脂の旨味が濃く、モヤシやニラなどのシャキシャキ野菜はもつ鍋風のスープと相性良好。紅葉生姜は途中で溶かすといい味変になります。特に生姜がいい感じですね。追加した煮込みは柔らかくて美味しいですが、ホルモンやスープ、麺に比べると一歩劣るかな。美味しいけどどこにでもある味って感じで+300円なので個人的には不要だったかと。固形物完食後、スープもおつまみとしてするっと完飲です。

大行列で並ぶのは大変ですが、珍しい宮古牛を食べることができ、スープや麺も催事としてはかなりレベルが高いのでおススメです。埼玉のよしかわさんと並んで今回のつけ麺博で個人的に暫定1位です。どうもご馳走様でした。

なお、本メニューは10月14日(月・祝)までの提供となっています。

投稿 | コメント (16) | このお店へのレビュー: 6件

「小ラーメンニンニクアブララー油+1010カレー 850円」@ラーメン二郎 千住大橋駅前店の写真10.5(土)13:35 この日は麺友さん2人と総勢3人で千住大橋二郎へ。券売機にて小ラーメン(750円)と1010カレー(別皿100円)の食券を購入し、外待ち13人ほどに接続です。回転はワンオペとしては早く、1時間ほどで店内へ。席についてから待つこと数分でコールタイムとなり、ニンニクアブララー油をコールです。なお、カレーは先に別皿で提供です。

スープは千住らしい油層厚めの非乳化タイプで、豚の旨味がしっかりと出ており、カエシも強めでパワフル。以前より油層は控えめとなっており、バランスがよくなっていて驚きました。前回はアブラコールするとしつこい感じでしたが、今回はアブラコールしてもバランスが取れていてハイレベル。これならアブラコールOKですね。スープは油層が厚めなので、熱々なのも嬉しいです。麺はややデロの柔らかい太麺で、下のほうは醤油を吸っていて茶色くなっています。とても食べやすい麺なので、するすると食べ進めることができます。麺量は小で300gちょいですかね。見た目は麺たっぷりに見えますが、デロ麺で水分吸っている影響か見た目ほど多くは感じないです。

具は豚、ヤサイ、刻みニンニク、背脂、ラー油、別皿のカレー。豚は小ぶりですが、2枚とも柔らかく、味付け濃いめ。ニンニクは比較的粗めのものがたっぷりとあり、ラー油は山椒が効いていていいアクセントに。途中でスープに混ぜると味変アイテムになります。個人的には豚にラー油をつけて食べるのもおススメです。さらに途中で別皿のカレーを入れると一気にカレー二郎に変化。カレーはシンプルなカレー粉で、上野毛二郎のふりふりカレーを思い出します。やはりカレー系と非乳化二郎スープの相性は鉄板ですね。あまりにもスープが美味しかったので、ついついスープも7割~8割くらい飲んでしまいました。

久々の千住二郎に大満足。初訪問の麺友さんも満足していたようで楽しい時間となりました。どうもご馳走様でした。

投稿 | コメント (16) | このお店へのレビュー: 10件

「ワンタン麺 650円」@天一軒の写真9.27(金)20:25 夜行バスに乗る前に腹ごしらえ。といっても洋食のお店でガッツリ飲み食いした後ですが(笑)。こちらは高架下にある中華のお店で、いつも人が結構入っていて気になっていたお店です。おつまみをゆっくりと食べてる時間はなかったので、ビールの小瓶とワンタン麺をすぐにオーダー。ビールを飲みながら待っていると数分でワンタン麺が着丼です。

スープは鶏ガラベースのシンプルな中華そば。何か強い個性があるわけではないですが、昔ながらの味わいで食べていて安心します。鶏のほかに野菜なども使われている感じで、焦がしネギが入っているので、香ばしい風味も楽しめます。一般的な中華料理屋の醤油よりはやや醤油感は控えめで、あっさり仕様。なので、炒飯などの濃い味付けのものとセットで食べるとさらに満足度上がりそうです。麺は中細縮れ麺で、スープとの絡みはまずまず。

