なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

poti

男性 - 神奈川県 (1986年生まれ)

学生時代の友人との二郎通いをきっかけにラーメンに目覚めました。現在は、濃厚系から清湯まで何でも食べます!レポの基本構成は、1段目:訪問時間やオーダー、2段目:スープ+麺、3段目:具となっています。冷やし系ラーメンは後で見返しやすくするために「冷やし中華」の区分にしてます。2019.3 越谷訪問によりラーメン二郎現営業店舗制覇

平均点 80.713点
最終レビュー日 2019年10月22日
1,710 827 3 20,416
レビュー 店舗 スキ いいね

「油そば ごまニンニクアブラネギ+チーズ 990+100円」@ちばから 経堂店の写真10.14(月・祝)17:20 仕事帰りにガッツリ気分となり経堂に新たにオープンしたちばからさんを初訪問。先客7名、後客4名。券売機にて油そばの胡麻味の食券を購入し、現金100円を添えて提出。チーズや海苔などの追加トッピングは現金で払うシステムのようです。食券提出時に先のお好みを聞かれますが、特になし。先のコールは麺少なめや油少なめなどの減らす系のコールと麺のカタさなどです。と待っていると数分でコールタイムとなり、「ニンニクマシマシアブラマシマシネギ」をコールです。

二郎系の汁なしは割と汁が多いイメージですが、こちらはしっかりと汁なしでタレは少なめ。タレは胡麻ベースのクリーミーなもので、香りが良く濃厚。最初は胡麻がガッツリ効いたタレにおっ!となりますが、味にやや締まりがなく、すぐに飽きが訪れます。胡麻を利用した面白いメニューだと思いますが、もっと醤油を効かせるなど、なにかもう一工夫あると良さそうです。麺は平打ちの太麺で、柔らかめの茹で加減。小麦の香りもよく、麺単体はかなり好きな味です。タレとの絡みはまずまず。麺量は300gとのこと。

具は豚、ヤサイ、刻みニンニク、チーズに加えて別皿で温玉。豚は食べやすく細切りになっており、ややパサツキ気味ですが、肉の旨味があり美味しいです。ヤサイはモヤシ中心で、ネギはコールなしだとないので、入れたい方はコールが必要です。ニンニクは粗く刻まれたもので、マシマシなのでたっぷり。チーズは野菜の下に埋もれていて量は+100円なのでもう少し欲しいところ。温玉は途中で投入です。脂はコールしましたが、どこにあったのかよく分からなかったです(笑)。

今回の胡麻は正直嗜好には合わなかったですが、店舗による差なのか、胡麻系のメニューが自分に合っていないだけなのか謎なので、改めて醤油味のラーメンなどを食べに訪問したいと思います。立地の影響か混んでないので、ちばからの味が気軽に食べられるのは嬉しいですね。どうもご馳走様でした。

投稿 | コメント (17) | このお店へのレビュー: 1件

「【限定】トムヤムラーメン少 にんにくあぶらどでん 730円」@ラーメンの店 どでんの写真9.23(月・祝)10:40 三連休限定で提供されるトムヤムラーメン狙いで訪問。キングさんと待ち合わせをして、総勢3人でPPで並びます。久しぶりにキングさんとお会いでき談笑していると定刻11時にオープン。このときには多くの人が並んでおられ、帰るときにはガッツリ外待ちも。券売機にて、限定の麺少なめの食券を購入し、席へ。デフォ量でもよかったですが、埼玉まで来ているので連食も視野に入れて念のため少なめに。といっても結局連食ではなく、スーパー銭湯行ってから居酒屋行きましたが(笑)。そして、待っていると数分でコールタイムとなり、「にんにくどでんあぶらどでん」とコールです。どでんはマシマシのことなので、ニンニクとアブラをマシマシにしたという意味です。