具は、チャーシュー、ワンタン、モヤシ、ネギ。チャーシューは柔らかく、ワンタンは餡が割と多めに入ったものが5つほど。餡は肉が多めでほぼ餃子の餡という感じの味わい。皮もチュルンとしており美味しいです。ビールを頼んでいたのでいいおつまみにもなりますね。

ラーメンのほかに、餃子、ヤキメシ、おつまみなどメニューも豊富で一杯飲みにきている人も多い感じ。また時間があるときに他のメニューもゆっくりと食べてみたいと思います。どうもご馳走様でした。

投稿 | コメント (12) | このお店へのレビュー: 1件

「キーマ風カレーSビーフカツ+ランクアップ+辛牛キーマ風移行」@MENYA 食い味の道有楽の写真10.6(日)11:20 今月の限定を食べに北柏へ。今回は麺友さんと訪問タイミングが重なり、総勢7人での訪問です。まずは、ウーロンハイで乾杯。おつまみで頂いたものと今月の限定トッピングの「オニスラ温玉」を先出ししていただき、それらでしばらく談笑です。そして、だいぶいい感じで酔ったタイミングでラーメンをオーダーです。今月のメニューは以下のようになっていて、今回はSを基本に、そこに牛肉のランクアップと辛牛キーマ風移行を追加です。

【限定神無月】キーマ風カレー(平打ち麺)
A 温玉スタンダード 1200円
B 肩ロース1口カツ 1500円
週末限定
C 紫峰豚カツ150g 2000円
S ビーフカツ150g 3000円
+500円で牛肉ランクアップ
辛牛キーマ風移行 200円
焼きチーズ飯 300円
オニスラ温玉 200円
(限定トッピングは食券に赤ペンで記載し現金で、チーズ飯は食券で購入)
※ 大盛り可能(食券購入)

では、麺へ。ビーフカツは別皿で提供されます。まずは麺の器から。こちらには平打ち麺の上にたっぷりのカレーと辛肉、トマト。カレーは鶏ベースのコク旨カレーで、そこに辛肉からの牛の旨味が加わり、旨味全開。辛肉はかなり辛さが強めで、私のようなヘタレでは汗が止まらなくなりますが、ベースの旨味がすごいので、辛くても箸が止まらなくなります。ご同行したTさんからは無理してるんじゃない?と言われまくりましたが、全然大丈夫ですよ(笑)。麺は平打ち麺で食感よく、カレーが濃厚なのでたっぷりと麺に絡みます。トマトの酸味もいいアクセントになってますね。

続いて別皿のカツへ。今回のカツは山形牛のボンショー。肉はミディアムレアの状態で柔らかく肉の旨味と脂が最高。こんなビーフカツは食べたことないですよ。歯で簡単に切れる柔らかさで、そのままでも十分美味しいですが、カレーとの相性ももちろんバッチリ。ランクアップにしているので、肉の質だけでなく、量も多く、胃袋的にも大満足。最後はライスを投入して、カレーライスに。麺ももちろんですが、当然ライスも合います。

今月の限定にも大満足。今回は豚カツも食べてみたいので、あと一回は必ず行きますよ。どうもご馳走様でした&大将アザース。

なお、本メニューは月替わりの限定メニューとなっています。

投稿 | コメント (21) | このお店へのレビュー: 59件

「【麦の道すぐれ】伊勢海老の味噌らーめん 870円」@大つけ麺博 美味しいラーメン集まりすぎ祭の写真10.7(月)19:00 新宿大久保公園で開催されている大つけ麺博へ仕事帰りに訪問。今回は愛知県の麦の道 すぐれさんへ。ブースへ行くと15人の列があり接続。トッピング等は品切れのよう(この時間での売り切れは早すぎるような)で食券回収→配膳のみのシンプルな流れで、回転は早く、待つこと5分ほどで配膳です。

スープは鶏魚介の白湯に伊勢海老の出汁を追い足したとのことで、鶏と伊勢海老の風味が味の中心。濃厚そうに見えますが、意外とマイルドで食べやすく、粘度もとろみのある程度です。伊勢海老全開という感じではないですが、しっかりと海老は感じられ美味しいスープです。ただもう少しパンチが欲しいのと、スープの量がもう少しあると嬉しいですね。麺は多加水のプリッとした平打ち麺で北海道産の小麦を使用しているとのこと。小麦の風味には乏しいですが、スープとの相性は良好。

具はチャーシュー、味玉半分、白髪ネギ、豆苗。チャーシューは脂身が多めで柔らかいですが、小ぶりで肉の旨味は控えめ。味玉はデフォで半分入るのは嬉しいですね。ネギなどは相性よく、固形物完食後、スープ量控えめなので、あっという間にスープも完飲です。

海老香る味噌ラーメンは少し肌寒くなってきた日の夜に食べるのにはオススメ。どうもご馳走様でした。

なお、本メニューは10月8日(火)までの提供となっています。

投稿(更新) | コメント (16) | このお店へのレビュー: 6件

「【睡蓮×NOROMA×新倉】ええとこ鶏魚介豚骨らーめん 870円」@大つけ麺博 美味しいラーメン集まりすぎ祭の写真10.4(金)16:45 今年も新宿で開催されている大つけ麺博へ。まずは愛媛出張で感動した新倉さんが入っているコラボへ。時間が半端なので、ブース前には三人しかおらず、すぐにオーダー。かわいい店員さんがブースの手前にいましたが、愛媛で神対応だった奥様かな?と考えながらすぐに着丼です。なお、トッピングはなしで。

スープは節の効いた鶏豚魚介で、粘度は控えめで、濃厚かと思いきや割とあっさり仕様。食べやすくて素材の旨味もしっかり出てますが、やや優等生過ぎる感じで、飽きは早く感じます。イベントでコラボなので、もっと冒険してもよいのでは?とはいえ素材の旨味はしっかりと出ていて、特に節の心地よさはいいですね。麺は中細のストレート麺で、スープとの絡みはまずまず。

具はチャーシュー、メンマ、なると、ネギ。チャーシューは柔らかくて美味しいですが、こちらも突出した特徴はなく、メンマはやや味濃いめで食感よく美味。なるとはビジュアルに貢献で、ネギはこのスープには必需品かな。固形物完食後、するっとスープも完飲です。

とてもバランスがよく食べやすくて万人受けする一杯かと。パンチは控えめですが、バランスの取り方は流石なので、バランス重視の方にはオススメです。どうもご馳走様でした。

なお、本メニューは10月4日までの限定となっています。

投稿(更新) | コメント (12) | このお店へのレビュー: 6件

「天ぷらえきそば 360円」@えきそば 姫路駅店の写真9.27(金)13:00 鳥取出張からの帰りに姫路に寄り道。お昼に少し飲んだ後、姫路駅名物のえきそばを食べるために入場券を購入し、ホームへ行きこちらを訪問です。券売機にて名物の「天ぷらえきそば」の食券を購入し、食券を渡すと1分もしないうちに呼ばれて受け取りです。こちらは立ち食いスタイルのお店となっており、上りホームと下りホームに店舗があります。

スープはうどんやそばに使われるシンプルな和出汁の醤油スープで、優しい鰹の出汁と醤油の甘味がよく合っています。突出した感じはないですが、日本人なら絶対好きなシンプルなうどんのおつゆですね。麺はややボソッとした中細の中華麺。普通の駅の立ち食い蕎麦屋さんは蕎麦とうどんが基本ですが、こちらは中華麺とうどんしかありません。これが姫路駅の名物のようです。麺量は少なめなので、朝からでもするっと食べれる感じです。