スープは酸味と辛味がしっかりと効いた本格的なトムヤムクン。レモングラスなどの風味もあるかなり本格的なトムヤムクンは辛味や酸味も強くなかなか刺激です。それでも、ベースのスープがしっかりとしているので単に辛さや酸味だけが目立つ感じてはなく、旨味とコクがしっかりとあり、汗だくになりながらも箸の止まらなくなる味わいです。辛味よりも酸味のほうが強めですが、辛さも強いのでヘタレには危険なレベルです。そして、別皿の脂の甘味との相性もバッチリです。

麺は太めのウェーブのある平打ち麺で、小麦の風味がよく、スープとの絡みも文句なし。麺量280gとのことですが、そんなにあるかな?という感じで、体感では250gくらいです。クセになるスープだったので、普通にデフォにすればよかったとプチ後悔。

具は、豚、ヤサイ、ニンニク、別皿の背脂。さらにニンニクマシマシ分の一部は別皿提供です。豚は1枚のみですが、厚みがあり柔らかく肉の旨味もしっかり。スープに浸してからニンニクをつけて食べると絶品です。ヤサイはトムヤムスープと相性抜群で、ニンニクは細かく刻まれたもので、すべて入れると完全にニンニクテロできるレベルに(笑)。ですが、トムヤムの酸味とニンニクも合っています。背脂は味つき脂で、豚の甘味が強くハイレベル。この背脂の甘味がトムヤムの刺激と相性よく、どでんコールして正解でした。

トムヤム二郎系は数か月前にラーメン ゼンゼンさんで食べて感動しましたが、こちらも大満足。ゼンゼンさんが辛さ控えめだったのに対して、こちらは辛酸味強めのパンチのあるタイプ。最近、豚星。さんも限定で出していましたので、これからトムヤム二郎ブームがくるかも?どうもご馳走様でした。

なお、本メニューは9月21~23日の連休で提供されたものです。

投稿 | コメント (19) | このお店へのレビュー: 1件

「【8、9月限定】ポタージュ・シャンピニョン 900円」@稲荷屋の写真☆2019年冷やし巡り第29弾☆

9.14(土)10:45 9月までの限定狙いで稲荷屋さんを訪問。開店15分前でPPゲットです。定刻にオープンし、店主さんに挨拶してから券売機にて食券購入。限定、冷しワンタン、サワーの食券を購入し、レモンサワーで乾杯です。そして、待っているとラーメン、冷しワンタンの順で着丼し、冷しワンタンで少し飲んでからラーメンへ。なお、冷しワンタンは肉が多めに入っており、辛味のあるタレを少しつけて食べると最高のおつまみに。では麺へ。

なお、難しい言葉の説明などはこちらの大常連の方のレポに詳細があるのでご参照ください → https://ramendb.supleks.jp/review/1254796.html

スープはマッシュルームの冷製ポタージュとなっており、店主さんのお話ではかなりの量のマッシュルームを投入しているとのこと。風味がよく滑らかなポタージュで、そのままでフレンチのフルコースの最初に出てきそうな味わいです。麺は平打ちのプリッとした加水高めのもので、パスタのような食感で、とろみのあるポタージュとの絡みはバッチリです。

具は、鴨肉、フィナンシェ、鴨フォアグラのパルフェ、梨、ハーブなど。鴨肉はフォアグラをとった後のマグレカナールという鴨ロースで、味がとても濃く濃密な味わい。しっとり感もあり普段食べる鴨肉とは全然違います。フィナンシェは焼き菓子のことですが、甘いタイプではなくゴボウを使っているとのこと。サクッとした食感もいいですね。鴨フォアグラのパルフェはフォアグラのムースのような感じで、コクがあり、フィナンシェと食べてもスープと食べても美味しいです。ポタージュといい、各種トピといいワインが欲しくなる味ですね。