具は、天ぷら、ネギのみのシンプルな構成。天ぷらは具は少なめで大きな天かすのような感じ。海老が少し入っていますが、その他の具材はよくわからなかったです。ネギは相性よく、七味唐辛子をかけると味に締まりが出ます。これが360円で食べられるなら通勤前や移動中の食事に食べる人も多いでしょうね。ちなみに、ホーム外の地下道的なところにも店舗があり、そちらは座って食べることができます。どうもご馳走様でした。

投稿 | コメント (20) | このお店へのレビュー: 1件

「鶏パイタンラーメン 750円」@鳥取らーめん ふうたろうの写真9.25(水)20:50 鳥取出張2日目は仕事の後、一杯飲んでから〆で気になっていたラーメン屋を訪問。こちらは事前リサーチではなく、歩いていて気になったお店で、夜20時からオープンです。店頭にもありますが、すべて鳥取の食材を使っているとのことです。先客6名、後客1名。券売機がありますが、そちらは動いておらず、口頭で可愛い店員さんに鶏パイタンラーメンとたるハイのライムをオーダー。ライムサワーを飲みながら待つこと数分で着丼です。

スープは鳥取県産の鶏ガラを使用したという鶏白湯で、鶏の旨味がしっかりと出ていますが、粘度はそこまで高くなく、さらっとしつつクリーミーな舌触り。最初から少しBPがかかっており、これがいいアクセントになっています。想像以上に美味しい鶏白湯に大満足です。麺は自家製の中細のほぼストレート麺で、風味がよく美味しい麺です。スープも麺も単独では美味しいですが、絡みだけは少し微妙で、これが改善されると突き抜ける気がします。ちなみに、汁なし坦々に使われている麺には大山小麦と米粉が使われているようで、そちらも気になりますね。

具は、チャーシュー、キクラゲ、モヤシ、ネギ、タマネギ、味玉。チャーシューはピンク色が綺麗なしっとりとしたものが3枚。肉の旨味もしっかりとありハイレベルです。キクラゲやモヤシは相性よく、味玉はデフォで半分入っており、味が染みており半熟とろーり。750円で肉が3枚に味玉半分なのでCPも申し分ないですね。固形物完食後、スープもするっと完飲です。

突撃したお店でしたが、スープ、麺、トッピングとどれもレベルが高く、大満足。伸びしろも感じるので、鳥取出張で夜にラーメンの機会がある方にはおススメです。どうもご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (20) | このお店へのレビュー: 1件

「素ラーメン 500円」@武蔵屋食堂の写真9.25(水)11:30 鳥取出張のお昼に素ラーメン発祥のお店である武蔵屋食堂を訪問。先客1名、後客多数。アットホームな食堂という感じの店内に入り、口頭で素ラーメンをオーダーです。その他にうどん、そば、丼などメニューが多数あり、素ラーメンには半分のサイズの「半素ラーメン」があるので、丼と半素ラーメンをセットで頼んでいる方もいました。そして、待つこと数分で着丼です。

スープは昆布と鰹出汁の和風出汁で、ラーメンというより関西風のうどんのスープといった感じで、かなりあっさりとしています。あっさりとクリアなスープですが、昆布と鰹の出汁の旨味をシンプルに味わえます。動物系はおそらく不使用で、自然の昆布の甘味が体に染み入りますね。麺は自家製の縮れのある中太麺で、風味がよく、コシがあり、スープとの相性も良好。スープがライトなので、麺の風味を感じやすい印象です。ちなみに、外に製麺室がありました。

具は、天かす、かまぼこ、ネギ、モヤシとシンプルな構成。天かすやネギは相性よく、かまぼこは2枚入っており、ビジュアルにも貢献。途中で卓上の胡椒を少し加えると味が引き締まりますね。具は少ないですが、これが500円で食べられるのはありがたいです。まさに愛すべき70点台が似合うお店かと。どうもご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (18) | このお店へのレビュー: 1件