今回も独創的なメニューに大満足。食べながら店主さんとお話することでフレンチの勉強にもなる素晴らしいお店です。どうもご馳走様でした。

なお、本限定は9月までの期間限定+1日10杯程度の杯数限定メニューとなっています。

投稿(更新) | コメント (22) | このお店へのレビュー: 5件

「トリュフクリームの和えそば(コース料理の中の一品)」@麺庵 小島流の写真8.30(金)18:30 先日おゆ・Sometimesさん主催のオフ会で初訪問した小島流さんを彼女と訪問。事前にコース料理をオーダーしておいたので、注文はアルコールのみ。コース料理はとても豪華で以下のラインナップです。

①前菜盛り合わせ(チーズ3種、生ハムなど)
②ハマチのカルパッチョ
③自家製ピザ
④最高級ふらの和牛に帆立、キャビア、いくらを添えて
⑤トリュフクリームの和えそば
⑥ラム肉
⑦牛トロフレーク丼

〇おつまみの簡単なレポ
ハマチは当然のことながらとても新鮮で、白ワインが進みます。自家製のピザは店内で焼いたもので、ソースはトマトと塩のみで作ったこだわりのもの。トマトの味がしっかりとあり、生地もナポリ風で美味しいです。生地だけでもとても美味しく、赤でも白でもOKな味です。続いて、最高級のふらの和牛で帆立、キャビア、いくらを巻いて食べる贅沢な創作料理。牛の旨味と上質な脂が素晴らしく、キャビアなどがいいアクセントに。麺の後に提供されたラム肉は肉の旨味が強く、臭みはまったくなし。最後はこれをおかずにして牛トロフレーク丼を食べるというとても贅沢な状態に(笑)

では、途中で提供された麺のレポへ。麺は1人1皿で、麺量は控えめになっています。

着丼した瞬間にトリュフの香りがガツンと香る和えそばは、一口食べるとトリュフの香りが口いっぱいに広がります。クリーミーなコク旨なソースが麺にしっかりと絡みます。茸も入っており、キノコの香りや旨味の相性も文句なしです。生卵の相性もよく必需品ですね。さらにピンクペッパーが少し入っており、いいアクセントとなっており、味だけではなくビジュアルにも貢献。白ワインと相性がとてもよい和えそばで、ゆっくりとワインと共に頂きました。

素晴らしい料理の数々に大満足。ラーメン屋とは思えない料理のラインナップに感動しました。どうもご馳走様&素晴らしい時間をありがとうございました。

投稿 | コメント (19) | このお店へのレビュー: 2件

「ポルチーニクリームソースの洋風和えそば」@立ち呑み居酒屋 金町製麺の写真8.14(水)18:00 お盆も営業している金町製麺さんへ。まずは、刺身盛り合わせとライモンをオーダーです。刺身は、マグロ、ブリ、鯵、小肌、鯛。どれも新鮮ですが、特に鯛は身がプリッとており新鮮で、鯵は昆布の香りがあり、小肌の〆具合も絶妙。すぐに日本酒が飲みたくなり、「刈穂山廃純米生原酒超弩級気魄の辛口」をオーダーです。まさに辛口の日本酒!といった感じの攻めた味の日本酒で刺身に合います。続いて、蓮根と苦瓜のツナマヨ和え、お好み焼きをオーダーし、おつまみ用として表題をオーダーです。

夏野菜がのった見た目でも楽しめる一杯は自家製のクリームソースがしっかりと和えられたもので、麺は細めのコシのあるもの。ソースはコクがあり、ポルチーニの香りがあります。ポルチーニの香りがいいアクセントとなっており、ブラックペッパーや粉チーズの相性もバッチリです。

具は、ズッキーニ、トウモロコシ、インゲン、ブロッコリー、カボチャ。ズッキーニは緑と黄色の2種類で、いずれも野菜本来の甘みがあり、カボチャはねっとりとしており、こちらも自然な甘みがあります。トウモロコシは黄色と白の2種類があり、食感もよく、甘みはトウモロコシとしては強め。品種はゴールドラッシュとかピュアホワイトあたりですかね。

夏野菜の素材の味とポルチーニの香りを活かした独創的な洋風まぜそばに大満足。もちろんこの後汁そばも。どうもご馳走様でした。

なお、お盆は営業していましたが、8月19日~22日までは夏休みでお休みとなっていますので、行かれる方はご注意ください。

投稿 | コメント (18) | このお店へのレビュー: 98件

「【限定】宮し中華並盛ヤサイ以外全増し+豚マシ 1100円」@ラーメン宮郎の写真☆2019年冷やし巡り第23弾☆

夏だ!
冷やしだ!
それなら爽やかに二郎系だ!シリーズ

8.13(火)11:05 宮郎さんで夏季に杯数限定で提供される「宮し中華」を食べに蒲田へ。オープンして数分後に店につくと、順次食券を購入しているところで、自分も接続し宮し中華の並盛(900円)と豚マシ(200円)の食券を購入し、食券を提出し席へ。ラーメンや汁なしの後に提供されるので、時間がかかりますね。ちなみに、コールはラーメンや汁なしは先にコールするシステムですが、冷やしは提供直前にコールするシステム。コールは以下のようになっており、ヤサイ以外すべてマシをコールです。

○宮し中華のコール
ヤサイ ニンニク アブラ ショウガ エビマヨ ゴマダレ
最初からすべて入っており、マシと抜きの場合コールします。

麺は自家製のむっちりとした太麺で、二郎系らしい食べ応えのあるもの。しっかりと冷やされた麺は小麦の風味もあり、美味しい麺です。麺には最初からタレがしっかりと絡めてあり、タレはクリーミーな胡麻マヨのようなもの。麺とタレだけでは少しパンチ不足ですが、途中でアブラやニンニク、エビマヨなどを混ぜると一気にジャンクに変化します。麺量は並盛で250gとのことで、豚マシすると総合的にはかなりボリューミーになります。

具は、ヤサイ、紅ショウガ、鶏チャーシュー、フライドオニオン、背脂、豚、エビマヨ、ニンニク、生姜など。ヤサイは大根、ニンジン、紫キャベツなどのシャキシャキした爽やかな野菜にミニトマトと水菜。背脂は豚の旨味があり、ニンニクやショウガは混ぜると一気にパンチが出ます。特にショウガはいいアクセントになります。エビマヨも当然相性よく、肉は鶏と豚がありますが、デフォで入るのは鶏もも肉。ハーブで味付けされており、柔らかくて美味しいです。豚は別途購入しないと冷やし中華には入らないので、豚マシで増やした2枚。いずれも肉厚で量的にも十分ですが、少しだけ味が抜けている感じですかね。

固形物完食後、残ったタレと具材もレンゲですくっていただき帰路へ。豚マシした影響か結構腹パンになりましたね。どうもご馳走様でした。

なお、本限定は夏季限定で、杯数にも制限があります。現在は昼夜各20食限定で提供されています。

投稿 | コメント (18) | このお店へのレビュー: 2件

「【期間限定】ガパオ汁なし麺 590円」@日高屋 赤羽東口店の写真8.12(月・祝)11:15 昼飲みの前に赤羽の日高屋で0次会。ウーロンハイと期間限定の「ガパオ汁なし麺」をオーダーです。すぐにウーロンハイが提供され、飲みながら待つこと数分で着丼です。

提供された一杯はとてもシンプルな見た目で、日高屋のプリッとしたいつもの麺にガパオ風の餡とキュウリがのったもの。餡はライスにそのままかけても美味しそうな、割と辛味のあるもので、挽き肉、ピーマン、バジル、青唐辛子?といった構成。シンプルに美味しいとは思いますが、味が単調なので、途中で飽きを感じます。正直、この餡ならライスに温玉とともにかけて食べる方が美味しそうです。でもおつまみ麺としてはシェアして食べるならアリですね。キュウリは食感的にもいいアクセントとなり相性良好。

なお、量は麺1.5玉分あるので、600円以下で食べられることを考えるとCPは優秀だと思います。どうもご馳走様でした。

投稿 | コメント (15) | このお店へのレビュー: 1件

「冷やし中華(普通)辛揚げ以外全部+豚1枚 900+100円」@千里眼の写真☆2019年冷やし巡り第21弾☆

8.2(金)18:35 千里眼の夏の風物詩を食べに再訪。外待ち2名に接続です。数年前に比べたらだいぶ並びが落ち着きましたね。数分後に店内に昇格。店内に入ったタイミングで冷やし中華の普通盛と豚1枚追加の食券を購入です。こちらの冷やし中華には豚がつかないので、千里眼さんの美味しい豚を食べたい場合は追加する必要があります。そして、さらに店内待ちを経て空いた席へ。並び始めてから25分ほどでコールタイムとなり、辛揚げ以外すべてをコールです。なお、冷やし中華でコールできるのは以下のようになっています。

〇冷やし中華でコールできるもの
野菜マシ ニンニク ショウガ アブラ 辛揚げ カラメ(タレ多め) ガリマヨ

まずは野菜を食べないと麺が出せないので野菜から。ヤサイはラーメンとは違う冷やし中華用のもので、ダイコン、ニンジン、キュウリ、水菜などとどれもシャキシャキしており、しっかりと冷えていて夏にピッタリ。野菜コールするとなかなかの山になるので、シャキシャキ野菜をこれだけ食べると少し顎が疲れます(笑)。ヤサイにはタレとガリマヨがかかっているので野菜だけでも美味しくいただけますね。ある程度食べたところで、麺へ。

麺は浅草開化楼の太麺で、ゴワッとした食感を楽しめ風味もよくハイレベル。この麺に絡むタレは胡麻ドレッシングのようなサラダ風のもので、単体ではあっさりとしていますが、背脂やガリマヨを加えるとパンチが出ます。数年前にはなかった生姜コールの効果で生姜の香りが加わるのもいいですね。麺量は普通で250gとのことで、ヤサイコールするとなかなかボリュームはありますが、さっぱりなのでするっと食べられます。

具は上述の野菜に加えて、ミニトマト、鶏チャーシュー、刻みニンニク、ショウガ、背脂、豚肉。鶏チャーシューは鶏もも肉で柔らかくて旨味が強く、豚肉は冷やし中華の場合は別皿で提供されます(写真はそれをのせたもの)。豚は柔らかくて厚みがあり、神豚といっていいレベルのもの。やはり千里眼に来たら豚も食べたいので豚1枚追加が理想です。ニンニクやガリマヨも当然相性よく、固形物完食後、残ったタレもそのまま少し頂き帰路へ。久しぶりに千里眼さんの夏の風物詩を食べることができて大満足。どうもご馳走様でした。

なお、本メニューは夏季限定メニューとなっています。

投稿(更新) | コメント (23) | このお店へのレビュー: 13件

「冷やしチリトマト(辛さ控えめVer.) 750円」@立ち呑み居酒屋 金町製麺の写真☆2019年冷やし巡り第20弾☆

8.1(木)20:00 仕事帰りに久々に金町製麺さんへ。まずは、刺身盛り合わせと日本酒をオーダーです。刺身盛り合わせは、イワシ、アジ、カツオの3種。イワシは脂がのっており、カツオは身が厚くて新鮮。どれも日本酒に合います。日本酒は、「墨廼江純米吟醸五百万石」。米の旨味があり、香りのよいお酒です。

続いて、ブロッコリーのツナマヨ酒盗和えと日本酒の「寶剱純米酒湧水仕込」を追加。ブロッコリーは酒盗とツナマヨがたっぷりと和えてあり、塩気とブロッコリーの甘みがベストマッチ。日本酒のお供にピッタリです。寶剱は辛口のすっきりとしたお酒で夏にちょうどいい感じです。

その後、さらに日本酒の「美潮純米吟醸きたしずく」を追加。こちらは北海道のお米を使用したお酒で、爽やかな甘みがありながら後味すっきり。と楽しく飲み食いした後に〆のラーメンをオーダーです。

今回のラーメンは冷やしの洋風和えそば。麺は細麺ストレートでコシがあり、そこにトマト感たっぷりのタレが絡んでいます。味の中心はトマトで、そこにブラックペッパーやチーズなどが加わり、さらに少しだけチリパウダーにより辛味がプラスされます。本当はもっとチリパウダー多めで辛い仕様のようですが、私が辛いのが苦手なので店主さんが調節してくれたみたいです。ありがたい!

具は、ブラックペッパー、粉チーズに加えて、鶏チャーシュー、大葉、シメジ、刻みタマネギ。鶏チャーシューとシメジはたっぷりとあり、鶏チャーシューは柔らかく、シメジは風味がよく、いずれもトマトソースに合っています。多めの大葉もいいアクセントになります。

なお、途中で日本酒よりもハイボール気分になったので、ライモンを追加してゆっくり飲んでから帰路へ。今回も大満足の訪問となりました。どうもご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (16) | このお店へのレビュー: 98件

「【限定】冷やし中華A ニンニクカラメ海老辛 950円」@豚星。の写真☆2019年冷やし巡り第19弾☆

7.31(水)11:15 夏季限定の冷やし中華狙いで豚星さんを再訪。食券を購入し、中待ち15名ほどに接続。途中で食券の提出があり、そのときに何も言わないと冷やし中華Aになります。豚星さんの冷やし中華は以下のようなメニューとなっており、Bと癒やしは口頭で告げる形となります。

〇豚星の冷やし中華メニュー
冷やし中華A(ノーマル) 950円
冷やし中華B(汁なし蕎麦の冷やし版的な) 950円
癒やし中華(ぽわわわ~んとしたもの) 950円
ちなみに、癒やし中華は一昨年食べましたが、ABとは違いゴマダレが使われていません。

なお、豚星さんは二郎系としては少し回転がゆっくりで、1時間ほどでコールタイムに。ニンニクカラメ海老辛をコールです。アブラコールしている方もいますが、冷やしはニンニクカラメ海老辛のみがコール可能で、アブラコールしてもスルーされます。

提供された一杯はとてもボリューミーな一杯。麺には胡麻ダレベースの濃厚なタレが絡まれており、背脂やカエシ効果もあり豚の旨味もしっかりと感じられます。麺は自家製の太麺で、小麦の風味がよく、キンキンではないですが、しっかりと冷やされています。麺量は300g以上はありそうですね。具沢山なので、小ラーメンよりも体感では多めに感じます。

具は、豚、刻みニンニク、ヤサイ、トマト、海苔、フライドオニオン、鰹節、うずら、海老辛。豚は2枚あり、いずれもフワトロで神豚レベル。ヤサイはモヤシとキャベツというノーマルのラーメンと同じものですが、ラーメン用とは異なりこちらも冷やされています。海苔や鰹節、フライドオニオン、海老辛はマゼマゼして頂きます。どれもいいアクセントととなり、特にコールした海老辛はそこそこ辛味があり存在感があります。癒やし中華のときは存在感がありすぎ来ましたが、ノーマルの冷やし中華は濃厚なゴマダレのマイルド感があるので、辛さがちょうどいいアクセントとなります。固形物完食後、残ったタレにも具がたくさん入っているので、レンゲで少しいただき帰路へ。

冷やし中華というよりは胡麻味の冷やし汁なし蕎麦といった感じ。パンチもありボリューミーで胃袋的にも大満足。どうもご馳走様でした。

なお、本メニューは限定メニューとなっています。しばらくは提供されると思いますが、詳細は公式Twitterを確認ください
豚星の公式Twitter → https://twitter.com/butaboshi

投稿 | コメント (17) | このお店へのレビュー: 11件